Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    2019年01月


    1 おでん ★ :2019/01/31(木) 20:37:16.00

    さる22日、メディアに「釈明コメント」を発表した小室圭さん(27)。が、いぜん秋篠宮家の長女・眞子さま(27)との「結婚問題」に明るい兆しは見えない。そんな折、驚愕の事実が――。小室さんの母・佳代さんが、あろうことか陛下への“謁見”を要求しているというのだ。

     ***

    件のコメントで小室さんが明かしたのは、母・佳代さんに取り沙汰されていた元婚約者とのトラブルは〈支援や慰謝料の点を含めて金銭的な問題はすべて解決済みであることを二人(※佳代さんと元婚約者)は確認したのです〉との主張だった。

    その前段にあったのは、昨年11月30日のお誕生日に先立って行われた秋篠宮さまの会見である。ここで殿下は、〈(小室さん側が)それ相応の対応をするべきだと思います。(そうでなければ)婚約にあたる納采の儀は行えません〉と、相手方との円満な解決を求める“最後通牒”を突き付けておられた。

    つまり、小室さんのコメントは「あらためて『贈与だった』『解決済み』といった“回答”をされても、何の意味もなさない」(宮内庁担当記者)ということになる。そして秋篠宮ご一家を襲うさらなる衝撃が、佳代さんの放った“起死回生の一撃”だという。

    「実は、殿下の会見以降、佳代さんが宮内庁に直接連絡をしてきて『両陛下にお会いして、お話をさせて頂けませんか』などといった要請をしているのです」

    そう打ち明けるのは、さる宮内庁関係者である。

    「ですが本来、誠意を尽くしてお話をするお相手は、秋篠宮ご夫妻であるはず。ところが先の会見での厳しいご批判もあり“両殿下では埒が明かない”と踏んだのでしょうか、現在では、もっぱら千代田のオク(両陛下のご身辺のお世話をする職員)と接触を図ろうとしているのが、ありありと見て取れます」

    というのだ。

    ■過去には肩代わりを打診

    佳代さんといえば、これまでも秋篠宮家との話し合いの中で、

    〈430万円については贈与を受けたという認識で、現在もこれに変わりはありません〉

    そう繰り返しながらも、

    〈どうしても返さなければならないということであれば、皇室のほうでお金を用立てて頂くことはできないでしょうか〉

    と、事もあろうに秋篠宮家に返済の肩代わりを打診した“過去”がある。

    「この時はまだ“2年延期”と発表される前でしたので、佳代さんは結婚直後に眞子内親王殿下に支払われるはずの一時金(約1億5千万円)を当て込んでいたのでしょう。ですが、そもそも一時金とは公金であり、皇族であった方の品位を保持するためのもの。個人間の金銭トラブル解決に供していいはずがありません」(同)

    この打診が受け入れられずに終わったのは言うまでもないが、佳代さんはこれに続き、またしても宮内庁を驚愕させる申し出を行っていたというわけである。

    それにしても“直訴”とは前代未聞である。先の関係者が続けて、

    「とはいえ、立場上はいまだ眞子内親王殿下の“婚約内定者”の母親であるわけです。『電話には出ません』と、無下に断るわけにもいかず、庁内でも困惑が広がっています」

    肝心のその電話では、

    「佳代さんは『両陛下との面会が許されるのであれば、圭を連れてご説明に伺います』と繰り返しています。この一件は、秋篠宮家を所管する宮務課だけでなく、両陛下のお世話にあたる侍従職にも伝えられており、念のため両陛下のお耳にも入れているとのことでしたが……」(同)

    無論、こうした“蛮行”がまかり通るはずもない。向き合うべき結婚相手のご両親を差し置き、祖父母に直談判して承諾を取りつけるなど、一般社会においても常識を疑うケースであり、まして両陛下への“面会要請”など、倒錯の極みであろう。


    (出典 www.dailyshincho.jp)



    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/01310800/
    ★1:2019/01/31(木) 10:56:30.47
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548931219/


    【【不敬】小室母、天皇陛下への謁見要求・・・「直訴」を画策 『両陛下との面会が許されるのであれば、圭を連れてご説明に伺います』】の続きを読む


    1 ばーど ★ :2019/01/31(木) 21:18:51.79

    千葉県野田市で小学4年生の女の子が死亡し、41歳の父親が傷害の疑いで逮捕された事件で、女の子が「父からいじめを受けている」と訴えた小学校のアンケートのコピーを、市の教育委員会が父親からの要求を受けて渡していた問題について、教育委員会の担当者は31日の会見で「配慮が足りないだけでは済まされない、取り返しのつかないことをしてしまった」と謝罪しました。

