Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 趣味・娯楽

    空知英秋原作による実写映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」の新キャストが発表された。伊東鴨太郎役を三浦春馬、河上万斉役を窪田正孝が務める。

    【大きな画像をもっと見る】

    「銀魂2 掟は破るためにこそある」では、真選組の内紛が展開される「真選組動乱篇」と、将ちゃんこと将軍が登場する「将軍接待篇」を合わせたエピソードが描かれることが伝えられたばかり。三浦が演じる伊東は、真選組の参謀として政治面で活躍する一方、剣の腕も一流という才人。中村勘九郎扮する近藤勲や局員からの信頼は厚いが、柳楽優弥扮する副局長・土方十四郎とはそりが合わず犬猿の仲という役どころだ。

    また窪田が演じる河上は、音楽プロデューサーという表の顔を持ちながらも、堂本剛扮する高杉晋助が率いる武装集団・鬼兵隊に所属。ヘッドホンにサングラス、ロングコートに三味線と、独特なスタイルが印象的なキャラクターだ。

    三浦、窪田ともに福田監督作品には初めての挑戦。三浦は「伊東鴨太郎の所作や表情の作り方などキャラクターの特徴を遠いものにしてはいけないので原作やアニメを見て研究しました」とコメント。また窪田は「『銀魂2』への参加はとても大きなプレッシャーはありましたが、やらせてもらうからには楽しもう、と自分に出せるものをすべて出してこの万斉役に挑みました」と語っている。

    また伊東と万斉のキャラクタービジュアルがデザインされたムビチケカードの発売も決定。先立って発表された、堂本剛演じる高杉晋助デザインとともに、7月13日に販売を開始する。映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」は、8月17日より全国ロードショー。

    三浦春馬(伊東鴨太郎役)コメント

    小栗さんから「福田監督は役者である自分たちのことを本当に思ってくれる方だ」と聞いていましたが、実際にそれを感じさせてくれる素晴らしい現場でした。作品は見事に銀魂らしいユーモアや、全力でふざける部分と、アクション満載の熱いドラマである真選組動乱篇が良いコントラストをなしていると感じました。伊東鴨太郎の所作や表情の作り方などキャラクターの特徴を遠いものにしてはいけないので原作やアニメを見て研究しました。例えば伊東のアイデンティティともいえるメガネを触れるタイミングや触れ方そのものにも注意しました。殺陣やアクションも楽しかったです。実は刀を使っての殺陣は映画では初めてでした。舞台での殺陣と映像での殺陣は見え方、見せ方が違うと自分では理解していましたが、それを改めて学んでいくような現場でもあり、最善を尽くして演じたからこそとても勉強になる現場でした。

    窪田正孝(河上万斉役)コメント

    『銀魂』はギャグとシリアスな部分の融合性がとても新しく、原作特有なことですが、映画では他にはなかなかないものだと感じていました。その『銀魂2』への参加はとても大きなプレッシャーはありましたが、やらせてもらうからには楽しもう、と自分に出せるものをすべて出してこの万斉役に挑みました。これまでにもアクションは多くやってきましたが、『銀魂』の殺陣は独特で“間合い”をつかむのが難しかったです。また小栗さんは身長も高く、手も長いのでリーチやエリアがとても広いんです。そこにも苦戦しましたが、演じるにつれて銀時と万斉の“気持ちがふつかっていく”ことにつながったと感じました。福田監督とは初めてご一緒しましたが、演出は一度だけ、サングラスを持ち上げる演技で「それは人差し指1本のがいい」と言われました。『銀魂2』は流れるような面白さがあって、たくさん笑えてたくさん泣けて、でも最後にはぐっと締まるような作品。『銀魂2』を楽しみにしていた方はもちろん、初めて『銀魂』を観る方でも思いっきり楽しんでいただけると思います。

    映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」

    2018年8月17日より全国ロードショー

    出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、吉沢亮、長澤まさみ、岡田将生、ムロツヨシ、キムラ緑子、佐藤二朗、中村勘九郎、堂本剛、三浦春馬、窪田正孝 ほか
    脚本・監督:福田雄一
    原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
    製作:映画「銀魂2」製作委員会
    制作プロダクション:プラスディー
    配給:ワーナー・ブラザース映画

    (c)空知英秋/集英社 (c)2018 映画「銀魂2」製作委員会

    左から三浦春馬扮する伊東鴨太郎、窪田正孝扮する河上万斉。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【映画「銀魂2」伊東鴨太郎役で三浦春馬、河上万斉役で窪田正孝が出演】の続きを読む

     人気テレビアニメ『幽☆遊☆白書』が7月2日よりTOKYO MXにて再放送されることが決定した。『暗黒武術会編 戸愚呂チーム戦』を中心にセレクションされた計26話が再放送され、人気エピソードである第55話「爆烈! 目覚めた妖狐」は、蔵馬役の緒方恵美、鴉役の堀川りょう、妖狐蔵馬役の中原茂による新規収録の副音声付きで放送される。

