Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: スポーツ

    NO.6502980 2018/06/23 12:20
    サッカー日本代表、2戦目 真価が問われるセネガル戦
    サッカー日本代表、2戦目 真価が問われるセネガル戦
    ロシアワールドカップ、日本代表の2戦目が24日(日本時間25日0:00開始)に行われる。初戦のコロンビア戦を2-1で勝利し勝ち点3を得た日本は同じく初戦を勝利したセネガル代表との試合に挑む。身体能力の...



    【日時】2018年06月23日 12:08
    【提供】財経新聞


    【サッカー日本代表、2戦目 真価が問われるセネガル戦】の続きを読む


    1 ひかり ★ :2018/06/19(火) 20:01:55.89 ID:CAP_USER9.net

     アイドルグループNEWSの手越祐也さんが、日テレのサッカーW杯特番に「無事」出演した。

     冒頭近く、手越さんはロシアから、共演の明石家さんまさんに、試合を2時間後に控えた、日本戦の試合会場近くの雰囲気を報告した。手越さんに関して、
    「週刊文春」が未成年との飲酒疑惑報道を報じており、出演への影響に注目が集まっていた。

    ■日テレ系のサッカーW杯番組で「メインキャスター」

     2018年6月19日21時(日本時間)から始まる、日本‐コロンビア戦を前に日本テレビ系では19時から
    「2018 FIFAワールドカップDAILY さんま&手越の世界が生でワクワクするTV」が放送された。

     番組が始まると、W杯番組でスペシャルキャスターを務めるさんまさんらが、スタジオに登場。ほどなく、メインキャスターの手越さんが、
    日本戦会場のロシア現地、サランスクのスタジアム前からジャケット姿で中継。

      「さんまさ~ん」

    と笑顔で呼びかけ、

      「ちらほらサポーターの姿も見かけるようになりました」

    と報告した。

     手越さんを巡っては、14日発売(首都圏など)の「週刊文春」が未成年女性との飲酒疑惑を報じており(事務所は「現時点の調査において、
    ご指摘のような事実関係は確認されておりません」と回答)、W杯特番への出演への影響の有無に注目が集まっていた。

     J-CASTニュースも19日昼過ぎ、番組が当初予定通り19時から放送されるとの告知CMや番組表での公表があり、ファンらがツイッターで
    反応していることを伝えていた(「NEWS手越、W杯特番に...(略)」)。「19時から手越くん見れますね」と楽しみにする声や、
    「さんちゃん、手越の騒動いじってくれんかなぁ」と期待する「つぶやき」もあった。

    JCASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000011-jct-ent


    【【芸能】NEWS手越、ロシアから「さんまさ〜ん」W杯特番に笑顔で登場】の続きを読む

    NO.6498386 2018/06/22 00:40
    韓国、スウェーデン戦で怒りの国民請願「判定を再審査」
    韓国、スウェーデン戦で怒りの国民請願「判定を再審査」
    ロシア・ワールドカップ(W杯)F組で、韓国が0-1で敗れたスウェーデン戦をめぐり、韓国国民が憤りを隠さない。

    大統領府ウェブサイトの「国民請願」コーナーに投稿が殺到しているのだ。「判定の再審査」を要求..



    【日時】2018年06月19日 20:34
    【ソース】J-CASTニュース


    【韓国、スウェーデン戦で怒りの国民請願「判定を再審査」】の続きを読む

    サッカーのワールドカップロシア大会で、2018年6月19日、1次リーグH組の日本は、コロンビアに2-1で勝った。「サランスクの奇跡」とも呼ばれる勝利で、日本中が歓喜に包まれた。この光景を複雑な思いで見ていた男がいた。

    彼は試合開始前に、ツイートでこう宣言していたのだ。

    日本代表勝ったら自転車で東京から山口行ってやるよ
    - るい(14世) next→vs岐阜(A) (@B747_300SR) 2018年6月19日

    このツイートが、大変な騒ぎを引き起こすことになろうとは......? Jタウンネット編集部は、この投稿者るい(14世)さんに、ツイッターのダイレクトメッセージ(DM)で話を聞いてみた。

    日本がコロンビアに勝つなど「2万%ありえない(笑)」と思っていたが...

