JR東日本は8日、総武快速線新小岩駅(東京都葛飾区)で、乗客の転落事故などを防止するホームドアの運用を始めた。同線でのホームドア導入は初めてという。

 JR東によると、新小岩駅では自殺を含む人身事故が、2013~17年度の5年間に計34件と多発している。同社は事故防止対策として警備員を増員したり、通過する特急の速度を落としたりしていたが、国と都、区の支援も受け、17年2月からホームドア工事に着手していた。

 鹿島良行駅長(55)は「転落事故を防げると思っている」と期待を示した。同駅は1928年7月に開業。17年度の1日平均乗降客数は約15万人に上るという。 

〔写真説明〕JR新小岩駅で運用が始まったホームドア=8日午前、東京都葛飾区


JR新小岩駅で運用が始まったホームドア=8日午前、東京都葛飾区


(出典 news.nicovideo.jp)




まず列車での自殺が防除できるようになったのはとても良いと思う。さて、その自殺志願者は次に何処を死に場と決めるだろうか?なぜその地区では自殺志願者が多いのだろうか?


悪い意味で有名になってしまった駅


人身事故って言うな。真相からはかけ離れてんだから。ただのよくある【自殺の名所】ってだけ。


鉄道自殺という名の自爆テロによる迷惑にはうんざりだし、利用者の立場としてはどんどんやってほしい。あと、スカ線で言うなら、武蔵小杉もさっさとホームドア置いたほうがいいと思うわ。武蔵小杉はじきに新小岩に代わる自爆テロのメッカにされてしまいそうな気がする。