Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 社会

    県民投票(イメージ写真、記事と写真に直接関係はありません)
     米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票について、琉球新報社は沖縄タイムス社、共同通信社と3社合同で16、17の両日、県内全域の有権者を対象に電話世論調査を実施した。その結果、投票先として辺野古移設に「反対」を選ぶと回答した人は67・6%で、「賛成」の15・8%、「どちらでもない」の13・1%を大きく上回り、県内移設に伴う埋め立てへの反発が強いことが浮き彫りになった。政府は県民投票の結果を「尊重するべきだ」との回答は86・3%で、「尊重する必要はない」の8・8%を大きく上回った。

     県民投票に行くかどうかの質問には「不在者投票や期日前投票をした」「行く」「たぶん行く」と答えた人は94・0%で、「行かない」「たぶん行かない」と答えた人(4・9%)を大幅に上回った。「分からない・無回答」は1・1%だった。
     一方、投票先で「反対」を選んだ人は、昨年12月に本紙などが実施した世論調査では77・7%だったが、選択肢に「どちらでもない」が追加された後の今回の調査では67・6%に減少した。3択になったことで「反対」の票数に対し、より影響が出る可能性がありそうだ。

     「どちらでもない」を選んだ人の投票理由では「『賛成』『反対』とはっきりとは言い切れないから」が61・3%で最も多く、「|では問題が解決しないから」が23・8%、「|とは自分の考えが違うから」が8・7%だった。

     県民投票の結果を政府は尊重すべきか否かについては「安倍内閣を支持する」と回答した人の68・3%、支持政党で自民党を選択した人の73・3%が「尊重するべきだ」と回答した。

     移設工事に伴い、政府が名護市辺野古に土砂投入を開始したことについては「反対」、「どちらかと言えば反対」が72・8%で、「賛成」、「どちらかと言えば賛成」の21・3%を大きく上回った。

     玉城デニー知事を支持するかどうかについては「支持する」「どちらかと言えば支持する」を合わせた支持が79・1%で、「支持しない」「どちらかといえば支持しない」を合わせた不支持は16・8%だった。


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【「反対」67・6%で「賛成」「どちらでもない」を大きく上回る 県民投票3社合同電話世論調査】の続きを読む

     平成に入って大きな注目を集めた「ゆるキャラ」。くまモンやひこにゃん、ぐんまちゃんといった着ぐるみのキャラクターたちが続々登場し、地域や企業のPRに一役買った。一方で、自治体による「組織票」騒動など過熱も指摘され、ブームは曲がり角を迎えている。

     「ゆるキャラ」という名称はイラストレーターのみうらじゅんさんが命名した。みうらさんが2002年に「ゆるキャラショー」をプロデュースして以降、徐々に認知度が高まり、06年に登場したひこにゃんが人気を博すと一気に拡大。08年には新語・流行語大賞にノミネートされ、11年からは人気投票「ゆるキャラグランプリ」が始まった。

     ブームの背景について、東海大の河井孝仁教授(行政広報論)は「東京一極集中で地方が疲弊する中、ゆるキャラは安価で大きな経済効果があることが分かり、知名度を上げるために次々作られた。ひこにゃんやくまモンは著作権を強く主張せず、気軽に使えるようにしたことが人気につながった」と分析する。

     一方で、18年のゆるキャラグランプリでは三重県四日市市がマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」の順位を上げようと組織的な投票をしていたことが分かり、批判を浴びた。近年はブームに陰りが指摘され、グランプリ自体も20年で終了する予定だ。実行委員会の西秀一郎会長は「ゆるキャラは地方創生の切り札ではなく、あくまで一要素なのに、おんぶにだっこになりすぎている。グランプリを取ったとしても、その先は自分たちで考えなければ」と話す。

     河井教授は「外からの知名度を得るという役割から、地域の中で大切にされる『象徴』へと役割が変化してきている。これからは競争ではなく、市民がゆるキャラを共に作っていくことが大事になる」と指摘している。 


