Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 企業

     本日4月22日13時~17時まで、千代田区一ツ橋の学術総合センターで、「著作権侵害サイトのブロッキング要請に関する緊急提言シンポジウム」が開催されています。この中でブロガー、著作家の山本一郎さんが登壇し、海賊版漫画サイトの「漫画村」についての調査結果を語りました。

    【画像】漫画村の収入源の詳細

     山本一郎さんによると、「漫画村」は2017年11月時点で月間6000万円前後の売上があったと推測。収入源の1つはサイトに掲載されている広告で、最も売上として大きかったのは“大手アダルトサイトD社”(山本一郎さんいわく「アダルト系でDがつく会社というとあまり多くはないと思われますが」とのこと)からの月間売上約350万円。掲載頻度が20%に設定されており、アドネットワークでの月間売上はおよそ1900万円とのこと。

     その他、中堅出会い系サイトC社のタイアップ広告が週間売上80万円/週、別のタイアップ広告の月間売上1400万円/月などの広告収入があったとしています。

     なお、以前ねとらぼで、漫画村は“発火型”の広告(サイト利用者が広告の商品を実際に購入するとサイト運営元に利益が入る)を掲載していたと報じましたが、実際にはこのタイプはあまり売れないことを見込んでおり、メインはペイ・パー・ビュー型広告(広告がサイトに掲載された回数に応じて収入になる)だったそうです。

     さらに別の収入源として、アドテクノロジー会社G社からOEMを受けたY社に対して、ユーザーのアクセスログやクッキー情報の販売も行っていたとのこと。つまり、「漫画村」の利用者データが販売されていたということになります。なお、このユーザー情報の販売売上額については不明です。

    海賊版サイトの主な収入について


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「漫画村」月間売上は6000万前後、利用者データを販売? サイトブロッキングシンポで調査結果が発表される】の続きを読む

    NO.6292207 2018/04/20 20:51
    日産、社外取締役に女性レーサー
    日産、社外取締役に女性レーサー
    日産自動車は20日、社外取締役に女性レーシングドライバーの井原慶子氏(44)を起用すると発表した。同社初の女性取締役で、最年少での就任となる。多様な視点を経営に生かす狙いで、6月末開催予定の定時株主総...



    【日時】2018年04月20日 20:49
    【提供】共同通信


    【日産、社外取締役に女性レーサー】の続きを読む

    京成電鉄の旧・博物館動物園駅の駅舎が、「東京都選定歴史的建造物」に選ばれました。歴史的な価値を持つ建造物として認められたもので、鉄道施設としては初めての選定です。

    1933年開業

    京成電鉄は2018年4月19日(木)、旧・博物館動物園駅(東京都台東区)の駅舎が、同日付で「東京都選定歴史的建造物」に選ばれたと発表しました。

    旧・博物館動物園駅は1933(昭和8)年12月、京成本線の開通に合わせて開業。帝室博物館(現・東京国立博物館)や恩賜上野動物園の最寄り駅として利用されました。しかし乗降客の減少などから、1997(平成9)年に営業休止、2004(平成16)年に廃止を迎えています。

    京成電鉄は今回の選定をひとつのきっかけとして、駅舎を改修する方針。文化・観光振興などで連携協定を結んでいる東京芸術大学とともに、駅舎の保存・活用について検討を進め、上野エリアの魅力向上に貢献していくとしています。

    東京都選定歴史的建造物は、歴史的な価値を持つ建造物(原則として建設後50年を経過しているもの)のうち、特に景観上重要なものとして都知事が選定するものです。2018年3月末現在、東京芸術大学(赤レンガ1号館、2号館ほか)、新宿の伊勢丹本店本館、隅田川に架かる吾妻橋、言問橋など、全92件が選定されています。鉄道施設としては、今回の旧・博物館動物園駅駅舎が初めての選定です。

    東京都選定歴史的建造物に選ばれた旧・博物館動物園駅の駅舎イメージ(画像:京成電鉄)。


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【旧「博物館動物園駅」の駅舎、歴史的建造物に東京都が選定 京成】の続きを読む

     東京駅構内の自動販売機で現在「売り切れ」が続々と発生中――というツイートが話題になっています。ツイートを投稿したのは「ブラック企業ユニオン」に所属する坂倉昇平さん。「売り切れ続出」の背景には、サントリーのグループ企業「ジャパンビバレッジ東京」の残業代未払い問題がありました。

    【画像:残業をしなければ補充が追い付かない状態だった】

     同社ではこれまで、外回りの営業社員に対し「事業場外みなし労働時間制」を適用しており、営業の社員が外回りで何時間働いても実際の給料は「7.5時間分」しか支払われない仕組みになっていました。しかし商品の補充や棚卸し、賞味期限の管理といった業務は非常に時間がかかり、7.5時間で終わることはほぼなく、実際には10~12時間の労働が当たり前になっていたといいます。また本来それぞれの業務には厳密なマニュアルがありますが、過密労働のため現場では無視されることも多かったそうです。

