Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 社会


    1 天麩羅油 ★ :2018/01/18(木) 19:19:05.26

    HOME 全国のニュース
    ウナギ絶滅危機 4割知らず
    環境保護団体ネット調査
    1/12 14:40
     ウナギが絶滅危惧種であることについて


     ニホンウナギが絶滅危惧種であることを知らない消費者が4割を占め、密漁などの不正取引が多いことを知っている人は4人に1人―。環境保護団体グリーンピース・ジャパンは11日、ウナギを巡る消費者の意識調査結果を発表した。

     ウナギが絶滅の危機にあると今回知った人の半数近くが「食べる量を減らす」か「食べるのをやめる」と

    以下ソース
    http://www.saga-s.co.jp/articles/-/168703


    【【社会】日本人の4割、うなぎが絶滅危惧種だと知らない 】の続きを読む


    1 ばーど ★ :2018/01/17(水) 19:00:00.30

     政府は17日、高齢者施策の指針となる大綱の見直し案をまとめた。「65歳以上を一律に高齢者と見る一般的な傾向は、現実的なものでなくなりつつある」と初めて明記。公的年金の受給開始時期を、70歳を超えても選択できるようにするほか、高齢者の就業促進も打ち出した。少子高齢化や人口減少が急速に進む中、働く環境や社会保障制度を整え、高齢者にも社会の担い手になってもらう狙い。

     指針は「高齢社会対策大綱」で見直しは約5年ぶり。この日、自民党の部会に示し、大筋で了承された。政府は月内にも閣議決定し、具体的な施策作りを進める。

    配信2018/1/17 18:48
    共同通信
    https://this.kiji.is/326297442034107489

    関連スレ
    【社会】 年金開始、70歳超も選択肢・・・政府★5
    https://asahi./test/read.cgi/newsplus/1516175829/


    【【政府】「高齢者=65歳以上」を見直し 年金受給開始は70歳超も 就業促進、社会の担い手に 】の続きを読む

    新年会シーズン。大勢で酒を飲む夜が続いて浮かれムードの一方、受け入れる飲食店関係者は不安に怯(おび)える日々を過ごしている!

    その大きな要因は最近ニュースになっている“予約キャンセル”。昨年末から数十名、多いときは100名という大規模な予約キャンセル被害がSNSで次々と明らかになり、問題となっているのだ。

    そしてどうやら、キャンセル以外でも予約にまつわる様々なトラブルが発生していることも判明。飲食店関係者が怒り、そして悲しみながら話してくれた“予約クレーマー”たちの実態は!?

    ■無断キャンセルの深刻な被害

    まずは予約キャンセルが飲食店にとってどれだけ深刻か、あらためて話を聞いた。

    「人通りの少ない路地裏で小さなスペインバルを経営しています。普段はそんなに大口の予約を受けないのですが、年末年始は宴会コースで団体予約を受けることもあり、その際は食材を多く仕入れ、前日から料理を準備して、当日はスタッフの数も増やし万全の態勢で臨みます。

    なのに、25人の貸切予約を無断キャンセルなんてことが。これは1日分の売り上げが一気に飛ぶということ。繰り返されると簡単に店が潰れてしまいます」(スペインバル・34歳)

    こういったトラブルの場合泣き寝入りとなってしまうケースがほとんどだとか。

    「ドタキャン客はこちらからの電話なんて基本的に出ませんからね。それにこんなひどいケースもあります。某有名予約サイトでは店の電話番号とは別に予約専用の電話番号が設置されていて、お客さまがそちらにかけた場合、店側には相手の電話番号が表示されない仕様になっているんです。

    なので、口頭で伝えられた番号を信じるしかない。以前、デタラメな携帯番号を言うお客さまがいて、かけ直すと相手は別人…なんてこともありました」(前出・スペインバル)

    “逃げ得”な状況。現在、悪質な予約キャンセルに関しては法整備が検討されているとのことだが…。

    ◆『週刊プレイボーイ』5号(1月15日発売)「飲食業界が泣いている“予約クレーマー”のヤバすぎる実態!」では、他にもキャンセルのズルい言い訳、まだまだいる予約クレーマーを紹介。そちらもお読みください!