    〔写真説明〕「ゆるキャラグランプリ2018」の表彰式。中央が1位になった埼玉県志木市の「カパル」=2018年11月18日大阪府東大阪市

    〔写真説明〕熊本地震の3週間後、避難所で子どもたちと触れ合う県のマスコットキャラクターくまモン」=2016年5月5日熊本県西原村

    「ゆるキャラグランプリ2018」の表彰式。中央が1位になった埼玉県志木市の「カパル」=2018年11月18日、大阪府東大阪市


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【ブーム過熱で曲がり角=平成盛り上げた「ゆるキャラ」-魅力PR、地元意識高める】の続きを読む


     OECDによる国際調査で「先進国の成人の半分が簡単な文章を読めない」という衝撃の結果が明らかになった。人間社会のタブーを暴いた『もっと言ってはいけない』の著者が知能格差が経済格差に直結する知識社会が、いま直面しつつある危機に警鐘を鳴らす。

    ◆◆◆

    「国際成人力調査」の結果概要

    (1)日本人のおよそ3分の1は日本語が読めない。

    (2)日本人の3分の1以上が小学校3~4年生以下の数的思考力しかない。

    (3)パソコンを使った基本的な仕事ができる日本人は1割以下しかいない。

    (4)65歳以下の日本の労働力人口のうち、3人に1人がそもそもパソコンを使えない。

     ほとんどのひとは、これをなにかの冗談だと思うだろう。だが、これは事実(ファクト)だ。

     先進国の学習到達度調査PISA(ピサ)はその順位が大きく報じられることもあってよく知られているが、PIAAC(ピアック)はその大人版で、16歳から65歳の成人を対象として、仕事に必要な「読解力」「数的思考力」「ITを活用した問題解決能力(ITスキル)」を測定する国際調査だ。OECD(経済協力開発機構)加盟の先進国を中心に24カ国・地域の約15万7000人を対象に実施され、日本では「国際成人力調査」として2013年にその結果の概要がまとめられた。

    失業の背景を調査

     ヨーロッパでは若者を中心に高い失業率が問題になっているが、その一方で経営者からは、「どれだけ募集しても必要なスキルをもつ人材が見つからない」との声が寄せられていた。プログラマーを募集したのに、初歩的なプログラミングの知識すらない志望者しかいなかったら採用のしようがない。そこで、失業の背景には仕事とスキルのミスマッチがあるのではないかということになり、実際に調べてみたのだ。

     読解力と数的思考力はレベル1からレベル5で評価され、ホワイトカラーの仕事(専門職)にはレベル4以上が必要とされている。

     実際の問題は公開されていないが、問題例が紹介されているので、どのようなものか具体的に見てみよう。

    誤答率27.7% レベル3の読解力の問題

     レベル3の読解力の問題では、図書館のホームページにある本のリストから『エコ神話』の著者を答える(図1)。「子どもだましでバカバカしい」と思うだろうが、驚くべきことに、このレベルの問題に正答できない成人が27.7%いる。

     それぞれの本には150字程度の概要が書かれている。レベル4では、「遺伝子組み換え食品に賛成の主張と反対の主張のいずれも信頼できないと主張しているのはどの本ですか」と質問される。短文を読むだけの問題だが、8割ちかい(76.3%)成人がこのレベルの読解力を持っていない。

    簡単な問題文が読めない子供たち

     AI(人工知能)に東大の入学試験を受けさせる「東ロボくん」で知られる新井紀子氏は、全国2万5000人の中高生の基礎的読解力を調査し、3人に1人がかんたんな問題文が読めないことを示して日本社会に衝撃を与えた(『AIvs.教科書が読めない子どもたち』東洋経済新報社)。

