米球界入りを模索していた大谷翔平の移籍先がエンゼルスに決定。アメリカまで大谷を見に行こうと心に誓う人が相次いでいる。

大谷は高校時代に球速160kmを記録し、プロ入り後は投手と打者の二刀流で活躍。投げては165km、打ってはオールスターのホームラン競争で優勝した“日本の至宝”の米移籍は異例尽くし。20以上のチームが獲得に興味を示すなか、大谷サイドは“書類選考”を行い、伝統と実績を兼ね備えたヤンキースはここで落選。最終選考に残った7球団の中から選ばれたのは、西海岸に本拠地を置くエンゼルスだった。

エンゼルスは、日本人にもなじみ深いロサンゼルスに本拠地を置くチームだ。チームには、メジャーを代表するスラッガーであるアルバート・プホルスとマイク・トラウトという2人のスーパースターがおり、過去には長谷川滋利、松井秀喜、高橋尚成らが在籍したことがある。昨シーズンはアメリカンリーグ西地区で2位だったが、勝率は5割を割っており、2014年以来地区優勝から遠ざかっている。

注目されていた移籍先が決まるとTwitterには、

“いよいよだね!大谷君には頑張って欲しい”
“大谷エンゼルス行くことになったのか~!ってか二刀流続けるとかすげーな。成功してほしい”
“北海道出身として大谷選手が日本ハムから退団するのは寂しいですが、頑張って欲しいです!”
“二刀流という枠をつくりあげたファイターズでの5年間が、きっと大谷翔平を世界一の野球選手にしてくれると信じています”

といった応援メッセージが数多く寄せられたが、複数の候補の中からエンゼルスが選ばれたことで、別の興味を抱く人も現れ始めた。エンゼルスの本拠地であるカリフォルニア州アナハイムはディズニーランド・リゾートがあることで知られており、本拠地のエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムは、同園とは目と鼻の先だ。

それゆえ、

“これはディズニーとハシゴで大谷見に行くしか……!”
“アメリカのディズニーランドで遊んでエンゼルススタジアムで大谷君を生で見るのが3年ぐらいの目標”
“大谷君がエンゼルスにいる間にアナハイム行って試合見たいなぁ ほんでディズニー行ってLA満喫して帰るんや”
“エンゼルスか! ディズニーランドとセットで、大谷君の活躍も見に行きたいなぁ…”
“大谷くんがエンゼルスと聞いてアナハイムディズニーからのエンゼルス戦というツアーを妄想して高まっている”

など、ディズニーランド・リゾートと絡めた観戦計画を夢想する人が続出。大谷はまだ23歳なので、慌てる必要はなさそうだが、二刀流でバリバリと活躍するようなことになれば、「大谷+ディズニー」のパックツアーがブームになる展開もありそうだ。
(金子則男)

■関連リンク

・Yahoo!検索(リアルタイム) 「大谷 エンゼルス ディズニー」の検索結果
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search;_ylt=A2RCAw2Wwi1a3UwAEUFol_p7?p=%E5%A4%A7%E8%B0%B7+%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%80%80%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%8B%E3%83%BC&ei=UTF-8
・エンゼルス公式サイト
https://www.mlb.com/angels



(出典 news.nicovideo.jp)