Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 教育

    「adressとaddressどちらが正しいスペルでしょうか?」――ヤフー知恵袋に2010年に寄せられた質問に対する解説が、8年を経てネットで話題になっている。

    答えは「address」。しかし、回答に寄せられた解説が分かりやすく、読み応えのある回答だとネットで大絶賛されている。解説の最後には、「旺文社『必修 英文法問題精講』著者の小池浩でした」と記されており、

    「知恵袋すげーな!って読んでたらオチがさらにすごかった」
    「めちゃんこ(参考書に)お世話になった人やないかい」

    とさらに盛り上がりを見せている。8年前の記事が今になって注目される小池さんにキャリコネニュースは話を聞いた。

    「英語の先生がこんなにウンチクにあふれてたら授業が毎回楽しみだろうなあ」

    画像はサイトをスクショ


    この件の回答は、そもそもなぜ質問者はこの疑問を抱いたのか、という推測から始まる。小池氏は、英語が堪能な人間が「adress」と書いていたため、「場合によればこういうスペリングもあるのかもしれない、という状況だと想定してお答えしましょう」と、前提条件を整理する。

    そして「address」のルーツやスペリング、発音(音声)面から、なぜ「address」と、dが2回繰り返されるのかを説明する。英語・フランス語を勉強していると混同しやすい単語の1つでもあると指摘した。

    語学が堪能な人は単語を「イメージ」で覚える傾向があるため、理屈が通らず暗記が必要なものは「いつまでも覚えられない」という。質問者が疑問を抱いたのも、そういった背景があるからではないかと推測する。正しいスペルはもちろん「address」だが、辞書ではわからない情報が豊富に載った回答だった。

    この質問と回答は11月7日頃からネットで話題になった。11月8日19時20分時点で、はてなブックマークでは1500件以上のコメントが寄せられている。コメント欄には「これぞ人力検索。ググレカスと言えなかった」「面白いし、やはりプロなんだなーって思う。英語の先生がこんなにウンチクにあふれてたら授業が毎回楽しみだろうなあ」など称賛の声が相次いだ。また

    「知恵袋すげーな!って読んでたらオチがさらにすごかった」
    「めちゃんこ(参考書に)お世話になった人やないかい」

    など、回答者の正体に驚く声や、「ひさびさにこれがインターネッツだなぁというものを観させていただいた。ありがとう」といったしみじみとする声も寄せられた。

    8年後越しの反応に小池さん「反応いただけて嬉しいです」

    キャリコネニュースが小池さんに事実確認を取ると、この回答は間違いなく本人のものと判明。現在も都内の中高一貫校で英語を教えているという。

    小池さんは2008年6月から2011年2月までの約2年間に渡って、ヤフー知恵袋に計345件回答している。英語の文法に関するものから、「なぜ東京にいる外人は六本木に集まるのか」、「買ったままお蔵入りになった英語の本をみて凹みませんか?」などさまざまだが、いずれも丁寧な回答だ。

    小池さんは回答活動について「『必修 英文法問題精講』という本を出したので、多くの人に知ってもらうために行っていた」と話す。ヤフー知恵袋では宣伝活動が禁止されているため、著書紹介サイトURLを回答の最後に掲載することでルールを守っていたという。しかし2011年2月以降は、誰かに「宣伝ではないか」と通報されてアカウントが停止されてしまったため、答えられなくなったそうだ。

    8年前の回答がネットで話題になっていることについては、

    「嬉しいです。面白いなって思ってくださったってことですよね。文法だけでなく音声学などからもアプローチしているので、一般的な参考書とは少し違うように思われるかもしれませんが、反応をいただけて嬉しいです」

    とコメント。現在『必修 英文法問題精講』は『入門 英文法問題精講』として販売されているが、「でももうこれもなくなっちゃうかも。売れないので廃版になるかもしれません」と話していた。





    (出典 news.nicovideo.jp)





    【ヤフー知恵袋「adressとaddressどちらが正しい?」回答したのは『必修・英文法問題精講』の著者 「話題になり嬉しいけど、本は廃版しそう」】の続きを読む

    導入実績1500超を誇るeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:はが弘明) がeラーニングシステムを提供する日本弁理士会様の講演が、2018年11月14日(水)、『eラーニングアワード 2018 フォーラム』にて開催されることが決定いたしました。

