2020年東京オリンピック・パラリンピックの、とある公式ライセンス商品がインターネット上で注目を集めている。

マスコットキャラクター「ミライトワ」「ソメイティ」をぬいぐるみにした商品で、価格は「14万円」する。なぜ、それほど高額なのか。

グッズの中心価格帯は数百円~数千円

大会組織委員会は16年6月から、公式ライセンス商品を店舗や通販で発売している。商品は衣類や雑貨、文具と幅広く、中心価格帯は数百円~数千円だ。比較的値段が高い商品だと、通販サイトでは浴衣(3万2400円、以下税込)や銀製ピンバッジ(1万2960円)、有田焼の皿(9450円)が見つかる。

ネット上で話題となっているのは、「ミライトワ」「ソメイティ」の巨大ぬいぐるみだ。価格はそれぞれ14万400円と、ほかと比べて破格。サイズは全長130センチ、重さ6キロと大型だ。

「14万?!」「ゼロ一個多いな」「ぼったくりやろこれ!」と驚きの声が上がっているが、それなりのコストがかかっているようだ。

1体1体手作業で制作

商品ページには「1体1体、手作業にてお作りしております為、表情などに個体差がございます」とある。そのため受注生産となり、8月20日現在の注文で11月下旬以降の発送になる。

ネット上では、高額な点に否定的な声が多いが、

「このぬいぐるみ、いいなって思った」
「受注生産の公式グッズだし、しっかり保管しておけば将来的にプレミアで値段つくかもよ」

と、購入に意欲的な向きもあった。

組織委は、グッズ売り上げによるライセンス収入を140億円と見積もっている。ロイヤルティー(手数料)は5~7%なので、2000億円以上の売り上げが必要だ。<J-CASTトレンド>

東京五輪通販サイトから


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

14万?!うせやろ?(様式美


某関西クレーマーが紛れてて草


あ ほ く さ


全長130センチのぬいぐるみなら、14万円も一応妥当な価格か……小型を安く多く生産するより手間暇掛からないって理由で作ってそうだが


こんなぬいぐるみで14万て、ぼったくりやろこれ!(呆れ)


ボランティアに給与を払うために高額人形の販売をするんですね、いいじゃん!え、違う?!あ、、、そう


これを14万で買って30万で売ろうとして全く売れないという未来予知。


ミライトワくんは後ろのパネルへの擬態能力が高すぎ


ぼったくりやろ


最初から14万で警察とか消防とかそういう公のとこに納品することが決まってると疑わざるをえない、談合ありきの価格。政府主導で民間の競争なんてくそくらえをやっている気がするんだよなあ。


???「14万?! うせやろ? こんなぬいぐるみで14万て、ぼったくりやろこれ!」


この売り上げを使ってボランティアに賃金払えば全てことが潤滑に進むと思うよ(マジレス)


はぁ~ あ ほ く さ やめたら? この仕事


ニセモノを自作してメルカリに出品する人がでてきそう


物品販売で営業利益があるのであれば、労働者(ボランティア含む)に対価を渡さないとおかしいですね?


誰が買えるんだこれ・・


値段付けるほどの手間かかってるのかもしれないが、その値段で欲しがる人がいるのかどうか。まあ、受注生産だし別にいいんじゃない?


いや130センチって相当な大きさだろ


ボランティアには炎天下8時間無償労働、宿泊代、交通費も一切出さないのを強制する中、委員会たちは報酬最大200万、日当1万、経費は無制限で出るという、さすが一兆を超える予算で竹槍精神の水資源無駄遣いな「エコでコンパクト」を目指した五輪


で*ぎ もっと小さいの作ろ