Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 社会

    SmokedSalmon/iStock/Thinkstock

    この少子高齢化の現代、「子供は母親が育てるべき」という考えは過去のものとなりつつあり、「社会で育てる」方向へとシフトしようという動きも生まれている。

    だが、優しさや思いやりといった代物は、受ける側が求め始めると途端にややこしくなる側面もある。

    今、「はてな匿名ダイアリー」に投稿された「子供の泣き声に耳栓されて心が折れた」というエントリーが話題になっている。

    ■子供が泣き出し、隣の席の人が耳栓

    投稿者の女性によると、新幹線に乗っているとき子供が泣きだしたため、あやしながら謝ろうと思ったところ、隣の席に座っていた若い女性が無表情のままノートパソコンを閉じて、耳栓を取り出し装着。そのまま寝てしまったのだという。

    「なんだかそれが、すごくショックだった」と語る投稿者。その理由は「我関せずの態度が、何故かものすごく悲しくて」というもので、「涙が出そうだった」とまで。

    大丈夫ですよと声をかけてくれたり、ニコッと笑ってくれれば投稿者としては十分だったのだが、まるで「無」であるかのように扱われたことが悲しかったのだそう。

    ■疑問・反論が殺到

    この投稿に対し、他のネットユーザーからは多くの疑問・反論が寄せられることに。

    ・耳栓女性めっちゃいい人じゃん、不快に思ってるのに文句の一つも言わないんでしょ? 立派だと思う

    ・耳栓して寝たってことは、たぶん普段から新幹線乗って寝るときは耳栓する派の人。普通耳栓持ってないもん。たまたま赤ちゃん泣いてたから気になったんだろうけど、気にしなくていいと思う。おつかれさま、同志よ

    ・悪いけど知り合いでもない親子連れにそこまで心を寄せる義務はないとおもう…/「優しそうに見える人」って、勝手に期待されて勝手に裏切られた気持ちになられて勝手に恨まれるから本当に損だよね

    ・別に仕事に集中したいだけの普通の人じゃん。でもそうは感じなかったのね

    ・子供の泣き声が嫌いイコール子供嫌い、ではないよね… 新幹線の中は結構貴重な書類作る時間だったり仮眠取る時間としてスケジューリングしたりするから、隣が誰であれ「無」であるのが本来は理想

    「文句を言わずに耳栓を装着している時点で思いやりがある」や、「好意を求めるのはおかしい」などがその理由のようだ。

    ■一部で共感 「責めないで」の声も

    一方で、投稿者の気持ちを汲み取る声や、「わからなくもない」と部分的に共感する声も、子育て経験者や育児ノイローゼ経験者から寄せられることに。

    ・少しナーバスになりすぎてる感はあるけど、わからなくはない。あからさまにシャットダウンされて、謝ることすら拒否されたら辛いよね。でもまあ、子供の泣き声が嫌いな人はいるから、しょうがない。気にしないこと

    ・どう読んでも育児ノイローゼ。そう感じるのは実際に誰かに責められた経験があるから。一声かける習慣は誰かに教えてもらわないと身につかないよ。私も上司に教えてもらうまでできなかった

    ・これがガルガル期というやつか、自分を客観視できると精神的にラクになるんだけどね

    ・既に十分追い詰められてる人を、これ以上責めないであげて…

    中には「これ以上追い詰めないで」という優しいコメントも見られた。

    ■「赤ちゃんの泣き声にイライラ」は4分の1

    電車(©ニュースサイトしらべぇ)

    しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,353名に「電車での赤ちゃんの泣き声」について調査したところ、4人に1人が「イライラする」と回答している。

    新幹線の場合、出張先でのプレゼン資料を作ったり、仮眠の時間にあてる人もおり、赤ちゃんの泣き声に過敏に反応してしまう場合もあるのかもしれない。

    ひとりひとりが思いやりの精神、心の余裕を持つのが大事であるとともに、鉄道会社各社にも「赤ちゃん優先車両」「私語厳禁車両」「仮眠推進車両」など、サービス面での強化も願いたいところだ。

    ・合わせて読みたい→新幹線で「席を倒していいですか」は不要? 声をかけるべきかで議論に

    (文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2015年12月22日~2015年12月24日
    対象:全国20代~60代の男女1,353名 



