Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

     パートナーエージェントは10月16日、「ナシ婚」の調査結果を発表した。調査は今年9月にネット上で実施し、20~39歳男女1875人から回答を得た。 

    結婚式も披露宴もしない「ナシ婚」を選ぶカップルが増えていることについて、意見を聞いたところ、26.8%が「式と披露宴の両方、またはそのどちらかだけでもした方がいい」と回答。一方で、33%「式も披露宴もしなくていいと思う」と回答した。

    また、「自分自身は式や披露宴をしたいか」を聞くと、46.6%が「したい」と答えた。「したいと思わない」と答えた21.7%しかいなかった。「ナシ婚」を容認しつつも、自分は式や披露宴をしたい思っている人が多いことがうかがえる。


    「そのお金を別のことに使いたいから」という人も多数


    結婚式の形も時代と共に変化しています


    続いて、男性の57.4%、女性の56.8%が「式や披露宴は正直なところ面倒に感じる」と回答。「式や披露宴を行う上で、あまり好ましくないと思うこと、必要ないと思うこと」を聞くと、最も多かったのは「費用がかかり過ぎること」(70.8%)で、以降「準備に時間や労力がかかること」(49%)だった。

    「式も披露宴もしたいと思わない」と答えた人に、その理由を聞くと、半数以上から「そのお金を別のことに使いたいから」(53.1%)、「式や披露宴に魅力を感じないから」(52.2%)との声が挙がった。

    「経済的な事情で」(36.1%)は5位で、「お金がないから」という理由よりも「そのお金をもっと別のことに使いたい」と感じている人が多いようだ。

    「式も披露宴もしたいと思わない」と答えた人に、「やりたくないとは思っていても、実際には式や披露宴を行うと思うか」を聞くと、男性30.6%、女性48.9%が、「式も披露宴も行わないと思う」と答えた。

    「結婚相手が望めば」と回答した男性は45%で、花嫁が希望すれば実施する人が多い。また、「お金があれば」と答えたのは全体で18.6%に過ぎなかった。


    男性の6割「式や披露宴は花婿よりも花嫁のためにある」

      「ナシ婚カップルが増えていることについてどう思うか」をあらためて男女別に聞くと、男性の31.3%、女性の34.8%が「式も披露宴もしなくていいと思う」と答えた。

    「自分自身は、式も披露宴もしたいと思わない」と答えた男性は21.2%、女性は22.2%で男性よりも女性の方が1ポイント多かった。「式や披露宴をしたい」と半数以上の女性が回答している一方で、「したいと思わない」女性が2割いた。

    男性の72.1%が「式や披露宴を行うかどうか、どんな内容にするかは相手の意見に合わせたい」と回答し、また61.7%が「式や披露宴は花婿よりも花嫁のためにあると思う」と答えた結果から、男性の方が女性の意向に合わせる傾向だという事がうかがえる。

    また、女性の55.9%は「式や披露宴は両親や親族のためにあると思う」と回答し、男性は結婚式を「花嫁のため」、女性は「両親や親族のため」と考えるという相違があるようだ。



     


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【6割の男女が「結婚式や披露宴は面倒」 理由は「費用がかかり過ぎ」「準備に時間がかかる」】の続きを読む

    『下町ロケット』(TBS系)に出演中のイモトアヤコの演技力に注目が集まっている。イモトはベンチャー企業、ギアゴーストの副社長・島津裕という重要な役柄を演じる。14日の初回放送では1分近い長台詞や涙を流す迫真の演技をこなした。

    「イモトといえば『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演中であり、日曜の夜8時から9時にかけて局をまたいで連続して出演する形となります。もちろん、直接裏かぶりをしているわけではないので問題はないといえるでしょうが、同一のタレントがこうした出演をするのは珍しいケースといえます。それだけ彼女の好感度が高い証拠だといえるでしょう」(放送作家)

     イモトは先ごろ引退を表明した安室奈美恵の熱狂的ファンとして知られる。もともとはお笑い芸人というより、歌手や女優などを含めたエンターテイメント全般を志向していた。今後は女優として開眼する可能性もありそうだ。イモトに限らず女優志望だった女芸人は少なくない。

    「クワバタオハラの小原正子はもともと舞台女優として活動していました。その後、リポーター志望としてホリプロの養成所に入りますが、そこでお笑い芸人にシフトします。もともとは女優といった意識があるせいか、伊集院光に『ブスなのにいい女ぶる』とネタにされていましたね。ニッチェの2人は、ウッチャンナンチャンや出川哲朗を輩出した日本映画学校(現・日本映画大学)の俳優科出身です。当初は女優志望だったようですが、学校スタッフから『お前らは女優は無理だからお笑いをやれ』とすすめられ芸人となりました」(同)