     一般にはこの結果は「日本の教育が劣化した」と受け取られているが、PIAACのデータはそれが誤解であることをはっきり示している。

     日本の成人のおよそ3人に1人が、本のタイトルと著者名を一致させることができない。なぜこんなことになるかというと、なにを問われているかが理解できないからだろう。

     日本人の3割は、むかしから「教科書が読めない子どもたち」だった。そんな中高生が長じて「日本語が読めない大人」になるのは当然なのだ。

    誤答率36.3% レベル3の数的思考力の問題

     レベル3の数的思考力の設問例は立体図形の展開だ(図2)。Aは明らかに形がちがうし、Bは面の数が足りない。残りはCとDで、回転させればどちらも同じだが、Dにだけ屋根に半円形の取っ手がついている(形はCの方が似ているように見える)。

     小学校5年生程度の問題だが、これが解けない成人が36.3%いる。

    誤答率80%超え レベル4の数的思考力の問題

     レベル4では、1960年から2005年までのメキシコの男女の教育水準を示したグラフが示され、「1970年には、6年を超える学校教育を受けたメキシコ人男性は約何パーセントでしたか」と問われる(図3)。

     男女2つのグラフから男性を選び、5つの調査年から1970年を探し、「学校教育を受けていない」「6年以下の学校教育」「6年を超える学校教育」から該当するものを見つけるだけだが、この単純なグラフの読み取りができる成人は18.8%しかいない。

    誤答率90%超え レベル3のITスキルの問題

     「ITスキル」のレベル3では、会議室予約の申し込みメールを処理する。

     メールには予約に無関係なもの(たんなる感謝)もあれば、会議室の空き状況を確認するものもある。4件のメールのうち予約申込は3件で、午前、昼、昼から夕方にまたがるものだ。解答者は4つの会議室の空き状況を確認し、午前に1件、昼に1件入れて、残りの1件には利用可能な会議室がないことを返信する。

     これはパソコンを使う職場では最低限のスキルだと思うのだが、日本ではわずか8.3%しかクリアできていない。それに加えて、対象となった成人のうち「コンピュータ経験なし」「コンピュータ導入試験不合格」「コンピュータ調査拒否」が合わせて36.8%もいる。

     これが、OECDが主催する大規模調査での「日本人の実力」だ。それを受け入れがたいと感じるとしたら、あなたが知能が高いひとたちの集団のなかで生活し、現実を錯覚しているからにすぎない。

    ほぼすべての分野で日本が24カ国中1位、他国の結果

     しかし、驚きはこれにとどまらない。こんな悲惨な成績なのに、日本はOECDに加盟する先進諸国のなかで、ほぼすべての分野で1位なのだ。だとすれば、他の国はいったいどうなっているのだろうか。

     OECDの平均をもとに、PIAACの結果を要約してみよう。

    (1)先進国の成人の約半分(48.8%)はかんたんな文章が読めない。

    (2)先進国の成人の半分以上(52%)は小学校3~4年生以下の数的思考力しかない。

    (3)先進国の成人のうち、パソコンを使った基本的な仕事ができるのは20人に1人(5.8%)しかいない。

    レベル2の読解力の問題の問題

     レベル2の読解力の問題は、「市民マラソン・ウォーキング大会」のホームページから開催者の電話番号を調べるためのリンクをクリックするだけだ。

     これができない成人が、OECD平均で15.5%、およそ6人に1人いる(日本は4.9%)。イタリアは27.7%、スペインは27.5%とほぼ3人に1人だ。

    レベル2の数的思考力の問題

     レベル2の数的思考力は出張費の計算で、自動車の走行距離1キロあたりに35円を掛け、4000円の食費を加える。

     このレベルの計算ができない成人は、OECD平均で19%、およそ5人に1人だ(日本は8.2%)。イタリアの成人の31.7%、スペインでは30.6%が、掛け算と足し算を組み合わせた問題に対処できない。

     PIAACの説明では、レベル1の読解力は「基本的な語彙を含む短い文章が読める」、数的思考力は「基礎的な計算、50%のようなおおまかな割合、単純なグラフがわかる」とされている。レベル2の問題が解けないと、できる仕事はかなりかぎられるだろう。

    大卒者の得点が日本の高卒に及ばないイタリアとスペイン

     PIAACの得点分布には明らかな傾向があり、ヨーロッパではスウェーデンなど北欧諸国が高く、南に行くほど低くなる。とりわけイタリアとスペインが深刻で、大卒者の得点が日本の高卒に及ばない。

