Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

     3人組声優ユニット「Run Girls,Run!」が22日、大阪市内でテレビアニメ「キラッとプリ☆チャン」(テレビ東京ほか)の主題歌で新曲「キラッとスタート」(5月2日発売)の発売記念イベントを行い、14日の名古屋、21日の東京に続いて3都市でのイベントを“完走”。メンバーの森嶋優花さんは「お越しくださった皆さま本当にありがとうございました! 各地をハッピーでつなげられたのではないでしょうか……! 私も毎回すごくハッピーでした」とコメントした。

     21日には東京・秋葉原のソフマップAKIBA1号店でイベントを開催。3人は「位置についてよーいドン! 私たちRun Girls,Run!です!」という決めぜりふで登場すると、「キラッとスタート」やテレビアニメ「Wake Up,Girls! 新章」の挿入歌でデビュー曲「カケル×カケル」を披露した。

     メンバーの林鼓子さんと厚木那奈美さんは「キラッとプリ☆チャン」に声優としても出演中。林さんは、19日から稼働している同作のアーケードゲームで「カリフォルニア出身理系女子」をイメージしたオリジナルキャラクターを作って、プレーしたことを明かした。

     ◇林鼓子さんのコメント

     ここんにちはー。林鼓子ですっ。「キラッとスタート」を3都市で皆さんにお届けすることができて、とっっても楽しかったです! 皆さんのおかげで、私たちもキラッとしたスタートを切ることができました。ありがとうございました! 「キラッとスタート」、ぜひたくさん聴いてくださいね。

     ◇森嶋優花さんのコメント

     森嶋優花ですっ。今回のリリイベは名古屋、東京、大阪へお邪魔しましたよ。お越しくださった皆さま本当にありがとうございました! 各地をハッピーでつなげられたのではないでしょうか……! 私も毎回すごくハッピーでした。「キラッとスタート」、MV(ミュージックビデオ)も楽しんで見てくださいね!

     ◇厚木那奈美さんのコメント

     ごきげんよう。厚木那奈美です。3都市でのリリースイベントありがとうございました! 今回はミニライブもあったので、たくさんの方に「キラッとスタート」をお聴きいただけてうれしかったです! また、皆さんの前で「キラッとスタート」を歌えるのを楽しみにしています。

    東京・秋葉原のソフマップAKIBA1号店で曲「キラッとスタート」の発売記念イベントを行った「Run Girls,Run!」


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【Run Girls,Run!:3都市で「キラッとプリ☆チャン」主題歌イベント 「各地をハッピーでつなげられた」】の続きを読む

     本日4月22日13時~17時まで、千代田区一ツ橋の学術総合センターで、「著作権侵害サイトのブロッキング要請に関する緊急提言シンポジウム」が開催されています。この中でブロガー、著作家の山本一郎さんが登壇し、海賊版漫画サイトの「漫画村」についての調査結果を語りました。

    【画像】漫画村の収入源の詳細

     山本一郎さんによると、「漫画村」は2017年11月時点で月間6000万円前後の売上があったと推測。収入源の1つはサイトに掲載されている広告で、最も売上として大きかったのは“大手アダルトサイトD社”(山本一郎さんいわく「アダルト系でDがつく会社というとあまり多くはないと思われますが」とのこと)からの月間売上約350万円。掲載頻度が20%に設定されており、アドネットワークでの月間売上はおよそ1900万円とのこと。

     その他、中堅出会い系サイトC社のタイアップ広告が週間売上80万円/週、別のタイアップ広告の月間売上1400万円/月などの広告収入があったとしています。

     なお、以前ねとらぼで、漫画村は“発火型”の広告(サイト利用者が広告の商品を実際に購入するとサイト運営元に利益が入る)を掲載していたと報じましたが、実際にはこのタイプはあまり売れないことを見込んでおり、メインはペイ・パー・ビュー型広告(広告がサイトに掲載された回数に応じて収入になる)だったそうです。

