Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 趣味・娯楽

    4月21日(日)に“平成最後の、そして令和最初の日曜劇場”としてスタートする、福山雅治主演『集団左遷!!』(TBS系)のナレーションを貫地谷しほりが担当することが決定した。

    ©TBS

    本作は、50歳を目前にして廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山雅治)と、リストラ寸前の銀行員たちが協力して大逆転に挑む“平成最後の、そして令和最初の下克上”を描く物語。

     

    このたび、本作のナレーションを女優の貫地谷しほりが担当することが決定した。『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK総合)などのドキュメンタリー番組をはじめ、ジャンルを問わず多くの番組でナレーションを務め、その落ち着いた語り口に定評がある貫地谷が、ドラマの世界観やストーリーを受け止めるための重要なナビゲーターとなる。

     

    <貫地谷しほりコメント>

    ドラマに出演する皆様のとても濃いお芝居に負けないように頑張りました。

     

    自分の出演しないドラマのナレーションをするのは今回が初めてでした。ドキュメンタリー番組のナレーションは風景や人物に寄り添って紡いでいくという印象が強いのですが、今回は熱のこもった出演者に負けないように、こちらも“当てていく”というような感じでしたね。

     

    本編の映像を拝見して監督も凝って制作してらっしゃるのも感じましたし、そこに負けない“パンチ”を意識しながら演じました。

     

    日曜劇場『集団左遷!!』
    TBS系
    4月21日(日)スタート

     

    後9・00~10・19※初回85分スペシャル
    毎週日曜 後9・00~9・54

     

    ©TBS


    貫地谷しほりが福山雅治主演『集団左遷!!』でナレーションを担当「濃いお芝居に負けないように」


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【貫地谷しほりが福山雅治主演『集団左遷!!』でナレーションを担当「濃いお芝居に負けないように」】の続きを読む

    4月21日からスタートする日曜劇場『集団左遷!!』のレギュラー陣が、“TBSを電波ジャック”と19日朝から『あさチャン!』『ビビット』など情報番組に生出演した。『あさチャン!』では、MCの夏目三久が同ドラマの主演を務める福山雅治にあるお願いをした。

    日曜劇場『集団左遷!!』は、江波戸哲夫の小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』を実写化したドラマだ。50歳を目前にして廃店が決まっている銀行支店の支店長になった主人公・片岡洋(福山雅治)とリストラ寸前の社員たちが、力を合わせて組織の理不尽さに対し果敢に立ち向かっていく。キャストは福山をはじめ、香川照之、神木隆之介、中村アン、井之脇海、三上博史、市村正親ら豪華な顔ぶれとなっている。

    19日放送の『あさチャン!』では、番組終盤に夏目三久が「素適なゲストにお越しいただいております」と『集団左遷!!』チームを紹介。初回放送の日時などを告知した後、「ちょっと一つだけ、わがままを申して良いですか?」と福山に話しかけた。そして夏目は、「沢松さん…」と奥にいた金曜レギュラーの沢松奈生子の方に歩み寄っていく。すると「いやぁ、ちょっと待って!」「無理、無理、無理、無理~」と必死に抵抗する沢松の声がスタジオ中に響き渡った。福山のファン歴25年だと聞いていた夏目が、彼の横に来るよう沢松に促したものの「無理、無理、無理、すいません」とまたもや“無理”を連発。決して、福山の横に並ぼうとはしなかった。

    さらに夏目が「沢松さんに一言だけ、お願いしていいですか?」と福山に頼むと、彼は沢松を見詰め「抱きに来ました!」と声をかける。その言葉に沢松は「きゃあぁぁぁ!」と腕を震わせ、腰を落としながら大喜びしていた。この姿にネット上では「福山雅治に真っ赤になる沢松さん可愛すぎる!」「好きすぎて近寄るのも無理ってのは分かる」「沢松さんのドキドキ、 真のましゃファンですね」「沢松さん腰くだけてた」と、好意的なコメントが多く見受けられた。

    画像は『TBSテレビ「あさチャン!」 2019年3月22日付Twitter「明日3/23は沢松さんのお誕生日です」』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 みやび)


    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【福山雅治ファン歴25年の沢松奈生子 本人から「抱きに来ました!」と言われ腰砕けに】の続きを読む

    福山雅治主演によるドラマ「集団左遷!!」(TBS系)が4月21日にスタートする。福山が連続ドラマで主演するのは、2016年放送の「ラヴソング」(フジテレビ系)以来3年ぶり。俳優・福山を渇望していたファンにとっては、待ちに待ったというところだろう。しかも、TBSへの出演は1998年放送の「めぐり逢い」以来21年ぶりで、「半沢直樹」や「99.9-刑事専門弁護士-」などのヒットを飛ばす日曜劇場での主演とあって、気合が入っているという。

     4月4日には、番宣絡みで「櫻井・有吉THE夜会」に出演した際には、高校時代ヤンチャをしていて、髪をリーゼントにしていたことや、バス停に立っていると、乗車している女子が福山見たさに移動し、バスが傾いたという逸話まで披露。あげく、カメラ目線で「モテました」とキメて見せた。

