Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 社会

     パートナーエージェントは10月16日、「ナシ婚」の調査結果を発表した。調査は今年9月にネット上で実施し、20~39歳男女1875人から回答を得た。 

    結婚式も披露宴もしない「ナシ婚」を選ぶカップルが増えていることについて、意見を聞いたところ、26.8%が「式と披露宴の両方、またはそのどちらかだけでもした方がいい」と回答。一方で、33%「式も披露宴もしなくていいと思う」と回答した。

    また、「自分自身は式や披露宴をしたいか」を聞くと、46.6%が「したい」と答えた。「したいと思わない」と答えた21.7%しかいなかった。「ナシ婚」を容認しつつも、自分は式や披露宴をしたい思っている人が多いことがうかがえる。


    「そのお金を別のことに使いたいから」という人も多数


    結婚式の形も時代と共に変化しています


    続いて、男性の57.4%、女性の56.8%が「式や披露宴は正直なところ面倒に感じる」と回答。「式や披露宴を行う上で、あまり好ましくないと思うこと、必要ないと思うこと」を聞くと、最も多かったのは「費用がかかり過ぎること」(70.8%)で、以降「準備に時間や労力がかかること」(49%)だった。

    「式も披露宴もしたいと思わない」と答えた人に、その理由を聞くと、半数以上から「そのお金を別のことに使いたいから」(53.1%)、「式や披露宴に魅力を感じないから」(52.2%)との声が挙がった。

    「経済的な事情で」(36.1%)は5位で、「お金がないから」という理由よりも「そのお金をもっと別のことに使いたい」と感じている人が多いようだ。

    「式も披露宴もしたいと思わない」と答えた人に、「やりたくないとは思っていても、実際には式や披露宴を行うと思うか」を聞くと、男性30.6%、女性48.9%が、「式も披露宴も行わないと思う」と答えた。

    「結婚相手が望めば」と回答した男性は45%で、花嫁が希望すれば実施する人が多い。また、「お金があれば」と答えたのは全体で18.6%に過ぎなかった。


    男性の6割「式や披露宴は花婿よりも花嫁のためにある」

      「ナシ婚カップルが増えていることについてどう思うか」をあらためて男女別に聞くと、男性の31.3%、女性の34.8%が「式も披露宴もしなくていいと思う」と答えた。

    「自分自身は、式も披露宴もしたいと思わない」と答えた男性は21.2%、女性は22.2%で男性よりも女性の方が1ポイント多かった。「式や披露宴をしたい」と半数以上の女性が回答している一方で、「したいと思わない」女性が2割いた。

    男性の72.1%が「式や披露宴を行うかどうか、どんな内容にするかは相手の意見に合わせたい」と回答し、また61.7%が「式や披露宴は花婿よりも花嫁のためにあると思う」と答えた結果から、男性の方が女性の意向に合わせる傾向だという事がうかがえる。

    また、女性の55.9%は「式や披露宴は両親や親族のためにあると思う」と回答し、男性は結婚式を「花嫁のため」、女性は「両親や親族のため」と考えるという相違があるようだ。



     


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【6割の男女が「結婚式や披露宴は面倒」 理由は「費用がかかり過ぎ」「準備に時間がかかる」】の続きを読む

    ■「良い部下」が「良い上司」になるとは限らない

    上司のパワハラ発言に悩まされる人は多いでしょう。パワハラ上司を見るたびに、「なぜこの人はえらくなれたのだろう?」と素朴な疑問が頭をよぎることがあるかもしれません。部下や他人との付き合い方が下手なのに、どうして昇進できたのか。

    ズバリ、その上司は「上司の上司」からのウケが良かったがために昇進できたのだと推測できます。

    そもそも、上役に接するコミュニケーションのスキルと部下に接するスキルでは性質が異なります。平社員時代に上の意を汲み、ゴマをすり続けた結果、上司から可愛いがられて、出世できました。しかし、自分より下の後輩や新人に接する力は身につけてこなかったため、部下の気持ちを推し量れず暴走するパワハラ上司になってしまうのです。

    近年になって「ハラスメント」の考え方が日本でも定着したことで、問題が表面化したわけですが、もともとこのような人々は世間にたくさんいました。酷い暴言を吐きながら「今年の新人は打たれ弱い」などとあざ笑う。そしてそんなダメ上司はいまだ数多く野放しにされています。

    なぜそんな事態になってしまうのか。シンプルに言えば、自分にゴマをする居心地の良い人間ばかりを引き上げる「上司の上司」の問題であり、さらにその上の上司が……と突き詰めていけば、日本の組織が抱える「構造的な問題」だと言えます。