     さらに別の収入源として、アドテクノロジー会社G社からOEMを受けたY社に対して、ユーザーのアクセスログやクッキー情報の販売も行っていたとのこと。つまり、「漫画村」の利用者データが販売されていたということになります。なお、このユーザー情報の販売売上額については不明です。

    海賊版サイトの主な収入について


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「漫画村」月間売上は6000万前後、利用者データを販売? サイトブロッキングシンポで調査結果が発表される】の続きを読む

    兵庫県川西市は4月16日、20代の女性職員にセクハラをする本荘重弘・元副市長=すでに解職=を止められなかったとして、その場に同席していた上司の50代男性職員を戒告の懲戒処分にした。

    毎日新聞(4月16日)などの報道によると、処分されたのは市民生活部の室長級職員(当時)。セクハラ行為は仕事の打ち上げで訪れた二次会のカラオケで行われ、デュエットの際、元副市長が女性の肩に手を回すなどした。副市長はこのセクハラを理由に昨年11月、解職されている。

    今回川西市は、女性が今も休職していることを重くみて懲戒処分を決めた。他に20代男性職員もいたが、管理職ではないため処分はしなかったという。

    セクハラやパワハラなどのハラスメント行為で、止めなかった「傍観者」の責任をどう考えたら良いだろうか。セクハラ問題に詳しい新村 響子弁護士に聞いた。

    ●セクハラを止めない管理職「責任果たしていない」

    新村弁護士は「ハラスメント行為を傍観して止めなかった周囲に対して、懲戒処分が行われる例は珍しい」と指摘する。

    「セクハラの傍観者が処分対象になるかどうかは、その労働者の立場によると思います。社長や目上の上司のセクハラ行為を、若手が止められるかといえば難しい。傍観していたからといって、一律に懲戒処分まで課すのは酷でもあります。

    ですが、組織はセクハラが起きないように職場環境を整える義務があります。そして、その責任を負っているのは、職場を管理している管理職などです。そのような責任を負う立場であるにもかかわらず、セクハラを目の前で目撃しながら止めなかったというのでは、責任を果たしたとはいえません」

    ●ハラスメントの放置、法的責任も

    こうしたハラスメント行為の「傍観者」の責任は、裁判でも問われている。

    「上司である所長が、先輩から暴言や暴行、一人居残り残業などのハラスメントを受けていたことを知りながら、何らの対応もとらなかったどころか、問題意識さえ持っていなかったことがパワハラ防止義務に違反していると指摘された事例があります(日本土建事件・津地裁平成21年2月19日判決)」

    これはパワハラを放置した上司に対するものだが、セクハラを放置したセクハラ相談担当職員について違法行為を認めた判決も出ている。

    「セクハラ相談窓口の担当だった課長が、セクハラがあったことを認識していたのに、加害者をかばう発言をして何も措置をとらなかったことが違法行為であるとして、市に損害賠償責任が認められた例もあります(A市職員事件・横浜地裁平成16年7月8日判決)」

    セクハラは加害者一人だけの問題ではなく、職場全体の問題として考えていかなければいけないということだ。

    新村弁護士は「女性がセクハラを受けることなく働ける環境づくりのために、経営者はもちろんのこと、現場の管理職や人事担当者なども適切な対応をとることが求められているといえる」と話した。

    (弁護士ドットコムニュース)

    【取材協力弁護士】
    新村 響子(にいむら・きょうこ)弁護士
    東京弁護士会所属。日本労働弁護団事務局次長、東京都労働相談情報センター民間労働相談員。労働者側専門で労働事件を取り扱っており、マタハラ案件のほか解雇、残業代請求、降格、労災、セクハラなど多数の担当実績がある。

    事務所名:旬報法律事務所
    事務所URL:http://junpo.org/labor

    セクハラ「見て見ぬ振り」止めない周りにも法的責任…傍観していた上司、処分した自治体も


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【セクハラ「見て見ぬ振り」止めない周りにも法的責任…傍観していた上司、処分した自治体も】の続きを読む

    このページのトップヘ