Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 趣味・娯楽

     2018年上半期(2017年冬~2018年6月公開作品)の上半期外国映画作品別興行収入ベストテンが文化通信社より発表され、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が興収75億円(以下、数字は一部推定)を記録し、上半期1位を獲得した。125億円を超えた『美女と野獣』を筆頭に、上位8作品が40億円超えとなった昨年度に比べると、今年は全体的な洋画の興収が伸び悩んだ印象があるが、それでも上位5作品は30億円超えを果たしている。

     2017年12月15日に『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は全国377劇場・937スクリーンで公開。初週の土日2日間で動員73万7,467人、興収11億2,580万円を記録。新シリーズに入って初めて動員・興収ともに初登場1位を飾り、5週連続でトップを走った。2作連続の100億円突破作品とはならなかったものの、その後も11週連続でベストテン入り。見事2018年上半期ナンバーワン作品に輝いた。

     昨年に続き、今年もディズニー作品は4本(『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『リメンバー・ミー』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『ブラックパンサー』)がランクイン。「マーベル」「ピクサー」「スターウォーズ」といった強力ブランドを持つ同社の強さを改めて印象づけた。

     ヒュー・ジャックマン主演の『グレイテスト・ショーマン』が興収52億円で2位。これは58億9,000万円を記録したヒュー主演の『レ・ミゼラブル』に匹敵する成績だ。2月16日に初日を迎えた同作は、初週の全国映画動員ランキングで初登場1位を記録。その後、10週連続でトップテン入り。主題歌となった「This Is Me」をはじめとしたパワフルな楽曲の数々が話題となり、口コミが広がったことと、多くのリピーターを獲得したことがロングランヒットにつながった。

     下半期は、現在大ヒット公開中の夏映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』『インクレディブル・ファミリー』『ジュラシック・ワールド/炎の王国』がランクインすることが予想され、洋画全体の底上げとなるか注目される。

     上半期ランキングでは、前述した『グレイテスト・ショーマン』に加え、『デッドプール2』『キングスマン:ゴールデン・サークル』『オリエント急行殺人事件』と20世紀フォックス映画配給作品が4本ランクインを果たした。今後、20世紀フォックス映画はディズニーが買収する可能性があり、業界再編がどのような影響を及ぼすのか。その流れにも注目したい。(取材・文:壬生智裕)

    【2018年の上半期外国映画作品別興収ランキングトップ10】(最終興収の数字は一部推定)

    1『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』75億円
    2『グレイテスト・ショーマン』52億円
    3『リメンバー・ミー』50億円
    4『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』37億3,000万円
    5『ボス・ベイビー』34億3,000万円
    6『レディ・プレイヤー1』25億5,000万円
    7『デッドプール2』18億円
    8『キングスマン:ゴールデン・サークル』17億円
    9『オリエント急行殺人事件』16億2,000万円
    10『ブラックパンサー』15億5,000万円

    映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』より - (C)Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【2018年上半期洋画1位は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 - 上半期洋画ランキング】の続きを読む

    NO.6857289 2018/08/12 11:08
    渡辺麻友 AKB卒業後初の主演ドラマは、まさかの2%台
    渡辺麻友 AKB卒業後初の主演ドラマは、まさかの2%台
     まゆゆこと渡辺麻友がAKB48卒業後、初めて主演するフジテレビ系連続ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』(土曜午後11時40分〜)が、4日に放送開始したが、初回2.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と大惨敗。

    深夜枠とはいえ、あまりの低視聴率で、再び“爆死女王”と呼ばれることになりかねない。

     渡辺は2015年4月期の『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)で、稲森いずみとのダブル主演の形で主演を務めた。

    しかし、視聴率はプライム帯で、よもやの3%台を連発するなど大苦戦。

    結局、全10話予定のところ、第9話で打ち切りとなってしまい、平均視聴率は4.8%と5%にも満たなかった。

    その後、渡辺は秋元康氏がプロデュースした連ドラ『サヨナラ、えなりくん』(テレビ朝日系/17年5月〜7月)で主演したが、これはAKB系の深夜ドラマとあって、評価の対象にはなり得なかった。

    『書店ガール』の終了から3年がたち、その爆死のほとぼりも冷めかけた中、『いつかこの雨がやむ日まで』がスタートした。

    同ドラマは、ミュージカル女優を夢見る一人の少女・森村ひかり(渡辺)と親しい女優が殺害される事件が発生し、その女優の恋人で、ひかりの兄・國彦(桐山漣)が犯人として逮捕され、人生が一変。

    殺人犯の妹となってしまったひかりは、逃げるように故郷を去り、名字も母方の姓に変え、暗い生活を送る。

    15年後、出所した兄は無実を主張。

    かつて、兄を逮捕に至らしめた男・谷川和也(堀井新太)と再会し、またも運命を翻弄されていく……という物語。

    深夜ドラマとはいえ、フジはそのプロモーションに力を入れ、相手役にはブレーク中の若手俳優・堀井を起用するなど、最善を尽くしているのだが、初回からいきなり2%台の惨事となってしまった。

    今年に入ってからの同枠ドラマの初回視聴率は、『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』(滝沢秀明主演)が4.0%、『いつまでも白い羽根』(新川優愛主演)が3.0%、『限界団地』(佐野史郎主演)が3.8%で、『いつかこの雨がやむ日まで』は2.9%でワースト。

