インターハイ男子200m自由形で堂々2位、入場から笑顔を絶やさなかった理由

 全国高校総体(インターハイ)の競泳(日本ガイシアリーナ)第2日は18日、男子200メートル自由形決勝で慶応(神奈川)の1年生・石田虎流が1分50秒65で2位に入り、銀メダルを獲得した。

 1年生がプールを沸かせた。予選トップで4レーンを泳いだ石田は、前半から積極的に飛び出し、150メートルまで先頭をキープ。しかし、ラスト50メートルで400メートルを制している3年生・吉田啓祐(日大豊山)に交わされ、0秒33差の2着。それでも、レース後は吉田と握手を交わし、終始笑顔だった。

「吉田さんに『150メートルを回って勝てると思いました?』って聞いたら『最初の50メートルで(勝てると)分かっていた』と返されて……。いやあ、一枚上手だなあって思いました。でも、日本選手権でも活躍したことがあるような選手と同じレースで戦えたことは、実りあるレースにもなりました」

 笑顔を忘れなかったのには理由がある。「甲子園を見ていたら、ランナーコーチも事あるごとに『笑顔、笑顔』って盛り上げていて、それなら水泳にも笑顔があってもいいなと。それを僕が実践しようと」。入場からレース後まで常に爽やかな笑みを絶やさなかった。母校の甲子園の活躍にも刺激を受け、「いい結果に結びついて良かったです」と安堵した。

下関出身、母との二人三脚の勉強で慶応合格、父を残して家族で引っ越し

 山口・下関市出身。慶応に進んだ先輩の誘いもあり、一般推薦で神奈川の名門に進んだ。合格するためには高い評定と必要となる。「母と二人三脚で勉強をやってきた」。入学後は自営業の父を地元に残し、母・美穂子さんと兄弟2人で石田のために引っ越した。「家族を巻き込んだ大ごとだったので。合わせる顔ができた」と親孝行に胸をなで下ろした。

 ただ、もちろん満足するつもりはない。中学3年の頃に伸びず、競技について悩んだこともあるという。「あの時を考えれば、こうして全国で戦えたことは自分の中では金メダル。でも、銀と来たらあとは金。絶対、来年から2連覇するしかない。ここで調子に乗らず、頭を低くしてやっていきたい」と語った。

 地元・山口での大会ではなかった大声援を聞きたくて、レース時につける耳栓を片方外して挑み、泳ぎながら歓声を楽しんだという爽やかな1年生。「陸の王者」慶応から「水の王者」へ。笑顔で掴んだ銀メダルが、その第一歩になる。

 ◇インターハイの競泳は17日から4日間にわたって熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。(THE ANSWER編集部)

男子200メートル自由形で2位に入った石田虎流(1年=慶応)【写真:編集部】


(出典 news.nicovideo.jp)