     イタリアでは2018年6月、北部を基盤とする「同盟」と南部の「五つ星運動」の2つのポピュリズム政党が連立してコンテ政権が成立した。それ以外でも、トランプ政権が誕生したアメリカ、国民投票でEUからの離脱を選択したイギリス、ジレジョーヌ(黄色ベスト)デモで揺れるフランスなどがOECDの平均を下回っている(図4)。

     ここで誰もが思い浮かべるのは、職業に必要な知的スキルが低い国は失業率が高く、ポピュリズムが台頭するのではないかという疑問だろう。国際政治学者は欧米の「右傾化」についてさまざまな解説をしているが、PIAACのデータに基づいたこの単純な説明を無視できるだろうか。

    楽観できない若者のデータの詳細

    「日本人の3人に1人は日本語が読めない」が、それでも先進国のなかでもっとも優秀だ。しかし、データの詳細を見るとこれで喜んでいるわけにはいかない。

     読解力と数的思考力で日本はたしかに1位だが、年齢別の得点を見ると、16~24歳の数的思考力ではオランダとフィンランドに抜かれて3位に落ちる。より問題なのはITスキルで、パソコンを使えず紙で解答した者を加えた総合順位ではOECD平均をわずかに上回る10位、16~24歳では平均をはるかに下回る14位まで落ちてしまう。

     対照的なのが韓国で、全体の順位はOECD平均以下で低迷しているが、これは中高年の得点が低いからで、16~24歳では得点は大きく上がり、読解力で4位、数的思考力で5位、ITスキルでは1位と日本の若者をはるかに上回る。

     わずか1世代で知能が劇的に向上するはずはないから、これは明らかに教育の成果だ。なぜ隣国とこれほど大きな差がついたのか、日本の教育業界は国民(納税者)に対して重い説明責任を負っている。

     だが、より深刻な問題はほかにある。

    アメリカの7割程度しかない日本の労働生産性

     知識社会では知的な職業スキルが高いほど生産性が高くなるはずだが、日本の労働生産性は主要先進7カ国でずっと最低で、アメリカの7割程度しかないばかりか、イタリアやスペインより低い。OECDの報告書では、その理由を高い能力が仕事で活かされていないからだとしている。

     男女の社会的な性差を示すジェンダーギャップ指数で日本は世界最底辺の110位だが、PIAACの分析でも、女性のスキルを活用できていないことが男女の収入の大きな差につながっていると示唆されている。

    知的には優秀でも能力を無駄にしているという残念な現実

     ここからわかるのは、日本人はたしかに知的には優秀かもしれないが、その能力を無駄にしているという残念な現実だ。それは日本人の働き方が間違っているからであり、さらにいえば、日本社会の仕組みに大きな欠陥があるからだろう。――私はこれを、日本が先進国のふりをした身分制社会だからだと考えている。

     知識社会というのは、定義上、言語運用能力や数学・論理的能力に秀でた者が大きなアドバンテージを持つ社会のことだ。

     高度な知的作業ができるスキルをレベル5とするならば、その割合は読解力でOECDの0.7%(日本は1.2%)、数的思考力で1.1%(同1.5%)しかいない。「ウォール街を占拠せよ」の運動では、1%の富裕層に富が独占されているとして「We are 99%」と叫んだが、PIAACによれば、これは経済格差ではなく職業スキル≒知能の格差のことだ。

     その一方で、レベル3以下だと、オフィスワークに必要なスキルに達しないとされる。その割合は読解力でOECDの87%(日本は76.3%)、数的思考力では86.4%(同80%)にも達する。

     AI(人工知能)が象徴するように、テクノロジーは驚くべきスピードで進歩しており、労働市場で要求される知能のハードルが上がっている。だが人間は、それに応じて賢くなるようにはつくられていない。知識社会が高度化するにつれて、そこから脱落する者が増えるのは必然だ。

