Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    2018年08月

    NO.6901607 2018/08/31 18:57
    沖縄への基地集中は「人種差別」 国連が日本政府に勧告
    沖縄への基地集中は「人種差別」 国連が日本政府に勧告
    国連人種差別撤廃委員会は30日、対日審査の総括所見を発表した。

    日本政府に対し、沖縄の人々は「先住民族」だとして、その権利を保護するよう勧告した。

    米軍基地に起因する米軍機事故や女性に対する暴力について「沖縄の人々が直面している課題」と懸念を示した。

    その上で「女性を含む沖縄の人々の安全を守る対策を取る」「加害者が適切に告発、訴追されることを保証する」ことなどを求めた。

    同委員会が勧告で、差別の根拠として米軍基地問題を挙げたのは2010年以来。

    同委員会は10年、沖縄への米軍基地の集中について「現代的な形の人種差別」と認定し、差別を監視するために沖縄の人々の代表者と幅広く協議するよう勧告した。

    14年の前回勧告は基地問題に言及しなかったが、今回は再び言及した。

    今回の総括所見は、日本政府が沖縄の人々を先住民族と認めていないことに懸念を示した。

    「琉球(の人々)を先住民族として認め、その権利を守るための措置を強化する立場を再確認すること」を勧告した。

    総括所見は16、17の両日にスイス・ジュネーブの国連欧州本部で開かれた対日審査の結果を踏まえ、まとめられた。



    【日時】2018年08月31日 09:56
    【ソース】琉球新報


    【沖縄への基地集中は「人種差別」 国連が日本政府に勧告】の続きを読む

    「ここ5~6年、裏社会の現場で大学生の姿を見る機会が増えてきている」

      ノンフィクション作家の草下シンヤ氏がそう話す。『裏のハローワーク』など、裏社会に関する書籍を多く発表している草下氏は現在、「週刊ビックコミックスピリッツ」で連載中の漫画『ハスリンボーイ』(小学館)の原作を担当。 “ハスリン”とは非合法な商売で稼ぐことを意味する。作中では主人公である大学生のタモツが、奨学金返済のため違法な道具屋として池袋の裏社会で働く様子が描かれているが、フィクションとはいえ、実際に多くの取材に基づいているそうだ。

     いま大学生(若者)の間で裏稼業が流行しているとはどういうことなのか。草下氏に話を伺った。

    ◆Fラン大学生が将来を不安視、裏社会に希望を見出す

    「大学生は裏稼業においてバレにくい(職質されにくい)という特権があり、裏社会の人間が利用しようとするんです」

      一般的に大学生といえば、一人暮らしを始めたり、サークルや飲み会、旅行など遊びの機会が増えたりする。当然、お金が必要となってくる。そんなときに近寄ってくるのが裏社会の人間たちだ。とはいえ、大学生が普通のアルバイトではなく、裏稼業にまで手を出してしまう背景にはなにがあるのだろうか。

     「裏社会にいる大学生はいわゆるFラン大学の人間が多い。真面目に就職したとしても年収300万、日本経済は縮小していくばかりで先が見えない。表の世界でやっていくことがバカバカしく思えてきてしまうようです。そのなかで一見派手に見える裏社会に魅せられ、道を外してしまうことが多いですね」

      現在は大卒だからといって安定した未来は約束されていない。それならば一攫千金を狙って……ということらしい。一方で、大学生にとっては大金でも、裏社会にとっては端金。彼らにとっては使い勝手のいい労働力を安く購入している構図なのである。

    ◆入り口は繁華街のキャッチから…

     では、実際に普通の大学生がどのようにして裏社会に流れていくのか。「数年前の一斉摘発で捕まったキャッチの半数が大学生だった」と草下氏。

      現在、都内をはじめ多くの繫華街では路上での客引き行為が条例で禁止されている。上野の仲見世通りなど浄化された地域もあるが、迷惑な客引き行為が絶えない地域もいまだに見られる。

