Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    2017年11月


    『どうぶつの森 ポケットキャンプ』もとい『ポケ森』は、全世界でのダウンロード数が1,500万を突破したとの情報もあり、かなり盛り上がっている模様。既にキャンプ場での生活を満喫しているという読者の方も多いことでしょう。

    【大きい画像を見る】【特集】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』あるある10選!キャンパー生活は意外と苦労も多い!?


    今回は、そんな『ポケ森』世界においてよくある出来事をご紹介。キャンプ場の管理人として生活しているとこういった「あるある」に遭遇すること、ありませんか?

    ■関連記事
    【特集】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』効率よく仕事する8つのテクニック
    https://www.inside-games.jp/article/2017/11/24/111144.html
    【特集』『どうぶつの森 ポケットキャンプ』リーフチケットはどこで使えばお得?
    https://www.inside-games.jp/article/2017/11/28/111203.html

    ◆けっこう忙しい
    『ポケ森』でプレイヤーはキャンプ場の管理人となってどうぶつたちのお願いを叶えていきます。キャンプ場ということで楽しく過ごせるのかと思いきや、これが結構忙しい。どうぶつたちは3時間ごとにお願いを言ってきますし、素材や材料集めなどもこなさなければなりません。

    もちろんどうぶつたちのお願いは聞ける時だけ聞けばいいのですが、しかしながら「あと○時間」などと表記されると焦ってしまうというのが人間の性。キャンプするどうぶつたちはともかく、管理人は忙しい仕事なのかもしれません。

    ◆家具を一瞬だけ置きどうぶつを誘致することに疑問を抱く
    どうぶつを自分のキャンプ場へ誘うには、ある程度のなかよし度と特定の家具が必要です。つまり、仲良くなったうえで好みの家具があればキャンプ場へ遊びに来てくれるというわけで、ここまでは確かに納得ができる話ですよね。

    しかしどうぶつを誘った直後、飾った家具を元に戻せてしまうというのがキャンプ場管理人の恐ろしいところ。しかもそんな仕打ちをしたのに、どうぶつは納得してキャンプ場に来てくれるのがまた不思議なところです。

    ◆鉱山を誘うのに必死になる
    「ゴロゴロ鉱山」では、岩を割るミニゲームをプレイしてベルとクラフト素材を入手することができます。金鉱石や銀鉱石といった当たりが出れば報酬もよくなるらしいため、どれを選ぶか悩みます。

    そんな鉱山に入るには、リーフチケットを使うかフレンド5人の協力を得る必要があります。そしてフレンドに協力してもらう際はひとりずつポチポチと協力申請を出さねばなりません。もはや岩を割るより重労働かも……。

    ◆バザーでレア魚・虫が意外と売れない
    『ポケ森』では釣りや虫取りもでき、中にはレアな魚や虫も存在します。マグロなどのレアはふつうに売却しても高く売れますし、バザーに出せばもっと高い値段で提示することができるのです。こうなると、レアを手に入れて一攫千金を夢見たくなるものですよね。

    ただ、高い値段をつけてバザーに出してもあまり売れないのがレア魚でありレア虫。なぜなら現段階ではそういったレア素材の需要がほとんどないからです。むしろ売れるのはオイカワやコガネムシ。そしてバザーに残り続けるレアな存在……。

    ◆とにかくクラフト材料が足りない
    あのどうぶつを誘致するためにこの家具を作ろう、キャンピングカーに飾りたいからこっちも用意したほうがいい……などと管理人としての仕事をこなしていると、すぐにクラフト材料が尽きてしまいます。物によっては100単位で材料を使うわけで、これは困らないほうが不思議と言えそうです。

    そして、キャンプ場の管理人は材料を獲得するためにどうぶつたちの元へと走ることになります。目的の家具を作るためには努力(もしくは課金)が必要なのです……!