    ここで「上司の上司」が学ぶべきは、「良い部下」が出世したら必ずしも「良い上司」になるとは限らないということです。立場が部下のときには、直属の上司のことだけを考えればいいのに対して、上司ともなれば、何人もいる部下それぞれの個性や考えを見抜く、より細やかなコミュニケーションが求められます。

    ■人はどんなときに不満を感じるのか

    心理学における良いコミュニケーションとは、相手の気持ちをいかに尊重できるかどうかにかかっています。とくに自尊心を傷つけられれば、人は不満を感じます。そして自尊心を抱くポイントは、人によって違う。その違いを見抜ける人こそ、デキる上司なのです。けれど、特定の上司にゴマをすっていればよかった人にはそれがわかりません。

    また、パワハラ上司の多くは自己愛性(ナルシシズム)が強く、自分がほかの人より優れていると誇張したがる傾向にあります。自分のアイデアに過剰な自信を持ち、他人はそれに従うべきと勝手に思い込んでいる。そのタイプは、自分から見て「劣っている人」を見ると攻撃的になりやすいのでさらに厄介です。

    では、そんな上司に部下はどう応じたらいいのか。普通なら、「上司の上司」に相談することも考えられますが、きちんと人を見抜ける上司ならパワハラ上司の暴走を抑制できたはず。すでに、「上司の上司」もパワハラ上司に取り込まれている可能性が高いと考えるべきです。

    パワハラが明らかなら、総務や労働組合など職場の然るべきところに相談することが大切です。その際に重要なのは、同じ立場の仲間を募ること。上司と職場で1人対立することは、あなたの職場環境をさらに悪くしてしまいます。

    ----------

    岡本真一郎
    愛知学院大学心身科学部心理学科教授
    岐阜県出身。『悪意の心理学』『言語の社会心理学』(いずれも中公新書)など著書多数。

    ----------

    写真=iStock.com/tampatra


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【パワハラ人間が出世していく構造的理由】の続きを読む

    ネットリサーチ会社・テスティーは、都内在住の10~20代女性749人(15〜19歳335人、20〜24歳414人)を対象に「ハロウィン仮装」に関する調査を実施しました。

     

    今年の仮装トレンドは「魔女・天使・悪魔」「ディズニー系」で行き先は「渋谷」

     「仮装した経験がある」と回答した人は10代後半が74.3%、20代前半が61.1%。今年のハロウィンで「仮装する予定がある」と回答した人は、10代後半で44.8%、20代前半で36.2%。

     

    予定があると回答した人を対象に、どのような仮装をするかを尋ねたところ、「衣装を着る」人が、10代後半で88.0%、20代前半で92.7%と大多数を占めました。

     

    仮装するキャラクタージャンルについてさらに調査したところ、10代後半の第1位は「魔女・天使・悪魔」、第2位は「ディズニー系」、第3位は「ホラー系」。20代前半では、第1位が「ディズニー系」、第2位が「魔女・天使・悪魔」、第3位が「職業系」「ホラー系」となりました。


    出典画像:プレスリリースより

     

    さらに、ハロウィンの過ごし方についても調査。「街やイベントに行く」と回答した人が最も多く、10代後半で54.0%、20代後半で65.3%。「街やイベントに行く」と回答した人を対象に仮装して行く場所を聞いたところ、半数以上の人が「渋谷」に出かける予定であることが判明しました。

     

    出典画像:プレスリリースより

     

     続いて多く見られたのは「アミューズメントパーク」で、第1位は「東京ディズニーリゾート」。10代後半で83.3%、20代前半で94.7%を占めました、第2位は「ユニバーサルスタジオ」で10代後半が33.3%、 20代前半が10.5%という結果となりました。

     

    最後に、ハロウィンメイクは何を参考にするかを調査したところ、10代前半と20代後半ともに第1位は「Instagram」で、10代後半で71.8%、20代前半で59.0%となりました。仮装した写真のSNS投稿については、10代前半と20代後半ともに7割以上の人が「投稿する」と回答しました。

     

    出典画像:プレスリリースより

     

    「投稿する」と回答した人を対象に投稿するSNSを聞いたところ、第1位は「Instagram」となり、10代前半で96.4%、20代後半で91.8%と、どちらの年代も高い割合となりました。ハロウィンメイクの情報入手先としても、ハロウィンを楽しむ様子の発信先としても、「Instagram」は欠かせないものであることが判明しました。

     

