Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 社会


    1 みなみ ★ :2019/04/23(火) 19:50:06.82

    4/23(火) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190423-00000004-moneypost-bus_all


    日本はアメリカ、中国に次ぐ世界3位の経済大国にもかかわらず、厚労省の調査によると、日本の「相対的貧困率」は15.7%。つまり、6人に1人が貧困に*いる。
    貧困率とは、収入から税金や社会保険料などを引いた「可処分所得」が全国民の中央値の半分に満たない人の割合のこと。日本においては、245万円(2015年)の半分、つまり可処分所得が年間122万円未満しかない人は「相対的貧困」となる。
    .

     安倍晋三首相がいくら「全国津々浦々に景気回復の温かい風が吹き始めている」と熱弁しても、「戦後最長の景気拡大」と喧伝しても、平成の30年間を通じて、日本人は確実に貧しくなった。
    『アンダークラス』(ちくま新書)の著者で、社会学者の橋本健二さん(早稲田大学人間科学学術院教授)が指摘する。
    .

    「政府は『ゆるやかな景気回復』を強調しますが、賃金は下落傾向にあり、実質経済はほとんど成長していません。景気回復を実感している人が少ないのも当然です。
    富の分配でいうと、主に富裕層にいき、庶民にはほとんど回ってきていません。むしろ大多数の人々の生活は悪くなっているといえます」
    .

     これが、いわゆる「格差」である。1970年代の「一億総中流」社会は、平成初頭からほころびはじめ、1998年(平成10年)頃には「中流崩壊」が話題になった。
    2006年(平成18年)には「格差社会」が新語・流行語大賞にランクインすることになる。

    以下ソースで読んで


    【【生活】平均年収186万円、日本に930万人いる「アンダークラス」とは】の続きを読む


    1 ばーど ★ :2019/04/23(火) 17:25:36.31

    2月の出生数、対前年同月比-6.5%

    人口動態統計速報(平成31年2月分)平成31年4月23日発表
    https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/s2019/dl/201902.pdf

    人口動態統計は、出生、死亡、婚姻、離婚及び死産の各事象について、
    各種届出書等から人口動態調査票が市区町村で作成され、これを収集し集計したものである。
    速報の数値は調査票の作成枚数であり、日本における日本人、日本における外国人、外国における日本人及び前年以前に発生した事象を含むものである。
    そのうち、日本における日本人についてまとめたものが人口動態統計月報(概数)であり、この月
    報(概数)に若干の修正を加えたものが人口動態統計年報(確定数)である。


    【【人口動態統計】2月の出生数、対前年同月比-6.5% [速報値]】の続きを読む


    1 プラチナカムイ ★ :2019/04/14(日) 19:12:23.31

    内閣府の推計によると、2025年には65歳以上の高齢者の約5人に1人がなるとみられている「認知症」。

    誰にとっても他人事ではないわけだが、明治安田総合研究所が40~64歳の男女を対象に意識調査を実施し、「認知症になったとき、家族や親族で介護してくれるのは誰か」と尋ねたところ、未婚者の約5割が「誰もいない」と回答したことが分かった。

    この調査は、明治安田総合研究所が2018年6月、「人生100年時代の生活」をテーマにインターネットで12,000人を対象に実施したもの。

    認知症になった場合、家族や親族で誰が介護をしてくれると思うかを尋ねたところ、未婚者では男性56.9%、女性54.3%が「誰もいない」と回答。
    配偶者と離婚や死別をした離別者は「誰もいない」が男性47.3%、女性32.5%だった。

    認知症になったとき、「介護してくれる家族は誰もいない」というのは切実な悩みだが、未婚者の5割超がこのように回答した背景は何なのか?そして、今後どのようなサポートが必要になるのか?

    明治安田総合研究所の担当者に話を聞いた。


    背景にあるのは「生涯未婚率の上昇」と「単身高齢者の増加」
    ――認知症になったとき、「介護してくれる家族は誰もいない」と回答した未婚者が男女ともに5割を超えた。この背景として考えられることは?

