Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 企業


    ビーチウォーカーズとP.M.A.トライアングルは、共同で展開しているハワイ発祥のアパレルブランド「Lilly & Emma」国内初の旗艦店と、人気シリーズ「FEEL ALOHA」初のカフェを併設した「Lilly & Emma [FEEL ALOHA Cafe]」を、2018年7月20日に江ノ島・材木座及び湘南・江ノ島に2店舗同時オープンした。

    ■ハワイ発のアパレルブランド「Lilly & Emma」
    Lilly & Emmaは、ワイキキ・カラカウア通りに2014年12月にオープンした、リゾート・アイランド・ファッションのワードローブから生まれたアパレルブランド。ハワイの豊かな自然とアロハスピリッツを感じさせるアイテムが人気を集めている。

    そして7月21日には、同ブランドのイメージモデルとして起用したアメリカ・マイアミ出身の人気モデル&歌手であるセリーヌ・ファラッチさんをスペシャルゲストにしたオープニングイベントが行われた。



    ■美人すぎるモデル&歌手
    ファラッチさんはInstagramフォロワーは100万人にのぼり、「美人すぎる」として世界中で話題を博すアメリカ・マイアミ出身のモデル&歌手。近年では日本のガールズイベントにもモデルとして多数登場しており、日本に来日すると原宿・竹下通りで人が殺到するなど、国内でも人気が急上昇している注目のタレントだ。

    まずはP.M.A.トライアングル代表取締役社長兼 Lilly & Emma JAPAN代表の谷本裕英氏があいさつ。「Lilly & Emma」並びに同ブランドの人気シリーズ「FEEL ALOHA」について紹介したほか「『FEEL ALOHA Cafe』は日本とハワイの架け橋になるよう、ハワイの文化をこの地から積極的に発信していきたい。是非、FEEL ALOHA Cafe でハワイの風と雰囲気を味わってください」コメント。また、FEEL ALOHA と Tokyo Girls Collection のオフィシャルランニングチーム TGR とのコラボレーションについても発表され、「今後も女性のスポーツ参加や健康を応援していきたい」と抱負を述べた。



    その後登場したセリーヌ・ファラッチさんは「ずっと来られることを楽しみにしていたので、本当にうれしいです」と喜びのコメント。店舗の第一印象について問われると「スーパーカワイイ!」と日本語で話した。

    また、その日着用していたFEEL ALOHAの代名詞でもあるロゴTシャツについては「デザインも可愛いし、着ていてとても快適です。着ているだけでハッピーな気持ちになります」と感想を述べた。

    さらに、日本に来る直前までハワイにいたというセリーヌは、店舗について、「ハワイにまた戻りたいと思っていたけど、ここがまるでハワイのようです」と述べるとともに「家のように落ち着きますね」と店内を見回しながらその居心地の良い雰囲気やハワイアンテイストの装飾について称賛していた。

    この夏、ハワイ発の最先端のファッションを感じに、湘南に訪れてみるといいだろう。





    Lilly & Emma

    ITライフハック
    ITライフハック Twitter
    ITライフハック Facebook

    カルチャーに関連した記事を読む
    VTuber富士葵が「Fight!公式応援団長」に就任!初リアルライブも実施!
    「鉄道模型コンテスト2018」で「小学生が選ぶベストワン賞」を新設
    「PUBG MOBILE」7月の大型アップデートを実施。PC版で人気の「War Mode」をMOBILE版に実装
    動画や電子書籍等のサブスクリプション型サービスの認知率や利用実態の調査を公表(マクロミル調べ)
    1杯たった150円で“元祖レモンサワー”が飲める「レサワホール」が期間限定で登場


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【セリーヌ・ファラッチがゲストに登場!ハワイ発アパレルブランド「Lilly & Emma」の[FEEL ALOHA Cafe]が湘南にオープン】の続きを読む

    「この荷物、どこに置いとこう?」
    スポーツをする時、ビーチで泳ぐ時、旅先でちょっと休みたい時。。。
    誰でも一度は困ったことがあるのではないでしょうか。

    「Flak Sack SPORT(フラックサックスポーツ)」がこの問題を解決します。このバッグを固定物にくくりつけ、ロックをするだけ

    カッターでも切れない防刃素材、頑丈な真鍮製ダイヤルロック錠、水がかかっても大丈夫な防水加工。あなたの荷物をしっかり守ってくれます。

    同商品は、7月30日から9月28日まで、マクアケでクラウドファンディングを実施します。


    当プロダクトの前身となる「Flak Sack」は米国KickstarterとIndiegogoで計1億6000万円以上の支援を集めました。当「フラックサックスポーツ」はその新バージョンです。

