■上白石萌音、映画『アリータ:バトル・エンジェル』の主人公・アリータの吹き替えを担当!「強いアリータに近づきたいと思いまして、新しいファッションに挑戦してみました」

【画像】イルミネーション点灯式に出席した上白石萌音

SF漫画の最高峰として語り継がれ、日本はもとより世界15の国と地域で翻訳された木城ゆきと原作による伝説の漫画『銃夢』。長年にわたり映画化を切望してきた巨匠ジェームズ・キャメロン製作・脚本でついに『アリータ:バトル・エンジェル』 として、2019年2月22日より公開となる。
11月8日、『アリータ:バトル・エンジェル』と『東京スカイツリータウン(R)ドリームクリスマス2018 イルミネーション点灯式』とのコラボレーションイベントが東京スカイツリータウンにて開催され、本作の主人公・アリータの日本語吹替版声優に決定した上白石萌音が登壇した。

会場となった東京スカイツリータウンには、イベントを心待ちにしていた大勢のファンで一杯に。

アリータの日本語吹替版声優でハリウッドデビューを飾ることとなる上白石は、アリータの声優に決まったときの感想について「ジェームズ・キャメロンさんがプロデューサーとして携わられているたいへん注目されている作品なのでとても光栄に思っています。洋画作品の吹替えは初めてなので、身の引き締まる思いです」と喜びの気持ちを語った。

自身が演じるサイボーグの少女・アリータのキャラクターについては、「人間の心とサイボーグの最強の身体を持った女の子で彼女自身が巻き込まれていく運命の中で、少しずつ成長していきます。親しみやすい、共感できるキャラクターだと思います」と、人間の心を持ちながら、自身の運命の中で強く成長していく魅力的なキャラクターであることを熱弁。

そんなアリータのアフレコに向けての役作りについて、「原作が日本の漫画『銃夢』なので読みました。強さの中に少女らしさを持った女の子で、恋をしたり、おっちょこちょいだったり、かわいらしくとても愛着のあるキャラクターだなと思いました」と、原作である漫画『銃夢』を熟読したことを明かし、アリータの愛らしい側面を紹介した。

また、「今日はそんな強いアリータに近づきたいと思いまして、新しいファッションに挑戦してみました。普段着たことがないかっこいい衣装なのでちょっと恥ずかしいです」と、アリータをイメージしたクールでスタイリッシュなファッションを華麗に披露。会場は黄色い声援に包まれた。

この日のイベントでは、上白石がアリータの武器である“ダマスカスソード”を振り上げることで、本作の舞台である空中都市“ザレム”にそっくりな東京スカイツリータウンのイルミネーションが点灯。上白石はダマスカスソードを握り締めると、アリータさながらの戦士に覚醒めたようにソードを振り上げるパフォーマンスを披露。すると、見事に一面のイルミネーションが点灯した。

大役を終えた上白石は「“アリータはこうやって戦うんだな”とアリータに近づけた気がしました。点灯の瞬間は色がとてもきれいで忘れられない瞬間でした」と、華やかなイルミネーションを点灯させた感想を語った。

『アリータ:バトル・エンジェル』は、自らが監督した『アバター』『タイタニック』で全世界歴代興行収入第1位、2位の記録を持つ巨匠ジェームズ・キャメロンが、20年以上の構想期間を経て紡ぎ出されるSFアクション超大作。上白石も本作を観るのはこれからということで「ジェームズ・キャメロンさんが手がける映像の美しさはとても楽しみにしていますし、いろいろな人と触れ合う中でアリータがどう成長していくのかを楽しみにしています」と、本作の壮大な世界観やアリータの大切な人々との出会いを通じての少女の成長を描いたドラマティックなストーリーを楽しみにしている胸中を明かした。

続けて「愛の詰まったキャラクターを演じさせていただける光栄さを噛み締めています。どんどん成長して変化のあるキャラクターなので大切にていねいに演じて皆様に声を届けられるように頑張りたいです」と、アフレコへの熱い意気込みを語った。

イベントの最後では、「本作の公開日は2月22日、覚えやすいですね。今年のクリスマスは本作のアフレコを行う予定なので、私は世界のために戦います。ぜひ楽しみにお待ちください!」と「アリータ」愛に溢れた熱烈なアピールで、公開を楽しみにしているファンを盛り上げ、イベントを締めくくった。



映画情報
『アリータ:バトル・エンジェル』
2019年2月22日全国ロードショー
配給:20世紀フォックス映画
(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

『アリータ:バトル・エンジェル』作品サイト
http://www.foxmovies-jp.com/alitabattleangel/

上白石萌音 Instagram
https://www.instagram.com/mone_kamishiraishi/?hl=ja
(M-ON! MUSIC NEWS)
掲載:M-ON! Press


(出典 news.nicovideo.jp)