    先進国の5割の成人が「問題文が読めない」という現実

     PIAACでは移民出身者のスコアも計測しており、言語的背景が異なる移民のスキルは顕著に低く、とりわけ北欧で(もともと得点の高い)主流派白人との差が大きく開いている。この「スキル格差」が移民出身者の失業率を高くし、生活保護に依存せざるを得なくさせ、その結果、世界でもっともリベラルな国で排外主義的な政党が台頭することになったのだろう。

     人生100年時代を迎え、AIに負けないよう生涯学習すべきだという話になっている。だが日本人の3割、先進国の5割、そしておそらく世界全体ではそれよりずっと多い成人が、問題の解き方がわからないのではなく、問題文が読めない。この現実に対して教育はどこまで有効なのか。

     生得的な知能のちがいに触れることは、これまでずっとタブーとされてきた。だがもはや、知識社会の矛盾を知能の分布を無視して語ることは不可能になっている。

     ポピュリズムに翻弄される欧米を先導役として、私たち日本人も早晩、この「残酷な世界」の現実を突きつけられることになるだろう。

     

    (橘 玲/週刊文春 2019年2月14日号)


    ©AFLO


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【言ってはいけない!「日本人の3分の1は日本語が読めない」】の続きを読む


    平成の◯◯離れ、1位「タバコ」


    旅行プラットフォーム「エアトリ」を運営するエアトリは2月13日、「平成の◯◯離れ」に関する調査結果を発表した。調査は今年1月にネット上で実施し、10~70代の男女700人から回答を得た。

    自身の思う「平成の◯◯離れ」が何かを聞くと、最も多かったのが「タバコ」(33.8%)で、2位の「新聞」(20.5%)に10ポイント以上の差をつけた。

    50代女性「固定電話が無い、新聞を取らないが、いつの間にか当たり前になっていた」

    以降「ギャンブル」(19%)、「ゴルフ」(17.2%)、「恋愛」(17%)、「車」(14.6%)、「ゲーム」(12.8%)、「結婚」(12.6%)、「カラオケ」(10.4%)、「お酒」(8.6%)と続いた。

    男女別に見ると、男女とも1位は「タバコ」(男性:39.5%、女性:25.3%)だが、男性は上位5つに「ギャンブル」(27.3%)、「ゴルフ」(21.8%)、「新聞」(18.8%)、「ゲーム」(16.6%)が入る。女性は「新聞」(23.1%)、「恋愛」(19.8%)、「結婚」(17%)、「車」(15.4%)となった。

    具体的なエピソードとしては、

    「固定電話が無い、新聞を取らないのが、いつの間にか当たり前になっていたことに驚いています。自分もいつの間にか止めていました」(50代女性)
    「新聞は老眼には辛い。スマホなら拡大縮小も自由自在」(40代男性)
    「スマホがあれば新聞もテレビもカメラもいらない」(20代女性)

    と"モノ"離れを感じるコメントが多く寄せられた。

    "◯◯離れ"というより「一歩を踏み出すのに必要なお金がない」

    「平成で◯◯離れしたくなかったもの」も聞いた。最も多かったのは「車」(9.3%)で、以降「恋愛」(7.9%)、「ゴルフ」(5.7%)、「新聞」(4.9%)、「結婚」(3.8%)と続く。男女別に見ると、女性は「恋愛」(9.3%)、男性では「ゴルフ」(8.9%)から惜しみつつも離れたようだ。

    「タバコ」は、「平成の〇〇離れ」の調査で33.8%だったのに対し、「本当は平成で〇〇離れしたくなかった」では2.9%とわずか。同社は「多くの人が自発的に"タバコ"離れしたことを見て取ることができる」としている。

    「平成の◯◯離れ」が進んだ理由を聞くと、「ネットやスマホの普及」(51.7%)が最多。以降「収入の減少」(44.7%)、「時代の変化」(40%)と続く。20代女性からは、