    認知症の高齢者数は、団塊の世代がすべて75歳以上となる2025年には約700万人と、65歳以上の高齢者の5人に1人となると予測され、さらに軽度の認知障害まで含めると、高齢者の3人に1人となると予測する研究者もいます。

    一方、50歳時点で一度も結婚をしたことのない人の割合である「生涯未婚率」の予測をみると、男性23.4%・女性14.1%(2015年)から、2040年には50歳になる男性の約3人のうちの1人、女性の約5人のうち1人が生涯未婚であると予測されています。

    これまでの単身高齢者の多くは配偶者に先立たれた妻や夫でしたが、今後は未婚の単身高齢者の増加が見込まれます。

    未婚者には子どもがおらず、配偶者と死別した単身高齢者よりも社会的に孤立しやすい状況にあります。
    近年は大都市だけではなく、地方においても近所づきあいが希薄化しており、このような面からも単身高齢者の社会的孤立の問題は深刻化しつつあります。

    こうした状況が背景にあると考えられます。


    ――現時点においても、単身高齢者は増えている?

    実際、単身高齢者は1990年には162万人でしたが、2015年には593万人に増加。
    国立社会保障・人口問題研究所の推計では、2040年には896万人にまで増加する見通しです。

    また、2015年の高齢者の独居率は男性が13.3%、女性が21.1%ですが、2040年には男性が20.8%、女性が24.5%に上昇する見通しです。


    「見守りネットワークを再構築することが必要」

    ――こうした切実な状況に対し、今後、どのような対策が必要?

    大都市だけではなく、近年は地方でも近所づきあいが希薄化しており、単身高齢者の社会的孤立や認知症をはじめとした介護の問題は全国的な課題と認識すべきです。

    対策としては、民間企業の協力を得ながら、見守りネットワークを再構築することが必要。

    さらには、単身高齢者の社会的孤立を回避し、できるだけ元気に生活し、介護を予防するためにも、地域社会に居場所を作ることが重要であり、「通いの場」(サロン)にもその役割が期待されます。

    とはいえ、未婚の認知症高齢者数が増加するのは確実なので、今後、社会的には受け皿施設の整備を、危機感をもって進めるべきであり、未婚者としても現役のうちに介護施設入居も見据えた介護費用の計画的な資金準備が避けられないでしょう。


    以前編集部でも、“認知症の新たな治療薬”を世界の製薬会社が開発を進めているが、“治験の中止”が相次いでいる背景をお伝えしたが、特効薬の“開発の壁”が高い中、人生100年時代に向けて社会全体でどのような受け皿を構築できるかは早急に考えなければならない課題だ。

    2019年4月14日 日曜 午後5:00
    https://www.fnn.jp/posts/00044693HDK/201904141730_FNNjpeditorsroom_HDK

    ※前スレ
    【世間】未婚者の5割超が「認知症になったら、介護してくれる家族は誰もいない」…解決策はあるのか
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555230711/


    【未婚者の5割超が「認知症になったら、介護してくれる家族は誰もいない」…解決策はあるのか】の続きを読む


    1 僕らなら ★ :2019/04/13(土) 11:59:06.02

    いきなりですが、女子高生に人気のスマホって何だと思いますか? もちろん、iPhoneです。

    MMD研究所が2018年9月に発表した「2018年9月 中高生のスマートフォンシェア調査」によると、中高生の74.2%がiPhone、21.9%がAndroidスマホを持っているそうです。このデータで女子高校生だけ抜き出してみると、iPhoneが84.9%、Androidが13.8%と、iPhoneの圧倒的な人気がわかります。

    ちなみに、性別、学校別に見ると、男子中学生はiPhoneが50%、Androidが43.8%、女子中学生はiPhoneが73.7%、Androidが20.5%、男子高校生はiPhoneが67.2%、Androidが31.4%です。やはり男子より女子にiPhoneの人気が高いですね。

    なぜそんなにiPhoneが支持されているのでしょうか。

    まず、第一にAppleのブランド力です。「iPhoneはおしゃれ」というイメージが強いので、彼女たちは鏡を使って自撮りをするとき、リンゴのマークが写真に写り込むようにして撮影するとのこと。透明なケースで、iPhoneのリンゴマークを見えるようにしているという人もいました。

