Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    2020年11月

    NO.9062177 2020/11/30 08:20
    金子恵美氏、夫がPCR検査拒否で「ピンときた」
    金子恵美氏、夫がPCR検査拒否で「ピンときた」
    元衆院議員の金子恵美氏(42歳)が、11月29日に放送されたバラエティ番組「サンデージャポン」(TBS系)に出演。

    不倫が報じられた夫の宮崎謙介氏(39歳)について、PCR検査を頑なに拒んだことで「察した」と語った。

    夫の不倫が報じられる前、金子氏は夫が「具合が悪い」と言った時に、「すぐにPCR検査して!って言ったんですけれど、頑なにそれを拒むんですよね。なんでそんな嫌がるんだろう? 変だな、この空気と思って、ピンときてですね」と語る。

    その後、金子氏が「またスキャンダルですか?」と問いただすと、宮崎氏はか細い声で「ごめんなさい」と謝ったとのこと。

    金子氏は「また? なぜ? という思いと同時に正直呆れましたし、一言で言うと、またか……という思いでしたね」とその時の感情を語った。



    【日時】2020年11月29日 12:15
    【ソース】Narinari.com


    【金子恵美氏、夫がPCR検査拒否で「ピンときた」】の続きを読む


    1 potato ★ :2020/11/30(月) 13:49:11.00

    秋篠宮さま 眞子さまと小室さん「結婚することを認める」

    皇位継承順位1位の「皇嗣」の秋篠宮さまは、30日、55歳の誕生日を迎えられました。これを前に、記者会見に臨んだ秋篠宮さまは、眞子さまと小室さんについて「結婚することを認める」と述べられました。

    秋篠宮さまは、誕生日を前に、お住まいのある赤坂御用地で記者会見に臨まれました。

    この中で秋篠宮さまは、今月8日の「立皇嗣の礼」を振り返り、「昨年から行われていた即位礼関連の一連の儀式が終了したことに安堵しております」などと話し、「皇嗣」となった心構えについて、「以前と変わらず一つ一つのことを大切に務めていきたい」と述べられました。

    感染拡大によって始めたオンラインでの活動について尋ねられると、秋篠宮さまは、「有効な手段だと思いますし、顔が見えてお互いにやり取りをすることができるというのは、非常に便利であると考えます」と語る一方で、「対面で話すのとは少し違う、難しさを感じることはあります」と話されました。

    そして、人々と直接触れ合う機会が減る中での皇室の果たす役割について、「非常に困難な状況にある人、そしてその人たちを支援している人たち、そのことをできる限り理解することに努め、心を寄せていくことではないかなと思います」と述べられました。

    一方、秋篠宮さまは、長女の眞子さまと、婚約が内定している小室圭さんの結婚に関する質問にもこたえられました。

    眞子さまが、今月、小室さんとの結婚について文書でお気持ちをあらわされた際、秋篠宮ご夫妻が二人の気持ちを尊重されたと側近が説明したことについて、秋篠宮さまは、「それは結婚することを認めるということです」と述べられました。

    そして、「憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています」と続け、今後のスケジュールについては、「これから考えていくということになると思います」と述べられました。

    眞子さまと小室さんの婚約内定をめぐっては、小室さんの母親の金銭トラブルなどが週刊誌などで相次いで報じられていて、秋篠宮さまは、「感じとしては決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではないというふうに思っています。娘も恐らく同じ気持ちを持っていると考えております」と話されました。

    そして、小室さん側が全く対応していないわけではないとしながらも、それが見える形になることが必要だとし、「実際に結婚するという段階になったら、今までの経緯も含めてきちんと話すということは、大事なことだと思っています」と述べられました。

    2020年11月30日 2時03分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201130/k10012737451000.html

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    ★1が立った時間 2020/11/30(月) 00:09:15.89
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1606708929/


    【【皇室】秋篠宮皇嗣殿下、長女・眞子内親王殿下と小室圭さんの「結婚を認める」とご発言】の続きを読む

    NO.9051194 2020/11/25 19:46
    生活保護費はいくらもらえる? 単身世帯・母子家庭のケースを例に紹介
    生活保護費はいくらもらえる? 単身世帯・母子家庭のケースを例に紹介
    「生活保護費は、生活が苦しくなったらもらうもの」と理解しているものの、なんとなく他人事で詳しい内容までは把握していない人が多いのではないでしょうか。

