Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 社会


    1 みつを ★ :2019/07/16(火) 23:10:40.63

    https://note.mu/s_ohsg1/n/n459263e58af1

    本当のことなんか言えない(言えば排除される)

    大杉 雅栄
    2019/07/15 20:10
     なんか知らないけど、僕たちのやった行動が一部でバズっているようなので、それについて書いてみようと思う。アベの演説場面(公道)でヤジを飛ばしたら、ものすごい速さで警察に取り囲まれ、強制排除された話である。

    ヤジを飛ばし、排除される

     つい昨日、7/15に「わがPM」こと安倍晋三が、僕の住む札幌の街に来るという話を友人Mから聞いたので、友達数人と一緒に駆けつけることにした。参議院選挙に関する応援演説らしい。僕は、日々の生活を送りながら、本当に毎日毎日「0.1秒でも早く、アベに消えてほしい」と思ってるような人間である。これは、アベに直接文句を言う、またとないチャンスだと思ったのである。

     ということで札幌駅前に来てみた。どこから聞きつけたのか、思ったよりも沢山の聴衆が集まっており、駅前の空間を埋め尽くす勢い。あまり後ろのほうに行って、こちらの声が届かなくなっても困るので、メディアや関係者が陣取っている、ほとんど最前線みたいなスペースで待つことにした。時間どおりに行ったものの、アベの演説は始まっておらず、高橋はるみ(前北海道知事で、今回の参議院議員候補)や鈴木直道(現・北海道知事)や、あとよく知らないおっさんが、選挙カーの上に立って何かを喋っていた。

     まわりはほぼ全て関係者と自民党支持者のようで、反対派とおぼしき人の姿は、(いたのかもしれないが)全く見えなかった。正直、この時点で「えっ、ここでやるの?まじ?」とビビっていた。というか、ここに来ても一縷の望みにかけていた僕は、アベが演説を始めたら、きっとどこからともなく「アベやめろ」のコールが聞こえてくるのではないかと思っていたのである。
    (リンク先に続きあり)


    (出典 d2l930y2yx77uc.cloudfront.net)


    【【安倍首相へのヤジで捕獲された人、呟く】本当のことなんか言えない(言えば排除される)】の続きを読む


    1 記憶たどり。 ★ :2019/07/16(火) 19:19:06.64

    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201907/0012519061.shtml

    参院選を前に政府が打ち出した「就職氷河期世代」への集中支援。バブル経済崩壊で企業などが新卒採用を抑制し、
    高校や大学を出ても不安定な雇用で働かざるを得ない人が続出した世代だ。「ロストジェネレーション」(ロスジェネ)とも呼ばれる。
    各党とも公約では正規雇用への転換や同一労働同一賃金の実現などを掲げるが、不遇の時代を歩んだ当事者からは
    「本当に実行できるのか」といぶかる声も上がる。

    「結局、何も変わらないんだろうなと思ってしまう」。アルバイトの男性(43)は、ため息をつく。

    神戸市須磨区出身。氷河期が続いていた2003年、東京の有名私大の大学院を卒業した。メディア業界を目指して就職活動をしたが
    内定は得られず、ミニコミ誌、コールセンター、地域おこし協力隊-と職を転々。今は兵庫県朝来市で単身、アルバイト収入に頼る生活を送る。

    不景気の時代にいや応なく社会に放り込まれた。望むキャリアを積めず、不安定な労働環境から抜け出せないまま年齢を重ねた。
    政治で何かが変わった、と感じたことはない。「投票には行くけど、支持政党もなければ、投票したい人もいない」。各党公約を冷めた目で読み流す。

    バブル経済崩壊後、多くの企業が不景気の急場しのぎで新規採用を抑えた。同調した政府は非正規の仕事の範囲を拡大し、人件費抑制を後押しした。

    政府の経済財政諮問会議によると、就職が決まらないまま高校や大学を卒業した人数が最も多かったのは00年の約12万人。
    氷河期世代はこの前後、1993年~2004年ごろに新卒で就活をした世代を指す。年齢で言うと30代半ばから40代半ばで、
    約1700万人のうち、35%の600万人近くは非正規雇用か無職となっている。

         □   □

    6月に決まった経済財政運営の指針「骨太方針」では今後3年間で30万人の正規雇用を増やす-とされたが、
    かつて就職に苦労した明石市の40代女性会社員はこぼす。