    講演では、国家資格である弁理士(※)のeラーニング研修、集合研修の取り組みについてお話いただきます。
    また、eラーニング研修と集合研修の受講者選考性について、過去のデータと受講者のアンケートを基に説明・考察いただきます。全国に分散し、年齢層も多岐にわたる1万人を超える会員の研修実施スキームの詳細とは?
    講演は事前予約で聴講無料となります。
    定員に限りがございますので、お早めのご予約をお願い申し上げます。
    詳細・お申込み: http://www.elearningawards.jp/program1detail.html#115
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆eラーニング研修の実効性
    ~1万人を超える全ての弁理士に義務化された継続研修制度施行10年におけるeラーニングの役割~
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■講 演 日 時:11月14日 (水) 10:20~10:55
    ■会      場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター《会場:ルームB》
    ■参  加  費:事前申込で無料
    ■詳細/お申込み:http://www.elearningawards.jp/program1detail.html#115

    《概 要》
    2009年に法律系高度専門職国家資格としては初めて、弁理士に継続的な研修の受講が法定義務化されて10年が経過しました。全国に分散し、年齢層も多岐にわたる1万人超の会員に研修の受講を促すために、日本弁理士会が採用してきた研修実施スキームについて説明します。さらに、eラーニング研修と集合研修の受講者選考性について、過去のデータと受講者のアンケートを基に説明・考察します。
    《登壇者》
    日本弁理士会 研修所 副所長 吉村 俊一氏
    ※弁理士とは?
    弁理士とは、“知的財産に関する専門家”として、特許権、実用新案権、意匠権、商標権などの知的財産権を取得したい方のために、代理して特許庁への手続きを行う士業です。
    本講演は、『eラーニングアワード 2018 フォーラム』内にて開催される講演です。
    ・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
    ◆【eラーニングアワード 2018 フォーラム】とは?
    http://www.elearningawards.jp/
    ・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・━・
    「eラーニングを取り巻く現状と未来」について豊富な事例とともに紹介・発表・議論する国内唯一の総合フォーラム。eラーニングを活用した先進的な優秀事例を表彰する『日本e-Learning大賞』の授与式も併せて開催され、3日間でのべ10,000名を超える聴講者数を記録(2017年度)するなど、毎年大盛況のイベントです。
    今年は100を超える講演や約20社の最新製品・サービスが一同に集まる展示ブースなど、最新のeラーニング情報を大集結させての開催となります。
    会 期:2018年11月14日(水)~16日(金) 9:00~18:00
    会 場:東京 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
    主 催:一般社団法人e-Learning Initiative Japan / フジサンケイビジネスアイ
    入場料:無料・要事前申込 ※当日受付は入場料として1000円が必要となります。
    公式サイト:http://www.elearningawards.jp/

    ■会社概要
    名 称:株式会社デジタル・ナレッジ
    所在地:〒110-0005 東京都台東区上野5丁目3番4号 eラーニング・ラボ 秋葉原
    代表者:代表取締役社長 はが 弘明
    代表取締役COO 吉田 自由児
    URL: https://www.digital-knowledge.co.jp/

    【本件に関するお問合せ先】
    株式会社デジタル・ナレッジ
    TEL:03-5846-2131(代表)
    E-mail:infoadmin@d-k.jp

    配信元企業:株式会社デジタル・ナレッジ


    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【1万人超に対する『eラーニング研修の実効性』を考える日本弁理士会様ご講演】の続きを読む

    東京医科大の不正入試問題で、東京医大は11月7日、2018年度と2017年度の医学部入試で本来は合格ラインに達していた受験生101人を追加合格の対象者とし、希望者は来年4月の入学を認める方針を決めたことを明らかにした。林由起子学長はこの日の会見で、「当時の受験生の皆さま、関係者の皆さまに改めて深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

    ●追加合格、女子は67人

    101人のうち女子は67人。今後、この101人に対して、意向確認をしていく。連絡を受けた元受験生は、2018年11月30日までに入学意思の有無を東京医大に伝える必要がある。その後、12月上旬に追加合格を正式に決め、入学手続きは来年2月に行う予定だ。

    ただ、入学意思を伝えても、結果的に追加合格とならない場合もあるという。それぞれの学年の在校生の数を含め、改めて当時の入試成績を上から順に並べたうえで、募集人員を満たすまで受け入れることにしたためだ。医学科では、ひとつの学年の定員は120人で、実際の在学者数は110人〜130人前後となっている。

    追加合格の対象者のうち、どの程度の人数が実際に入学意思を表明するかは現時点で不明だが、2019年度入試(一般及びセンター試験利用)では、追加で入学が決まった人数を差し引いた人数を募集人員とする予定。東京医大は「募集人員が確定次第、ホームページ等でお知らせいたします」としている。

    ●第三者委、不正を認定

    東京医大では、得点操作で女子と多浪の受験生を不利に扱い、一方で特定の受験生には加点するなどの不正を続けていたことが判明している。第三者委員会がまとめた報告書(10月22日付)によると、2017年度と2018年度の入試で男女計69人が合格ラインに到達していたのに不合格となり、このうち55人が女子だった。

