Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 教育

     都立高校での「地毛が茶色の生徒に対しての黒染め指導撤廃」を求める要望書が「#この髪どうしてダメですか・署名プロジェクト」により、東京都教育委員会に提出されました。東京都教育庁指導部高等学校教育指導課長の佐藤氏は「生来の頭髪を一律に黒染めするような指導は行わない」とする方針を明言しました。

    【その他の画像】

     2019年3月18日、ヘアケアブランド「パンテーン」は、地毛証明書を提出したにも関わらず、髪を黒染めするよう指導される学生がいるというニュースを耳にしたことをきっかけに「#この髪どうしてダメですか」キャンペーンを展開しました。

     このキャンペーンは大きな広がりを見せ、Twitterでは約18万件の関連ツイートが投稿されました。この反響をきっかけにソーシャル・プロジェクト「#この髪どうしてダメですか・署名プロジェクト」が発足しました。

     発起人は、過去に地毛の黒染め指導を経験した大学生:U.O.氏、弁護士 瀧口徹氏、教育経済学者・慶應義塾大学 総合政策学部教授 中室牧子氏、ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン 代表理事 小林りん氏、認定NPO法人フローレンス代表・慶應大学特別招聘教授 駒崎弘樹氏。

     パンテーンが行った校則実態調査によると、13人に1人の現・元中高生が「生まれつき茶色い地毛を、学校から黒染めするよう促された経験がある」と回答しました。

     一方、多くの先生が校則に疑問を感じており、70%が勤務している学校の「髪型校則に疑問を感じている」と回答しました。学生も、生徒も、社会もこのルールを変えるべきと感じているのに、変えられていない実態が浮き彫りになりました。

     2019年5月8日より同委員会は、オンライン署名サイトchange.orgにて署名活動を開始。当初は1万人を目標にスタートしましたが、10日足らずで1万人を突破。7月26日集計時点で19065人の署名が集まりました。

     2019年7月30日に、同委員会は集まった署名を東京都教育庁指導部高等学校教育指導課長 佐藤聖一氏、東京都教育庁総務部教育情報課長 中西正樹氏に提出。署名を受け取った佐藤氏は「頭髪指導を行うにあたり、学校と生徒、保護者の信頼関係を構築し、丁寧に対応することが必要だと考えています」とコメント。さらに、こうした認識のもと、生来の頭髪を一律に黒染めするような指導は行わないとする方針を明言しました。

    署名を提出しました


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【地毛が茶髪の生徒に黒染め指導をしないで! 2万弱の署名を東京都教育委員会に提出】の続きを読む


    1 孤高の旅人 ★ :2019/07/30(火) 15:41:17.18

    都立高の頭髪黒染め指導、反対署名1.9万人 都教委「中止」明言
    7/30(火) 14:25配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000025-mai-life


     東京都立の高校の一部が、生徒の地毛でも黒く染めさせている頭髪指導を巡り、NPO代表や弁護士ら有志が30日、指導中止を求める1万9065人分の署名や要望書を都教育委員会に提出した。都教委は地毛の黒染め指導を行わないと回答した。

     署名活動は、子供の社会問題に取り組むNPO法人「フローレンス」代表理事の駒崎弘樹さん(39)や、都内の私立高校で実際に地毛の黒染め指導を受けた女性ら5人が発起人となって5月にスタートした。インターネットにサイトを設けて賛同者を募ってきた。

     署名に合わせ①都立学校で黒染め指導をしないよう通達する②各校のホームページに校則を掲載するなど情報公開を推進する――の2点を求める要望書も都教委に出した。

     これに対し、都教委高等学校教育指導課の佐藤聖一課長は「生来の頭髪を一律に黒染めするような指導は行わない」と明言。校則の公開については「学校の特色を掲載するページを充実させる取り組みを行っている」と述べるにとどめた。

     学校の頭髪指導を巡っては、2017年、生まれつき茶色い髪の黒染めを強要されて精神的苦痛を受けたとして、大阪府立高の3年生だった女子生徒が約220万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴し、係争中だ。

     提訴をきっかけに、行き過ぎた頭髪指導や時代遅れの校則を見直そうという機運が各地で高まった。しかし、その後も一部の中学校や高校では、地毛であっても黒く染めさせる対応が続いている。

     今回の署名活動に協力した家庭用品のプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)が今年2月、現役の中高生400人を含む計600人を対象に実施した調査で、13人に1人が地毛の黒染めを求める指導を受けた経験があったことが分かっている。【大久保昂】


    【【東京】都立高の頭髪黒染め指導、反対署名1.9万人 都教委「中止」明言】の続きを読む


    1 みなみ ★ :2019/07/24(水) 21:55:28.33

    7/24(水) 7:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190724-00573169-shincho-soci

    日本でもようやく来年2020年度から、小学校でプログラミング教育が導入される運びとなった。その背景にはIT分野の人材育成が諸外国に比べて、明らかに遅れていて、将来のAI時代を迎えるにあたり、危機感が高まっているという実態がある。桜美林大学の芳沢光雄教授が解説する。