    「当時の苦境が今も続いている。給料は、(労働力不足で厚遇されている)新卒にも負ける。私たち世代のつらさを、政府は分かっていない」

    日本総合研究所(東京)の下田裕介主任研究員(39)は「歴代政権も何もしてこなかったわけではない。しかし、目立った成果は見られない」と指摘する。
    70歳まで働き続ける社会になると仮定すれば、この世代の現役期間はまだ20~30年あり、「就労参加や生活自立の支援は、労働力や社会保障といった
    社会基盤を安定させるためにも重要な課題だ」と説く。


    雇用問題などを巡る各党の参院選公約

    (出典 i.kobe-np.co.jp)


    就職氷河期世代(35~44歳)の雇用形態

    (出典 i.kobe-np.co.jp)


    就職が決まらないまま大学や高校を卒業した人数

    (出典 i.kobe-np.co.jp)



    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1563262857/
    1が建った時刻:2019/07/16(火) 15:30:38.85


    【「結局、何も変わらないんだろうな」と43歳アルバイト溜め息。氷河期世代に響かぬ論戦】の続きを読む


    1 記憶たどり。 ★ :2019/07/16(火) 05:14:01.54

    https://diamond.jp/articles/-/208664

    これまでも、年金だけで老後を過ごすのは厳しいと認識していた人は多かったと思います。
    そのことを改めて世間に突き付けた「老後資金2000万円」報告書が発表されて1ヵ月余り。
    実際、老後資金作りに関心を持って、私のもとへ家計相談に訪れる人が増えています。

    その中にはときどき、年金保険料の納付に関して「自分で老後資金を準備するのなら、払わなくてもよいのでは?」
    などという極論をおっしゃる人もいます。年金は賦課方式(現役世代で出し合って年金の支払いを支える方式)での支給であり、
    自分で積み立てて受給する方式ではないので、そう考えるのも無理はないかもしれません。しかし、きちんと年金保険料を納め、
    自分が年金をもらえる権利を作っておくことが、老後生活の設計において非常に大切です。

    現在、平均寿命が延び続け、「老後」の期間が長くなっています。そうした中で、年金のような毎月安定した収入源を持つことが、
    貯蓄などで資産を作ること以上に重要なのです。

    仮に「年金保険料を支払わなくてもいい」としても、その分の金額を老後のために今から貯められるかというと、なかなか難しいことでしょう。
    寿命はどんどん延びていますから、長生きするだけたくさん年金がもらえ、支払ってきた金額を超えることさえあります。

    何より、治る見込みのない障害を負った時、配偶者を亡くした時などにも、ある程度の生活が保障されるこの年金制度は、
    批判もあるでしょうが、やはり加入しておくべきものです。

    個人事業主に雇われていたYさん(49)は、これまでずっと年金保険料を払ってきていません。
    雇い主から受け取る給料は、所得税と雇用保険料が引かれているのみ。社会保険料は給料から徴収されていませんでした。

    Yさんが就職したばかりの時期は、ちょうどバブルが終わる頃。当時、自営業者の間には「年金なんてもらえるかどうかわからないから、
    払わなくていい」という風潮があり、Yさんも「そうだ、その通りだ」と考えていました。「いつ病院にかかるかわからないから」と
    国民健康保険には加入していましたが、年金はずっと無視していたのです。

    年金を払うより貯金したほうがいい――。当時の先輩たちの話をうのみにしていたYさんでしたが、「貯蓄があれば何とかなる」のは、
    預金金利が比較的高かった、就職したての頃の話。1990年頃は銀行金利が2%、郵便局の金利は3%を超えていました。
    その頃なら、確かに貯金だけでも老後は何とかなったかもしれません。

    Yさんは年金保険料を払うよりも貯めていこうと考え、自宅に年金保険料の催促状などが届いたり、電話で催促されたりしても無視を続け、
    全く支払いませんでした。

    単身のまま、「いつかは自分も独立したい」と思って働き続けているうち、周囲には「年金には入っておくべき」と話す人が多くなりました。
    しかし、Yさんは「今さら入っても25年の受給資格には満たないし、どうせそんなにもらえない」。そう思って加入することを前向きに考えず、
    今に至ってしまいました。