    【画像】妖狐蔵馬や霊丸を撃つ幽助にまた会える

     同作は、冨樫義博氏が『週刊少年ジャンプ』(集英社)で1990から94年にかけて連載していた人気漫画が原作。テレビアニメは92年からフジテレビ系列で放送され、今回の再放送は25周年プロジェクトの一環として企画された。

     第55話の緒方、堀川、中原による副音付きエピソードは、8月20日に放送する。

     また、再放送に合わせて7月27日に発売する『幽☆遊☆白書 25th Anniversary Blu-ray BOX 霊界探偵編』の描き下ろしイラストも公開された。
    『幽☆遊☆白書』25周年記念キービジュアル


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『幽☆遊☆白書』7・2再放送決定 第55話は緒方恵美、堀川りょう、中原茂の副音声付き】の続きを読む

    劇場アニメ『ペンギン・ハイウェイ』がアヌシー国際アニメーション映画祭でイベントを開催した。石田祐康監督とキャラクターデザインの新井陽次郎が登壇し、フランスのファンから喝采を浴びた。

    【大きい画像を見る】「『ペンギン・ハイウェイ』アヌシー国際アニメーション映画祭」(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会


    『ペンギン・ハイウェイ』の原作は、『夜は短し歩けよ乙女』や『有頂天家族』など数々のベストセラー作品を持つ森見登美彦の同名小説。無限の可能性を秘めた少年の瞳を通して描かれる青春ファンタジーだ。

    本作は世界四大アニメーション映画祭の一つであるアヌシー国際アニメーション映画祭に招待された。現地時間6月15日には、新作アニメ映画を紹介するイベント「Work in Progress」を開催。石田祐康監督と新井陽次郎が登壇し、予告編が上映されると、満席の会場から歓声があがった。

    石田監督は自身初の長編作品に『ペンギン・ハイウェイ』を選んだ理由について「少年の目線で、少年の世界を純粋なかたちで描きたかったこと、そして少年からの“お姉さん”にあこがれる気持ちも物語をひっぱる強い力があると感じたし、日常の中に不思議なことが入り込んでくる絶妙なバランスに惹かれた」とコメント。
    新井は主人公・アオヤマくんのキャラクターデザインについて「アオヤマくんは少し背伸びをしていて、同級生のいじめっ子と対立していたりする。同年代から見ると生意気なんだけど、大人から見るとかわいらいしく見えるよう意識した」と制作秘話を語った。

    『ペンギン・ハイウェイ』アヌシー国際アニメーション映画祭
    さらに新井は壇上でライブドローイングも行った。会場のファンはアオヤマ君とペンギンが滑らかに描かれていくのを熱心に見守り、完成すると大きな拍手を送った。
    『ペンギン・ハイウェイ』は8月17日全国ロードショー。フランスでは2019年公開予定で、世界10ヵ国での上映も決まっている。

    『ペンギン・ハイウェイ』ライブドローイング
    『ペンギン・ハイウェイ』
    8月17日(金)より全国ロードショー

    [コメント]
    石田祐康監督
    「最初は緊張しましたが、お客さんのリアクションから伝えたいことが伝わっている感じがしたので嬉しかったです。フランスの皆さんにも早く作品を観てもらって感想がききたいと思っています」

    キャラクターデザイン・新井陽次郎
    「皆さんに喜んでもらおうと、ライブドローイングは練習もしてきたので、肩の荷が少しおりました。喜んでもらえていたら嬉しいです」

    (C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会【ほかの画像を見る】「『ペンギン・ハイウェイ』アヌシー国際アニメーション映画祭」(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会
    「『ペンギン・ハイウェイ』アヌシー国際アニメーション映画祭」(C)2018 森見登美彦・KADOKAWA/「ペンギン・ハイウェイ」製作委員会


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【「ペンギン・ハイウェイ」アヌシー映画祭に石田祐康監督ら登壇 ライブドローイングにファン熱狂】の続きを読む

    2018年2月16日から今なお劇場上映を続けるロングラン大ヒットを記録し、映画史にその名を刻んだミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』に出演した唯一の日本人ダンサー・小森悠冊が12日、アメブロにてオフィシャルブログを開設。
    本作出演をとおして「今僕の中では人生第2章といったところですかね。とても楽しく幸せです」との心境を明かした。

    本作は、第75回ゴールデングローブ賞のミュージカル/コメディ部門において、作品賞と主演男優賞(ヒュー・ジャックマン)にノミネート。19世紀に人気を博した興行師、P・T・バーナムの成功を描くミュージカル映画。感動と興奮が湧き上がるエキサイティングなショーが見どころで、特にあの大ヒット映画「ラ・ラ・ランド」の作詞・作曲チームが再集結して生まれた音楽は話題となった。小森は、Chang(チャン)&Eng(エン)兄弟のChang役として唯一の日本人キャストとして抜擢。初のハリウッド映画出演となる。