    ◆マイニンテンドーのポイントがついに尽きる
    任天堂の関連サービスを利用することでポイントが溜まり、そのポイントをさまざまなプレゼントと交換することができる「マイニンテンドー」というサービスが存在します。『ポケ森』もこれに対応しており、クラフト材料などをゲットすることが可能です。

    これまでマイニンテンドーのポイントは余るのが当然(そこまで交換するものがなかった)わけでしたが、『ポケ森』をはじめるとクラフト材料と交換するのでどんどん使えてしまいます。こうして「マイニンテンドーのポイントがはじめて無くなった」という人も多いのではないでしょうか。

    ◆家具の完成を待ちきれない
    クラフト材料を揃えてカイゾーに家具を注文しても、すぐにそれが出来上がるわけではありません。完成するまでには数分、あるいは数時間、ものによっては何日か待つ必要があるのです。そしてゲーム中で表示されるカウントダウン……。ついリーフチケットを使いたくなってしまいますね。

    確かにこれまでの『とびだせ どうぶつの森』でも家具をリメイクする際は待ったりする必要があるわけですが、それにしてもここまで時間の経過が気になるのは『ポケ森』ならではです。

    ◆フレンドと見た目がカブる
    『ポケ森』はまだサービスが始まったばかりなので、家具や衣服の種類もあまりありません。そのため、島で出会ったフレンドなどと着ている服がそっくりになってしまうこともしばしば。この気まずさったらありません。

    どうぶつと仲良くなると洋服を貰えるので「これならばあまりかぶらないだろう!」と思って着てみるものの、やはりそういうものには人気が集まりやすく、またお揃いになってしまいます。イベントで服が配布されてもそうなりがちですね。

    ◆チャレンジや“いいね”に疲れる
    本作には、達成するとクラフト材料などがもらえる「限定チャレンジ」が用意されています。その内容は、フレンドに“いいね”をすることだったり、あるいは特定の魚を何回釣るだとか、そういったシンプルなものです。それで報酬がもらえるなら、嬉しいですよね。

    ただ、日によっては「フレンドに10回“いいね”する」などというお題が出てきて困ることも……。単純に10回も“いいね”するのは大変ですし、別に良いと思ってなくとも“いいね”をしなければならない義務感が疲れに繋がりやすい気がします。

    ◆雑草を抜きたくなる
    これまでのシリーズ作品を遊んだことのない人はそう思わないかもしれませんが、経験者からするとキャンプ場に生えている雑草が気になるのです。自分の村であれば雑草を抜くのは毎日やりたくなることだったのに、ここでは抜くことができない! こうなると、とても気になるのです。

    とはいえ、ここは村ではなくあくまでキャンプ場。雑草もまた大自然のひとつと言えばそうなんですが、やはり気になるものは気になる。ああ、どうして雑草を抜けないのですか!

    (C)Nintendo【ほかの画像を見る】【特集】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』あるある10選!キャンパー生活は意外と苦労も多い!?
    【特集】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』あるある10選!キャンパー生活は意外と苦労も多い!?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【特集】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』あるある10選!キャンパー生活は意外と苦労も多い!?】の続きを読む



    子どもも自分のことが自身でできる年齢になると時間的な余裕ができてきますね。

    そんなタイミングで、家族で何度も話し合い、犬を飼うことになりました。

    ブリーダーさんのところからお迎えした4か月のパピー。すると、我が家の生活にも大きな変化が!

    筆者が感じた大きな変化を5つ紹介したいと思います。

     

    “セリア”のアイテムだけでOK!ガスコンロ「グリル排気口」は掃除しなくていい!?

    ■変化1:床がいつもスッキリきれいになった



    子犬はとにかく好奇心旺盛! 細かいゴミでもとりあえず口に入れてしまうので要注意です。

    そこで、徹底しているのは「床に物を置かないこと」

    そのおかげで、掃除機もこまめにかけるようになりました。

    毛の抜ける犬種の場合はお掃除ロボットか、コードレス掃除機は必需品ですね。

    床に物がなくてスッキリしていると、部屋全体も片付いて見えるので、いいことですよね!

