衝撃世界新にロシア実況席は感嘆、「ショックです」と声を揃える

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日(日本時間7日)、女子ショートプログラム(SP)で紀平梨花(関大KFSC)が82.51点の今季世界最高得点をマーク。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)を抑えて首位に立った。ザギトワの母国ロシア実況席は「ショックです」と感嘆。解説は「弱い所を見つけようとしましたが、ありません」と唸っている。

 カナダから放たれたインパクトは大国ロシアに轟いた。ロシアで中継した放送局「Match TV」の実況席も大興奮となった。

 紀平が登場すると、実況は「ミエ・ハマダの教え子の1人目が滑ります、リカ・キヒラです」と紹介。演技が始まると、冒頭の3回転アクセルを前に解説は「リカの3回転アクセルは日本人スタイルのもので、どこかマオ・アサダのものにより似ているわ」と指摘した。そして、見事に決めると「理想的です!」と絶賛。「ジャッジがたくさん加点するでしょう」と評した。

 中盤以降も美しいステップ、スピンで魅了。ほぼミスのない快演を見届けると、実況は「ブラボー! ブラボー!」と絶叫。解説は画面に表示された技術点を見て「なんてファンタスティックな技術点でしょう」と唸り、「このスケーターを見て弱い所を見つけようとしましたが、ありません。ジャンプ、スケーティング、スピンが素晴らしい!」と手放しで称賛した。

実況感嘆「技術点もクレイジーだし、構成点もクレイジーだ。フーッ!」

 実況は演技の素晴らしさに感嘆したのか「ショックです」と漏らすと、解説も「私もショックです。なんて言っていいか分かりません。世界記録が出ると思います」と言葉を重ね、「彼女のプログラムを私たちは長く覚えているでしょう」と評した。そして、表示された82.51点を見た瞬間、実況席は「82点!」と声を揃えて絶句した。

 技術点と構成点も出ると、実況は「技術点もクレイジーだし、構成点もクレイジーだ。フーッ!」と感嘆の声を漏らした。ザギトワがマークしていた世界最高得点を更新し、後に登場した五輪女王を抑えて首位に立った紀平。浅田真央以来となるシニア1年目Vに王手をかけた。ロシアも驚かせる16歳はフリーも圧巻の演技を見せるのか。

 優勝をかけた運命のフリーは8日(日本時間9日)に行われる。(THE ANSWER編集部)


首位発進の紀平梨花【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)