    ブログ初投稿は、「みなさんはじめまして。小森悠冊と申します!! 今日からアメブロを始める事にしたので簡単な自己紹介をさせてもらいます!!」と前置きをし、「NY生まれの東京育ち、踊りを職業としています。現在NYを拠点として活動し、日本には年に2度ほど帰っています」と自身の経歴を紹介。

    続けて、本作でChang役として出演したことについて「始めは日本人が出演しているというのを知られていないというのがやはり事実としてありました。ただ映画が公開され始めてからは少しずつ知られていき今に至るわけなのですが。。」と公開直後の反応について触れつつ、「日本で公開されるより前にアメリカで何度もこの映画は観たのでグレイテストショーマンの良さはもちろん知っていたのですが、なにより日本でこの映画が大盛況だったのと、沢山の、本当に沢山の方々から映画を観て好きだったという事を直接言っていただけたのは嬉しかったです」「噂では地域によってまだ上映している劇場もあるとかないとか。いやー嬉しいですよね」と喜びをかみしめた。

    また、これまで舞台をベースに活動してきた小森は、「僕自身今まで踊り一筋で生きて来た人間なので、“映画”というまた新たなジャンルに挑戦できた事はこの上なく良い経験が出来たと思っています」と充実感をにじませ、「素晴らしいキャストと共に全員が一丸となって良い作品を世に送り出そうという気持ちが画面からも伝わったはずです!!」と本作への思いを綴った。

    最後は、「この経験をして、今僕の中では人生第2章といったところですかね。とても楽しく幸せです」と新たなスタートを喜び、「このブログでは今後色々な事をシェアしていこうと思っているので今後ともお見逃しなく!」と呼びかけた。



    ブログには、キャスト陣とのオフショットや自撮り写真などを公開。さらにハッシュタグに「#グレイテストショーマン」「#唯一の日本人」「#アメブロはじめました」と添えられいてる。



    この投稿にファンからは、「ブログ更新楽しみ」「日本の誇りですねー!」「これからも頑張ってください!」「日本人唯一ご出演されていたんですね…すごすぎます><」「そしてオフショット最高です…!もっと見たい笑」「応援してます!」「すごいですね!」「グレイテストシャーマンの参加、すごいですね!」「グレイテストショーマン良かったです!」などと様々な声が寄せられている。
    関連画像キャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【ダンサー小森悠冊がブログ開設! 映画オフショット公開】の続きを読む

     『ゲゲゲの鬼太郎』6期に登場する、ねこ娘のキャラクターデザインがこれまでの昭和の香りただようデザインから一新され、八頭身・ハイヒールのお姉さまキャラへと変貌しました。

     本記事ではイラストをコメント付きで楽しめるサイト「ニコニコ静画」に投稿された画像で6期ねこ娘の魅力を皆様にご紹介いたします。


    猫娘とまな

    絵師:高野いつきさん

    (画像はニコニコ静画より)

    ねこむすめ

    絵師:さくさくさくらいさん

    (画像はニコニコ静画より)

    マタタビに酔わされるネコ姉さん

    絵師:もぶさん

    (画像はニコニコ静画より)

    あるさ おまえの いえのそば

    絵師:sennさん

    (画像はニコニコ静画より)

    ねこ姉さん

    絵師:Z.O.Bさん

    (画像はニコニコ静画より)

    続・猫娘可愛かった記念

    絵師:栢山さん

    (画像はニコニコ静画より)

    朝は寝床でグーグーさせてくれない ねこ娘

    絵師:菅野タカシさん

    (画像はニコニコ静画より)

    ねこ娘 足組み

    絵師:TYONEさん

    (画像はニコニコ静画より)

    変なポーズ!

    絵師:からあげさん

    (画像はニコニコ静画より)

    手繋ぎたいの?べっ…別にいいけど

    絵師:弓師さん

    (画像はニコニコ静画より)

    ねこ娘ちゃん

    絵師:マサムネさん

    (画像はニコニコ静画より)

    ゲゲゲの鬼太郎

    絵師:にゃーさん

    (画像はニコニコ静画より)

    ▼紹介しきれなかった「ねこ娘」の画像をもっと見たい方はコチラ▼

    イラストをコメント付きで楽しめるサイト「ニコニコ静画

    ―関連記事―


    美女化が止まらない“ねこ娘” 1968年から続く『ゲゲゲの鬼太郎』の歴史を古参オタクが新人声優に講義「鬼太郎も同人誌で美化されたり…」

    「ホシノ・フミナ」のフィギュアを“猫娘”に魔改造したらめちゃんこセクシーになった件


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【「ねこ娘」厳選イラスト集“可愛い&セクシー”を完全網羅した6期ビジュアルに心奪われる】の続きを読む

    このページのトップヘ