      そんなキャッチの仕事が大学生に人気のアルバイトとなっているらしい。とはいえ、それが裏社会への入り口となってしまうこともある。

     「通りによって仕切っている組織が異なり、最終的にはケツモチである組織に金銭が流れることになる。路上に立つにも場所代を組織に2~3万円程度収める必要があり、やはり一般的なバイトと比べると、裏の人間と接する機会が多いです。またキャッチの間には “やっつけ”っていう言葉がある。ムカついた客がいれば、ぼったくりの店に連れて行っちゃう。そういう店との繋がりから、裏社会に足を踏み入れてしまう大学生が多いですね」

      ほかの裏稼業と比べて、路上のキャッチは大学生にとってハードルが低い。なろうと思えば誰でもなれる。しかし、そこは繁華街。裏社会の人間も少なくないのだ。

    ◆クスリの売人やオレオレ詐欺に加担することも…

     大学生はもちろん、若者たちが道を踏み外すパターンはそれだけではない。クスリの売人、オレオレ詐欺のグループなどに転身するケースまであるという。

     「クスリ系の犯罪は、やはりクラブが入り口になることが多いです。マリファナの売人をやっている大学生もいる。そいつ自身がネタ好きで買うためにクラブに出入りしているうちに売人に目を付けられてしまうんです。『ネタが好きならお前も売ってみるか?』という感じでスカウトされる。あるいは、自分で吸うぶんだけマリファナの栽培をしていた大学生が、クラブで売人に尾行されて家を突きとめられ、脅しをかけられてそのまま手下にされてしまった例もありますね」

      また、地元の悪い“先輩”から誘われてしまうこともある。たとえば、ハスリンボーイの舞台となっている池袋をはじめ、半グレ集団によるオレオレ詐欺事件の被害も深刻だ。今年1月~6月における「オレオレ詐欺」などの特殊詐欺の被害額は174億9000万円にのぼる。草下氏は、これらの詐欺に加担していた若者のひとりをこう振り返る。

     「建築現場の仕事で地方から東京に出てきた18歳の青年が、オレオレ詐欺の受け子(金を受け取る役目)で捕まってしまった。同じく上京していた地元の先輩に誘われて参加してしまったらしいんです。その先輩の男は詐欺グループにいたことがあり、そこでノウハウを盗んで独立したようですが……」

     先輩が作った詐欺グループを仕切っている人間たちも20代前半の男たちだったという。捕まった青年は大学生ではなかったが、このような若者たちの犯罪集団は無数に存在しており、なかには大学生が参加していることもあるようだ。

    ◆中高生まで…犯罪の低年齢化を危惧

    「昔はセパレートしていた表社会と裏社会が渾然一体となって交じり合いつつあり、いまでは犯罪や反社会勢力が近い存在となっています」

      その結果として裏社会の現場に大学生が増えているわけでもあるが、さらに草下氏は犯罪の低年齢化を危惧する。

     「いまは大学生にとどまっていますが、高校生、さらには小中学生が犯罪組織の一員となれば摘発は困難になる。海外マフィアでは小学生がクスリの運び屋として使われていますが、日本においてもそのような未来はそう遠くないところにきている気がします」

      表社会に希望を見出せず、裏社会にすがる若者が増えていく。この状況が続けば、さらに混沌とした社会へと移り変わっていきそうだ。<取材・文・撮影/國友公司>

     【PROFILE】草下シンヤ/1978年、静岡県出身。豊富な人脈を活かした裏社会取材を得意とし、『実録ドラッグレポート』『裏のハローワーク』などの著作がある。現在「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて『ハスリンボーイ』(原作担当/漫画・本田優貴)を連載中



    条例で客引き行為は禁止されているが…


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【Fラン大学生の間で流行する裏のカネ稼ぎ。将来を不安視して…】の続きを読む