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【新幹線で子供が泣き、隣の女性が耳栓 「ショック」という投稿に賛否】の続きを読む

    兵庫県川西市は4月16日、20代の女性職員にセクハラをする本荘重弘・元副市長=すでに解職=を止められなかったとして、その場に同席していた上司の50代男性職員を戒告の懲戒処分にした。

    毎日新聞(4月16日)などの報道によると、処分されたのは市民生活部の室長級職員(当時)。セクハラ行為は仕事の打ち上げで訪れた二次会のカラオケで行われ、デュエットの際、元副市長が女性の肩に手を回すなどした。副市長はこのセクハラを理由に昨年11月、解職されている。

    今回川西市は、女性が今も休職していることを重くみて懲戒処分を決めた。他に20代男性職員もいたが、管理職ではないため処分はしなかったという。

    セクハラやパワハラなどのハラスメント行為で、止めなかった「傍観者」の責任をどう考えたら良いだろうか。セクハラ問題に詳しい新村 響子弁護士に聞いた。

    ●セクハラを止めない管理職「責任果たしていない」

    新村弁護士は「ハラスメント行為を傍観して止めなかった周囲に対して、懲戒処分が行われる例は珍しい」と指摘する。

    「セクハラの傍観者が処分対象になるかどうかは、その労働者の立場によると思います。社長や目上の上司のセクハラ行為を、若手が止められるかといえば難しい。傍観していたからといって、一律に懲戒処分まで課すのは酷でもあります。

    ですが、組織はセクハラが起きないように職場環境を整える義務があります。そして、その責任を負っているのは、職場を管理している管理職などです。そのような責任を負う立場であるにもかかわらず、セクハラを目の前で目撃しながら止めなかったというのでは、責任を果たしたとはいえません」

    ●ハラスメントの放置、法的責任も

    こうしたハラスメント行為の「傍観者」の責任は、裁判でも問われている。

    「上司である所長が、先輩から暴言や暴行、一人居残り残業などのハラスメントを受けていたことを知りながら、何らの対応もとらなかったどころか、問題意識さえ持っていなかったことがパワハラ防止義務に違反していると指摘された事例があります(日本土建事件・津地裁平成21年2月19日判決)」

    これはパワハラを放置した上司に対するものだが、セクハラを放置したセクハラ相談担当職員について違法行為を認めた判決も出ている。

    「セクハラ相談窓口の担当だった課長が、セクハラがあったことを認識していたのに、加害者をかばう発言をして何も措置をとらなかったことが違法行為であるとして、市に損害賠償責任が認められた例もあります(A市職員事件・横浜地裁平成16年7月8日判決)」

    セクハラは加害者一人だけの問題ではなく、職場全体の問題として考えていかなければいけないということだ。

    新村弁護士は「女性がセクハラを受けることなく働ける環境づくりのために、経営者はもちろんのこと、現場の管理職や人事担当者なども適切な対応をとることが求められているといえる」と話した。

    (弁護士ドットコムニュース)

    【取材協力弁護士】
    新村 響子(にいむら・きょうこ)弁護士
    東京弁護士会所属。日本労働弁護団事務局次長、東京都労働相談情報センター民間労働相談員。労働者側専門で労働事件を取り扱っており、マタハラ案件のほか解雇、残業代請求、降格、労災、セクハラなど多数の担当実績がある。

    事務所名:旬報法律事務所
    事務所URL:http://junpo.org/labor

    セクハラ「見て見ぬ振り」止めない周りにも法的責任…傍観していた上司、処分した自治体も


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【セクハラ「見て見ぬ振り」止めない周りにも法的責任…傍観していた上司、処分した自治体も】の続きを読む

     職場での「お前」呼ばわりに関して先日、ネット上などで話題になりました。きっかけとなったのは、お笑いタレントのケンドーコバヤシさんと、千原ジュニアさんが出演するテレビ番組。吉本興業の新入社員が「職場で『お前』と呼ばれた」ことを理由に退職したエピソードが紹介され、この社員は「親にも『お前』なんて言われたことない」「『お前』なんて呼ばれ方する職場で働けない」と上司に訴えたといいます。

     ジュニアさんは「悪いけど吉本には向いてない」、ケンドーコバヤシさんは「世も末」とあ然。ネット上では「辞めるほどではない」「新卒の時『てめぇ』って言われてたよ」「不愉快に感じたのなら立派なパワハラ」「上司でもお前呼ばわりされる筋合いはない」といった意見が上がっています。

    「お前」呼ばわりに法的問題はないのでしょうか。グラディアトル法律事務所の刈谷龍太弁護士に聞きました。

    「お前」呼ばわりした理由と状況は?

