Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 企業

     JR東日本は8日、総武快速線新小岩駅(東京都葛飾区)で、乗客の転落事故などを防止するホームドアの運用を始めた。同線でのホームドア導入は初めてという。

     JR東によると、新小岩駅では自殺を含む人身事故が、2013~17年度の5年間に計34件と多発している。同社は事故防止対策として警備員を増員したり、通過する特急の速度を落としたりしていたが、国と都、区の支援も受け、17年2月からホームドア工事に着手していた。

     鹿島良行駅長(55)は「転落事故を防げると思っている」と期待を示した。同駅は1928年7月に開業。17年度の1日平均乗降客数は約15万人に上るという。 

    〔写真説明〕JR新小岩駅で運用が始まったホームドア=8日午前、東京都葛飾区


    JR新小岩駅で運用が始まったホームドア=8日午前、東京都葛飾区


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【総武快速初のホームドア=人身事故多発の新小岩駅-JR東】の続きを読む

    携帯電話の基地局工事安全祈願祭で、取材に応じる楽天の三木谷浩史社長。サービス開始に向け準備を進めている携帯電話事業について「業界に、価格だけでなく技術的にも新風を吹き込みたい」と述べた=7日、東京都内 【時事通信社】



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【◎楽天社長、携帯業界に「新風」】の続きを読む

     ソフトバンクは12月6日、通信障害により携帯電話サービスの利用ができないまたは利用しづらい状況が発生していた状況が続いていた件について、障害は18時4分に解消されたと発表しました。

    【画像】だめになってたスマホの画面

     

    発表によると障害の発生時刻は13時39分ごろ。原因となったのは「交換設備の不具合」で、影響が及んだ地域は「全国」だったとのこと。ソフトバンクは「ご利用のお客さまには、ご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます」と謝罪しています。

    復旧済みとの発表


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【ソフトバンク、携帯の通信障害は復旧と発表 原因は「交換設備の不具合」発生から約4時間半】の続きを読む

    NO.7115526 2018/12/06 14:58
    ソフトバンクで通信障害 「急に圏外に」報告相次ぐ
    ソフトバンクで通信障害 「急に圏外に」報告相次ぐ
    ソフトバンクの携帯電話サービスなどで12月6日午後1時半ごろから、通信障害が発生している。

    Twitter上では「急に圏外になった」といった報告が相次ぎ、「ソフトバンク」「通信障害」「電波障害」がトレンド入りしている。

    サービスの停止状況を閲覧できる「Down Detector」によれば、午後2時現在、関東・関西を中心に障害が起きている。

    ソフトバンクは「午後1時39分ごろから、一部の地域で携帯電話サービスが利用しづらい状況になっている」と説明している。

    原因は調査中という。



    【日時】2018年12月06日 14:11
    【ソース】ITmedia NEWS


    【ソフトバンクで通信障害 「急に圏外に」報告相次ぐ】の続きを読む

    職場のみんなでいく「社員旅行」。高い料金を払って、休みの日も仕事仲間と一緒ということに抵抗を感じる人もいるでしょう。弁護士ドットコムにも「社員旅行は断れるのでしょうか」という相談が寄せられています。

    相談者の勤務先では、社員旅行は「研修旅行」という名目になっており「強制参加」です。2年に1度の開催に向け、月給から5000円が自動的に積み立てられ、10万円弱の出費になるといいます。

    強制参加の社員旅行は問題にならないのでしょうか。もしも断れないのであれば、「仕事」扱いにはならないのでしょうか。金井英人弁護士に聞きました。

    ●業務命令の場合は、断ることはできない

    「まず、社員旅行が専ら会社の親睦のために行われるのであれば、それに参加するかは原則として各人の自由です。参加しない従業員に対しては、積み立てた旅費を返還することになるでしょう」(金井弁護士)

    ーー今回の相談では、「強制」とされています。

    「社員旅行への参加が強制されるケースとして考えられるのは、(1)『業務命令』として参加を命じられる場合と、(2)業務命令はなくとも事実上断ることができないという場合です」

    ーー「業務命令」での社員旅行とはどういう状況が考えられますか?

    「(1)のようなケースとして、実際に旅行先で研修や業務を行う場合が考えられます。そうした旅行は業務にあたり、原則として従業員はこれを断ることはできませんし、断れば業務命令違反に問われる可能性もあります。

    ただし、会社の指揮監督のもとで研修や業務を行うのですから、これに参加している時間は『労働時間』にあたり、賃金(給料)が発生することになります。会社は、業務命令として従業員に参加を命じておきながら賃金を支払わないとなると、労働基準法違反になりかねません」

    ーー「せっかくの休みの日を潰された」と思う労働者もいます。

    「こうした旅行が会社の休日に行われたり、通常の業務時間を超えて行われたりする場合、時間外労働や休日労働となりますので、そうした業務を行わせるには労使間で36(サブロク)協定が結ばれていることが必須ですし(労働基準法36条)、割増賃金も支払われなければなりません。

    なお、研修旅行だとしても、食事などの懇親会や宿泊の時間については業務にはあたりませんので、これらへの参加については自由参加ということになります。つまり、懇親会や宿泊に参加せずに帰宅するという選択をすることも本来自由ということです」

    ーーなるほど。とはいえ、(2)とも関連しますが、その時間だけ抜け出すのは容易ではなさそうですね。

    ●「事実上断れない」の背景にハラスメントがある場合も

    ーー現実的には、社員旅行の参加を事実上断れないという状況が多いと思います。

    「(2)のようなケースについては、業務ではなく親睦を深める目的の旅行であれば、本来自由参加ですし、労働時間として賃金が発生するということは考えにくいです。

    しかし、このようなケースは背景にハラスメントが存在することが多く、事実上参加を強制するような言動が上司から部下に対して行われるケースなどが考えられます」

    ーー思い当たる節のある人も多そうです。

    「事実上強制されて社員旅行に参加し、旅行中にも上司等から不当なハラスメントを受けるということもあり得ます。そのようなハラスメントが横行する職場環境には問題があると言わざるを得ません。使用者としては職場環境配慮義務違反を問われぬよう、厳に注意する必要があります。

    ところで、給料から天引きする方法で旅費を積み立てることについても法律で当然に認められるものではありません。給料から旅費を天引きすることを労使間で協定を結んでいなければ労働基準法24条違反となりますので、注意が必要です」

    ーー社員旅行1つとっても、いろんな法律上の論点があるんですね。

    「社員旅行は大勢が参加したほうが親睦も深まりますし、楽しいことには間違いありません。それを強制するのではなく、誰もが自発的に参加をしたくなるような魅力的な社員旅行を企画することこそが大切といえるでしょう」

    (弁護士ドットコムニュース)

    【取材協力弁護士】
    金井 英人(かない・ひでひと)弁護士
    愛知県弁護士会所属。労働事件、家事事件、刑事事件など幅広く事件を扱う。現在はブラックバイト対策弁護団あいちに所属し、ワークルール教育や若者を中心とした労働・貧困問題に取り組んでいる。
    事務所名:弁護士法人名古屋法律事務所
    事務所URL:http://www.nagoyalaw.com/


    強制参加「社員旅行」は断れるか? 休みの日に大金払って懇親なんてイヤ


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【強制参加「社員旅行」は断れるか? 休みの日に大金払って懇親なんてイヤ】の続きを読む

    このページのトップヘ