    2017年8月から、年金の受給資格は「10年以上の加入」で得られるようになりました。今加入すると、ギリギリその10年を満たせます。
    ですが、もらえる金額はそう多くはないと思え、まだ加入を迷っています。

    「貯金さえしておけばいい」と考えていたYさんですが、現在の貯蓄は1200万円を切るほどしかありません。このまま仕事をやめて老後に入ると、
    たった数年でこの蓄えはなくなってしまうでしょう。できるだけ蓄えを切り崩さずに暮らすのが最善ですが、年金の受給を受けられないので、
    それも難しいかもしれません。

    Yさんがこれからできることは、可能な限り長く働いて、収入を得る。これしかありません。幸い、資格があり、独立もできるような仕事に
    就かれているので、将来にわたって収入を得ることもできますが、今さらながら、きちんと年金に加入していなかったことを悔やんでいます。
    たとえ、わずかでも年金がもらえるよう、今から加入し、状況によっては任意加入制度も利用して加入期間を延ばし、老後に備えようかと考え始めています。

    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1563198816/
    1が建った時刻:2019/07/15(月) 11:00:00.18


    【【人生100年】「年金なんてどうせもらえない」と未納を続けた49歳男性に残された道】の続きを読む


    1 みなみ ★ :2019/07/15(月) 17:31:49.69

    2019/7/14 08:00
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190714-38351751-careercn

    人生の数ある決断の中で、重みのあるものの1つが結婚だ。慎重になるあまり理想を高く持ちすぎ、素敵な出会いにたどり着けず疲弊している人は多い。

    ガールズちゃんねるに7月10日、「【婚活】相手に求める年収について」というスレッドが立った。現在婚活中のスレ主は自分の年収が500万円なので、年収600万円以上の男性を希望しているが、なかなか条件を満たす男性に出会えず、不満を漏らしている。

    スレッドには、「相手の年齢にもよるけど、目先の金額よりも将来性があるかどうかが大事だよね」と、5年後10年後の収入も加味したほうが良いという建設的なアドバイスが見られた。大手企業でも、産業構造の変化によって大規模なリストラが行われる時代だ。額面だけではなく、勤め先が成長産業かどうかもチェックしたほうが良さそうだ。

    「年収600万円で嫌悪感のない見た目で、まともなコミュ力ある男は婚活市場にいない」

    ただ、スレ主に現実を突きつける厳しい指摘も散見された。高収入を得られる優秀な男性は学生時代から付き合っている女性と結婚したり、交際相手が途切れなかったりする。婚活市場に参加するケースは稀だ。

    仮にそういった男性が婚活市場にいても、ライバルが多く、知人以上の関係になることも難しいだろう。「30過ぎていてその条件にこだわっているなら結婚は遠のきそうな気がする」と、スレ主の年齢によっては、ハイスペ男性に見向きもされない可能性があると指摘する人もいた。

    自分が結婚相手を精査しているように、男性側もシビアな視線を女性に向けている。理想を高く設定することは悪くはないが、自分の婚活市場価値を見極めることも忘れてはいけない。

    年収600万円以上の20代未婚男性は2%、30代でも8%

    以下ソースで
    ★1 2019/07/14(日) 16:11:57.85
    前スレ★9 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563165391/-100


    【「年収600万の男性に出会えない」婚活女子にツッコミ「現実的に独身男性の年収相場を調べたほうがいい」】の続きを読む


    1 記憶たどり。 ★ :2019/07/12(金) 12:23:09.17

    https://www.asahi.com/articles/ASM745JBGM74UTIL034.html

    チケットは当たったのに、ホテルが予約できない――。来夏の東京五輪を会場で観戦する予定の人たちから、
    こんな悲鳴が上がっている。チケット抽選の当選発表後、問い合わせが急増するホテル側も困り顔だ。
    なぜ、こんな事態になっているのか。

    「大会関係者がすべて部屋を押さえているので、予約はできません」

    五輪チケットの抽選結果が発表された6月20日、千葉県内の女性(26)は当選を確認して
    都内のホテルに電話すると、予期せぬ返答に驚いた。


    【【五輪】東京五輪のチケットは当たったのに今度はホテルがない。「大会関係者がすべて部屋を押さえているので、予約はできません」】の続きを読む

    このページのトップヘ