『下町ロケット』(TBS系)に出演中のイモトアヤコの演技力に注目が集まっている。イモトはベンチャー企業、ギアゴーストの副社長・島津裕という重要な役柄を演じる。14日の初回放送では1分近い長台詞や涙を流す迫真の演技をこなした。

「イモトといえば『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演中であり、日曜の夜8時から9時にかけて局をまたいで連続して出演する形となります。もちろん、直接裏かぶりをしているわけではないので問題はないといえるでしょうが、同一のタレントがこうした出演をするのは珍しいケースといえます。それだけ彼女の好感度が高い証拠だといえるでしょう」(放送作家)

 イモトは先ごろ引退を表明した安室奈美恵の熱狂的ファンとして知られる。もともとはお笑い芸人というより、歌手や女優などを含めたエンターテイメント全般を志向していた。今後は女優として開眼する可能性もありそうだ。イモトに限らず女優志望だった女芸人は少なくない。

「クワバタオハラの小原正子はもともと舞台女優として活動していました。その後、リポーター志望としてホリプロの養成所に入りますが、そこでお笑い芸人にシフトします。もともとは女優といった意識があるせいか、伊集院光に『ブスなのにいい女ぶる』とネタにされていましたね。ニッチェの2人は、ウッチャンナンチャンや出川哲朗を輩出した日本映画学校(現・日本映画大学)の俳優科出身です。当初は女優志望だったようですが、学校スタッフから『お前らは女優は無理だからお笑いをやれ』とすすめられ芸人となりました」(同)

 お笑い芸人に限らず、芸能界は売れて知名度が上がれば、仕事のチャンスは向こうから次々とやってくる世界でもある。イモトの新境地に期待したいところだ。
 (文=平田宏利)

 
TBS系『下町ロケット』公式インスタグラム(@rocket_tbs)より


(出典 news.nicovideo.jp)