     

    ■変化2:散歩などで外に出ることが増え、生活がアクティブになった!



    これまでは室内での遊びやゲームが多かった子どもたち。

    ですが、犬を飼い始めてからは頻繁に外に出るようになり、生活がアクティブになりました!

    散歩で外に行く頻度も増えましたし、生活にメリハリが出たように思います。

    子どもたちも率先してお世話もしてくれて、いつのまにか頼れる兄・姉に変身!

    まだ子犬なので運動量は少ないですが、成犬になったらもっとハードに遊べるはず。

    今から楽しみです!

     

    ■変化3:「維持費」や「初期費用」が結構かかってしまう



    日々のエサ代や消耗品代はもちろんですが、初期費用も結構かかるんです。

    ケージやクレートなどの大きなものは想像できましたが、

    他にもお散歩の道具やおもちゃ、ブラシ、爪切り、シャンプー、バリカン……と、意外と細々したものが必要なんです。

    医療費や、毛の伸びる犬種の場合はトリミング代もかかってきます。

    しかし、愛犬のパピーも大事な家族。

    生きている限りは当然かかり続けるものなので、長い目で見ることが大切ですね。

     

    ■変化4:動画サイトが一番参考になった!「しつけ」に詳しくなる



    しつけは初心者にはよくわからないことも多いですよね。

    でもこれは大丈夫! 今は動画サイトという強い味方があります!

    プロのしつけ法がたくさん公開されていて、筆者も動画を参考に「おすわり」や「待て」などを教えましたよ。

    根気よく行えば覚えてくれるので、しつけ方法に関しては心配はいらないと思います。

    そして、覚えてくれた時はやっぱり嬉しいものですね!

     

    ■変化5:ワンちゃんだけを留守番させられない!「外出」に気を使うようになる

    ujike777 / PIXTA

    最初のうちは、飼い主の姿が見えないとクーンと鳴きます。

    性格によっては、ずっと吠え続ける子も……。

    でも常に一緒には出かけられないので、外出の際は気を使います。

    まさに子どもを1人でお留守番させている感覚ですね。

    ただ、今はペット用カメラもあるので、お留守番の多い子は取り入れてみるのもいいかもしれませんね。

     

    いかがでしたか?

    小さな家族が増えるという、プラスの面もマイナスの面も、事前に家族でしっかり話し合っておくことが大事です。

    費用や時間やライフスタイルの変化もしっかり考えておくことが大事ですね。

    犬を飼いたいなあと悩んでいる方は、これらも参考にしていただければと思います。

    pixta_11220808_M

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【床がいつもきれい、アクティブになる…。「子犬」を飼って感じた変化5つ】の続きを読む


    ミニストップ各店で、「なめらかプリンパフェ」のプリンの量を2倍に増量した「たっぷりプリンパフェ」が12月1日に発売される。価格は390円(税込)。

    【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

    秋冬に販売されるパフェにおいて人気No.1だという「なめらかプリンパフェ」。「このプリンをもっと食べたい!」という要望に応えて、昨年(2016年)期間限定で販売され好評だった「たっぷりプリンパフェ」が今年も登場する。

    “過去5年間で最も濃厚でコクのある味に仕上げたプリン”が通常の2倍使用されたパフェ。プリンには生乳、生クリーム、卵黄に加え、コクを引き出す隠し味としてクリームチーズが使用されている。一人でもシェアしても楽しめる、食べ応えのあるパフェだ。
    ミニストップ「たっぷりプリンパフェ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ミニストップにプリン量2倍の「たっぷりプリンパフェ」今年も!隠し味はクリームチーズ】の続きを読む


    11月20日、アニメーション監督・天衝が自身のTwitterで、アニメーションスタジオの“スタッフ募集”を呼びかけた。その待遇にSNSなどでは「すごい業界だ…」と驚く人が相次いでいる。

    出典画像:「バイブリーアニメーションスタジオ」公式サイトより

    出典画像:「バイブリーアニメーションスタジオ」公式サイトより

     

    “きんモザ”天衝監督のスタジオが破格の待遇!?