    NO.6899668 2018/08/30 21:24
    独身貴族である理由!最新の研究結果が発表された!
    独身貴族である理由!最新の研究結果が発表された!
    ■世界で急増する独身貴族!
    日本では未婚率の上昇や少子化が大きな問題となっていますが、実はこれは世界的な流れでもあります。

    特に先進国では未婚率の上昇が著しく、アジア、アメリカ、ヨーロッパでは未婚の男女がとても増えているのです。

    皆さんの中にも40代以上の年齢で未婚だという人が結構多いのではないでしょうか。

    一昔前であれば40代以上の未婚男性は珍しい存在でしたが、現在では全くそんなことはありませんよね。

    では、一体なぜ独身貴族は増加しているのでしょうか。

    この問題や疑問について、世界中の研究者がいろいろな検証を行っています。

    ■男性が独身でいる3つの理由
    キプロスの研究者であるメネラオス氏は未婚男性に対して「なぜ自分が結婚できないのだと思いますか?」という質問を行い、その回答を、実に7000件近くも集め、結果を分析しています。

    それによると、未婚であることの理由、トップ3は

    1容姿が悪い
    2自信がない
    3努力不足

    というものでした。

    いずれもネガティブな意見ですが、いずれにしても濃密な人間関係を築くための難易度がこの数年で急激に上昇していることが背景と見られています。

    自信がないというのは、主に他の誰かと比べて自分が劣っていると感じているのが原因です。

    そして、その理由の大きな部分をインターネットの存在が占めているのは間違いありません。

    ネット上では一般人ながらも容姿の優れている人をたくさん見かけますし、SNSではそういった人たちと浅い関係ではあるものの繋がることができるからです。

    良くも悪くも我々はインターネットによって「賢く」なってしまったといえるでしょう。

    メネラオス氏は他にも、束縛から逃れ自由でいたいという欲求が男性の中で高まっている事も理由として挙げています。

    また、家同士のつながりや古くは暴力によって女性を奪い取ってきた時代からの変化も未婚率の上昇に拍車をかけていると考えています。

    ■研究者の意見も分かれる!
    一方、ニューカースル大学のクリス・ヘイウッド博士は結婚や恋愛が生殖を目的としたものだけではなくなっている事が原因だ、と考えています。

    ヘイウッド博士は、価値観の多様化が人間関係の複雑化に繋がっていると考えています。

    また、ジェンダーロールの定義が失われつつあることで男らしさや、女らしさという価値観が急激に崩壊していることも原因だとしています。

    確かに、結婚という枠組み自体が既に過去の物、時代にそぐわない物と化しているのかもしれませんね。

    ■独身遺伝子は存在するのか
    さて、最後に遺伝子に関してひとつ研究結果をご紹介しましょう。

    これは中国で行われた研究なのですが、恋人とうまく恋愛関係を維持できないという人は「5-HTA1のG型」という遺伝子を持っている率が高いということが明らかとなりました。

    5-HTA1にはC型とG型があるのですが、恋人との関係に悩む人は圧倒的にG型タイプが多かったのです。

    このG型遺伝子の特徴としては、脳内のセロトニンレベルを低く抑えてしまう効果があり、これによって人間関係の心地よさを感じにくくするのだそうです。

    もちろんこのタイプの遺伝子を持っていたとしても絶対に恋人ができなかったり、恋愛が長続きしないわけではありません。

    ただ、遺伝子に関する研究がもっともっと進むことで、更に人間の性格や本質が先天的な部分に支配されていることが明らかになるのかもしれませんね。
    【日時】2018年08月30日
    【提供】YAZIUP


    【独身貴族である理由!最新の研究結果が発表された!】の続きを読む

    株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『医療難民を救う「在宅型医療病床」』(柴原 慶一 著)を2018年8月31日に発売いたします。

    -------------------------------------------------------------

    在宅介護の限界、消えていく病院のベッド――
    病床をシェアするという新発想で医療難民を救う!

