気象庁は9日午後、関東甲信のほか、静岡、三重両県を中心とする東海では10日から11日にかけ、大雨に警戒するよう呼び掛けた。大型の台風5号が沖縄の南海上を北上しており、暖かく湿った空気が流れ込んで梅雨前線の活動が活発になる見込み。

 10日午後6時までの24時間雨量は多い所で、東海120ミリ、伊豆諸島80ミリ、関東甲信50ミリ。その後、11日午後6時までの24時間雨量は多い所で、関東南部と伊豆諸島200~300ミリ、関東北部と甲信、東海100~150ミリと予想される。

 5号は10日に沖縄・大東島地方に最接近した後、11日には伊豆・小笠原諸島に接近する恐れがあり、暴風や高波に警戒が必要。 



(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 www.amecs.co.jp)