    最新機種へのこだわりはありません。「iPhoneだったら中古でも、古いシリーズでもいいからAndroidはやめて」という人が多いのです。彼女たちは、古いiPhoneでも色や大きさが好みであればずっと愛用して使います。そう、たとえ画面が割れていても、です。

    とはいえ、一日に何枚も写真を撮るので、「Xシリーズはよくわかんないけどカメラがすごくいいって聞いたから、Xシリーズ欲しい」といっている女子高生もいました。そういうふわっとした感じで10万円を超える高級機をねだられると、親もつらいところですね。

    「ケースの種類が豊富」という面でもiPhoneは人気です。女子高生たちは、お父さん世代のように家電量販店や通販でスマホケースを買いません。よく行く洋服店や雑貨ショップで、ポーチやアクセサリーと一緒にスマホケースも探すのです。そこにずらりと並ぶのは、iPhoneのケースばかりです。

    例えば、店内の商品がすべて390円の「サンキューマート」、流行の先端を行く服が手に入る「WEGO」、センスの良い雑貨ショップ「ヴィレッジヴァンガード」など、女子高生たちが立ち寄るショップが扱っているケースのほとんどがiPhone用です。しかも、iPhone 6以降に対応しているケースが多い販売されているので、型が古くても選び放題というわけです。

    そして、女子高生がiPhoneを持つもっとも大きな理由は「みんなiPhoneだから」。みんなで撮った写真を渡すとき、彼女たちはiPhoneの「AirDrop」機能を使います。AirDropはWi-FiとBluetoothを使う共有機能で、写真を何枚送り合っても通信量はかかりません。つまり、毎月毎月、データ通信量との戦いを繰り広げている女子高生にとって「エアドロはまさに神」。

    ところが、Androidの人にはLINEなどでシェアしなければなりません。それ以外でも、「このアプリ便利だよ」と教えてもらったアプリがiOS版しかなかったり、使い方がわからなくても周囲に聞ける人がいなかったりと、Androidでは不便と感じるシーンが多いのでしょう。

    ある女子高生は、キッズケータイからガラケー、Android、iPhoneと渡り歩いたそうです。高校生でようやくiPhoneデビューが果たせたと当時を振り返って嬉しそうに話してくれました。中学生は親の意向が大きく影響するため、価格面などからAndroidになることが多く、高校生で念願のiPhoneなのですね。もちろん、親がiPhoneだから子どももiPhoneというご家庭も多いので、国内シェアが大きいiPhoneは今後も安泰なのかもしれません。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16305704/
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555118493/


    【【スマホ】女子高生のスマホ、iPhoneシェア85% 圧倒的人気の理由は「みんなiPhoneだから」】の続きを読む


    1 ばーど ★ :2019/04/12(金) 16:46:53.72

    総務省が12日公表した2018年10月1日時点の人口推計によると、外国人を含む総人口は前年より26万3000人少ない1億2644万3000人で、8年連続のマイナスだった。働き手の中心となる15~64歳の生産年齢人口は51万2000人減り、全体に占める割合は59.7%。比較可能な1950年以降で最低となり、人手不足解消が喫緊の課題であることが裏付けられた。

    今年4月には外国人労働者の受け入れを拡大する改正入管難民法が施行され、日本人に代わって労働力を補う流れが強まりそうだ。

    日本人は前年より43万人減の1億2421万8000人。(共同)

    毎日新聞2019年4月12日 15時35分(最終更新 4月12日 16時04分)
    https://mainichi.jp/articles/20190412/k00/00m/010/124000c

    (出典 cdn.mainichi.jp)


    関連スレ
    【総務省】日本の人口、前年よりも26万3000人減って8年連続減少。生産年齢人口は過去最低
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555047926/


    【【人口】日本の人口、前年比26万人減 1億2644万3000人 8年連続のマイナス 「働き手」の割合、過去最低59%に】の続きを読む

    このページのトップヘ