Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 音楽

    本日12月25日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで、X JAPANのドキュメンタリー映画「WE ARE X」の応援上映会「一夜限りの『WE ARE X』'mas上映会」が行われ、上映後のトークショーにYOSHIKI(X JAPAN)が登壇した。

    【大きな画像をもっと見る】

    このイベントはX JAPANの壮絶なドラマを描いた映画「WE ARE X」のBlu-rayおよびDVDが発売されたことを記念して行われたもの。会場にはコスプレをしたファンが集まり、サイリウムを手に持って映画を観賞した。上映後のトークショーでは、「YOSHIKI CHANNEL」でMCを務める奥浜レイラが司会を担当。奥浜による呼び込みで客席側の扉から登場したYOSHIKIは、スマートフォンで動画を撮りながら客席の通路を歩き、ステージに上がってから「We are!」と叫び、ファンから「X!」と返されるおなじみのコール&レスポンスでトークショーをスタートさせた。

    来序者から事前に寄せられた質問に答えるコーナーでは、「来年こそアルバム出ますよね?」という問いに、YOSHIKIは「もうヤダ、その質問。クリスマスくらいやめない?(笑) 本当はクリスマスプレゼントで出せたらよかったんですけど……世の中そんなに甘くないですね」と話し、次の質問「ホッと一息つくのはどんなとき?」には、「アルバムの制作に追われているので、息つく暇もありません。アルバムが出たらホッとするでしょうね」と回答。さらに「今後、『WE ARE X』続編は出ますか?」という質問に対しては「『WE ARE X』を作るのに覚悟が必要でした。X JAPANはこの映画の題材であって、精神的にも大変な時期を過ごした末にこの映画が生まれました。映画が完成したあとに、PATA(G)が倒れたり、イギリスのウェンブリー公演が終わったら今度は僕が首の手術をしたりいろいろありました。でももし続編を作るなら“死”とか“洗脳”じゃなくて、もうちょっと幸せな内容になるといいですね。結婚とか」と笑顔で答え、続けて「サンタが親だと知ったのはいつですか?」という質問には「サンタって親なんですか? 知らなかった」と返して、場内の笑いを誘った。

    短い時間ながら、次々に質問に答えたYOSHIKIは、夢を追い求めることについて聞かれると、「みんなは夢を夢だと思うだろうけど、僕は夢は必ず現実になると思っているので、それを信じて突き進んでいます。夢を夢のままでは終わらせないということが大切だと思います」とアドバイス。さらに「昔は“破滅の美学”みたいなものを信念に持っていました。でも首の2回目の手術を受けたこともあるので、これからは“継続の美学”を大切にしたいです。ドクターストップがかかってるから、無茶をしたらまた手術が必要になるかもしれない。でもロックバンドだから静かに叩くわけにはいかないんです。これに関しては葛藤がありましたけど、近いうちにドラムを叩く姿を見せられると思います」とドラマーとしてのカムバックを改めて宣言した。そして世界進出への思いについては「僕らは世界でいろいろやり始めてますけど、世界に向かって扉を叩いたくらいで、全然まだ向こうでも有名ではないです。マディソンスクエアガーデンや(アメリカ・ニューヨーク)や、ウェンブリー(イギリス・ロンドン)で公演はやりましたが、1から10まであるとしたらまだ1、2の段階。これから少しずつ6とかまで進んでいきたいです。あとはやっぱり日本の皆さんが支えてくれたので、世界に向かって挑戦できていますので、皆さんの期待に応えられるように、体が動く限り、がんばりたいと思います」と話した。

    その後、客席で上映会に参加していた鉄拳が壇上へと招かれ、鉄拳はYOSHIKIがドラムを叩く後ろ姿を描いたイラストをプレゼントした。YOSHIKIは以前フランスで鉄拳に会った際は額に「ボンジュール」とペイントされていたが、今日は「X」と描かれていることに触れつつ、「なんでメイクしてるんですか?」と唐突に質問。鉄拳は真面目に「仕事だからです」と答えるなど、自由にトークを展開しつつ、今後、X JAPANと鉄拳で何かしらの形でコラボレーションをすることを約束した。

    鉄拳の退場後、YOSHIKIは年末にX JAPANとして出場を控える「第68回NHK紅白歌合戦」について「ちょうど僕らが解散したときは、東京ドームのあとに『紅白』に出演してX JAPANの幕を閉じたんです。まさか再結成するとは思ってなかったんですが、Xが再結成することになり、また『紅白』に戻ってこれたことには感謝しています。去年はゴジラを倒したんですけど、今年もとてもエキサイティングなステージになると思います。X JAPANに限らず、素敵なアーティストがたくさん出演なさるので、楽しみにしていてほしいです」とコメント。さらに2018年の抱負を聞かれると、「毎年聞かれるんですけどね。やっぱりアルバムを出せるようにしたいのと、体が悪かったこともあったけど、元気になって激しいステージができたらと思っています。いつもバンドを支えてくれる皆さんにとってもいい1年になるよう、心から祈っています」とメッセージを送った。YOSHIKIはイベントの最後に客席に入り、ファンと一緒にXポーズを決めて記念撮影をしてイベントを終えた。

