Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    セクハラ騒動に関するテレビ朝日の緊急記者会見の内容が波紋を広げているが、4月19日夜に放送されたAbemaTVのニュース番組『AbemaPrime』でキャスターを務めるテレビ朝日の小松靖アナウンサーが、“個人の意見として”と前置きしたうえで、「テレビ朝日の報道の信頼は、地に墜ちたと言っても過言ではない」などと発言したことが、ネット上で話題になっている。

    4月19日午前0時、テレビ朝日は4月12日発売の『週刊新潮』(4月19日号)で報じられた、“福田淳一(元)事務次官からセクハラ被害を受けていた”女性記者が同社社員であったことを発表。併せて 、この社員が過去に、セクハラを報じるべきではないかと上司に相談した際、個人特定・二次被害の懸念から「報道は難しい」と言われたため、『週刊新潮』に情報提供したことを明らかにしたほか、社員が外部にリークしたことについては「取材活動で得た情報を第三者に渡したことは報道機関として不適切な行為で遺憾」とした。

    セクハラが許されることではないのは当然だが、ネット上には、テレビ朝日への厳しい声もやまない。社内でもみ消していた事実や、他局が地上波やネットで会見を中継したのに対し、自局では中継しなかった姿勢に対してだ。

    『AbemaPrime』では、「緊急討論!!次官セクハラ問題とテレビ朝日の対応を検証」として、国際政治学者の三浦瑠麗氏、元毎日新聞記者で弁護士の上谷さくら氏を招き、さまざまな観点から議論。テレビ朝日への批判が殺到していることも取り上げるなか、小松アナは、こう言った。

    「はっきりいって、テレビ朝日の報道の信頼は、地に墜ちたと言っても過言ではないと思っています。取材対象者に対して無断で録音し、それを取材から得た情報と位置づけて報道してしまうような放送局ではないかという不信感。所属する従業員に対して、業務を遂行するうえでえる身体的・心理的ダメージに対して会社がなんら守ってくれなかった、組織に属する人間に対する不信感。テレビ朝日がセクハラの被害者であるという構造があるのと同時に、この女性記者を守りきれなかった…、(記者にとって)福田事務次官もテレ朝も自分を被害者にした相手なんだっていう構造がなりたつ」

    社内外で不信感が募っているであろうことを認めると、小松アナは「身から出た錆だと思っています。だからこそ、今回噴出した問題に、私だけが気張ってやるわけじゃないですけども、テレビ朝日の社員として、いちテレビの人間として、向き合わなきゃいけない。一から出直さなければいけないと思いました」とまっすぐ前を見据えた。

    地上波で会見を生放送しなかったのは「会社の判断」としたが、レギュラー出演者の芸人・石井てる美から(AbemaTVでも)生中継しなかった理由について話を振られると、「あれだけ迅速に各種の中継に対応できるメディアが、なぜ自局(※AbemaTVはサイバーエージェントとテレビ朝日が出資)の会見を中継しなかったかっていうのは疑問に思って当然。できなかった理由が説明できなければ、我々が言っていることは信用してもらえないというのは認めざるを得ません。一方で、会社の判断です。会社の判断ですとしかお伝えしようがないのが実情です」と苦しさをにじませた。

    MCのふかわりょうが「(地上波でもネットでも放送しないということは)二段(構え)で逃げている印象を与えてしまうのは想像できるはずなんですよ。(なのに)なぜ、そっちを選んだ…」と疑問が拭えない表情を見せると、小松アナは「もう、私たち、言い訳できないと思います。特にこうやって“ホンネ”だ、“大人の事情をスルーする”(※『AbemaPrime』のキャッチフレーズ)って自分たちでうたいながら報道させていただいているので」と厳しい表情。そして、「(さきほど)ただ『会社の判断』としかいいようがない、ということを言いました。今の時点では、これ以上でも以下でもない。でもこれを言ったからには、発言に伴う批判であったり、失望であったり、いろんな思いを一身に受け止める覚悟がないと(いけない)。報道機関として、普段から社会を斬る、時には人を不幸にしても事実を伝えるというお題目のもとに情報を伝えている資格がないということになります。(地に墜ちたと言いましたが)出直すしかない、としか言いようがありません」とコメント。番組の最後には「忌憚ないご意見ありがたかったです」と深々と頭を下げた。

