Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: スポーツ

    フリー曲「Beautiful Storm」を作った女性ピアニストが祝福「優勝おめでとう!」

     フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が150.61点、合計233.12点で優勝。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目のファイナル制覇を達成した。バンクーバーのリンクに喝采を呼んだフリーナンバーの作曲者も「私の音楽を見事に表現してくれた」と称賛している。

     静謐な美しさを湛えたフリーナンバー「Beautiful Storm」のピアノの調べに身を委ねた紀平。3回転アクセル―2回転トウループなど、代名詞のジャンプのみならず、16歳とは思えない表現力と芸術性で、カナダの大観衆を魅了した。

     平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)を破り、見事表彰台の頂点にたどり着いた16歳の少女に、世界中から喝采が巻き起こる中、フリー曲の作曲者、ジェニファー・トーマスも自身のツイッターで称賛した。

    「今日のGPファイナル優勝おめでとう、リカ・キヒラ! 生で立ち会えただなんて信じられない。私の音楽を見事に表現してくれました」

     女性ピアニストのトーマスは最新アルバム「The Fire Within」がビルボードのクラシックアルバム部門で発売1週目にベスト3に入った人気アーティスト。シニアデビューでフィギュア界に“美しい嵐”を巻き起こす紀平に感謝と称賛を送っていた。(THE ANSWER編集部)


    シニア1年目のファイナル制覇を達成した紀平梨花【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【紀平梨花、世界一の“美しい嵐”に作曲者が感謝「私の音楽を見事に表現してくれた」】の続きを読む

    日本勢13年ぶりシニア1年目Vに称賛の嵐「信じられないデビューシーズン」

     フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が150.61点、合計233.12点で優勝。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目のファイナル制覇を達成した。平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)を抑えた戴冠を海外メディアも「日本の奇才、リカ・キヒラ」と評し、続々速報している。

     バンクーバーの地で紀平が打ち立てた快挙は瞬く間に海外を駆け巡っている。IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」は公式ツイッターで「16歳リカ・キヒラの信じられないデビューシーズンは続く」と速報し、公式サイトでは「リカ・キヒラがISUグランプリファイナル優勝を果たす」と見出しを打ってレポートしている。

     記事では紀平を「日本の奇才、リカ・キヒラ」と評した上で「16歳は練習でトリプルアクセルに挑戦して失敗し、本番でも失敗した。しかし、紀平は力強く立ち直り観客を沸かせた」と演技内容をレポート。「紀平にとってフィギュア界の注目を集めた今季は、シニアレベルでの素晴らしいデビュー年となっている」と賛辞を送った。

     演技後の公式会見でザギトワ、トゥクタミシェワとのフォトセッションで真ん中に立ち、3人でおちゃめに表情を決めるシーンを公式ツイッターに画像付きでレポートするなど、リンクを降りれば16歳らしい素顔も紹介していた。

    米大手放送局も報道「キヒラがザギトワを下す」

     米大手スポーツ専門局「NBCスポーツ」は「リカ・キヒラがグランプリファイナルでアリーナ・ザギトワを下す」と特集し、記事では「キヒラは今季、ジャンプの強さを大幅に高め、8本のトリプルアクセル挑戦のうち4本でクリーンに着氷し、出場した4大会全てに勝利している」とレポートしている。

     日本勢にとってシニア1年目でGPファイナルを制するのは浅田真央以来、実に13年ぶりの快挙。同い年の平昌五輪女王ザギトワとのシニア初対決を制し、世界に鮮烈なインパクトを残した。大目標は22年北京五輪。果たして、日本に現れた16歳の超新星はどんな道を歩んでいくのか。ここから描く成長曲線が楽しみでならない。(THE ANSWER編集部)


    優勝し笑顔を見せる紀平梨花【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【紀平梨花、ザギトワ超え世界一を海外メディア続々絶賛「日本の奇才、リカ・キヒラ」】の続きを読む

     フィギュアスケートのグランプリファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。女子ショートプログラムで紀平梨花が首位に立ったことでフィギュアファンがネット上で沸き立っている

    【大きい画像を見る】紀平梨花(c)Getty Images

      日本からは紀平と宮原知子、坂本花織の3人が出場。紀平は今回もトリプルアクセルをきれいに決め、ルール改正後の世界最高となる82.51点でトップに。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワは77.93点で2位つけ、坂本が70.23点で4位、宮原が67.52点で最下位発進となった。

     ザギトワを2位に抑える紀平の滑りにネット上では「紀平梨花さんの演技は本当に素晴らしかった」「ザキトワちゃん断トツだと思ってた、みんなの予想を裏切って来る紀平ちゃんすげぇ」「紀平梨花ちゃん、ザキトワちゃんを超えてのSP1位は素晴らしい」と絶賛のコメントが多数。また、ショートプログラム最下位となってしまった宮原には「フリーで巻き返し!」「がんばってください」などエールのコメントが多く見られた。