    しかし、思わぬ病気や災害などによって、誰もが生活保護を受ける可能性があります。

    本記事では、生活保護制度の内容やもらえる額の計算方法などをご紹介します。

    ■生活保護制度とは?
    憲法第25条に「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とあるように、私たち日本国民には最低限度の生活が保障されています。

    それにもかかわらず、病気やケガで仕事ができなくなったり失業したりして収入が激減したりして最低限度の生活すら危うくなることがあります。

    そのように生活が困窮した人を救うためにできたのが「生活保護制度」です。

    生活保護制度は、収入や資産がわずかで生活に困窮し、なおかつ経済的な支援をしてくれる親族がいない人に対して、最低限度の生活費を保障し、自立を支援することを目的としています。

    厚生労働大臣が定めた基準で算出した最低生活費と世帯全員の収入を比較し、預貯金や不動産、受給可能な年金などの資産を差し引いたうえで、最低生活費を下回る分を生活保護費として支給する制度です。

    ■生活保護の種類
    生活保護には以下の8種類の扶助があり、申請者が必要とするものが支給されるようになっています。

    扶助の種類 支給内容
    生活扶助  食費や光熱費など生活に必要な費用
    住宅扶助  住まいの家賃
    教育扶助  義務教育に必要な学用品などの費用
    医療扶助  医療機関を受診する際の費用(本人負担なし)
    介護扶助  介護サービスを受ける際の費用(本人負担なし)
    出産扶助  出産に必要な費用
    生業扶助  高等学校等就学費や就労に必要な技能の取得に必要な費用
    葬祭扶助  葬儀費用

    上記のほか、火災で家が焼失したり、長期入院していた人が退院して住居が必要になったりというように、急にまとまったお金が必要になった人に対して、転居などの一時的な出費を補う「一時扶助」が支給される場合もあります。



    【日時】2020年11月25日 12:12
    【ソース】マイナビニュース


    【生活保護費はいくらもらえる? 単身世帯・母子家庭のケースを例に紹介】の続きを読む


    1 ばーど ★ :2020/11/29(日) 11:33:56.30

    新型コロナウイルスの感染拡大が続く東京都で28日、感染防止のため酒類を提供する飲食店やカラオケ店などへの 午後10時までの時短要請が初日を迎えた。

    都の求めに応じる店がある一方で、3度目の時短要請に「もう限界」と応じない店もあった。

    東京都新宿区の「カラオケサロン雅」は27日までは午後11時まで営業していたが、28日から時短要請に従った。
    夫婦で店を経営する森田昭さん(76)は「感染防止を考えると仕方がない」と話す。

    店は最大15人程度が入れる規模で常連客に親しまれてきたが、コロナ禍で客は例年の半分程度。
    毎月、家賃など固定費の支払いに約30万円かかり赤字が続く。

    森田さんは「店の状況は厳しいが、早くコロナが収まってもらいたいので要請には従う。
    でも、このままでは収まりそうにない。また緊急事態宣言を出してもいいのでは、とも思う」と話した。

    町田市のJR町田駅近くにある居酒屋「酒蔵 初孫」も8~9月の2回目の時短要請に続き、今回も要請に応じる。
    代表の高橋英臣さん(52)は「本当は通常営業を続けたいが、従業員やお客さんの健康を考えるとやむを得ない」と複雑な心中を語る。

    平常時も午後11時に閉めるため営業時間は大きく変わらないが、 「午後10時台は『終電前にもう一杯だけ』という注文が多い時間帯なので、痛手は大きい。 コロナで減った分は年末に取り返そうという気持ちでやってきたのだが……」と嘆いた。

    一方、「今回応じるつもりはない」と語るのは新橋地区の居酒屋の男性店長(46)。
    過去2回の時短要請には従ったが、経営への打撃は大きく、「12月の繁忙期を逃したら店は年内で確実に潰れる」。

    協力金40万円にも「正直がっかり。そんな金額で持ちこたえられる店がいくつあると思っているのか」と憤る。

    店では除菌力の強い消毒液やおしぼりを使い、換気も頻繁に行うなど感染防止に力を入れている。
    店長は「できる限りの感染予防をして営業を続けるしか道はない」と話した。
    https://mainichi.jp/articles/20201128/k00/00m/040/360000c