    YOSHIKI(X JAPAN)とファン。


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【YOSHIKIが「WE ARE X」上映会で夢を語る、これからは“破滅の美学”から“継続の美学“へ】の続きを読む

    BILLIE IDLEが本日12月24日、東京・TSUYATA O-Crestでクリスマスイベント「BILLIE IDLE presents LAST CHRISTMAS」を開催した。

    【大きな画像をもっと見る】

    ライブでは初披露のバラード「ふたしかなメロディ」や全編アカペラの「子供のように」、アルバム「LAST ALBUM」の隠しトラックとして収録されていた楽曲など、通常のライブとは趣の異なる18曲が披露された。アンコール開けのMCでは、3月21日に発売されるニューシングルと春に開催されるライブツアーのタイトルが明らかに。シングルは「P.S.R.I.P.」と冠され、この新作を携え行われるツアーのタイトルは「P.S.R.I.P TOUR」となった。BILLIE IDLEの公式ファンクラブ「IDLE FELLAS」では本日22:00よりツアーの先行予約を受け付けている。チケット一般販売は2月3日より。

    またライブ終了後には来場者全員に、メンバーの直筆サインが入ったクリスマスカードとBILLIE IDLEの楽曲「be my boy」のメロディを奏でるオリジナルオルゴールがプレゼントされた。


    BILLIE IDLE presents LAST CHRISTMAS
    2017年12月24日 TSUTAYA O-Crest セットリスト

    01. be my boy
    02. Forever
    03. HUMANOID
    04. 君にテレポーション
    05. ふたしかなメロディ
    06. idle fellas
    07. 時の旅人
    08. STAY
    09. 想い出がいっぱい
    10. 5th season
    11. by
    12. BYE-BYE
    <アンコール>
    13. 子供のように
    14. NO TITLE
    15. メモリーズ
    16. be-bop tu-tu
    17. 泣きそうサンデー
    18. MY WAY

    BILLIE IDLE P.S.R.I.P. TOUR

    2018年4月22日(日)大阪府 LIVE SQUARE 2nd LINE
    2018年4月28日(土)愛知県 HeartLand
    2018年5月12日(土)東京都 UNIT

    BILLIE IDLE「BILLIE IDLE presents LAST CHRISTMAS」の様子。(写真提供:オツモレコード)


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【BILLIE IDLE、レア曲多数のXmasライブで新作&ツアーのタイトル発表】の続きを読む


    12月24日の聖なる夜に横浜アリーナで行なわれるKen’s Bar。稀代のシンガー平井堅の魅力と才能があふれ出す魅惑の一夜を、WOWOWが全曲ノーカットで放送することが発表された。

    【写真】平井堅、主題歌務めるドラマに陣中見舞い!長谷川博己、岡田将生らとの記念ショット公開

    平井堅が通常のコンサートとは異なるコンセプトで行なう「大人のライブ空間」Ken’s Barが、12月23日、24日に開催。ドリンクを手に平井のパフォーマンスに酔いしれるこのライブは、チケットの入手が極めて困難なプラチナム・イベントとして、毎回注目を集めている。

    平井堅の2017年は、2006年発表の「バイマイメロディー」以降のシングル曲「哀歌(エレジー)」「いとしき日々よ」「告白」「魔法って言っていいかな?」をはじめ、6月発売の最新シングル曲「ノンフィクション」までの足跡および平井が敬愛するアーティストによる書き下ろし楽曲10曲を収めたベストアルバム第2弾を7月にリリースするなど、シンガーとしての自分を見つめなおす1年となった。

    その点からも、今回のKen’s Barがよりバリエーションに富んだセットリストになることは必至。聖なる夜を彩るKen’s Barをノーカットでお送りする。

    【放送情報】

    平井堅 Ken’s Bar 2017 X’mas Special !! 2018年2月12日(月・休)放送[WOWOWプライム] 収録日:2017年12月24日 収録場所:神奈川 横浜アリーナ

    全曲ノーカット放送決定


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【12月24日の聖夜に行なわれる平井堅のKen’s Bar、全曲ノーカット放送決定】の続きを読む