     こうした実情を踏まえ、「休憩1時間取得」「残業拒否」「マニュアルの厳守」を徹底しようというのが今回の取り組み(ジャパンビバレッジ東京に勤務するブラック企業ユニオン組合員14人が参加)。いずれもごく当たり前のことに見えますが、皮肉にもこの「当たり前」を徹底したことによって、自販機への供給が追い付かなくなり、売り切れが相次いでいる――というのが現在の状況のようです。

     ブラック企業ユニオン側に取材したところ、実は12月の時点で労働基準監督署からジャパンビバレッジに対し是正勧告が出ていたものの、ジャパンビバレッジ側はその後、「未払いの残業代を支払う」のではなく、それとは別の「少額の金銭を支払う」という形で事態を収めようとしていたとのこと。また今回の動きを主導した一部の社員を懲戒処分にしようとする動きもあり、こうした背景を踏まえて今回の“順法闘争”に踏み切ったとしています。

     また併せて、今回の動きを主導したという社員A氏(仮名)からも話をうかがうことができました。

    ―― 今回は東京駅の取り組みが話題になっていますが、Aさんも東京駅で働いていたのでしょうか。

    A氏:いえ、私が働いていたのは足立区の足立支店でした。ただ、環境で言えば東京駅よりももっとひどかったと思います。

    ―― 具体的には?

    A氏:ジャパンビバレッジでは昨年12月まで「事業場外みなし労働時間制」という制度が適用されていたのですが、これは要するに、外回りでどれだけ働いても実働時間は7時間45分と計算されてしまうというものです。この制度を悪用して、従業員に長時間労働を強いていました。

    ―― 実際の勤務時間はどれくらいだったのでしょう。

    A氏:毎日10時間~12時間の労働は当たり前になっていました。朝7時45分から仕事を始めて、休憩一切なしで、終わるのは夜の11時という時もありました。

    ―― それでも給料は7時間45分で計算されてしまうわけですね。具体的に、どんな業務を行っていたのでしょうか。

    A氏:分かりやすいのは各地の自販機の補充です。簡単そうに聞こえるかもしれませんが、単に補充するだけでなく、どの自販機に何本のジュースが入っているかの棚卸しや、賞味期限の管理なども並行して行う必要があり、実際にはものすごく時間がかかります。他にも、ホットとコールドの切り替えなども時間のかかる作業の1つです。

    ―― 今回の活動を通じて、どのようなことを訴えたいと思っていますか。

    A氏:「事業場外みなし労働時間制」というのは労働基準法が定める制度の1つですが、あくまで労働時間の算定が困難なときにのみ適用されるものです。しかし何をもって「算定困難」で、どういう状況であれば「算定可能」とするかはあいまいで、私たちの業務の場合、具体的な算定は十分に可能だと思っています。そもそも「事業場外みなし労働時間制」という制度自体にも問題が多く、当事者が実際に声をあげて違反申告していかなければ違法のまま放置されてしまうのでは、といった懸念もあり、今回の活動に踏み切りました。

    ~~

     ブラック企業ユニオンによれば、今回の活動期限は“無期限”とのこと。Twitterではこのツイートに対し、「応援します!」「いいぞもっとやれ」など、活動を支持する声も多くあがっています。

    半分以上が「売切」「準備中」状態に


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【東京駅の自販機で「売り切れ」続々発生も「頑張れ!」「もっとやれ」の声 背景にサントリーグループの残業代未払い問題】の続きを読む

     漫画家・山野りんりんさんの猫イラストを焼き海苔にプリントした「にゃんこまみれの海苔」が、フェリシモ猫部から登場しました。食べるのがもったいないくらいかわいい海苔です……!

    【その他の画像】

     山野りんりんさんの猫のイラストは全部で12種類。学校や仕事のランチでうれしい「ありがとう」「おつかれさまにゃ」の一言から、「とろけるうまさ……!!」「味わってたべてにゃ」という遠足やピクニックにぴったりのメッセージ付き。おにぎりサイズの焼き海苔に白いカルシウム素材でプリントされています。

     個包装2枚入りが12袋で600円(税別)。購入はフェリシモのサイトから。うち18円は「フェリシモわんにゃん基金」へと寄付され、犬猫の保護や里親探しなどに使われます。

    全12種類


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【かわいくて食べられない!? 猫イラストが描かれた「にゃんこまみれの海苔」が登場】の続きを読む

    このページのトップヘ