    天衝はアニメ「きんいろモザイク」などでお馴染みの監督で、今年5月に新スタジオ「バイブリーアニメーションスタジオ」を設立。今回スタッフを募集したのはこのスタジオで、「動画 月18万~ 社員のみ。社保有り。土日祝休み。あと若干名経験者も引き続き募集中です!」と待遇を公開した。

     

    注目を集めたのは“月18万~”の部分。天衝は続けて投稿したツイートで「うちで出している新人動画マンの月給18万は一般的には決して高くはありません」と認めている。しかしその後「アニメ業界でこれを出しているところはほとんど聞きません。おそらく歩合で平均6万~稼いでも12万くらいなのかな?」と続け、アニメ業界の収入事情を告白。

     

    月給18万円が動画マンにとって“厚待遇”であるという事実に、SNSなどでは「フリーターの方が稼げるレベルなのが切ない…」「どうやったらアニメーターにお金が入るようになるの?」「“平均6万”から考えると18万円ってすごいけど… やっぱり壮絶なんだな」との声が相次いだ。

     

    一方で「新人動画マンに18万円は破格の待遇! 業界の常識が変わるレベル」「天衝監督素晴らしすぎるでしょ」「“社保あり”で動画マンに18万円って… そんなことが可能だったのか」と称賛する声も続出。天衝がTwitterで示した待遇はかなり恵まれているようだ。

     

    シビアすぎる新人アニメーターの現実

    今回募集されていた“動画”とは主にアニメーションの中割りを担当する人のことで、固定給ではなく歩合制がほとんどとされている。新人アニメーターが最初に担当するセクションとしても有名で、SNSなどには「初任給が2万円くらいだった」「6万円もらえたときに飛び上がって喜んだな」といった声が。動画マンの“初任給ツイート”は定期的に話題になってきた。

     

    こういった事情を知っている人たちからすると、やはり「バイブリーアニメーションスタジオ」はアニメ業界の期待の星となっている模様。天衝もTwitterで「こんな過酷な労働環境ではアニメーターが育つどころかますます狭き門になってしまいます」「アニメーターを使い捨てる気持ちがなければ、もう少し何とかしてあげられるはず」と訴えている。

     

    さらに天衝は「よいクリエイターが集まり、良いアニメを作っていって信用を得て、今後制作費も少しだけ多く貰えるようになっていけば、皆んな幸せになっていけるので、是非ともご協力ください」ともツイート。破格の待遇を提示した同スタジオが業界をどのように変えていくのか、今後の展開にも注目していきたい。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「“社保あり”で18万円って…」アニメーション監督・天衝が“破格の待遇”で動画マンを募集!】の続きを読む

     アイドルグループ・NMB48の1年ぶり通算17枚目のシングル「ワロタピーポー」(12月27日発売)のミュージックビデオ(MV)が完成し、YouTubeのNMB48公式チャンネルで公開された。

    【MV場面写真】単独センターを務める白間美瑠

     白間美瑠が単独センターを務める本作は、現代のネット社会を風刺した歌詞とタイトルがインパクト大。15日放送の読売テレビ・日本テレビ系『ベストヒット歌謡祭2017』で初披露し、ネット上で反響を呼んだ。

     底抜けに明るくハッチャケた、NMB48らしさ全開のMVの監督は森田一平氏が務め、「W」ポーズが印象的な振付はCRE8BOYが担当した。
    NMB48が新曲「ワロタピーポー」MV公開(C)NMB48


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【NMB48らしさ全開 明るくハッチャケた「ワロタピーポー」MV解禁】の続きを読む

    このページのトップヘ