    「週刊少年ジャンプ」の創刊50周年を記念した、スペシャルコラボレーションCD「週刊少年ジャンプ50th Anniversity BEST ANIME MIXvol.1」のリリースが決定した。2018年1月10日発売で、価格は2,500円(税込み)。


    ジャンプ作品のアニメ化第1号となった「男一匹ガキ大将」から、新作アニメの「ハイキュー!!」まで、「週刊少年ジャンプ」の掲載作品からアニメ化された作品の主題歌などから50曲を収録。

    50年の歴史を感じながら、今も色褪せず輝き続ける名曲を50曲ノンストップでミックスしたのは、“アニクラ界の帝王”ことDJ シーザーだ。

    創刊50周年という節目だからこそ、全ての垣根を越えて成立した壮大な企画。かつての少年から現在の少年まで時代を超越し、年代問わず楽しめる一枚と言えそうだ。

    ☆収録楽曲

    1. 「NARUTO-ナルト-」 / GO!!! / FLOW
    2. 「BLEACH」 / 〜アスタリスク〜 / ORANGE RANGE
    3. 「ハイキュー!!」 / 天地ガエシ / NICO Touches the Walls
    4. 「ワールドトリガー」 / アシタノヒカリ / AAA
    5. 「D.Gray-man」 / 激動 / UVERworld
    6. 「幽☆遊☆白書」 / 微笑みの爆弾 / 馬渡松子
    7. 「男一匹ガキ大将」 / 男一匹ガキ大将 / 宍倉正信
    8. 「Dr.スランプ アラレちゃん」 / ワイワイワールド / 水森亜土 こおろぎ'73
    9. 「シティーハンター」 / Get Wild / TM NETWORK
    10. 「ニセコイ」 / CLICK / ClariS
    11. 「ぬらりひょんの孫」 / Fast Forward / MONKEY MAJIK
    12. 「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」 / voice / CLOUD
    13. 「地獄先生ぬ〜べ〜」 / バリバリ最強No.1 / FEEL SO BAD
    14. 「ジョジョの奇妙な冒険」 / ジョジョ 〜その血の運命〜 / 富永TOMMY弘明
    15. 「キャッツ・アイ」 / CAT'S EYE / 杏里
    16. 「キン肉マン」 / キン肉マンGo Fight! / 串田アキラ
    17. 「暗殺教室」 / 青春サツバツ論 / 3年E組うた担(渚&茅野&業&磯貝&前原)
    18. 「ドラゴンボールZ」 / CHA-LA HEAD-CHA-LA / 影山ヒロノブ
    19. 「ONE PIECE」 / Believe / Folder5
    20. 「キャプテン翼」 / 燃えてヒーロー / 沖田浩之
    21. 「北斗の拳」 / 愛をとりもどせ!! / クリスタルキング
    22. 「DEATH NOTE」 / What's up,people?! / マキシマム ザ ホルモン
    23. 「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」 / バトンロード / KANA-BOON
    24. 「NARUTO-ナルト-疾風伝」 / 風 / 山猿
    25. 「キャプテン翼」 / 冬のライオン / 沖田浩之
    26. 「D・N・A2 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜」 / シングルベッド / シャ乱Q
    27. 「ドクタースランプ」 / 顔でかーい / Funta
    28. 「シティーハンター」 / ゴーゴーヘブン / 大沢誉志幸
    29. 「銀魂」 / 桃源郷エイリアン / serial TV drama
    30. 「トリコ」 / サンバ de トリコ!!! / ヒャダイン
    31. 「べるぜバブ」 / Hey!!! / FLOW
    32. 「NARUTO-ナルト-」 / 遥か彼方 / ASIAN KUNG-FU GENERATION
    33. 「食戟のソーマ」 / 希望の唄 / ウルトラタワー
    34. 「D.Gray-man」 / INNOCENT SORROW / abingdon boys school
    35. 「レベルE」 / 「夢」〜ムゲンノカナタ〜 / ViViD
    36. 「べるぜバブ」 / だだだ / グループ魂
    37. 「テニスの王子様」 / Make You Free / Kimeru
    38. 「家庭教師ヒットマンREBORN!」 / BOYS & GIRLS / LM.C
    39. 「ONE PIECE」 / ヒカリへ / ザ・ベイビースターズ
    40. 「銀魂」 / 曇天 / DOES
    41. 「バクマン。」 / もしもの話 / nano.RIPE
    42. 「ニセコイ:」 / Rally Go Round / LiSA
    43. 「HUNTER×HUNTER(2011年版)」 / Just Awake / Fear, and Loathing in Las Vegas
    44. 「食戟のソーマ」 / ライジングレインボウ / ミソッカス
    45. 「BLEACH」 / 一輪の花 / HIGH and MIGHTY COLOR
    46. 「アイシールド21」 / 炎のランニングバック / SHORT LEG SUMMER
    47. 「NARUTO-ナルト-疾風伝」 / Hero's Come Back!! / nobodyknows+
    48. 「SKET DANCE」 / 道 / The Sketchbook
    49. 「黒子のバスケ」 / Can Do / GRANRODEO
    50. 「ハイキュー!!」 / イマジネーション / SPYAIR


