12月20日、NVIDIA社が公式ツイッターにおいて「自社の製品であるGeForceはデータセンターにおける使用を認めていないが、大学の研究室などでの使用を妨げるものではない」という声明を発表し、波紋を呼びました。

 これを受けて、12月25日放送の『小飼弾のニコ論弾時評』では、小飼弾氏と山路達也氏が、そもそもNVIDIA問題とは何かという点から解説を行いました。

―人気記事―
【NHK】受信料の支払いが強制なら"B-CASカード"無しでも見れるようにしないと「契約不履行」になるのでは? 小飼弾氏が言及

村中璃子さん"マドックス賞"はなぜ報道されなかったのか。子宮頸癌ワクチン問題から考える「日米のワクチンに対する解釈の違い」

すべての写真付きでニュースを読む

結局、NVIDIAはなにが問題なのか?

山路:
 NVIDIAの問題というのは、まずNVIDIAはいくつか製品ラインナップがあって、どちらかというとコンシューマ寄りのモデルがGeForce、データセンターなんかで使う高価で性能の良いモデルをTeslaといいます。

山路:
 それらNVIDIAのEULA(End User License Agreement。ソフトウェア利用許諾契約)というのが変わって、データセンターなどでは、コンシューマ向けであるGeForceというモデルを使うことが出来なくなったという理解でいいんですか?

小飼:
 そういうふうに変えたらしいですね。


山路:
 これに関して「どう使うのかをいちいちNVIDIAが言うことなのか」とか「高いモデルを売リつけようとして、規約を変えたんじゃないか」といった議論があるのですが、これはどう考えたらいいんですか? 例えば、GPUを買ってきて、それの使い方をメーカー自身が制約することはできるんですか?


小飼:
 実は、これは新機軸だというふうに言っていた人がいます。

山路:
 このNVIDIAのやり方をですか。

NVIDIAの制約は今に始まったことではなかった

小飼:
 リチャード・ストールマンがFSF【※1】を始めたきっかけというのも、プロプライエタリ【※2】なプリンタードライバでないと、プリントできないということで、そんなのおかしいと。俺はこの機械を買ったのに、それをどう使おうと俺の勝手だろうと。

※1 FSF
Free Software Foundation(フリーソフトウェア財団)。1985年、アメリカのプログラマー/フリーソフトウェア活動家であるリチャード・ストールマン氏によって創設された非営利団体の名称。コンピュータ・ソフトウェアを二次利用(コピー、配布、研究、変更、改良など)する自由をユーザー間に広めることを目的のひとつとする。

※2 プロプライエタリ
Proprietary(英)。「所有権・占有権のある」という意味の言葉。ここではメーカー独自仕様、規格を指す。

山路:
 FSFというのは、フリーソフトウェア財団のことですよね。

小飼:
 それが1980年代の話だから、ものすごい昔のことです。だからまわりまわって1周した感じがあります。ただ事態がちょっとややこしいなと思うのは、このNVIDIAの場合は、このドライバを使うしかそれを使う方法が、今のところはないということなんですね。

山路:
 NVIDIAが提供しているそういうドライバを使うしかない。別のオープンソースみたいなドライバは作れないでいると。

小飼:
 NVIDIAがそういったところに渋チンというのは、もうずっと昔からそうだったんですよ。リーナス・トーバルズは、NVIDIAに対して本当にずっと中指を立てていますからね。

山路:
 そんなに制約をつけんなよと。

小飼:
 それでも普通に本来のGPUとして使う、要はグラフィックスを処理するためのドライバというのは、オープンソースのものがいくつか出てきてはいますね。でもこの場合というのは本当にGPGPU【※】ですから。

山路:
 General-purpose graphics processing units。

※GPGPU
グラフィック処理を目的とする演算に使用されるGPUを、それ以外の目的のために応用する技術を指す。

小飼:
 GPGPUという言葉もまわりまわって変な感じはしますね。

山路:
 要は、本来だったらグラフィック描画を速くするためのGPUを、汎用な目的で使うのがGPGPUっていうことなんですよね。

小飼:
 ソフトウェアの世界でEULAがよく問題になるケースは、例えばWindowsとか、あとオラクルのデータベースとか、要はユーザーが直にそれを使うソフトウェアの場合が多いわけですよね。

