Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: スポーツ

    台湾でも速報、元中日の郭源治氏「星野さんは野球人生の恩師」

     今月4日に元楽天監督で取締役副会長を務めていた星野仙一氏が膵臓がんで死去したことが6日、発表された。突然の訃報に驚きと悲しみが広がる中、台湾でもトップニュースとなり、中日時代に指導を受けた郭源治氏がコメントを寄せた。 

     星野氏の訃報は日本だけではなく、台湾でも大きく報じられており、複数のメディアが伝えた。その中で郭源治氏は台湾メディア「ETtoday運動雲」の取材に対し、「星野さんは僕にとても大きな影響を与えてくれた方。まさしく野球人生の恩師です」とコメントを残した。 

     郭氏は1981年に中日に入団。当時、星野氏はまだ現役だったが、87年に監督に就任すると、郭氏は守護神に定着し、2年連続でセーブ王に輝いた。1988年に郭氏の弟が交通事故で亡くなった際に星野氏が「源治、空を見てみろ。弟が見ているぞ」と励ました話は有名だ。その言葉に奮起した郭氏は大車輪の活躍でリーグ優勝の原動力となり、セ・リーグMVPにも選出された。 

     2013年のアジアシリーズで楽天を率いて台湾を訪れた星野氏は持病の腰痛に耐えながら移動していたという。その際、台湾プロ野球の顧問を務めていた郭氏は星野氏の台湾滞在を全面サポート。結果的に楽天は同大会を制することはできなかったが、郭氏は裏で星野氏の最後の国際試合を支えていたという。 

     星野氏の帰国後、台湾ではウインターリーグが開催され、台湾プロ野球選抜の監督となった郭氏は背番号「77」を付けて試合に臨んだ。恩師の背番号を背負って共に戦っていたのだ。 

     生前の星野氏は常に野球界の発展について考え、後輩には野球界に恩返しをするように激励していたという。郭氏はこれからも「闘将」の意志を継いでいく。(苅田俊秀 / Toshihide Karita)

    星野仙一氏と中日ドラゴンズOBの郭源治氏【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【星野氏の訃報、台湾でもトップニュースに 郭源治氏「野球人生の恩師」】の続きを読む


     大相撲の元横綱日馬富士が十両貴ノ岩を暴行した問題に関し、日本相撲協会は4日、
    東京・両国国技館で臨時評議員会を開き、貴ノ岩の師匠・貴乃花親方(元横綱)の理事解任決議を
    審議し承認。史上初の理事解任が正式に決定した。昨年12月28日の臨時理事会で協会への
    報告の怠り、聴取への再三の拒否など同親方の責任を問い、全会一致で評議員会の招集を
    決議していた。

     評議員会は日本相撲協会の最高意思決定機関であり、理事の選任や解任、理事の報酬額など
    重要事項を決議する強い権限を持つ。議員数は5人以上7人以内で過半数が外部有識者で構成される。
    理事解任は過半数の出席で出席者の過半数をもって決議される。

     議長の池坊保子氏は会見で以下のように解任理由を述べた。

     「解任理由は元日馬富士の暴行問題に対して報告義務を怠り、また危機管理委員会による
    捜査への協力を拒否したことです。これらはいずれも公益法人の役員としてはおよそ考えられない
    行為であり、役員の忠実義務に大きく違反していると思います。また貴乃花理事が協会員としての
    報告義務を怠りまた危機管理委員会の捜査を拒否し続けたことによって今回の問題がここまで
    大きくなりここまで長引いているとも思います。よって評議員会としてもその責任を重く考え、
    理事解任という結論にいたりました。相撲は国技であり相撲道は礼に始まり礼に終わると
    言われております。貴乃花理事の本件に関する多くの行為、多くの言動は相撲協会に対する
    理事の忠実義務に反していると同時に明らかに礼を失していたのではないか、と思います。
    特に上司でありかつ先輩でもある八角理事長が何度携帯電話に電話しても全く応答がなく、
    折り返しの電話もないというのは著しく礼を欠いていたのではないかと思います。貴乃花元理事には
    ぜひ評議員会の理事解任の決議を厳粛に受け止め真摯に反省し、今後は協力し合い、礼を持って
    行動していただきたいな、と私は切に希望しています」

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000078-dal-spo
    貴乃花親方の理事解任について語った池坊保子議長=両国国技館(撮影・堀内翔)

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【相撲】貴乃花親方理事解任 池坊議長理由語る 「相撲道は礼に始まり礼に終わる」】の続きを読む