    Q.まず、パワハラの定義について教えてください。

    刈谷さん「パワハラとは『パワーハラスメント』の略語ですが、法律上厳密な定義がある言葉ではありません。ハラスメントは嫌がらせという意味を持つ言葉ですから、パワハラはパワー、すなわち権力を利用した嫌がらせということとなります。一般的に利用されているパワハラという言葉は、力関係において優位にある上位者が、下位者に対して精神的・身体的に苦痛を与えることを指すとされ、特に職場で発生するパワハラは、上司などが不当に権限を乱用することで部下の人格などを傷つける行為を指すとされています」

    Q.具体的に、どのような行為がパワハラに該当しうるのでしょうか。

    刈谷さん「パワハラには法律上の定義がないため、どのような行為がパワハラに該当するかを即座に判断できるものではありません。法律上、職場の上司などによる嫌がらせ行為によって部下の名誉が侵害された場合や、うつ病などの精神疾患を引き起こしてしまった場合などには、上司などの嫌がらせは違法行為となります。こうした違法行為はパワハラと評価することができるでしょう。被害者である部下は、嫌がらせ行為をした本人である上司に対し、不法行為に基づく損害賠償請求(民法709条、710条)として慰謝料などを請求することができます。さらに、嫌がらせ行為をした上司を雇っていた会社に対しても、損害賠償を請求できる場合があります(民法715条『使用者責任』、415条『職場環境配慮義務違反に基づく債務不履行責任』)。

    もっとも、上司は部下を教育指導する立場にあります。上司という立場にあれば、ミスを犯した部下をしっ責しなければならない状況も出てくるでしょう。こうした場合、上司の行為が全てパワハラに該当し、違法な行為であると評価されてしまえば、上司もたまったものではありません。上司の行為が指導監督に該当するのか、違法なパワハラに該当するのかは、行為の目的、態様、頻度、継続性の程度、上司と部下の関係性の程度などを検討し、業務上必要な範囲の行為であるといえるかをもって判断することになります。

    例えば『3浪して○○大学に入ったにもかかわらず、そんなことしかできないのか』などと他の従業員がいる前で繰り返し罵倒するような行為は、業務上必要な指導教育の範囲とは言えず、違法だと評価されるでしょう。他方、新人医師が注意散漫な状態で手術をし、あわや医療事故を起こしそうになった場合に、上司の医師が『バカ野郎!ふざけるな!』などと怒鳴ったとしても、病院という患者の生命、健康を預かる職場においては、むしろ上司として当然の指導教育の範囲であると言えるため、違法だと評価されることはないでしょう」

    Q.職場で、上司が部下に対して「お前」呼ばわりすることはパワハラでしょうか。

    刈谷さん「昔ながらの企業や、いわゆる体育会系の会社などでは、男女問わず『お前』と呼ばれることもあるかと思います。会社に入るまで『お前』と呼ばれたことがない人からすれば、もしかしたら『軽んじられている』と感じることもあるかもしれません。しかし、単に『お前』と呼ばれたからといって、名誉が侵害されたり、精神を病んでしまったりすることは基本的にないでしょう。よって、『お前』と呼ぶこと自体が違法なパワハラ行為だと評価されることはないと言えます。むしろ、『お前』と呼んだ部下に対し、続けてどのような言葉を投げかけたのか、また、どのような場所でその言葉を発したのかという点が、パワハラに該当するかどうかを決することになると言えます。

    例えば『お前みたいな奴が職場にいると仕事が回らないわ』などと、多数の同僚の面前で繰り返し罵倒したような場合、上司の行為は社会通念上許容される業務上の指導の範囲を超えていると言えるため、パワハラに該当する可能性が高いでしょう」

