フィギュアスケートのグランプリファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。女子ショートプログラムで紀平梨花が首位に立ったことでフィギュアファンがネット上で沸き立っている

【大きい画像を見る】紀平梨花(c)Getty Images

  日本からは紀平と宮原知子、坂本花織の3人が出場。紀平は今回もトリプルアクセルをきれいに決め、ルール改正後の世界最高となる82.51点でトップに。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワは77.93点で2位つけ、坂本が70.23点で4位、宮原が67.52点で最下位発進となった。

 ザギトワを2位に抑える紀平の滑りにネット上では「紀平梨花さんの演技は本当に素晴らしかった」「ザキトワちゃん断トツだと思ってた、みんなの予想を裏切って来る紀平ちゃんすげぇ」「紀平梨花ちゃん、ザキトワちゃんを超えてのSP1位は素晴らしい」と絶賛のコメントが多数。また、ショートプログラム最下位となってしまった宮原には「フリーで巻き返し!」「がんばってください」などエールのコメントが多く見られた。

 女子フリーは8日(日本時間9日)に行われる。

【ほかの画像を見る】紀平梨花(c)Getty Images

紀平梨花(c)Getty Images


(出典 news.nicovideo.jp)