    「収入が減り、年数働いても収入が増えない構造が定着してしまっている。若者はより堅実にならざるをえないのが悲しい。自分の祖父母や両親世代のように『とりあえずやってみる』が難しい時代。最初の一歩を踏み出すのに必要なお金が手元にない。ボーナスも頼りにならない」

    と「元々近づいていない」といった嘆きが寄せられた。一方、

    「価値観が一律でなくなったことで、〇〇にこだわる必要がなくなってきたのでしょう」(70代男性)
    「バブルを生きた世代の価値観に寄り添っているために『平成の~離れ』と言っているだけであって、バブルを知らない現在の20代~30代にとっては当たり前の価値観だと思う」(30代女性)

    と冷静な意見も寄せられている。





    (出典 news.nicovideo.jp)




    【平成の◯◯離れ、1位「タバコ」 離れたくなかったものは「車」「恋愛」「ゴルフ」】の続きを読む

    落ち込む女性

    (bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    永遠の愛を誓った夫婦でも、3組に1組は離婚してしまうのが現実。また、離婚しない夫婦がずっとお互いに愛せているかというとそうとも限らず、場合によっては妻が夫を「気持ち悪い」と感じるようになることも。


    女性向け匿名掲示板「ガールズちゃんねる」のとあるスレッドに注目が集まっている。

     

    ■「夫が気持ち悪い」と悩む女性


    第1子出産後、夫が気持ち悪くて仕方なくなってしまったと語る女性。最初の頃は「産後のホルモンバランスの乱れ」などと保健師やカウンセラーから言われていたものの、子供が3歳を迎えようとしている今でも具合が悪くなることがあり、悩んでいるという。

    しかし、夫になにか問題があるかというとそうでなく、毎日風呂に入って清潔な服を着るなど、決して不潔ではない模様。

    そして、他のネットユーザーに対し、「同じような方いますか?」「このような状態を脱出できた方いますか? 」と投げかけたのだった。

     


    ■ホルモンや疲れが原因?


    この投稿に対し、保健師によってすでに指摘されているホルモンバランスのほか、育児でのストレス、疲れなどが原因ではとする声が多く寄せられた。

    ・ホルモンじゃない? 子育てで神経質になったり、一人で頑張り過ぎてるんじゃない?

     

    ・私は子供が幼稚園に通い始めて、子供と接する時間が以前より減り出したら、徐々に旦那に対する嫌悪感が薄れて行ったよ。 今は子供が小学生、旦那が平日休みの日に夫婦2人だけで出かけるのが楽しくなった

     

    ・今は育児に追われて気持ちに余裕がもてないのかも。少しゆっくりする時間がもてるようになれれば解決するかもよ



    ■「見た目のせいでは」との声も


    しかし一方では、「じつは見た目が好きではなかったのでは」という、男性サイドにとってはなんとも元も子もない指摘も。

    ・私も同じでしたよ。私の場合は元々、顔がタイプではなかったので、それが原因かなとも思います

     

    ・やっぱり見た目が好きかどうかは重要だね

     

    ・やっぱ見た目って大事だね。顔が大好きだから気持ち悪いと思ったことないかな

     

    恋愛、結婚を経ても、女性はふとした瞬間に「やっぱ無理だな……」となってしまうことがあるのかも。

     

    ■3分の1が「夫が気持ち悪い」

    ちなみに、しらべぇ編集部では以前、妊娠経験のある女性376名に「夫を気持ち悪く感じた瞬間があるか」調査。その結果、3人に1人が「ある」と回答した。


    生理的


    男性にとっては少々辛い調査結果だが、それだけ妊娠・出産は身体に大きな変化を起こすということだろうか。

    ・合わせて読みたい→わいせつ行為も職場復帰を望んでいた市職員 「求刑上回る判決」にネットの声は…

    (文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
    対象:全国20代~60代で妊娠経験のある女性376名(有効回答数)

    「旦那が気持ち悪い」と悩む女性 吐き気ともなう切実告白に寄せられた声は…


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【「旦那が気持ち悪い」と悩む女性 吐き気ともなう切実告白に寄せられた声は…】の続きを読む

    このページのトップヘ