Twitterは9月22日(米国時間)、APIに関するバグを発見したことを報告しました。このバグにより、DMや非公開ツイートがサードパーティーの開発者に意図せず送信された可能性があるとしています。

【その他の画像】ブログでの説明

バグが発見されたのはAccount Activity API(AAAPI)で、2017年5月から存在したもの。Twitterはバグを2018年9月10日に発見し、その後数時間以内に修正したとしています。バグの影響を受けたTwitterアカウントは1%未満とのこと。バグの影響を受けたユーザーに、Twitterはアプリ内通知などで直接連絡しています。

 AAAPIは、登録開発者がTwitterで企業と顧客のコミュニケーションをサポートするツールを開発できるというもの。バグによって、AAAPIを利用した企業アカウントなどとやり取りをした場合、そのやり取りが、DMや非公開ツイートも含めて、意図せず他の登録開発者に送信された可能性があるとしています。

 原因については「複雑な技術的状況の同時発生」がバグにつながったと分析しているとTwitter。「このような問題が発生したことをお詫びいたします。Twitterは利用者からの信頼の上に成り立っており、その信頼を毎日勝ち取り続けられるよう尽力しています」と謝罪しています。

   
バグの報告


(出典 news.nicovideo.jp)