    「この日の福山は、カッコつけた男ではなく、ラジオでのトークに近い下世話な話も大好きな普通のオッサンモード。飲み過ぎた次の日に、排泄が緩くなり菊を痛めたことまでテレビで話したのには驚きました。福山のラジオトークを知らない人たちにとっては新鮮だったようです。視聴者からは『イケメンなのに気取らないましゃもよかった』『福山君の昔話が面白くて大笑いしました』『トーク冴え過ぎ』など好印象を残したようです」(女性誌記者)

     福山は、平均視聴率20%超えだった「ガリレオ」(フジテレビ系)シリーズ以来、ドラマのヒットから遠ざかっている。そんな福山にとって、今作は正念場。熱血漢の銀行支店長をどう演じるのか楽しみにしたい。


    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【福山雅治、自ら番宣に奔走!主演ドラマ「集団左遷」に向けた気合】の続きを読む

    【池田エライザ/モデルプレス=4月16日】モデルで女優の池田エライザが、発売中の雑誌『up PLUS』の表紙を飾った。

    【さらに写真を見る】池田エライザの視線にドキッ ヘアがおしゃれすぎる

    ◆池田エライザ、美脚披露

    オレンジカラーのドレスで表紙を飾った池田。

    誌面では、大胆にスリットの入ったスカートから、美しい脚を披露している。

    ◆池田エライザ「貞子」撮影現場での怪奇現象明かす

    5月24日に公開される映画『貞子』で主演を務める池田は、撮影中のエピソードについて「とにかく一番自分が怖がること!撮影現場では不思議な現象も度々起きたので、本当に怖かった」と告白。

    「自分の呼吸がやたら響いたり、水音ひとつで飛び上がるような感度に高まっていましたね」と現場での様子を明かした。

    ◆池田エライザ主演「貞子」

    見ると1週間後に呪い殺されるという「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司氏のホラー小説を、中田秀夫監督が映画化した『リング』(98)。大ヒットを記録し、のちに続くJホラーブームの火付け役となるとともに、長い黒髪に白いワンピースをまとい、井戸やテレビから這い出る “貞子”のキャラクター像は、全世代に圧倒的な認知を持つほどの存在に。今作は、そんな日本のホラー映画界を牽引してきた『リング』シリーズ最新作となる。(modelpress編集部)

    情報:アップマガジン

    【Not Sponsored 記事】

    池田エライザ/「up PLUS」5月号(画像提供:アップマガジン)


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【池田エライザ「貞子」撮影現場での怪奇現象明かす】の続きを読む

    【金曜ロードSHOW!】
    4月19日(金)「ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)」
    よる9時00分~10時54分


    モンキー・パンチさんの訃報を受けて、「金曜ロードSHOW!」では、放送作品ラインナップを急遽変更し、代表作である「ルパン三世」の劇場版第1作『ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)』を4月19日に放送することが決定した。

    「金曜ロードSHOW!」では、「ルパン三世」のテレビスペシャルや劇場版を長年にわたって放送してきた。今回、心からの哀悼の思いと感謝の気持ちを込めて、記念すべき劇場版第1作である本作を放送。アクション、ストーリー、心躍るテーマ曲……すべてが最高にかっこよく、最強の敵・マモーとルパンが大バトルを繰り広げる伝説の名作だ。

    なお、4月19日放送を予定していた『名探偵コナン 天空の難破船(ロストシップ)』の放送については未定。翌週4月26日の『名探偵コナン ゼロの執行人』は予定通り放送する。


    ストーリー

    ルパンが処刑された。だが、銭形警部はそれを信じようとしなかった。その銭形警部の前に、処刑されたはずのルパンが姿を現す。処刑されたのは、ルパンそっくりの人物だったのだ。ルパンはエジプトのピラミッドに眠る賢者の石を盗み出し、不二子の待つパリに向かうが、不二子はルパンから賢者の石を騙し取り、ある依頼人のもとに行く。その男はマモーと名乗った。不二子に何度も騙されるルパンに、愛想を尽かし去っていく次元と五ェ門。そんな中、ルパンはマモーに捕らわれ、カリブ海の孤島に運ばれてしまった…。果たしてルパンはマモーに勝てるのか?

    作品情報

    「ルパン三世 ルパンVS複製人間(クローン)」(1978)
    ◆原作:モンキー・パンチ 
    ◆監督:吉川惣司 ◆脚本:大和屋竺、吉川惣司
    ◆監修:大塚康生 ◆音楽:大野雄二
    ◆声の出演:山田康雄、増山江威子、小林清志、井上真樹夫、納谷悟朗、西村晃

    他の記事も読む

    関連記事








    (出典 news.nicovideo.jp)




    【金ロー“モンキー・パンチさん追悼”「ルパンVS複製人間(クローン)」4月19日放送】の続きを読む

    このページのトップヘ