    千葉県野田市は31日午後、鈴木有市長や教育委員会の担当者らが記者会見を開き、はじめに鈴木市長が今回の事件で小学4年生の栗原心愛さん(10)が亡くなったことについて「これから人生が始まる心愛さんの命を救えず、誠に申し訳ございません」と陳謝しました。

    会見によりますと、心愛さんの一時保護が解除されたあとの去年1月12日、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が妻とともに小学校を訪れた際、「娘に暴力は振るっていない。一時保護といって子どもを引き離された者の気持ちがわかるか」などと抗議し、アンケートの回答を見せるよう強く迫ったということです。

    その3日後に栗原容疑者が市の教育委員会を訪れた際にも、威圧的な態度で要求したということです。

    アンケートを渡した教育委員会の矢部雅彦次長は「恐怖感を覚え精神的にも追い詰められて影響を深く考えられなかった。守れる命を守れなかったと考えると配慮が足りないだけでは済まされない、取り返しのつかないことをしてしまった」と謝罪しました。

    矢部次長は上司の教育長をはじめ、児童相談所などにも相談していなかったということです。

    野田市は今回のアンケートは渡してはならない情報で市の情報公開条例に違反するとして、関係者の処分を検討しています。

    ■アンケートの内容は

    また、野田市は、亡くなった心愛さんがおととし小学校で行われたいじめに関するアンケートに、どのように答えていたのかを明らかにしました。

    アンケートは冒頭で「このアンケートは、みなさんが、いじめのないたのしいがっこうせいかつができるようにするためのものです。ひみつをまもりますので、しょうじきにこたえてください」などと協力を呼びかけています。

    市によりますと、心愛さんは「あなたは、今いじめられていますか。」という質問に「はい」と答えていました。
    そのうえでどのようないじめかをたずねる質問に対して、選択肢の中から「いやなことをくりかえしていわれたり、こわいことばでいわれたりする」、「おもいきりぶつかられたり、たたかれたり、けられたりする」などを選んでいました。

    あなたは、いじめをだれからうけましたかという質問には、「かぞく」を選んでいたということです。

    そして、悩みや相談したいことを自由に書くことができる欄には、「お父さんにぼう力を受けています。夜中に起こされたり、起きているときにけられたりたたかれたりされています。先生、どうにかできませんか。」と記されていたということです。

    2019年1月31日 18時31分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190131/k10011798391000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    関連スレ
    【千葉小4虐待死】野田市教委「威圧的な態度に恐怖を感じ、屈して渡してしまった」学校アンケート、死亡小4の父に★2 
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548925276/
    【千葉小4虐待死】父親にアンケート渡したアンケート、冒頭に「ひみつをまもりますので、しょうじきにこたえてください」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548931406/

    ★1が立った時間 2019/01/31(木) 19:19:55.37
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548933264/


    【【千葉小4虐待死】父親にアンケート渡した野田市教委の担当者が謝罪「取り返しのつかないことをしてしまった」】の続きを読む

    「保険募集人には守秘義務はないのでしょうか 」。東北地方の50代女性から、こんな疑問が弁護士ドットコムニュースのLINE@に寄せられました。

    女性は日頃お世話になっている生命保険の外交員(保険募集人)に、家族のことを話していました。障害がある子どもがいることは、近所の人に伝えていませんでしたが、「保険の契約で申告漏れがあると適応されない」と思い、障害者年金の金額なども伝えたそうです。

    外交員のことを信頼していた女性でしたが、なんと、外交員が近所で女性が話した「子どもの就職先」や障害のある子どもがいることを言いふらしていることが分かりました。

    その結果、近所の人に「お金いっぱいあるんでしょ」と嫌味を言われたり、よそよそしくされたりしたそうです。こうした行為は、守秘義務違反やプライバシー違反にならないのでしょうか。櫻町直樹弁護士に聞きました。

    ●守秘義務は規定されていない

    「外交員という言葉が一般的ですが、ここでは法律上の文言である保険募集人という言葉を使って説明します。

    生命保険募集人については、保険業法に規定があり、生命保険契約の締結の代理や媒介を行う人のことを言います(2条19項)。

    そこで、保険業法において生命保険募集人に守秘義務が課せられているかをみると、守秘義務を規定した条文はありません」

    ●プライバシー侵害にあたるか

    では、秘密を漏らしても問題ないのでしょうか。

    「だから問題ないというわけではありません。生命保険募集人が顧客についての情報を第三者に公開した場合には、私生活をみだりに公開されない権利または法律上保護される利益の侵害、すなわち、『プライバシー侵害』にあたるかどうかが問題になります。

