(出典 i.ytimg.com)


1 あかみ ★ :2021/03/26(金) 13:13:19.76

東京都下の小ぎれいな住宅街に建つ白壁の一軒家。門扉の先の玄関にはバッグス・バニーの置物があり、外壁の下には沖縄でよく見かける「石敢當」という文字が刻まれている。この家を建てた今井絵理子参議院議員(37)のセレクトだろう。

2月下旬のある朝、この可愛らしい家に黒いバンが横付けされた。今井を国会まで運ぶ送迎車なのだが、いざ乗り込まんとばかりに後部座席を覗き込んでいるのは、フード付きパーカを着た男性だった。秘書にしてはラフだな……と訝る間もなくバンは発車。玄関先で車を見送った男性の顔に思わず声が出そうになった。’17年7月に今井との・手つなぎ不倫・疑惑を報じられた、橋本健元神戸市議(41)だったのである。

「今井との不倫を境に、橋本元市議の人生は一変しました。報道直後に架空の領収書を使った政務活動費の不正受給が発覚(詐欺罪で有罪判決)。議員辞職に追い込まれました。’17年末には妻との離婚が成立。二人の子供の親権を手放すことになり、経営していた歯科医院も閉鎖するハメになった」(全国紙政治部記者)  

今井と出逢ってすべてを失ったハシケンが、なぜ彼女のもとに?

と、本誌の前で彼はさらに意外な行動を見せた。今井宅のガレージに停めてあったBMWに乗り込み、都心方面へ走り出したのである。

BMWはバス通りから脇道に入り、渋滞をかいくぐって新宿へ。その後、渋谷に移動したのだが、目的はT歯科の新宿院と渋谷院の訪問であった。抜け道を使い、車の停め位置にも迷わない。ずいぶんと通い慣れているようだ。

「事務所の運営や政務活動について、彼があれこれ助言しているのは永田町では有名な話。二人はすでに同棲しています。再婚するつもりでは?」(自民党秘書)  

たしかに本誌が見た限り、橋本元市議は今井宅を拠点に生活していた。今井の長男でプロレスラーの礼夢くん(16)をBMWに乗せて帰宅する場面もあった。近隣の住民に挨拶しながら、”息子”を先に家の中へ入れ、車を停めてから玄関に向かう姿は傍目には親子そのものだった。

休日に3人でBMWに乗って最寄り駅へ行くこともあった。道場に練習に行く礼夢くんを送るためだ。手を振って息子を送り出した後、今井はロータリーで待っていたBMWの助手席へ。ハンドルを握るのはもちろん、ハシケンだ。

今井は本誌取材にこう回答した。

「良いお付き合いをさせていただいております。母が介護の関係で帰沖していることから、(歯科医の)仕事の空いた時間に息子の送迎などのお手伝いもしていただくこともあり、大変感謝しています。市議の経験を参考に聞かせていただくことはありますが、彼自身政治にかかわることは全く考えていません。秘書にすることを考えたことすらありません」

3人が本当の親子になる日は近そうだ。

https://friday.kodansha.co.jp/article/171116


【今井絵理子議員が「あの不倫相手」元市議と再婚へ!】の続きを読む