    第三者委員会は報告書で、2018年度に本来合格するはずだった受験生の入学を認めるべきと提言しつつ、2017年度については「同じ措置を採るか否かは、東京医大の判断に委ねる」としていた。

    (弁護士ドットコムニュース)


    東京医大、来年度入試は史上最も狭き門か 追加合格100人の余波「改めて深くお詫び」


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【東京医大、来年度入試は史上最も狭き門か 追加合格100人の余波「改めて深くお詫び」】の続きを読む

    医学部入試で不正な得点操作があった東京医大は11月7日、2018年度と2017年度の医学部入試結果を改めて精査したところ、計101人が追加合格の対象だと発表した。意向確認や定員などの要素を踏まえて希望者は来年4月の入学を認める方針だが、その余波で2019年度入試はこれまでにない狭き門となる可能性がある。

    東京医大が東京・新宿のホテルで開いた会見は同日午後4時から始まり、2時間超に及んだ。問題発覚後に学長に就任した林由起子学長と報道陣の主なやりとりは以下のとおり。

    ●属性による差別「断じてあってはいけない」

    ーー追加合格の意向確認をする対象者が101人ということだが、どう受けとめているか。再発防止に向けたコメントは

    「あまりにも人数が多いので愕然としている。第三者委員会にお願いして原因究明をしている。今後、このような不適切な行為が絶対起こらないような入試をやっていきたい」

    ーー学長自身、女性医師ということで改めてこうした差別についてどう感じているか

    「属性によって差別をする、しかも入学試験でやるということは断じてあってはいけない。多浪生についても同様だ。女性は、妊娠・出産・子育てなどで担わなければいけない部分が、確かにまだ日本では多い。ただパフォーマンスが長期間にわたって劣るということはないと思う。活躍している女性医師はいる」

    ーー今回の問題で、無駄な時間を過ごしてしまった元受験生もいる

    「不利益を被った受験生には本当に申し訳なかったと思う。入学していただいた方は、いいお医者さんになってもらうよう教育していきたい」

    ーー入学してもらえると思うか

    「来ていただけるといいと思っている」

    ●学長「率直に申して、嘘でしょと」

    ーー今回の問題、知った時にはどういった感想を持ったか

    「率直に申して、嘘でしょと。報道で初めて知った。びっくりした」

    ーー追加合格の意向確認をしたうえで、結果的にやっぱり入学を認めないことがあり得るというのはいかがなものか

    「合格の可能性がありますよ、という通知をしてやっぱりダメというのは申し訳ない。新たに一般、センターの募集人員を確定しなきゃいけないギリギリの時期で、本来は成績上位から順番にお声がけしていくのが筋だが、時間の限りがあって、みなさんに一緒に連絡をしないといけないという事情がある。もう一回、入試をやったと考えてもらいたい。何人の方が入学意思を示すかで合格ラインは変わってくる」

    ーー意向確認はいつから始めるのか

    「昨日、この方針を決定したばかり。意向確認は近日中にすみやかに行う」

    ●補償「議論を進めている」

    ーー元受験生への補償はどうしていくのか

    「補償に関しては大学の方で議論を進めている。改めてご報告させていただくことになる」

    ーー今年、昨年よりも前の元受験生については

    「平成28(2016)年度以前については、第三者委員会で検討しているところなので、その結果を待ちたい」

    ーー来年の受験生への影響は

    「募集人員の枠が狭くなる可能性は高い。その点は本当に申し訳ない」

    ーー受験生への説明は

    「(時期は未定だが)受験生への説明会をすることを検討している。お時間があれば是非来ていただきたい」

    (弁護士ドットコムニュース)


    不正入試に「嘘でしょ」東京医大新学長、 「属性差別」を厳しく批判 会見詳報


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【不正入試に「嘘でしょ」東京医大新学長、 「属性差別」を厳しく批判 会見詳報】の続きを読む

    世界60以上の国と地域から6万人以上の小・中・高校生が参加する国際ロボコン「WRO(World Robot Olympiad)」は、本年の決勝大会「WRO 2018タイ国際大会」を11月16、17、18日(金土日)の3日間に、タイ・チェンマイで開催します。株式会社アフレル(代表取締役社長 小林靖英/本社 福井県福井市)が特別共同開催協力するNPO法人 WRO Japan (理事長 山口俊治)は、日本代表選手団として全国から選抜された17チーム、60名を同国際大会へ派遣します。
    WROは2004年にスタート。15回目を迎える今年、世界23,000以上のチーム、約60,000人が 参加する世界最大級の学生国際ロボットコンテストです。国内においては、2018年夏に全国41か所でWRO Japan公認地区予選会が開催され、2020年に迫っている「プログラミング教育必修化」の勢いを受け、参加チーム数は1,800チームを超え、成長を続けております。