    自局の批判を正面から取り上げた番組作りに加え、このセクハラ問題への小松アナの真摯な姿勢はTwitterでも話題で、“アベプラ。真面目に、そして幅広い論点で、次官のセクハラ問題を議論してるなぁ。テレ朝系だから、MCの小松靖アナも立場的に辛いだろうに。地上波には見られない、良い番組ですね。若い世代の感覚の良い番組だと思います。今日の放送で、改めて関心しました。”(原文ママ)
    “テレ朝の小松アナ、今回のセクハラ報道について、テレ朝のやり方はまったくおかしい、まちがっていると、会社批判。

    正義感と勇気を持ち合わせている人物、スバらしい、感動した!!”
    “テレ朝の唯一の救いは…今はAbemaPrimeの小松靖アナの存在のみ。テレ朝ではなぜ会見を生中継しなかったのか等の厳しい声に真摯に受け止め、答えていらっしゃった…決して彼の責任ではない事までも。報ステの傲慢さ不遜さに呆れ果て唖然としていたが、彼によって少しだけ救われた気がする。”など、自らが所属する会社に対し、批判的な発言をするという勇気ある小松アナの行動に称賛が相次いでいる。テレビ朝日の姿勢にも注目が集まるなか、報道人として見せた小松アナの姿に救われた思いを抱いた人は少なくなかったようだ。
    (花賀 太)

    ■関連リンク
    女性記者が告発、セクハラ次官との“ある夜の会話” 「しばっていい?」「ホントやめてください」‐デイリー新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/04190803/

    【週刊新潮】“胸触っていい?”「財務省トップ」のセクハラ音声 – YouTube(デイリー新潮)
    https://www.youtube.com/watch?v=jj1mhwW_m3w

    「録音、自らを守るため」次官セクハラ問題、テレ朝会見‐朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL4M014NL4LUTIL06W.html



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【テレ朝・小松靖アナの発言が話題 「テレビ朝日の信頼は地に墜ちた」】の続きを読む


    1 ニライカナイφ ★ :2018/04/21(土) 20:28:37.88

    ◆新党の名称、24日にも決定 民進・増子幹事長が表明

    民進党の増子輝彦幹事長は21日、金沢市で講演し、希望の党と結成準備を進める新党の名称について「24日に新党協議会を開き、できれば党名を決めたい」と表明した。
    一方、希望の玉木雄一郎代表は神奈川県厚木市で、将来的に自民党議員を巻き込んだ政界再編を目指す意向を示した。

    増子氏は党名を巡り「民主党」は総務省の指摘で使えないと説明。
    使用できる名称として「国民民主党」や「民主平和党」などを例示したものの「党名は全く白紙だ」と述べた。

    党首に関し「9月までは共同代表制も可能な規約になった」と明かした。

    デイリースポーツ online 2018/04/21
    https://www.daily.co.jp/society/politics/2018/04/21/0011185590.shtml


    【【民進党+希望の党】新党の名称、24日にも決定 民進・増子幹事長が表明 】の続きを読む


    1 孤立外交@ガーディス ★ :2018/04/21(土) 09:57:24.21

     政府は、核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験中止や核実験場の廃棄を決定したとする北朝鮮の21日の発表を評価しない方向だ。「核完全放棄を約束しておらず、事態は何も変わっていない」(政府筋)とみて、制裁圧力の維持を国際社会に引き続き呼び掛ける。

     小野寺五典防衛相は訪問先のワシントンで20日午後、記者団に「圧力を緩めるタイミングではない」と表明。「国際社会が求めているのは、完全で検証可能な、不可逆的な方法で全ての大量破壊兵器やあらゆる弾道ミサイルの放棄だ。日本にとっては(日本を射程に収める)中・短距離弾道ミサイルの放棄がなければ意味がない」と述べた。

    https://this.kiji.is/360222487579378785
    関連スレ
    【北朝鮮】核実験とICBM発射実験中止 核実験場も廃棄と発表 ★2
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524269629/


    【日本政府、北朝鮮発表を評価せず 国際社会に圧力維持呼び掛ける 】の続きを読む

    このページのトップヘ