     お笑い芸人に限らず、芸能界は売れて知名度が上がれば、仕事のチャンスは向こうから次々とやってくる世界でもある。イモトの新境地に期待したいところだ。
     (文=平田宏利)

     
    TBS系『下町ロケット』公式インスタグラム(@rocket_tbs)より


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【『下町ロケット』イモトアヤコの演技に大絶賛! 実は女優志望だった女芸人たち】の続きを読む

    ついに福子(安藤サクラ)と萬平(長谷川博己)が結婚し、これからの展開がますます気になる連続ドラマ小説「まんぷく」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

    【写真を見る】結婚した福子(安藤サクラ)と萬平(長谷川博己)は貧しいながらも幸せな新婚生活を送る

     

    本作は30代のママながら、第1週では18歳のヒロイン・福子を演じた安藤の演技力や、個性的な登場人物の活躍、福子と萬平の恋愛模様など毎日のようにSNSで話題になっている。

    4週目からは福子と萬平の新婚生活が描かれることになる注目作の“語り”を務めているのが芦田愛菜だ。

    全編を通しての“語り”は、連続テレビ小説史上最年少ながら、若々しくしっかりとした声と語りで「まんぷく」を盛り上げる芦田が、語りを務めるに当たって意識していることや意気込みなどを語った。

    語りを務めることになった時のことを「すごくうれしかったです。“朝ドラ”は家族みんなで見るのにぴったりで、ヒロインのけなげな姿を思わず応援したくなったり、自分もがんばろうって思えたりする、爽やかなイメージがありますよね」と振り返り、「すごく伝統があり女優として演技を続けていくうえでの目標の一つでもあったので、今回はナレーションという形で参加させていただけて光栄に思っています」と喜びを明かす。

    初挑戦の語りについては、「本当に緊張します。これまでいろいろなお仕事をさせていただきましたが、『語り』のようにそのシーンの雰囲気を壊さないように声を入れていくのは、やはり難しいです」としみじみ。

    そして、「1回15分という短い時間の中でお芝居をより分かりやすくするためにナレーションがあると思っているので、いい意味で存在感を消して、少し離れたところから登場人物たちを見守るような存在でいられたらいいなと思っています。

    雰囲気に合った声でナレーションするというのは、女優として『演じる』という部分に通じるところもあると思います」と自身の“語り”としての心持ちを明かした。

    さらに、「最初にお話をうかがったとき『まんぷく』は戦前からはじまる物語だけれど、視聴者の方々に『昔の話だ』と思われてしまわないように“今と昔をつなぐ架け橋”になって欲しいとおっしゃっていただいたんです。

    特に声を作ったりせずに自然体でナレーションして欲しいというリクエストもあったので、等身大の私で自分らしくナレーションさせていただいています」と語った。

    安藤が演じるヒロイン・福子については「ちょっとおっちょこちょいでどこかまわりをクスっと笑わせてくれる福ちゃんが、憎めなくて愛らしいかわいらしい女の子だなと思いました。

    私自身はひとりっ子なので、三人姉妹の仲むつまじい様子がすごくうらやましいです。台本を読んでも、映像をみても、福ちゃんはみんなからの愛情をたっぷりに育てられてきたことが感じられ、ほっこりと温かい気持ちになっています」と印象を語った。

    最後に「本当にかわいらしい福ちゃんが、萬平さんを支える強い女性になっていくところが楽しみです。私もテレビの前の皆さんと同じ気持ちで福ちゃんを応援しながら『まんぷく』という物語をより一層楽しく親しみやすいお話だと感じていただけるような語りを目指します。精いっぱい務めさせていただきますのでよろしくお願いします」と意気込んだ。

    ■ 第4週(10月22日[月]~27日[土])あらすじ

    昭和19年、春。夫婦となった福子(安藤)と萬平(長谷川)は、貧しいながらも幸せな新婚生活を送っていた。

    しかし、戦況が激しさを増してきたため、反対する母・鈴(松坂慶子)を説得し、萬平の親戚を頼って3人で上郡に疎開することに。

    しかし疎開してしばらくすると、萬平に赤紙が来てしまう。覚悟を決めた萬平だったが、憲兵隊に受けた拷問が原因で、突然激しい腹痛に襲われる。(ザテレビジョン)

    連続テレビ小説「まんぷく」(NHK総合ほか)で語りを務める芦田愛菜


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【芦田愛菜が語りで“今と昔をつなぐ架け橋”に<まんぷく>】の続きを読む

    このページのトップヘ