    この要件は、三島由紀夫の小説『宴のあと』が、モデルとなった人物のプライバシーを侵害するかどうかが争われた事件の判決(東京地裁・昭和39年9月28日)で示されています。

    公開された内容が、

    (1)私生活上の事実または私生活上の事実らしく受け取られるおそれのある事柄であること、 (2)一般人の感覚を基準として公開されることによって心理的な負担、不安を覚えるであろうと認められる事柄であること、 (3)一般の人々に未だ知られていない事柄であること、

    という要件を満たし、公開された人が実際に不快に感じたり、不安を抱いた場合には、プライバシー侵害にあたります。公開した者は損害賠償責任を負うことになります」

    ●今回のケースは?

    今回のケースはどうでしょうか。

    「生命保険募集人が、ある顧客について、近所の人にも伝えていなかった『障害のある子どもがいること』を言いふらしたという行為は、先ほど述べた(1)から(3)の要件を満たすものとして、プライバシー侵害にあたる可能性があると思います」

    情報募集!

    弁護士ドットコムニュースでは「LINE@」で情報募集しています。 働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、取材してほしい社会問題はありますか。以下からLINE友だち登録をして、ぜひご連絡ください。 https://line.me/R/ti/p/%40htt0723w

    (弁護士ドットコムニュース)

    【取材協力弁護士】
    櫻町 直樹(さくらまち・なおき)弁護士
    石川県金沢市出身。企業法務から一般民事事件まで幅広い分野・領域の事件を手がける。力を入れている分野は、ネット上の紛争解決(誹謗中傷、プライバシーを侵害する記事の削除、投稿者の特定)。
    事務所名:パロス法律事務所
    事務所URL:http://www.pharos-law.com/



    おしゃべり「生保レディ」が客の秘密を暴露 プライバシー侵害では?


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【おしゃべり「生保レディ」が客の秘密を暴露 プライバシー侵害では?】の続きを読む

    NO.7230356 2019/01/31 12:10
    巡査が福岡の風俗店でバイト、懲戒処分 8万円「生活費に…」
    巡査が福岡の風俗店でバイト、懲戒処分 8万円「生活費に…」
    山口県警下関署の女性巡査が風俗店でアルバイトをして報酬を得ていたとして、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を受けていたことが分かった。

    巡査は、処分が出た昨年12月18日に依願退職した。

    県警監察官室によると、女性巡査は昨年9〜11月、福岡県内でアルバイトをして約8万円の報酬を得ていた。

    捜査関係者によると、巡査は下関署所属で、福岡県内の派遣型風俗店で働いていたという。

    昨年11月に県警に情報提供があり、女性巡査が「生活費の足しにしたかった」と認めた。

    県警は「再発防止に向け、指導を徹底したい」としている。



    【日時】2019年01月31日 11:46
    【ソース】朝日新聞


    【女性巡査が福岡の風俗店でバイト、懲戒処分 8万円「生活費に…」】の続きを読む

    NO.7231004 2019/01/31 17:59
    教え子にわいせつ行為、家庭教師の男を在宅起訴 TV出演も
    教え子にわいせつ行為、家庭教師の男を在宅起訴 TV出演も
    「学研の家庭教師」として知られる「学研エル・スタッフィング」(東京)から派遣された家庭教師の男(59)=大阪府四條畷市=が、教え子の女子高校生の体を触るなどしたとして、大阪地検が昨年12月に強制わいせつ罪などで在宅起訴していたことが分かった。

    女子生徒は事件後に体調不良を訴え、学研側は謝罪した。

    男はタレントではないが、「どくだんご師匠」の愛称で、民放の深夜バラエティー番組などに度々出演しており、事件後も自身のツイッターなどで出演をアピールしていた。

    起訴状によると、男は昨年5月23日夕、大阪府内の女子生徒宅で、勉強を教えている際に無理やりキスしたり、体を触ったりしたとされる。

    女子生徒が学校に相談し、同7月に告訴。

    府警が8月に男を書類送検していた。

    関係者によると、男は学研の聞き取りに行為を認め、「取り返しのつかないことをやってしまった。申し訳ない気持ちでいっぱい」などと話したという。

    女子生徒は中学時代から家族が自宅にいる際に男から勉強を教わっていたが、事件当時は家族が外出していた。

    事件後、女子生徒は原因不明の体調不良を訴えているという。

    女子生徒の関係者は、男の事件..



    【日時】2019年01月31日 12:00
    【ソース】毎日新聞


    【教え子にわいせつ行為、家庭教師の男を在宅起訴 TV出演も】の続きを読む

    このページのトップヘ