    今期、同じ午後11時台に放送開始する民放の深夜ドラマの初回視聴率は、滝藤賢一、広瀬アリス主演『探偵が早すぎる』(日本テレビ系)が3.9%、山田孝之、菅田将暉主演『dele』(テレビ朝日系)が5.5%、窪田正孝主演『ヒモメン』(同)が4.6%で、やはり『いつかこの雨がやむ日まで』は、ここでも最低だ。

    もともと、この「オトナの土ドラ」自体が数字を持ってないにしても、初回で2%台は、なんともさびしい数字。

    プライム帯の連ドラと違い、視聴率が大きくクローズアップされるわけではない。

    だが、渡辺としては、なんとかこの先、巻き返して、“爆死女王”と称されるのだけは避けたいところだろう。

    (文=田中七男)
    【日時】2018年08月12日 08:00
    【提供】日刊サイゾー


    【渡辺麻友 AKB卒業後初の主演ドラマは、まさかの2%台】の続きを読む

    映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』日本版予告編が公開された。

    同作は大物になる夢を抱いてロサンゼルスのシルバーレイクへ出てきた「オタク」のサムが、向かいに引っ越してきた美女・サラに一目惚れするが、彼女が忽然と消えてしまったことをきっかけに、シルバーレイクに潜む陰謀に迫っていく、というあらすじ。サム役をアンドリュー・ガーフィールド、サラ役をライリー・キーオが演じる。監督は『イット・フォローズ』のデヴィッド・ロバート・ミッチェル。公開は10月13日。

    予告編には、サムがゲームをする場面や、サムとサラが夜のプールで出会うシーン、失踪したサラを探すために、暗号や隠し言葉、サブリミナル、都市伝説、仕掛け地図を頼りに奔走するサムの姿などが映し出されている。あわせて「この街は、何かに操られている。」というキャッチコピーが書かれたポスタービジュアルが公開された。

    デヴィッド・ロバート・ミッチェル監督は「本作には、沢山の謎が隠れていて、人が見つけてくれるのを待っている」とコメント。8月17日から特製クリアポーチ付き前売り券を販売開始する。
    『アンダー・ザ・シルバーレイク』日本版ポスタービジュアル ©2017 Under the LL Sea, LLC


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【光溢れるLAの闇に迫る 映画『アンダー・ザ・シルバーレイク』日本版予告編】の続きを読む

    8月11日~12日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。お盆休み前の週末は上位3作品に変動はなく、アニメ作品では「インクレディブル・ファミリー」が3位をキープ。公開4週目の「未来のミライ」は7位から6位に順位を上げ、累計興収は20億円を突破した。

    前週4位スタートを切った「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 2人の英雄(ヒーロー)」は7位に後退。9位の「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」は累計動員が204万人、興収は23億円を超えた。

    首位は「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」が3週連続で堅持。2位には「ミッション:インポッシブル フォールアウト」が続き、「ジュラシック・ワールド 炎の王国」が6位から4位に順位を上げている。新作の「オーシャンズ8」は5位に初登場した。

    今週末には、17日から人気作家・森見登美彦による日本SF大賞を受賞した小説をアニメ映画化した「ペンギン・ハイウェイ」、18日から鈴木央の人気漫画が原作の「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」、そしてアニメ作家・坂本サクが監督、原作、脚本、アニメ制作、音楽を手がけた「アラーニェの虫籠」が公開される。

    (C) スタジオ地図


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【【週末アニメ映画ランキング】「未来のミライ」が6位に再浮上、興収20億円突破】の続きを読む

    米ミュージカル映画「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」のジャパンプレミアが8月13日、都内で行われ、ジャパンアンバサダーを務める5人組ボーカルユニット「Little Glee Monster」と、同作で"ハリウッドデビュー"を果たしたお笑いタレントの横澤夏子が登壇した。

    【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら

    リトグリの5人は、7月16日に英ロンドンで行われたワールドプレミアにも参加。製作総指揮も務めるABBAのベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルバースの前で「ダンシング・クイーン」の一節をアカペラで披露し、本家の"お墨付き"をもらった。

    芹奈は、「始まる前から皆でABBAの曲を一緒に歌って、和やかな雰囲気でした」と感想。manakaも、「すごく光栄で、皆で何度も練習しました。緊張したけれど、2人が一緒に口ずさんでくれてうれしかった」と笑顔で振り返った。

    この日も上映後に、同曲を約4000人の観客とともに大合唱。途中から客席に座っていたダンサーが踊り出すフラッシュモブの演出も加わり、会場を盛り上げた。

    一方、横澤は「プロモーション用だと思っていて、やけに豪華なケータリングだと思っていたけれど、まさか本編(で使われる)とは知らなかった。私もヤフーニュースで知ったくらい」と驚きを隠せない様子。母親や昨年結婚した夫からも「吉本でもできるんだ」と驚いたそうだが、役どころは明かせず「まばたきしたらいなくなっちゃいますから。今度はセリフがある役がほしい」と観客に注意喚起した。

    「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」は、2008年に公開され大ヒットした「マンマ・ミーア!」の10年ぶりの続編。母親のドナ(メリル・ストリープ)の夢だったホテルを完成させた娘のソフィ(アマンダ・セイフライド)の奮闘と、ドナがいかにして"3人の父親"と出会ったかが交錯して描かれる。8月24日から全国で公開される。

    8月24日から全国で公開


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【リトグリ、ABBAお墨付きの「ダンシング・クイーン」を4000人と大合唱】の続きを読む

    このページのトップヘ