    1 豆次郎 ★ :2018/01/03(水) 16:35:12.08 ID:CAP_USER9.net

    1/3(水) 13:29配信
    スポーツ報知

    6区山下りで東洋大を逆転

    【箱根駅伝】青学大、史上6校目総合4連覇 下馬評3強争いも復路逆転圧勝
    逆転の立役者6区の小野田勇次は日本一の富士山を背にスタートした

     ◆報知新聞社後援 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)


     第94回東京箱根間往復大学駅伝競走復路は3日、神奈川・箱根町スタート、東京・千代田区大手町の読売新聞社前ゴールの5区間109.6キロで行われ、往路2位の青学大が往路優勝の東洋大を6区で逆転し、史上6校目の総合4連覇を達成した。原晋監督(50)が掲げた「ハーモニー大作戦」は大成功。箱根路に美しく、力強い足音を響かせた。

    区間賞を連発

     往路で負った36秒のビハインドは、アッという間に帳消しにした。箱根の山下りの6区。青学大の小野田勇次(3年)は前々回、前回いずれも2位のスペシャリスト。15キロ過ぎで東洋大の今西駿介(2年)を逆転すると、小田原中継所では逆に52秒の大差をつけた。区間歴代2位の58分3秒で走破。今西も区間5位と健闘したが、小野田が強すぎた。「やっと区間賞が取れた。やっぱり、うれしいです」と小野田は笑顔で話した。7区以降の仲間に対しては「(後続を離したので)これで後の選手は楽に走れると思う。楽に走って、優勝してください」とエールを送った。

     復路の小田原中継所以降、小野田の言葉通りにまさに「楽」な展開に。事実上、勝負は決した。

     7区の林奎介(3年)は、学生3大駅伝初出場ながら伸び伸びと箱根路を疾走し、1時間2分16秒の驚異的なタイムで走破。ハーフマラソン日本記録保持者の設楽悠太(現ホンダ)が東洋大時代の2012年にマークした区間新記録を16秒も更新した。「区間賞は狙っていたが、まさか区間新まで出ると思っていなかった。自分の思い通りの走りができた」と会心の笑みを見せた。

     8区は3年連続でマラソン10代日本最高記録(2時間11分34秒)保持者の下田裕太(4年)が登場。区間記録の更新こそは逃したが、8区で史上初めて3年連続区間賞を獲得し、箱根4連覇に花を添えた。

     9区の近藤修一郎(4年)、橋間貴弥(3年)はいずれも箱根駅伝初出場だが、大差に守られて、プレッシャーとは無縁。「最高のピクニックランですよ」と原監督は満面の笑みで話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00010001-spht-spo

    ★1がたった時間:2018/01/03(水) 13:30:35.74
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1514953835/


    【【箱根駅伝】青学大、史上6校目総合4連覇 下馬評3強争いも復路逆転圧勝】の続きを読む


    1 Egg ★ :2018/01/02(火) 16:07:26.30 ID:CAP_USER9.net

    正月の風物詩となっている箱根駅伝に、一きわ目を引く“走者“が現れた。

    先頭集団でライバル大学同士がデットヒートを繰り広げる中、突然現れたのは、人気アニメ「アンパンマン」を模した「アンパンマン号」と思わしき車だった。

    「これがアンパンマン号か」

    写真をTwitterに投稿した「ことう」さんが1月2日午前、箱根駅伝の1区の、東京都大田区と川崎市を結ぶ六郷橋付近(18キロ地点)で観戦していたところ、突如「アンパンマン号」が現れた。ことうさんは目撃した際の心境について、「なんだあれはと思った」とハフポスト日本版の取材に対して話した。

    「アンパンマン号」は、スタートから17キロ地点付近から登場。先頭集団に並走する形でテレビ中継に写り込み、視聴者や沿道で応援する人たちをざわつかせた。

    Twitter上でもコメントが殺到。しばらくの間、ランナー横をぴったりと走り続ける姿に、「集中できない」「箱根よりもアンパンマン号が気になる」「ランナーよりも目がいってしまう」と困惑する人が相次いだ。

    ナンバープレートが所定の位置に設置されていないようにも見え、「整備不良では」と指摘する声も上がった。

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ハフポスト日本版1/2(火) 15:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00010002-huffpost-soci


    【【箱根駅伝】<“アンパンマン号”>箱根駅伝に飛び入り参加⇒「集中できない」とツッコミの嵐......】の続きを読む


    1 Egg ★ :2018/01/02(火) 16:33:04.33 ID:CAP_USER9.net

     ◆報知新聞社後援 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(2日、東京・読売新聞東京本社前―芦ノ湖、5区間=107.5キロ)

