Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 企業

    山手線
    (©ぱくたそ)

    JR東日本は4日、山手線・品川〜田町駅間で誕生する新駅の名称が「高輪ゲートウェイ」に決まったことを発表した。

     

    ■約半世紀ぶりの山手線新駅


    高輪ゲートウェイは2020年春に開業。報道によれば、山手線の新駅は1971年に開業した西日暮里駅以来、約半世紀ぶり。

    同線では30番目の駅となる。JR東日本は今年6月に名前を一般公募。応募総数は6万4052件、応募種類は1万3228種類にもおよんだという。


     

    ■斬新すぎる名前に「ダサい」


    「高輪ゲートウェイ」に決まったことを受け、ネット上では「ダサすぎる」「すっごく微妙」と批判の声が相次いだ。漢字と英語の響きに疑問を感じるという意見が目立つ。

    「なんかもすごく違和感」

     

    「うーん、ダサすぎて涙が出ます…」

     

    「違和感アリアリな駅名ですね。単純シンプルに高輪駅か落語の古典から芝浜駅でも良かったと思います。これなら、公募する意味がない」

     

    「高輪ゲートウェイ……って。こんな恥ずかしくてダサいの、よく付けたなぁ。『新しいでしょ~』という感覚が古臭すぎて泣ける」

     

    ■「漫画とかに出てきそう」の声も

    批判的な意見が相次ぐ一方で「好き」という声も。名前を見たときの独特の違和感がクセになるとの意見や、新しさを評価する声があがっている。

    「高輪ゲートウェイ駅って名前明らかに調子乗ってるネーミングで好き」

     

    「高輪ゲートウェイ、漫画とかに出てきそうで好き」

     

    「高輪ゲートウェイか、カタカナは気になるけどまぁいい感じやな」

     

    発表された直後ということもあり、まだまだ受け入れられていない「高輪ゲートウェイ」。違和感は残るが、実際に利用していくことで慣れてくることもあるはず。斬新すぎるネーミングだが、はたして人々に受け入れられるのだろうか。

    ・合わせて読みたい→家系ラーメンマニアが教える「東京激ウマ家系ラーメン店ベスト3」

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ)




    (出典 news.nicovideo.jp)


    【山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」に騒然 「めっちゃダサい」「すごく違和感」】の続きを読む

    NO.7105771 2018/12/02 10:23
    セブンイレブン、灰皿撤去へ 受動喫煙対策で都内の店舗に要請
    セブンイレブン、灰皿撤去へ 受動喫煙対策で都内の店舗に要請
    キョードー=セブン―イレブン・ジャパンが東京都内のフランチャイズ加盟店に対し、店頭にある灰皿の撤去を要請していることが1日、分かった。

    実際に撤去するかは各加盟店の判断によるが、撤去する場合は3日から順次、店頭で撤去時期などの告知が掲出される。

    来店客や近隣住民から苦情が増えているため、受動喫煙対策として対応に乗り出した。

    加盟店のオーナーには事前に説明した。

    6月に東京都議会で受動喫煙防止条例が成立して以降、店頭の灰皿撤去を求める声が増えていたという。

    マンションの1階にある店舗で、上階の住民から苦情が寄せられた例もあった。

    これを読んで、私が梅田事務所1Fのセブンイレブンと交渉して灰皿を撤去してもらった記事を懐かしく思った。

    店主が喫煙者だったので相当の抵抗を受けた(笑)。

    でも、常時15人くらいがビルの入り口で喫煙している写真を何点か提示して、この証拠を元に弁護士を…と話すとさすがにあきらめてくれた。

    なのでケムリで迷惑している人は全然我慢しなくていい。

    スマホで画像を撮影してしかるべき法的措置を取ればOKだ。

    元々、コンビニの灰皿は喫煙者がタバコを消して店内に入るために設置されたものであり、店の前でタバコを吸うために設置されたものでは無い。
    【日時】2018年12月02日
    【提供】探偵ファイル


    【セブンイレブン、灰皿撤去へ 受動喫煙対策で都内の店舗に要請】の続きを読む

    ハーゲンダッツ「スペシャリテ ショコラシャンパンストロベリー」
    ハーゲンダッツジャパンは、フランス・シャンパーニュ地方のブランデーなど、厳選素材を使った層構造のアイス「スペシャリテ ショコラシャンパンストロベリー」を、11月27日から期間限定で全国のコンビニエンスストアで発売する。

    層を生かした多彩な味わいや、心躍るような見た目が楽しめる冬期限定の創作アイスクリームデザート。今年は、芳醇な味わいのマール・ド・シャンパーニュ(ブランデー)アイスクリームに甘酸っぱいストロベリーソースを加え、ジャンパンガナッシュソース、チョコレートチップ入りのコクあるチョコアイスを重ねた贅沢な味わいを届ける。ココアパウダーでデコレーションしたエレガントな波模様のアイスの天面、黒を基調とした光の屈折が美しいパッケージの見た目の華やかさ、特別感もポイント。