    Q.「こいつ」「あんた」「貴様」や名前の呼び捨てについてはどうでしょうか。

    刈谷さん「上司が部下に対し、『こいつ』『あんた』などと呼んだり、名前を呼び捨てにしたりすることも現実によくあることだと思いますが、『お前』と呼ぶこと自体がパワハラに該当しないのと同様に、呼び方一つで違法なパワハラ行為と評価されることはまずないでしょう」

    Q.呼ばれ方によって「パワハラ」と感じた場合の対処法や、トラブルを防ぐ方法について教えてください。

    刈谷さん「まず、信頼のおける同僚や知人、会社に設置されている相談窓口や労働局の総合労働相談コーナーなどの第三者に相談しましょう。一人で抱え込まずに相談することで、精神的苦痛が和らぐこともあります。また、その前提として『自分がパワハラを受けている(かもしれない)』と自覚することが重要です。いじめを受けているようで、他人に対して相談することが恥ずかしいと感じるかもしれませんが、自分の身を守るためにも、まずはパワハラ被害を自覚し、第三者などに相談しましょう。

    また、パワハラ被害を受けた場合、慰謝料などの請求を考えることもあるでしょう。裁判では、パワハラを受けた被害者がパワハラの事実を証明しなくてはいけません。そのためにも、自ら積極的に証拠を収集する必要があります。言葉の暴力であればICレコーダーを利用して上司の発言を録音したり、物理的な暴力を伴うパワハラであれば病院で診断書を作成してもらったりするなど、証拠を収集し、保全することが重要です」(ライフスタイルチーム)

    「お前」呼ばわりに法的問題は?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【“お前”呼ばわりされて退社…新入社員の行動に「世も末」などの声、パワハラになる?】の続きを読む


    ソニー生命保険は4月17日、第5回目「社会人1年目と2年目の意識調査」の結果を発表した。調査は今年3月にインターネットで実施し、社会人1年目500人と2年目500人の合計1000人から回答を得た。

    最初に就職した会社で「定年まで働きたい」と回答した1年目社員は32.2%。2年目社員は16.4%となっている。1年目社員に理由を聞くと、

    「ずっとやりたかったことで、最後まで頑張りたい」(22歳女性)
    「安定した生活を送りたい」(23歳男性)
    「転職活動が大変そう」(22歳女性)

    などの声が寄せられた。

    辞めたい2年目社員、「忙しい」「有休取れない」「サビ残」など全体より10ポイント高

    仕事辞めたい!

    一方、「すでに辞めたい」は1年目が8.6%で、2年目は27.2%にのぼる。2年目社員に辞めたい理由を聞くと、「他にやりたいことをみつけた」(23歳男性)という声の他、

    「人間関係がうまくいかない」(23歳女性)
    「給料が低い」(23歳男性)
    「休みが少ない」(20歳女性)

    など職場環境や待遇への不満の声が多くあげられた。

    また2年目社員に入社前のイメージと1年目の生活のギャップを聞くと、上位3位は「忙しい(仕事量が多い)」(43.6%)、「覚えることが多い(業務範囲が広い)」(39.8%)、「金銭的に余裕がない(社会人生活にお金がかかる)」(26.4%)となった。

    すでに辞めたい2年目社員に限ってみると、「忙しい」(55.9%)、「有給休暇が取得しづらい」(36.8%)、「サービス残業がある」(34.6%)などの項目が全体より10ポイント以上高くなっていた。

    半数が「遅刻・欠勤メールはLINEでOK」と回答

    先輩社会人から言われて"やる気に火がつくセリフ"を全員に聞いたところ、「君がいて助かった、ありがとう」(45.7%)が最多。次いで「本当によく頑張った」(29.5%)、「何でも相談してね」(27.6%)、「一緒に乗り越えよう」(18.5%)などが続く。感謝・褒め言葉でやる気が出る人が多いようだ。

    一方、"やる気が奪われるセリフ"を聞くと、1位は「この仕事向いてないんじゃない?」(31.0%)。2位以降、「ゆとり世代だなぁ」(24.5%)、「私が若いころは〇〇だったのに」(21.8%)、「やる気ある?」(21.6%)、「そんなことは常識でしょ」(19.3%)と続く。