     第94回東京箱根間往復大学駅伝競走往路は2日、東京・千代田区大手町の読売新聞社前スタート、神奈川・箱根町ゴールの5区間107・5キロで行われ、東洋大が5時間28分29秒で優勝した。

    2位・青学大とは36秒差。1区でスーパールーキー西山和弥が区間賞を獲得すると、一度も先頭を譲らず、5区の田中龍誠(1年)が堂々と芦ノ湖に一番乗りを果たした。前回、青学大が記録した5時間33分45秒の往路記録を更新し、4年ぶりに往路優勝。同じく4年ぶりとなる総合優勝に王手をかけた。

     さらに3位に早大、4位・拓大、5位・法大と続いた。

    ・酒井監督宣言通りのレースに

    往路5区間は1年生が3人、2年生1人、3年生1人。東洋大の若いメンバーが東京~箱根間を疾走した。1区・西山は区間賞、2区・相沢晃(2年)は区間3位、3区・山本修二(3年)は区間賞、4区・吉川洋次(1年)は区間2位。完璧なタスキリレーで小田原中継所に到着すると、1万メートル自己ベストは30分14秒13と高校生レベルの田中が上り区間で堅実な走りを見せ“天下の険”を制した。

     「皆さんが名前を聞いたことがない選手もいるでしょうが、その中からヒーローが生まれると思います」

     昨年12月11日、東京・文京区の白山キャンパスで行われた壮行会で酒井俊幸監督(41)が宣言した通りのレース展開となった。山本を除いては箱根駅伝初出場のフレッシュなメンバーが快挙を成し遂げた。

    4年ぶりの総合Vへ

     登録メンバー16人中、6人が1年生。前回9区区間賞で今大会の公式ポスターにも写真が掲載されている野村峻哉(4年)が調子が上がらなかったため、メンバーから外れた。前回6区13位の堀龍彦(4年)もメンバー外。4年生は小早川健だけ。「前回のエントリーメンバーが外れたことは監督として反省しています」と酒井監督は率直に話した。しかし、同時に自信もあった。実績では劣るが、1、2年生の未知数の潜在能力を信じた指揮官の勝利でもあった。

     酒井監督は「見事に期待に応えてくれて、レベルの高い走りをしてくれた」と往路選手の頑張りを称えた。5区では2分以上あった差が、36秒差まで詰められたが、最後は逃げ切った。「各区間1秒を削り出す走りをした結果、5区が接戦だったのですが削ってくれたおかげ」とチームの勝利を強調した。

     東洋大は初優勝を飾った2009年以来の9大会で優勝4回、2位4回、3位1回とすべて3位以内と安定した成績を誇る。「10年連続はひとつの節目。最低でも3位以内。その上で、王座奪還を目指します」と酒井監督は強い意気込みを明*。

     復路で青学大は6区のスペシャリスト小野田勇次(3年)や、補欠登録で8区投入が確実なエース下田裕太(4年)らを残しており、予断を許さない状況が続く。4年ぶり総合優勝へ、3日は先頭でスタートを切る。酒井監督は「35秒(注・実際は36秒)でも先頭でスタートの優位性がある。思い切っていきたい」。

     補欠登録で10区出場な濃厚な小笹椋主将(3年)は「東洋大らしい走りをします」ときっぱり話す。箱根~東京間でもチームスローガン「その1秒をけずりだせ」を体現する走りを貫けば、4年ぶりの総合Vは見えてくる。

    1/2(火) 13:28配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00010005-spht-spo

    <第94回箱根駅伝>◇2日◇往路◇東京-箱根(5区間107・5キロ)

    (1)東洋大

    (2)青学大 +36秒

    (3)早大 +1分55秒

    (4)拓大 +4分38秒

    (5)法大 +4分38秒

    (6)城西大 +4分50秒

    (7)日体大 +5分18秒

    (8)順大 +5分25秒

    (9)東海大 +5分40秒

    (10)中大 +5分49秒

    (11)中央学院大 +6分14秒

    (12)帝京大 +6分18秒

    (13)駒大 +7分32秒

    (14)国学院大 +8分29秒

    (15)神奈川大 +9分38秒

    (16)山梨学院大 +9分38秒

    (17)大東大 +11分10秒

    (18)国士舘大 +13分9秒

    (19)東京国際大 +13分16秒

    (20)上武大 +13分53秒

    (21)関東学生連合 +20分51秒

    スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/data/results/ouro.html


    【【箱根駅伝】<東洋大>4年ぶり往路優勝!1年生3人起用で王者・青学大破る...】の続きを読む

    このページのトップヘ