    冒頭のツイートは試合開始直前に投稿された。この時の心境を、るい(14世)さんは次のように答えている。以下は、DMによる回答だ。

    「もともと仲間内に向けて試合開始前に適当な気分でツイートしたのが発端でした。東京から出身地の山口まで1回くらいは自転車で行ってみるのも面白いんじゃないかなと頭の中で考えたことは昔あったので、おそらくその時のことをふと思い出してツイートしたのではないかと思います。試合開始前は日本がコロンビアに勝つなど『2万%ありえない(笑)』くらいに思っていたので何言っても平気だろ的な気分でしたね」

    ところが、である。試合開始数分後に、香川真司のPKが決まる。そして後半28分、本田圭佑が蹴ったコーナーキックを、大迫勇也が思い切り飛び上がり、頭に当てたボールはゴールに吸い込まれた。

    大迫半端ねえええええええええええええええええええ
    - るい(14世) next→vs岐阜(A) (@B747_300SR) 2018年6月19日

    そして、2―1で、日本が勝利した。その時の心情を、こう答えてくれた。

    「日本勝利で試合が終わった後、仲間内に向けてのつもりで冗談で後悔の念をツイートした後しばらく目を離していたら、その隙にめちゃくちゃ拡散されてなんだこれはと。そして台湾のニュース記事になったという知らせが届いたところで、ようやく大変なことになったと自覚しましたね(笑)」

    結局、自分のツイートが「軽率」だったかも知れないと気付いたのは、どうやら試合後だったようだ。

    ちょっとやめてくださいでござるやめてくださいでござる、うぎゃあああああああああああああああああああ
    - るい(14世) next→vs岐阜(A) (@B747_300SR) 2018年6月19日

    るい(14世)さんに「台湾でニュースになっているのでお知らせします」というツイートが届いたのは、同日23時38分。投稿者は「『日本のネットユーザーがコロンビア戦後に後悔』的な感じです。ご丁寧に山口までのルートや所要日数も載せてます」と続け、「それでは良い旅を」と結ばれでいる。

    「SNSで大変な反響ですが、印象に残った反応ツイートは?」と聞いてみた。

    「皆様が山口県ではなく日本各地にある山口という地名を紹介してくださった時ですかね。こんな逃げ道が東京の近くにもたくさん存在するのかと(笑)。ただもう台湾のニュースだったり各方面に拡散されてたので逃げ道にはならなかったですね。そのほかだとサングラスとか日焼け止めとか身体管理に関する面はかなり参考になったと思います」

    冒頭のツイートには、1万5000を超えるリツイートがあり、2万5000を超える「いいね」が付けられている(6月21日現在)。


    実際に実行する可能性は何%くらいなのだろう。「今の率直な気持ちをお聞かせください」という問いには......。

    「時間のとりやすい学生時代にでかいチャレンジしたいって思いは強いので、今年度中には実行したいと思います。確率で言うと90%くらいですかね?! 体力的な覚悟はできているので休みと資金が確保でき次第、すぐにでもやりたいといった感じです。今はもう気持ちを切り替えてやるしかないって感じですね!」

    実際に走行するとしたら、静岡県の大崩海岸の石部海上橋などを走ってみたいと、やる気満々の様子だ。理系の大学生である、るい(14世)さんは学生時代の挑戦に向けて、もう前を向いている。

    自転車。写真はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「日本代表勝ったら自転車で東京から山口行ってやるよ」ツイートの男性に話を聞いた】の続きを読む

     日本大学は「スポーツの日大」の看板を下ろさなければならないようだ。

    「日大進学が内定したと言われる競泳の池江璃花子が、態度を変えてきました。内定の一報が出た時は否定しませんでしたが、所属事務所が『決定ではない』と言い始めたんです。日大進学をためらっているのでは」(体協詰め記者)

     駅伝、野球、柔道など他競技のスカウティングにも影響が出ているという。昨年4月入学のアスリートの一人に平昌五輪銀メダリストのスノボー男子・平野歩夢がいる。その平野獲得のため、日大はわざわざハーフパイプの練習施設を造ったほど。高校生アスリートの獲得に熱心なのは、東京五輪で大学を宣伝するためであり、こうした施設建設費や維持費は、毎年約1100億円にも上る受験料と学費から捻出されてきた。しかし、教職員組合が明らかにしたところでは、進学希望者を対象としたオープンキャンパスの申し込み者数が前年比で6割も減ったそうだ。受験生が激減すれば、施設維持も難しくなってくる。

     卒業生を含め、日大はこれまで450人以上の五輪選手を輩出し、88個のメダルを獲得した。池江が「日大や~めた」と進路変更を表明すれば、他の高校生アスリートもこれに追随する。学校崩壊のカウントダウンはすでに始まっているのだ。

    (スポーツライター・飯山満)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【競泳・池江璃花子の“内定辞退”で始まった「スポーツの日大」終焉秒読み!】の続きを読む

    このページのトップヘ