    アルコール分0.6%。アイスクリーム、99ml、税抜450円。


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【ハーゲンダッツ、ブランデー入り層構造アイス「スペシャリテ ショコラシャンパンストロベリー」発売】の続きを読む


    2013年、東京モーターショーで見たゴーン氏(筆者撮影)

     連日報じられている通り、今月19日、日産自動車元会長のカルロス・ゴーン氏が、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕された。

     今回明らかになった同氏の不正報酬は、2011年から2015年で約50憶円。その後、直近3年分でも30億円が過少記載されていたことが明らかになるなど、その全貌が見えるまでにはしばらく時間がかかるだろう。

     事件を受け、帝国データバンクが20日、企業概要データベースの中から、日産自動車と国内主要連結子会社16社と直接取引がある取引先を調査・分析したところ、全国全業種合計で3,658社にのぼることが判明(個人経営、各種法人等含む)。

     ゴーン氏逮捕の衝撃は今後、こうした多くの関連企業に、深刻な影響を与える恐れがある。

     事件発覚以降、ゴーン氏に関する有識者の見解や分析が、連日各メディアから溢れ出る中、当時、日産や関連企業の下請け工場の2代目経営者として現場に立ち、結果的にその工場をこの手で閉じてしまった筆者にとっては、正直なところ、何を読んでも何を聞いても「虚無感」しか湧いてこない。

     あの頃、関連企業から強要されていた異常なまでの値引きは、一体何だったのか。ゴーン氏にとって、我々下請けは、どんな存在だったのか。

     彼に対するやり場のない怒りと、当時、過酷な状況にしがみ付いてくれていた従業員への申し訳ない思いが、今回の事件を通して今、再び込み上げてくるのである。

     2008年のリーマンショックや、2010年のギリシャ財政危機、2011年の東日本大震災などの影響により、日本は当時、異常なまでの円高の中にあった。

     1ドル75円台。日本の経済を支える製造業界では、大手が一斉に人件費の安い海外へ工場を移転し始めていた。

     これにより、それまで大手から受注していた多くの下請け企業が、存続の危機に晒されるようになっていった。

     ようやくもらえた小さな仕事も、やればやるだけ赤字を出すほど安工賃。今後の仕事に繋げるために断ることすらできない「蟻地獄」のような日々を送る工場もあった。

     筆者の父親が経営していた工場も、そんな下請けのうちの1社だった。

     日本の各大手自動車メーカーや系列企業から金型を預かり、研磨して納品していたその工場は、職人が最大でも35人。大手のくしゃみでどこまでも飛んでいくような極小零細企業だった。

     工場には、手持ち無沙汰な職人が「草むしり用」の軍手をして、新しい雑草が生えてくるのを待っている。忙しいのは営業だけだ。

     無論、当時はゴーン氏の不正など知る由もなく、閑古鳥の鳴く日産系列の取引先工場にも足しげく通っては、「仕事をください」と何度も頭を下げ、相手の言い値で作業をする日々。

     小さな工場内は、回転工具の機械音で会話もままならなかった最盛期からは想像もできないほど静かで、金型を砥石でこする「シャーシャー」という往復音だけが、やたらと大きく響いていた。

     業界全体の仕事量が薄くなっていることは重々承知していたが、抵抗せねばどんどん安くなる工賃をなんとかやっていけるギリギリで維持させるべく、毎度のように担当者のもとへと出向く。突如告げられた「1時間300円分の工賃カット」を考え直してもらおうと1か月願い倒しても、聞き入れられなかったこともあった。

    ◆ゴーン氏就任後、受注価格は半値近くにまで落ちた

     こうした中、企業体力のない下請けは、順に潰れていった。当時、筆者の工場の元請けや、古くから付き合いのあった工場の一部からも、月末になると不渡りの噂や「廃業のお知らせ」と書かれた手紙が届くようになる。その中には、潰れるにはもったいない独自の技術や設備を持った工場も多くあった。

     来月はどこだろうか。あの会社は大丈夫だろうか。ウチはいつだろう。当時の下請け工場には、異様な雰囲気が漂っていた。

     筆者の工場では、先述の通り、国内の各自動車メーカーの系列企業と取引していたのだが、メーカーの工場はもちろん、その系列企業にも、母体の社風がそのまま反映されており、仕事の厳しさや金額などにはそれぞれの特徴があった。

     当時の日産工場や同社系列工場の印象は、真面目で工場マンとしてのプライドをしっかり持った社員が多かったのと、仕事の指示内容が大変細かかったこと、そして、とにかく「安かった」ことだ。

