Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    2019年04月


    女優の小松彩夏が30日にブログを更新、2003年から2004年に放送されたドラマ『美少女戦士セーラームーン』(CBC/TBS系)で共演した安座間美優、泉里香、北川景子、沢井美優との恒例の“戦士会”開催を写真とともに報告した。「平成最後の肉の日(29日)に大好きなお肉をいただきました」と焼き肉を5人で満喫したようで、「戦士がこの5人で本当によかった。」と安定の仲の良さを見せている。

    「昨日は久しぶりに戦士5人が揃いました」「ちょこちょこ個々で会ったりはしてたけど5人揃ったのは久しぶり」と5人勢揃いした再会を喜んだ小松彩夏。“戦士会”メンバーの誕生日には集まってお祝いするなど、これまでもときおり交流している様子をSNSで紹介しているが、昨年4月には北川景子の夫・DAIGOの40歳の誕生日パーティーにも5人揃って集結していた。

    「やっぱりなんともいえない安心感。」「私たち、人生の半分以上一緒にいるねー!! なんて笑って話してたけど、業界の友達というよりは、本当に幼馴染のような関係だと思います。」と“戦士会”の強い絆に触れた小松は、「戦士がこの5人で本当によかった。」と実感を込めた。ネット上では「こっちまで笑顔になっちゃう」「平成最後の肉の日も戦士で集まるとか仲良すぎ」などの反響が見受けられる。

    小松彩夏は現在放送中のドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系)に看護師役で出演しており、何かと“戦士”に縁があるようだ。

    画像2枚目は『小松彩夏 2019年4月25日付Instagram「ドラマ『白衣の戦士』第3話 観てくださった皆さん ありがとうございました!!」』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 関原りあん)


    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【小松彩夏、北川景子、泉里香ら“セーラー戦士”が集結 平成最後に「戦士がこの5人で本当によかった」と笑顔】の続きを読む


    【菜月セナ/モデルプレス=4月30日】2016ミス ・インターナショナル日本大会ファイナリストの奈月セナが、30日発売「増刊FLASH DIAMOND」の表紙を飾る。

    【さらに写真を見る】奈月セナ、表紙は美バスト炸裂ビキニ姿

    ◆奈月セナ、SEXYボンテージで挑発ポーズ

    本誌、増刊合わせてFLASHで初表紙を飾った奈月。巻頭グラビア7pではセクシーなボンテージ衣装を身にまとい、S嬢のような挑発したポーズで魅了する。

    また、撮り下ろしメイキングDVDを30分収録。さらに、本人が初めて浴衣グラビアに挑戦した「温泉旅行」がテーマの、FLASHデジタル写真集が5月末に発売される予定。

    このほか今号には、黒木麗奈や白石聖らが登場する。(modelpress編集部)


    【Not Sponsored 記事】

    菜月セナ(C)光文社/FLASH ダイアモンド 写真:野川イサム


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【奈月セナ、バスト溢れるSEXYボンテージで挑発ポーズ】の続きを読む


    【沙倉しずか・山岸奈津美・阿南萌花/モデルプレス=4月30日】ミスFLASH2019の沙倉しずか・山岸奈津美・阿南萌花の3人が、30日発売「増刊FLASH DIAMOND」に登場する。

    【さらに写真を見る】SEXYボンテージにビキニ姿…美女がズラリ!このほかの誌面カット

    ◆沙倉しずか・山岸奈津美・阿南萌花、水着姿で“初挑戦”

    今回は、水着でインタビュー取材に初挑戦。芸能の先輩で、同じ「チャンピオン」としての心構えをM-1王者、銀シャリに聞いた。

    沙倉は「インコースの球を打ち返すポーズ」、山岸は「赤ちゃんつかまり立ちポーズ」、阿南は「竹馬ポーズ」をそれぞれ指南してもらっている。

    今号の表紙には、奈月セナが登場。そのほか、白石聖らが誌面を飾る。(modelpress編集部)


    【Not Sponsored 記事】

    ミスFLASH&銀シャリ(C)光文社/FLASH ダイアモンド 写真:岩松喜平


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ミスFLASH沙倉しずか・山岸奈津美・阿南萌花、水着姿で“初挑戦” 銀シャリがグラビアポーズ指南】の続きを読む


    4月28日、横浜スタジアムで「指原莉乃 卒業コンサート~さよなら、指原莉乃~」が行われ、終演後にはコンサートを終えたばかりの指原莉乃が囲み取材に登場した。

    【写真を見る】「社会というもの、会社というものの厳しさに気付きました」と話した指原

    「本当にあっという間で、ずっと3時間半近く出ずっぱりだったんですけど、一瞬一瞬の記憶が脳裏に焼き付いて離れないくらい。すごくあっという間に感じて、初めての経験というか、こんなふうになるんだなってびっくりしました」とコンサートを終えた心境を語った指原。

    コンサート中にはHKT48の新公演を書いていることも明かされたが、「(書いたと言った)1曲も半分しか書けてないんですよ。1曲の半分って言ったら冷めるかなと思って言わなかったんですけど」と告白。

    「いま、月は満ちる」というその公演タイトルに関しては、「自分がいなくなったりとか、宮脇咲良や矢吹奈子、兒玉遥がいない状況でパワーダウンしたと思われないような、『いま、これで月が満ちてるんだよ』っていう風に思ってもらえるようになったらいいなと思って」と込めた気持ちを話した。

    AKB48グループに対して心残りや心配事はないのかという質問が出ると、「皆さんもちろん知ってるとは思うんですけど、今この状況にタイミングが重なってしまったというのはあるんですけど、それに関してはまだ改善の余地というか、改善の余地どころか全てをまた一から作り直して変えていかなきゃいけないって私は見ていて思うので」と話し始めた指原。

    「自分にできることは限られていますし、今までも口にはしていなかったですけど、実際に会社の人たちに『どうしたらいいのか』『ああすることはできないのか』『こうすることはできないのか』と声を上げたんですけど、私1人の力で動くようなものじゃないんだなって、改めて社会というもの、会社というものの厳しさに気付きました」。

    「これから本気で変えたいんだったら全て一からやり直さないといけないと思っているので、私にできることがあれば手伝いたいと思っていますし、悔いはないと言いましたが、それに関しては確かにそうですね、『もっと自分が何かできなかったのかな』とは思います」と答えた。

    また、アイドルファンだった指原から見た“アイドル・指原莉乃”は「やっぱりちょっと、アイドルとして自分は好みのタイプではなかった(笑)。好みのタイプは歌って踊れて、しっかりしてて、夢を与えてくれて、清潔なアイドルなので、好みではなかった。クリーンな感じではない気がするので。下品だし(笑)。でも『頑張ってるな』とは思うと思います」と自己評価。

    そして、恋愛解禁となる上で、好みの男性のタイプを聞かれると、「“口が堅い人”でお願いします(笑)。アイドルをやめても、結局は口が堅い人がいいなと思います」とお約束の返しで報道陣を笑わせた。(ザテレビジョン)


    自身の卒業コンサート終演後、囲み取材に登場した指原莉乃


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【HKT48・指原莉乃、卒コンのサプライズの真相を告白「言ったら冷めるかなと思って言わなかったんですけど」】の続きを読む


    1 47の素敵な :2019/04/28(日) 20:35:48.35 .net


    【実況】指原莉乃卒業コンサート★5
    https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/akb/1556448927/ VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【指原莉乃卒業コンサート★6】の続きを読む

    このページのトップヘ