    インドなどのIT教育が進んでいる国々と比べて、上記の主張を展開する記事をよく見かける。しかし、インドと日本では置かれている状況がまったく異なっている。それは一言で言ってしまえば、子どもへの算数教育だ。

     日本とインドの算数教育を比較すると、インドは日本よりも学年、地域、私立学校などにより違いがあるとはいえ、授業時間数が約1.5倍とはるかに多く、さらに「理解」を大切にする教育を実践している。日本はその部分が大きく欠落しているのだ。

     しかも、日本の場合、インドや中国の1割ほどの人口なので、本当はこれらの国の上位のクラス並に算数教育を充実させなければ、国際社会に勝っていくことは難しいにもかかわらずだ。

    以下ソースで
    ★1 2019/07/24(水) 20:44:57.73
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563968697/-100


    【算数教育の危機 「2億円は50億円の何%?」大学生の2割が間違えるという現実】の続きを読む


    1 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ :2019/07/17(水) 18:58:52.65

    高校生が「志願したい大学」 関東1位は3年連続で早稲田大 日大は順位落とす

     リクルート進学総研(小林浩所長)は7月17日、高校3年生に「志願したい大学」
    などを尋ねて順位づけした「進学ブランド力調査2019」を発表した。関東の
    志願度1位は3年連続で早稲田大だった。昨年、理系で1位で、総合4位だった
    日大は順位を落とした。一連の問題が影響した可能性があるという。

     調査は今年で12回目。高校3年生11万8128人に調査票を郵送し、4月の調査期間に
    1万3116人(11.1%)から回答があった。このうち大学進学希望者1万1544人の
    回答を基に関東・東海・関西の地域ごとに順位付けした。調査は、高校生が
    現実的に志願を考えている大学を探ろうとしており、定員が多い大規模大が
    上位に入りやすく、入試難易度が非常に高いと選ばれにくい傾向がある。

     関東の1位は早稲田大で3年連続の1位。2位は明治大、3位は青山学院大、
    4位は立教大、5位は法政大だった。3位までは昨年と同じ顔ぶれ。立教大、
    法政大は昨年より1つ順位を上げた。男女別では男子の1位は早稲田大、
    女子は初めて青山学院大が1位になった。

     昨年、アメリカンフットボール部員の悪質タックルに伴う問題があった
    日本大は6位。昨年の4位から順位を落とした。特に女子で5位から10位、
    理系で1位から8位に落としている。昨年は、一連の問題が報じられる前に
    調査を終えていたが、今年は影響したとみられるという。「(悪質タックル
    だけでなく)その後のメディアへの対応やニュースでの出方(報じられ方)の
    影響はあった。今年の(入試の)志願者数は実際に減らしています」
    (小林所長)。教育内容の良い面が伝われば、来年以降順位を回復する
    可能性もあるという。
    .

     関西の1位は関西大、2位は近畿大、3位は大阪市立大で、昨年と同じ順位だった。
    関西大の1位は12年連続。近畿大は2017年に関西大と並んで1位だったが、
    昨年と今年は2位。男女別では、男子の1位は昨年の近畿大にかわり関西大。
    女子の1位も関西大だった。
    .

     東海の1位は、昨年に続き名城大。2位は昨年と同じ名古屋大、3位は昨年4位の
    静岡大だった。男子の1位は名城大、女子は初めて愛知淑徳大が1位に入った。


    高校生新聞オンライン(7/17(水) 13:57配信)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-00010000-koukousei-soci

    ◆◆◆スレッド作成依頼スレ★1281◆◆◆
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563011511/569


    【【受験】高校生が「志願したい大学」 関東1位は3年連続で早稲田大、2位明治大、3位青山学院大、4位は立教大、5位は法政大】の続きを読む


    1 記憶たどり。 ★ :2019/07/17(水) 13:12:06.47

    クイズ正解「ベロチュー」 小学教諭、女児休みがちに

     金沢市立小学校で4月、40代の男性教諭が、担任する6年生の児童に「クイズに正解したらベロベロチュー」などと発言していたことが17日、市教育委員会への取材で分かった。
     教諭は「冗談のつもりだった」と話しているが、一部の女児がショックを受けて休みがちになり、自ら校長に申し出て今月11日に担任を交代した。

     市教委によると、教諭は4月上旬、健康診断で教室に控えていた複数の児童に算数に関するクイズなど5問を出した。
     1問正解するごとに「握手」「高い高い」「なでなで」「ハグ」「ベロベロチュー」から一つを選べると発言。
     実際には握手以外はしていない。

     翌日、女児の1人がショックを受けて学校を休み、保護者に相談したため発覚した。
     女児は遅刻や早退が多くなったが、現在は学校に通っているという。

    産経新聞 2019.7.17 11:34
    https://www.sankei.com/affairs/news/190717/afr1907170009-n1.html


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1563331790/
    1が建った時刻:2019/07/17(水) 11:49:50.60


    【【石川】40代小学教諭「クイズに正解したらベロベロチュー」 女児1人ショックで休みがちに】の続きを読む

    このページのトップヘ