     同じ仕事を、ゴーン氏が日産の社長に就任する前と後とで比べると、半値近くにまで落ちたものも多い。

     一方、下請けに冷たい態度を取る元請け社員も多い中、日産工場で働く社員たちは、皆紳士的だった。

     筆者の工場では、同時期に4人の日産工場の社員と付き合いがあったが、当時の業界の体質に対して、誰一人感情的な意見を言う人はいなかった。が、そんな彼らでも、雑談でゴーン氏の話になると苦笑いになり、「人の話を聞く人じゃないですからね」、「無茶なコストカットも多いですよ」と愚痴をこぼしていたのを覚えている。

     工場閉鎖1か月前、“先輩工場”と同じように「廃業のお知らせ」を得意先へ一斉に流した後、真っ先に連絡をくれたのは、工場最盛期から長年世話になっていた日産のある社員だった。

    「長い間、お疲れ様でした」

     FAXで送られてきた最後の発注書。いつもの「よろしくお願いします」の代わりに、昔から変わらない太字でひと言、そう書かれていた。

     こうして工場閉鎖から数か月後、当時から物書きとして活動していた筆者は、皮肉にも東京モーターショーでゴーン氏本人を取材する機会に遭遇する。

     目の前で「コスト削減」「V字回復」「世界のNISSAN」を、人差し指突き上げ声高に唱える彼に、今と同じような、言葉にし難い深い虚無感に襲われたことを思い出す。

     自動車という乗り物は一般的に、約4,000種類、3万点もの部品からできている。その1つひとつは、製造ラインという運命共同「帯」に乗った、エンジニアや現場職人らの技術と努力が造り上げた結晶だ。

     ゴーン氏が50億円以上もの不正を働いている最中、廃業や倒産に追い込まれた多くの関連企業や、大勢の解雇者の存在がある。あの頃、「帯」から消え落ちていった日本の技術力に、ゴーンは今何を思うのか。いや、せめて何か思ってくれるだろうか。

     トップにいた自らの不祥事が今、3,658社の将来に暗い影を落としていることを、少しでも考えてくれているのだろうか。

    【橋本愛喜】
    フリーライター。大学卒業間際に父親の経営する零細町工場へ入社。大型自動車免許を取得し、トラックで200社以上のモノづくりの現場へ足を運ぶ。日本語教育やセミナーを通じて得た60か国4,000人以上の外国人駐在員や留学生と交流をもつ。滞在していたニューヨークや韓国との文化的差異を元に執筆中。
    2013年、東京モーターショーで見たゴーン氏(筆者撮影)


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【ゴーン逮捕に元下請け工場経営者が激白 。「異常な値切りで皆潰れていった」】の続きを読む

     日産自動車は12月に開く取締役会で、会長職を解任したカルロス・ゴーン容疑者の後任を選出する。社外を除く現取締役から選ぶ方針で、西川広人社長を軸に調整が進む見通しだ。漂流の危機にあるルノー、三菱自動車との3社連合の行方を左右する重要なポジションのため、関係者の思惑が交錯する人事となりそうだ。一方、解任を決めた22日の臨時取締役会の様子も明らかになり、日産は連合の新たな関係構築に向け動き始めた。

     臨時取締役会では、金融商品取引法違反容疑で逮捕されたゴーン容疑者の会長職を解任し、代表権を外した。会長ポストは空席となったが、12月の取締役会までに社外取締役で構成する委員会が候補を提案する方向だ。日産幹部は「現取締役で業務執行に携わる人が前提だ」と語った。

     関係者によると、約4時間に及んだ臨時取締役会は、その大半が日産の社内調査で判明したゴーン容疑者とグレッグ・ケリー容疑者の不正の説明に費やされた。ある出席者は説明を受け「こういうことができるのか」と絶句したという。

     両容疑者の逮捕をめぐっては、欧州メディアが日産によるクーデター、陰謀などとする見方を伝えている。このため、テレビ電話を通じて参加したルノー側の2人の出席者は当初、事件に懐疑的だったとされる。しかし、西川社長が調査内容の詳細を説明するにつれて雰囲気が変化。最終的には「アグリー(同意する)」と発言し、全会一致の解任決議に至った。 

    〔写真説明〕カルロス・ゴーン会長(22日解任)の逮捕を受け、報道陣が詰め掛けた日産自動車本社前=19日午後、横浜市西区


    カルロス・ゴーン会長(22日解任)の逮捕を受け、報道陣が詰め掛けた日産自動車本社前=19日午後、横浜市西区


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【日産、来月に会長選出へ=3社連合の行方左右-不正説明に絶句・22日取締役会】の続きを読む

    このページのトップヘ