    ハロウィンは「魔女・天使・悪魔」に仮装して「渋谷」に集合!――「ハロウィン仮装」に関する調査キャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【ハロウィンは「魔女・天使・悪魔」に仮装して「渋谷」に集合!――「ハロウィン仮装」に関する調査】の続きを読む

    渋谷を日常的に利用してる500人に実施した渋谷ハロウィンについて賛成か反対かのアンケート結果。
     好きな理由・嫌いな理由の具体的な意見

    URLhttps://lovelupu.com/events/shibuya-halloween/
      

    shibuya-halloween

    ■渋谷ハロウィンについてのアンケート
    ▼調査対象:
    渋谷駅を日常的に利用している500名
    ▼調査方法:
    Webアンケート(クラウドワークス)
    ▼調査期間:
    2018年10月1日~10月5日

    すっかり日本にも定着して毎年大きな盛り上がりを見せる渋谷ハロウィンの仮装イベントについて様々な意見があります。実際はどうなのかというと……
        


    渋谷利用ユーザの81%が渋谷ハロウィンに反対という結果になりました。
     一体なぜこのようなネガティブ色の強い結果になってしまったのでしょうか?

    反対派の意見として、
    ・ゴミ
    ・駅に向かえない

    などはSNSでも毎年見かける非難の定番ですが、
    その他、明らかに犯罪とされる行為を嫌悪する声もあります。
     「賛成派の意見」「反対派の意見」など、より具体的な内容を知りたい方は、下記URLからご確認ください。

    https://lovelupu.com/events/shibuya-halloween/

      
       配信元企業アルカ株式会社
    企業プレスリリース詳細
    PR TIMESトップへ


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【反対が81%。渋谷利用者500人に聞いた渋谷ハロウィンに対するアンケート結果とみんなの意見】の続きを読む

     こんにちは! てんもんたまごです。ねとらぼではライターのお仕事をしていますが、実はライターの仕事以外にも科学実験教室のアルバイトも続けています。

    【その他の画像】

       科学実験教室というのは、小学生向けの習い事の一つです。小学校~高校(まれに大学)の科学にまつわる実験を実際に行います。私のバイト先では、低学年ではアルコールランプを使って油からろうそくを作ったり、高学年では魚や眼球の解剖をしたりさまざまな気体発生を行ったりもします。

     そんな中でアルバイトは、実験道具の準備をしたり、小学生たちの実験を手伝ったり、質問をどんどん聞いて理解や実験を進めやすくしています。その実験教室でのバイトも気が付くともう4年目に入っていましたが、今回はバイトを始めて1カ月くらいの頃のエピソードです。

    ●「息子に失敗させないで」というクレーム

     「私の息子に失敗させないで!! お金払ってるんだから、教室での実験は絶対に成功させてよ!」という、生徒の親からのクレーム(漫画参照)。

     もちろん小学生にできないような手順はカリキュラムにありませんし、「小学生レベルの実験で難しいことってあるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、意外なことが一人の子どもにとっては苦手だったりします。

     低学年でコインを回すための「デコピン」ができずに泣き出してしまった子がいましたし、何度かアルコールランプを使っていても火が怖いという子もいます。高学年でも紙をねじったことがなくて、こよりの作り方がわからない子がいたりもしました。

     これらは決して「現代っ子はうんぬん」という話ではなく、ピンポイントでやったことがない経験があったりたまたま苦手だったりというだけなのです。

     また、実験自体はうまくいっても、それを見て、何を感じて、どう結果を書き残すかも子ども次第です。そのため、例えば理科の問題集に書いてあるような「模範解答」を勧めて書かせるというような指導もしていません。その辺ももしかしたら当時の保護者の方と意識が食い違っていたのかもしれません。

    ●失敗はイケナイことなのか?

     「失敗」は誰にとっても嫌だし、怖いものです。オトナになると「絶対にできない失敗」も出てきますし、失敗しても顔に出さずに続けないといけない時もあります(「失敗に萎縮して失敗ループ」はモロ私の体験談です)。防げる失敗は防ぐに限りますが、「失敗しても立て直すのが上手」「失敗してもカバーできる準備が済んでいる」「失敗してもへこたれない」ようになりたいですね。

     ちなみに私は先週、油をひかずに目玉焼きを作ろうとしてアルミホイルに張り付いてしまうという失敗をしてしまいました。悔しかったのでそれから一週間、毎晩のように美しい目玉焼き(?)を目指して作っていますが、「ベーコンをひけばいいだけなのでは」と思い始めた今日この頃です。


       
    マンガ(1コマ目)


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【「私の息子に失敗させないで!!」 親からのクレームを受けて考えたこと】の続きを読む

    このページのトップヘ