 例えば、Windowsであれば、ほとんどのライセンスというのは、「パソコンAで買ったので、そのハードディスクを引っこ抜いてパソコンBで使うっていうのはだめよ」と、割とわかりやすいというのか、直に触れるもののライセンスなので、ユーザーも深刻度というのを捉えやすい。

 それに対してドライバというのはミドルウェアなわけですよね。

山路:
 ユーザーが普段意識しない、空気のようなもの。

小飼:
 考え方としてはファームウェアっていう言葉がありますけれども。

山路:
 ファームウェアとはハードウェアに元から組み込まれているソフトウェアのことですね。

小飼:
 ハードウェアに密接に関連するソフトウェアですよね。だから感覚としては、ハードウェアの一部じゃないかと思うかもしれないんですけれども、でもソフトウェアライセンスというのは、基本的に所有権が我々にはないんですよ。「使わせてあげている」んです。

山路:
 会社からしてみると。

小飼:
 だから「こういう条件のもとであればご自由にお使いください、ただし......」なんですよね。

次のページ ≫制約はメーカーの権利だから仕方ない?



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

仮想コインのマイニングのためにマザボのCPUじゃなくて、グラフィックカードのチップが活躍させるシステムができたという話が出てきてから、そんな声明出してきた気がするんだが、ぼったくるつもりなのかねえ


仮想通貨をマイニングするのはいいのだが、関係のない人のパソコンにプログラムを忍び込ませてマイニングするクソ業者が多いので、わざとにオフラインにして、マックをネットに繋げているなぁ。思うに、SSDのハードは初期化するつもりだ。タイタンXや基盤は生きているので復活は簡単だが、仮想通貨を隠し持っているので、わざとに動かさずにハードディスクを引き抜いている感じだ。


インターネットのネットの法律というのが、現、六法についていけてないので無法地帯となっている。日本も仰山、ホワイトハッカーの育成に力を入れて、ネット社会での法律を構築していくべきだ。どの世界でもゲームと同じでルールは必要だ。


マイニング…?うっ足元に溶岩が…


ハッキング対象になるぐらい、GPUが高性能になるとか。将来hadoopも仮想通貨採掘用サーバも将来、安い"グラフィック"カードを大量に差したパソコンで稼働するとか夢が広がるなー・・・と思ってたらまさか、NVIDIAがケチつけてくるわけですかね


AMDに塩を送るぐう聖NVIDIA


じゃけん、AMD Radeon買いましょうねぇ。


話がそれそうだけど、nVidia社内でゲーム画面描写しながらスパムメール送信するのに成功したとか「何かあった」のかもしれんね


コメント欄で勉強になった。


つか放送と放送中のユーザコメでは、仮想通貨→川上ww→データセンターの話してて、NVIDIA問題のネタに移行してたのに、ニュース記事のせいでコメの内容が明後日の方向向いてる訴訟(´・ω・`)


グラボとして使うなら、NVIDIAでいいと言うわけだろ?AMDから変えたけど、要は普通に使うならどちらでもいいと


GPGPUとして自由に使えないってアホじゃろ(´・ω・`) クソ高いのを買えって個人ユーザー無理。。。


NVIDIA騒動っていうから「謎の半導体メーカー」の方かと思ったが、さすがにそれは古すぎか。


普通、個人ユーザ宅にデータセンターがあるか? >個人ユーザー無理


マイニングのためにgeforceのグラボが在庫薄でずっと価格高騰してんだよ本来の用途以外で大量に買い込むやつは*ばいいと割りと本気で思うそしてそんな用途で使っておきながらちゃっかり保証は使ってたりとかな


企業戦略として早まったんじゃね? って話のようですな


要は途中で梯子を外すような事をしたのが問題なんだよ。最初からそう言って高価なTeslaを売るのは商売だからわかる。でも、途中でルール変更して今日からTesla買え、は問題だろう。Nもコミュニティを敵に回したらまずいと思い態度は軟化させたようだが。


GTX970問題はどこ行きましたか(小声


ようは、普段使いなら問題ないと。叫んでるのは一部の特殊ユーザーというわけですかい


「これは高性能コンピュータであってサーバではないから、規約には違反していない」と主張したらどうなるんだろう