    仕事に対する適性や姿勢を否定されるようなセリフを言われると、やる気や意欲が奪われる人が多いようだ。

    また仕事の行動・振る舞い方についてどのような感覚を持っているのか聞いた。「遅刻・欠勤連絡をメールやLINEでする」ではアリが47.8%で約半数がナシだった。また「遅刻・欠勤連絡を親にしてもらう」でアリと回答した人は10.6%いた。

    また「必要もないのに残業をしている」はナシ(85.5%)、「有給休暇を付与年度内に(ほぼ)全て消化する」はアリ(82.7%)、「上司に全く相談をしないで有給休暇の申請をする」はナシ(68.7%)が多かった。若手社員はプライベートを大切にしていると言えそうだ。





    (出典 news.nicovideo.jp)

    【2年目社員の3割「すでに辞めたい」 理由は「給料が低い」「人間関係が上手くいかない」「休みが少ない」】の続きを読む

    サークル

    (Kavuto/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

    人脈を生かして商品を広め、勧誘や販売に成功したら、成功報酬としてお金が手に入る「ネットワークビジネス」。

    近年は、「ラクして大金が稼げる」と期待させて勧誘するなど、若者が被害に遭うことも多くなっていると言われる。

    しらべぇ取材班は、大学時代にネットワークビジネスをしたことがある男性(20代)に話を聞いてみた。

    (1)高校時代の友人からの連絡で始まった

    「卒業してから会っていなかった高校時代の友人から、SNSを通じて突然連絡がきて会ったんですが、そこに男性も一緒に来ていて紹介されました。

    その男性がネットワークビジネスをしており『芝浦に数億円のマンションを購入した』『働かずに簡単に稼げるんだよ』などと、話や写真を見せられ、興味が出てきて開始したのがきっかけです」

    (2)登録料や商品購入で数十万円

    「最初に登録料や、化粧品などの美容用品を売るネットワークビジネスだったのでダンボール数箱分の商品を購入させられて、30万円近くが吹っ飛びました。

    でも紹介者からは『みんな欲しがるからすぐに元が取れるよ』と言われたし、当時はバイトがつらかったので、『これで働かずに、億万長者になれる』と期待していましたね」

    (3)しかし買ってくれる人はいない…

    「まず商品を売ったり勧誘したりするのは周りの友人で、そこからどんどん広めると教えられたんですが、当然ながら周りからは嫌がられ、だれひとりとして興味を示さない。

    また気持ちが焦って、当時の彼女にも『これいいよ!』と商品を売りつけようとしてしまい、『ネズミ講の商品を売りつけた。私でお金を稼ごうとした』と振られました…」

    (4)紹介者のカモにされていることに気づく

    「紹介者に売れないことを伝えると、親身に相談に乗るふりをして『新しい美顔器が発売された。それなら売りやすいから購入して紹介してごらん』と、どんどん僕に売りつける。

    最初は必死だったこともありアドバイスを受けて購入していましたが、何回目かで『あっ、そうか。僕も芝浦にマンションを買えると思ったけれど、僕が芝浦のマンションを買うためのカモにされているんだ』と、ふと気づきました」

    (5)最後に残ったのは大量にあまった在庫だけ

    「結局、ネットワークビジネスがきっかけで周りからは人が去っていき、彼女にも振られて、残ったのはひとつも売れずにダンボールに大量に残った在庫だけ…。

    でも洗脳されたりハマったりして、ネットワークビジネスにどっぷり浸かっちゃう人もいるようなので…数十万円の被害で済んだ僕はまだマシで、早めに抜け出せてよかったのかなと思っています」

    ■勧誘を受けたことがある人はどれくらい?

    しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,378名を対象に調査をした結果、「怪しい勧誘を受けた経験がある人」は全体で33.3%。

    性年代別で見ると、20代以外を除いて、ほぼすべての年代で男性のほうが勧誘経験が多いことがわかった。

    怪しい勧誘性年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

    悪質なネットワークビジネスもあるようだ。ラクして大金が…などと言われても、「うまい話には罠がある」と警戒したほうがいいのかも。

    ・合わせて読みたい→「異業種交流会」で本当にあったとんでもない体験5選

    (文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
    対象:全国20代~60代の男女1,378名 (有効回答数) 



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【人脈も金も消えた! 「ネットワークビジネス」に騙された大学生の末路】の続きを読む

    このページのトップヘ