     女子フリーは8日(日本時間9日)に行われる。

    【ほかの画像を見る】紀平梨花(c)Getty Images

    紀平梨花(c)Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【フィギュア女子・紀平梨花がザギトワを抑えSPで首位!「本当に素晴らしかった」と興奮の声多数】の続きを読む

    衝撃世界新にロシア実況席は感嘆、「ショックです」と声を揃える

     フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日(日本時間7日)、女子ショートプログラム(SP)で紀平梨花(関大KFSC)が82.51点の今季世界最高得点をマーク。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)を抑えて首位に立った。ザギトワの母国ロシア実況席は「ショックです」と感嘆。解説は「弱い所を見つけようとしましたが、ありません」と唸っている。

     カナダから放たれたインパクトは大国ロシアに轟いた。ロシアで中継した放送局「Match TV」の実況席も大興奮となった。

     紀平が登場すると、実況は「ミエ・ハマダの教え子の1人目が滑ります、リカ・キヒラです」と紹介。演技が始まると、冒頭の3回転アクセルを前に解説は「リカの3回転アクセルは日本人スタイルのもので、どこかマオ・アサダのものにより似ているわ」と指摘した。そして、見事に決めると「理想的です!」と絶賛。「ジャッジがたくさん加点するでしょう」と評した。

     中盤以降も美しいステップ、スピンで魅了。ほぼミスのない快演を見届けると、実況は「ブラボー! ブラボー!」と絶叫。解説は画面に表示された技術点を見て「なんてファンタスティックな技術点でしょう」と唸り、「このスケーターを見て弱い所を見つけようとしましたが、ありません。ジャンプ、スケーティング、スピンが素晴らしい!」と手放しで称賛した。

    実況感嘆「技術点もクレイジーだし、構成点もクレイジーだ。フーッ!」

     実況は演技の素晴らしさに感嘆したのか「ショックです」と漏らすと、解説も「私もショックです。なんて言っていいか分かりません。世界記録が出ると思います」と言葉を重ね、「彼女のプログラムを私たちは長く覚えているでしょう」と評した。そして、表示された82.51点を見た瞬間、実況席は「82点!」と声を揃えて絶句した。

     技術点と構成点も出ると、実況は「技術点もクレイジーだし、構成点もクレイジーだ。フーッ!」と感嘆の声を漏らした。ザギトワがマークしていた世界最高得点を更新し、後に登場した五輪女王を抑えて首位に立った紀平。浅田真央以来となるシニア1年目Vに王手をかけた。ロシアも驚かせる16歳はフリーも圧巻の演技を見せるのか。

     優勝をかけた運命のフリーは8日(日本時間9日)に行われる。(THE ANSWER編集部)


    首位発進の紀平梨花【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【紀平梨花がロシアに与えた衝撃 実況席絶賛「ショックです」「弱い所がありません」】の続きを読む

    NO.7118116 2018/12/07 20:03
    暴行の貴ノ岩が謝罪会見「責任を取って引退させていただく」
    暴行の貴ノ岩が謝罪会見「責任を取って引退させていただく」
    付け人への暴行を働いた大相撲幕内貴ノ岩(千賀ノ浦)が7日、東京・台東区の千賀ノ浦部屋で会見を行い、「この場をお借りして、手を挙げてしまい(被害者に)大変つらい思いをさせてしまったことを深く反省し、責任を取って、本日もって現役を引退させていただきます」と引退を報告した。

    千賀ノ浦親方と2人で会見に臨んだ貴ノ岩は、冒頭に約15秒頭を下げてお辞儀。

    「この度巡業先で弟弟子に手を挙げてしまい、大変つらい思いをさせてしまった。(被害者の)お父さん、お母さん、家族の皆さま、千賀ノ浦部屋の親方、おかみさん、部屋の力士たち、部屋の関係者、応援してくださる皆さま、大相撲を支えてくださるファンの皆さま、日本相撲協会に大変ご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」と陳謝した。

    暴行があったのは4日夜。

    食事後に宿泊先のホテルで、付け人が薬を忘れて言い訳をしたことに腹を立て、手を挙げたという。

    5日には日本相撲協会が暴力行為を発表。

    この日、貴ノ岩は師匠の千賀ノ浦親方に付き添われて両国国技館の相撲協会を訪れ、八角理事長(元横綱北勝海)に引退の意向を伝えて、引退届..



    【日時】2018年12月07日
    【ソース】デイリースポーツ
    【関連掲示板】


    【暴行の貴ノ岩が謝罪会見「責任を取って引退させていただく」】の続きを読む

    このページのトップヘ