    深刻化する予約キャンセル被害ーータチの悪い“予約クレーマー”に泣き寝入りするしかない?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【深刻化する予約キャンセル被害ーータチの悪い“予約クレーマー”に泣き寝入りするしかない?】の続きを読む

     東洋大学主催の短歌コンクール、第31回「現代学生百人一首」の入選作品が発表されました。「現代学生のものの見方・生活感覚」をテーマに、全国の学生から寄せられた4万9259首の短歌から100首が選出(小学生部門は別枠で10首)。例えば藤井聡太四段の活躍を詠んだ「十五才 記録ぬりかえ 一番に どこまで伸びる 将棋の力」のように、世相を反映した歌が集まっています。

    【ねとらぼ編集部にハマった3首】

     同学が1987年に創立100周年を迎えた際、「百」にちなんだ記念行事の1つとして始めた事業。時事・社会問題を詠んだ歌としては、18歳選挙権にちなんだ「マニフェスト 所属政策 どれもみな 信用できずに ポスターにらむ」や、世界情勢にまつわる「さわやかな 鳥の声より トランプの ツイート気になる アラートの朝」といった作品が選定されています。

    マニフェスト 所属政策 どれもみな 信用できずに ポスターにらむ

    ミサイルが 日本を通過 しましたと 今日の私の モーニングコール

    さわやかな 鳥の声より トランプの ツイート気になる アラートの朝

    (第31回東洋大学「現代学生百人一首」入選作品より引用・抜粋)

     「無愛想 ラインと電話で キャラ違う 口から出ないラインスタンプ」など、携帯電話やSNSがテーマの作品も少なくありません。ただ、「いつまでも 手から離れぬ スマートフォン どんどん時間を 吸い取っていく」のように、スマートフォンに生活を支配されているような不安を伝える歌もあり、便利さを手放しで受け入れているわけでもないようです。

    無愛想 ラインと電話で キャラ違う 口から出ないラインスタンプ

    いつまでも 手から離れぬ スマートフォン どんどん時間を 吸い取っていく

    この時代 生きた心地が しないのだ なにをするにも 指先ひとつ

    (第31回東洋大学「現代学生百人一首」入選作品より引用・抜粋)

     進路や将来については「機械化で 消えてなくなる 仕事知り 将来の夢 決められずいる」のように、AIの進歩から来る不安を詠んだ歌が見られます。その一方で「微生物 培養したら 可愛くて 愛着がわく 農業ガール」など、農業高校や水産高校、工業高校の生徒からは前向きでさわやかな作品が寄せられています。

    知能増え 機能も増えた 機械達 人の個性は 絶滅危惧種

    機械化で 消えてなくなる 仕事知り 将来の夢 決められずいる

    微生物 培養したら 可愛くて 愛着がわく 農業ガール

    水高生 鮪も鰹も さばけます 自信あふれる 就職試験

    (第31回東洋大学「現代学生百人一首」入選作品より引用・抜粋)

     では最後に、ねとらぼ編集部の琴線に触れた作品を紹介しましょう。「ツイッター たった一言 炎上し その後の自分 消えてしまった」「いとをかし 平成女子は インスタに ほうじ茶 キャラメルフラペチーノ」「覚えてる 偉人は全て ゲーム内 個性が強くて 面白いキャラ」――切実だったり楽しそうだったり、FGOのやりすぎに注意と声をかけたくなったりする3首です。ほかにもユニークな短歌がそろっているので、ぜひ公式サイトのチェックを。

    2017年9月から10月にかけて募集されていました


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【東洋大学「現代学生百人一首」入選作発表 世界情勢やAIなど世相反映した作品多数、SNSやゲームを詠む歌も】の続きを読む

    モニタスは1月11日、2018年に頑張りたいことに関する調査の結果を発表した。調査期間は2018年1月4~5日、有効回答は20~59歳のモニタス「モニターズ」モニター1,005人。
    ○頑張りたいこと、1位「貯金」

    2018年に特に頑張りたいことを尋ねたところ、最も多かったのは「貯金」で20.2%。次いで「仕事」が18.1%、「美容・ダイエット」が14.4%、「資格取得
    」が8.5%と続いた。現在ビットコインなどの仮想通貨が話題を集めているが、「投資(株や仮想通貨等)」は5.4%にとどまり、「貯金」と約15ポイントもの差が開いた。

    「貯金」を選んだ理由をみると、「将来の為に貯蓄しておきたいので!」(20代女性)、「親も介護が必要な年頃だし、老後に備えて」(40代男性)など、将来や老後の備えを挙げる人が目立った。また「2020年 東京オリンピックに行くために貯金するから」(20代男性)など、やりたいことの為に貯金をする人もいた。

    一方、「投資」を選んだ理由は、「会社によりかかりたくない人生を歩むため」(20代男性)といった挑戦したい派と、「老後資金を増やしたい」(40代女性)などの老後貯蓄派に分かれる結果となった。
    (御木本千春)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【2018年に頑張りたいこと、1位は?】の続きを読む

    このページのトップヘ