    選手は世界中の教育機関で活用されているレゴ社のロボット キット「教育版レゴ(R) マインドストーム(R)」を使い、ロボットのモデルデザインや自律的に制御するプログラムを開発し、与えられた課題を解決する競技に挑戦します。日本チームは、昨年の国際大会では、高校生のオープンカテゴリー17歳以上を対象にしたARC(Advanced Robotics Challenge)の2カテゴリーにおいてそれぞれ銅メダルを受賞しており、今年も一層の活躍が期待されます。

    昨年の国際大会の様子 「WRO2017コスタリカ国際大会」
    WRO2018タイ国際大会会場










    【WRO2018タイ国際大会 概要】
    • 日程:2018年11月15日(金)、16日(土)、17日(日)
    • 会場:タイ、チェンマイ Chiang Mai International Exhibition and Convention Centre(CMECC)
    • スケジュール:公式サイトにて公開  http://www.wro2018.org/
    • 競技内容:自律型ロボットによる競技(レギュラーカテゴリー、オープンカテゴリー、アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ、フットボール、WeDo Challenge)
    • 部門:小学生、中学生、高校生、高等教育機関
    • 主催:World Robot Olympiad
    • 参加国(一部) :アメリカ、ドイツ、日本、イタリア、中国、ロシア、スペイン、ブラジル、インド、UAE、サウジアラビア、カタール、イラク、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、台湾、南アフリア、デンマーク等

    【日本代表チーム 一覧】
    ◆レギュラーカテゴリー(シニア)
    • チーム名 / 教育機関名
    • Analizer λ / 奈良県立奈良高等学校、奈良県立郡山高等学校(奈良県)
    • Int[TSURUGI] / 富山県立高岡高等学校、国立富山高等専門学校、富山県立高岡工芸高等学校(富山県)
    • TONO MS 岐阜県立東濃高等学校(岐阜県)
    • YTHS Rose Garden / 愛媛県立八幡浜工業高等学校(愛媛県)
    ◆レギュラーカテゴリー(ジュニア)
    • Thunderbird 123 / 富山市立速星中学校、砺波市立出町中学校(富山県)
    • .exe / 八代市立第一中学校、熊本県立八代中学校(熊本県)
    ◆レギュラーカテゴリー(エレメンタリー)
    • KTR Toyama 2018 / 高岡市立伏木小学校、富山市立鵜坂小学校、高岡市立福岡小学校(富山県)
    • YY / 札幌市立新琴似緑小学校、札幌市立発寒東小学校(北海道)
    • Fruits Factory / 堺市立金岡南小学校、吹田市立青山台小学校、城星学園小学校(大阪府)
    • REI & AYU / 桐生市立広沢小学校
    ◆オープンカテゴリー
    • Otemon Quest / 追手門学院大手前中学校(大阪府)
    • Candy Samurai / 世田谷区立中丸小学校(東京都)、横浜国立大学教育学部附属横浜小学校(神奈川県)、渋谷区立猿楽小学校(東京都)
    • Otemon Challenger / 追手門学院大手前高等学校中学校(大阪府)
    ◆アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ
    • Anvengers / 神奈川工科大学(神奈川県)
    • KAIT Strangers / 神奈川工科大学(神奈川県)
    ◆WRO フットボール
    • ClarkAKIHABARA Ramune-bu / クラーク記念国際高等学校(東京都)
    ◆WeDo チャレンジ(エキシビション)
    • Pblocs / みらい子ども教室Pblocs(静岡県)

    【WROとは】 http://www.wroj.org/2018/2018info/world.html
    WRO(World Robot Olympiad)は、シンガポールサイエンスセンターの発案により2004年に始まった国際的なロボット競技 大会です。世界中の小学生から高校生までを対象に、科学技術を身近に体験できる場を提供し、創造性と問題解決力を育成 することを目的に開催しています。

    【WRO Japanとは】
    日本では、シンガポールサイエンスセンターの発案を受けて産学の有志によるWRO Japan実行委員会が組織され、2004年に  スタートしました。公益財団法人科学技術振興財団(科学技術館)の協力を得て、ロボット、組込みシステムをテーマとした子どもたちの科学技術への興味意欲の向上、ものづくり人材育成を目的に活動をしています。2008年にNPO法人として新たに発足、現在に至ります。

    配信元企業:株式会社アフレル


    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【【11月16日開幕】プログラミング力が勝負を分ける!世界最大級の学生国際ロボットコンテスト「WRO2018タイ国際大会」へ日本代表17チームが出場】の続きを読む

    このページのトップヘ