    前スレ ★1 11/28(土) 20:11
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1606612939/


    【【時短要請新橋の居酒屋店長が憤り「応じない。40万円にがっかりだ。そんな金額で持ちこたえられる店いくつあると思っているのか」】の続きを読む


    1 シャチ ★ :2020/11/29(日) 12:40:04.54

    [上海 26日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染者が世界的に急増している中で、中国は国営メディアを使って「コロナの起源は中国」との見方を否定する情報の拡散を続けている。ウイルスは昨年終盤に武漢の海鮮市場で確認されたが、それより前に海外に存在していたという主張だ。

    これらのメディアは、ウイルスが輸入冷凍食品に付着していたと指摘。国内の科学論文なども、従来考えられていたよりも早く欧州でウイルスが出現していたと主張し、これを中国発でコロナが広がったとは言えない可能性の証拠としている。

    25日には中国共産党機関紙の人民日報が、フェイスブックに「#新型コロナ感染症の始まりは武漢ではなかった。輸入された冷凍食品とその包装部分に由来しているのではないか」とする専門家の見解を投稿した。

    世界保健機関(WHO)は、食品や包装のどちらもコロナの感染経路だとは見られていないとの見解を示している。それでも中国は輸入冷凍食品にリスクがあると唱えて検査態勢を強化し、その結果、ウイルスが見つかったと何度も発表して輸入品の受け入れを拒否。輸出した国が異議を申し立てる事態になっている。

    人民日報系のタブロイド紙、環球時報も、新型コロナ感染症は中国外が起源だとする見方を積極的に広めている。

    かつて中国疾病対策センターで疫病分析部門トップだったZeng Guang氏は、24日の環球時報で「いつ、どこでウイルスの拡散が始まったのか。ウイルスの追跡で全て解明できるわけではないが、武漢で検出される以前に、複数の場所で同時に存在していた可能性は極めて大きい」と主張。

    その前週には、武漢で最初に見つかったことはむしろ、中国の感染症予防体制の強固さを証明するもので、2002─03年のSARS(重症急性呼吸器症候群)流行への対応で培われたとも主張していた。

    <根拠は薄弱>

    新型コロナウイルスの起源を巡って、世の中にはさまざまな観測や陰謀論があふれる。中国が初期段階で情報流出を抑圧し、海外の専門家による調査も拒んだことが、これを助長している。3月には中国外務省の報道官が、米軍によって武漢にウイルスが持ち込まれたと示唆する場面もあった。

    王毅国務委員兼外相も、ウイルスの起源が中国かどうかは不確かだと言い続けている。中国外務省は、ウイルスの起源は科学の分野に属する問題だと述べるばかりで、中国起源を指摘する米国やオーストラリアなどを激しく非難している。

    Zeng氏や国営メディアは中国が起源とみなされない根拠として、イタリア国立がん研究所が公表した論文を挙げる。この論文によると、同研究所が昨年10月にがん患者から採取していたサンプルから新型コロナの抗体が見つかったという。

    バルセロナの下水で昨年3月に採取していたサンプルから、新型コロナウイルスが検出されたとする論文も今年、別に発表されている。

    しかし、西側諸国では2つの論文に批判が集まっている。ユニバーシティー・カレッジ・ロンドンで遺伝子学を研究するフランソワ・バルー氏はツイッターで「薄弱な証拠に基づく声高な主張が、必要な精査や、より幅広い科学的根拠を考慮に入れることなく、各方面に伝えられている」と苦言を呈した。その上で、たとえ昨年9月にイタリアで新型コロナウイルスが存在していたとしても、必ずしもそこが起源だということにはならないと強調した。

    バルー氏はロイターに対し、新型コロナウイルスに最も近似するウイルス株が中国のコウモリを介して広がったという強力な科学的根拠があり、時間軸を動かしたとしてもなお、起源は東アジア、そして恐らくは中国の可能性が最も高いと指摘。

    そこから世界の他の地域に広がっていたとみられると説明した。つまり、新型コロナウイルスの起源を巡る従来の見解は、引き続き変わりようがないという。

    (David Stanway記者) ロイター
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9c4eb7d05ac1a301a6e29e66914c29da272cbff9


    【中国「コロナの起源は海外からの輸入冷凍食品」】の続きを読む

    このページのトップヘ