    病院でも介護施設でもない
    疲弊する地域医療への処方箋
    「在宅型医療病床」とは

    2025年、国民の3.3人に1人が65歳以上、5.6人に1人が75歳以上という超高齢社会が到来。
    政府は、社会保障費を少しでも減らすべく、全国135万床の病床を2025年までに約20万床減らす方針を打ち出しています。
    しかし高齢者向け施設ではなかなか受けいれてもらえない医療依存度の高い高齢者「医療難民」が増える一方で、深刻な課題です。
    医師であり実業家でもある著者は、新たな発想“病床のシェア”による「在宅型医療病床」で、この「医療難民」の問題に立ち向かっています。
    本書では、超高齢社会に向け医療の新たな形をご紹介します。

    【書籍情報】
    書 名:『医療難民を救う「在宅型医療病床」』
    著 者:柴原 慶一(シバハラ ケイイチ)
    発売日:2018年8月31日
    定 価:1,512円(税込)
    体 裁:四六判並製/256ページ
    ISBN :978-4-344-91776-7

    【目次】
    第1章 崩壊への一途をたどる日本の社会保障制度
    第2章 2025年には800万人が後期高齢者――
    急増する医療難民
    第3章 ”病床のシェア”で地域の医療ニーズに応える
    「在宅型医療病床」とは
    第4章 病院でも、介護施設でもない新たな選択――
    「在宅型医療病床」がもたらした病床での豊かさ
    第5章 民間ビジネスの力が日本の医療を変える

    【著者プロフィール】
    柴原 慶一(シバハラ ケイイチ)
    名古屋生まれ。医師・医学博士。
    京都大学医学部大学院(分子生物学専攻)。研究テーマは遺伝情報の複製機構の解明。長く迷った末、人生に第二章があってもよいと決断し、2010年に研究室を閉鎖。以降、事業家の道を歩む。地域医療再生をテーマに掲げ岩手県に移住。公的病床の福祉への再活用、東日本大震災復興支援、社会福祉法人設立、民間医療法人MA・再生などを経て、2012年株式会社アンビス設立。以降、在宅ホスピス(医心館)事業を展開している。現在は東京都在住。趣味はスポーツ観戦と海辺で休むこと。座右の銘は「万事塞翁馬」「飲水思源」「Stay hungry, stay ambitious」。夢は若手研究者を支援する財団を設立すること。



    配信元企業:株式会社幻冬舎メディアコンサルティング

    プレスリリース詳細へ

    ドリームニューストップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【2025年、超高齢社会の到来――治療・療養生活を探し求める「医療難民」を“病床のシェア”による「在宅型医療病床」が救う!『医療難民を救う「在宅型医療病床」』2018年8月31日発売!】の続きを読む


    1 (^ェ^) ★ :2018/08/30(木) 21:21:24.10

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180830-00000136-jij-cn

     【北京時事】中国外務省の華春瑩・副報道局長は30日の記者会見で、秋葉剛男外務事務次官が王毅国務委員兼外相と会談した際、中国側が産経新聞の代表取材を認めなかったことに日本政府が抗議したのを受け、「理不尽な抗議で受け入れられない」と反発した。
     
     華氏は2国間会談の取材対応は「両国が相互尊重と友好対等の原則で調整するものだ」と主張。産経新聞が「合法的な取材活動に対する不当な妨害だ」と抗議したことも非難した上で、「日本政府は自国メディアを教育し制限しないといけない」と述べた。

     これに関連し、北京を訪問中の二階俊博自民党幹事長は30日、記者団に「(日中は)互いに細心の注意を払って両国関係を円満に推移するようにしないといけない。今後、十分に注意して対応するべきだ」と語った。 


    【産経新聞の代表取材を認めなかったことに日本政府が抗議 →中国外務省「日本政府は自国メディアを教育し制限しないといけない」】の続きを読む

    このページのトップヘ