    ☆著作権表記

    (C)本宮ひろ志/集英社・日本テレビ (C)ゆでたまご・東映アニメーション (C)鳥山明/集英社・東映アニメーション 原作:高橋陽一/集英社 (C)武論尊・原哲夫/NSP 1983 (C)東映アニメーション1987 (C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション (C)北条司/NSP・読売テレビ・サンライズ (C)北条司/NSP・TMS 1983 (C)荒木飛呂彦/集英社・ジョジョの奇妙な冒険製作委員会 (C)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・NAS 原作/冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊) (C)Yoshihiro Togashi 1990年−1994年 (C)ぴえろ/集英社 (C)真倉 翔・岡野 剛/集英社・東映アニメーション (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (C)POT(冨樫義博)1998年−2011年 (C)VAP・日本テレビ・マッドハウス (C)許斐 剛 TK WORKS/集英社・テレビ東京・NAS (C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ (C)米スタジオ・ビレッジスタジオ/集英社・テレビ東京・NAS (C)大場つぐみ・小畑健/集英社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ (C)天野明/集英社・テレビ東京・リボーン製作委員会 (C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス (C)星野桂/集英社・テレビ東京・電通・TMS (C)篠原健太/集英社・開盟学園生活支援部・テレビ東京 (C)島袋光年/集英社・東映アニメーション (C)藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会 (C)田村隆平/集英社・べるぜバブ製作委員会 2011 (C)附田祐斗・佐伯俊/集英社・遠月学園動画研究会 (C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS (C)葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション (C)松井優征/集英社・アニメ「暗殺教室」製作委員会 (C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ (C)JUMP 50th Anniversary


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【50周年「週刊少年ジャンプ」のSPコラボCD】の続きを読む

    音楽教室から著作権使用料を徴収する方針を表明しているJASRAC(日本音楽著作権協会)が、全国約1000の事業者に対して、「来年1月1日から使用料を徴収する」と、文書で通知していたことがわかった。共同通信が12月14日報じて、話題になっている。弁護士ドットコムニュースの取材に対して、音楽教室側は「まだ、司法の判断を仰いでいるところで、しかも管理事業法上の協議もしているのに・・・」と困惑している。

    ●JASRACから3通の文書

    ことの発端は、JASRACが今年2月、音楽教室から著作権料を徴収する方針を表明したことだ。この方針に反発したヤマハ音楽振興会など、一部の音楽教室は「音楽教育を守る会」(会員数=363)を設立。さらに今年6月、JASRACに徴収権限がないことの確認を求めて東京地裁に提訴した。JASRACは全面的に争う姿勢を示している。

    音楽教育を守る会によると、これまでJASRACから計3通の文書が送られている。1通目は10月17日付で、JASRACの管理楽曲を使用する講座の受講料収入のうち「2.5%」を使用料として徴収するという内容だった。文化庁が「司法・行政手続きの最中であり、誤解を招く」という懸念を示したため、10月24日付でその旨を付け加えた2通目の文書が送られてきたという。

    音楽教育を守る会事務局の担当者は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して「司法の判断を仰いでおり、また管理事業法上の協議もおこなっている段階だった。1月1日からの徴収の有効性がはっきりしていないのに、契約を迫るような文書を送られてきて、率直に言って驚いた」と述べた。

    また、文化庁の対応について、同担当者は「(文化庁が)懸念を示されたことは当然のことだと思う。(訴訟や協議など)重要な情報がまったく記載されていなかった。まるで1月1日からの徴収が既成事実のように書かれていた」と話した。会員から問い合わせが多数あったため、「保留するように」と案内したという。

    2通目も「過去の判例から演奏権が及ぶことは明らかとして、契約を迫る内容だった」(同担当者)という。その後、11月29日付の3通目も届いた。JASRAC広報は「予定通り来年1月から徴収をはじめるには、10月ごろからお伝えする必要があった」と話している。

    JASRACと音楽教室との訴訟は9月に第1回弁論が開かれたあと、弁論準備手続きがおこなわれている。

    (弁護士ドットコムニュース)

    JASRAC「来年から使用料徴収する」→音楽教室「まだ白黒ついていないのに…」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【JASRAC「来年から使用料徴収する」→音楽教室「まだ白黒ついていないのに…」】の続きを読む

    このページのトップヘ