    「フラックサックスポーツ」特徴
    1.セキュアロックシステム
    貴重品を入れたFlak Sack SPORTを、固定物にくくりつけロックをします。それだけであなたは荷物の心配から開放されます!
    鋼鉄ワイヤ入防刃ストラップ+付属の真鍮製ダイヤルロック錠によるセキュアロックシステムが、貴重品を入れたFlak Sack SPORTをがっちりロックし盗難を防止します。
    2.カッターでも切れない防刃素材
    いくらがっちりロックしても、袋ごと切られたら意味がありません。Flak Sack SPORTの素材はANSI(American National Standards Institute:米国標準規格)レベル4の耐刃性を持つ強靭な「超高分子量ポリエチレン素材(Ultra High Molecular Weight Polyethylene)」を使用しています。カッターで切り裂くことはできませんし、擦ったりしても破れません。
    3.ロープもカッターで切れない防刃+反射素材
    背負うためのロープ部分も同様に、防刃性を持つ頑丈な超高分子量ポリエチレン製です。簡単に切ることはできません。さらに夜間に反射する素材とすることで、より安全性・防犯性を高めています。
    4.防水
    Flak Sack SPORTの素材は防水加工されています(表面撥水加工+裏地200デニールウレタンコーティング)。
    水に濡れても、中に水がしみこむことはありません。水のかかるビーチやプール、あるいは急な雨でも安心して使えます。※水に潜ることはできません
    5.RFIDブロック(スキミング対策)
    物理的な盗難対策だけではありません。Flak Sack SPORTは、電子的な盗難=スキミング対策もばっちりです。
    内部のジッパー付きポケットは、スキミング対策のRFIDブロック加工が施されています。バッグの外側からスキャナー等でクレジットカードの情報を読み取られることを防ぎ、電子盗難から守ってくれます。

    「フラックサックスポーツ」プロモーション動画


    税込定価 18,800円(予定)

    製造元:
    Loctote Industrial Bag Company(米国オハイオ州)
    輸入総代理店:
    モジ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:菅谷義博)


    マクアケで9月28日までクラウドファンディング実施中です。

    (最大約32%オフ)

    盗難防止ロック付防水バックパック「フラックサックスポーツ」
    https://www.makuake.com/project/flak_sack_sport/

    配信元企業:モジ株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【もう荷物の心配は不要!盗難防止ロック付防水バックパック「フラックサックスポーツ」米国から日本初上陸、7/30からクラウドファンディングを開始】の続きを読む


    訪日外国人(インバウンド)のデジタルマーケティング事業を手がけるレッドホースグローバルは、この度、仙台在住で日本の文化、旅の情報を配信する英国No.1 YouTuber Abroad in Japan(Chris Broad: YouTubeフォロワー数93万人以上、合計視聴回数1億以上)が自転車で日本中の秘境を紹介するチャレンジを2018年秋頃に開始することをお知らせいたします。

    ◆日本自転車横断プロジェクトの背景
    訪日外国人観光客は年々増加し、2020年には4000万人を突破すると言われております。一方で地方へ足を伸ばしている外国人観光客は極めて少ない状況です。この現状を打破するにはまず、日本の地方の良いところを知ってもらうことが重要だと考えております。レッドホースグローバルは日本在住のYouTuberたちが全国47都道府県を訪れ各地をPRするOdigo47や、訪日インバウンドメディアOdigoを通じて日本の地方の魅力を発信してきました。今回のプロジェクトにより訪日観光客を地方に送客し、地方創生に微力ながら貢献できればと考えプロジェクトを実施します。
    ※Odigo47動画 https://bit.ly/2uZ3wQU
    ※訪日インバウンドメディアOdigo https://bit.ly/2LlKtuT
    ◆Abroad in Japan自転車横断プロジェクト内容
    今回のプロジェクトでは、山形から鹿児島までプロジェクト期間中ライブ配信動画プラットフォームTwitchを使ったライブ配信、YouTube配信、訪日インバウンドメディアOdigoのブログ記事、SNSにて毎日情報を配信し、訪日外国人に対して日本全国の秘境を山形から鹿児島までPRいたします。今回のプロジェクトを通じ、日本の地方の魅力を配信し、訪日外国人が地方に訪れていただく一つのキッカケを創出いたします。
    ※日本自転車横断チャレンジの概要動画 https://bit.ly/2v1bMQp
    ※Abroad in Japanチャンネル https://bit.ly/2L7trgr
    ◆サンキューPR(外国人観光客へのPR施策)について
    地方の皆さまにもインバウンド施策に取り組んでいただきたい想いから、格安でインバウンドの集客施策を実施いただけるよう特別パッケージをご用意しました。通常80万円のPRパッケージを、半額のサンキュー価格として39万円(税別)にてご提供します。期間は本プロジェクト終了まで。
    ・Odigoでのブログ記事制作 1本(1,000words程度/英語、繁体語)
    ・Facebook動画1本
    ・OdigoのFacebook(フォロワー26万人)に記事を1回ポストしてPR
    ・観光スポット情報登録10箇所
    ※商談はビデオ通話、訪問の場合は別途交通費
    ※実施時の交通費、宿泊費は別途、取材許可のご協力をお願いいたします
    ※実施時期は要調整となります
    ※こちらのページ(https://bit.ly/2JPchC9)からお問い合わせください

    ◆Abroad in Japan(Chris Broad)について
    東日本大震災後2012年に山形に移住。その頃からYouTubeにて東北の魅力を発信しつづけ、今では日本の各地を旅して日本の魅力を世界に向けて発信し続けています(YouTubeチャンネルAbroad in Japan https://bit.ly/2mFL7ov)。TED x Tohoku Universityでも公演し(https://bit.ly/2JQcXHt)、日本の魅力を伝える活動についてお話しています。
    ◆レッドホースグローバルについて
    インバウンド集客のサービスとして、日本の秘境をつたえるメディアOdigo(https://bit.ly/2LlKtuT)、外国人向けインフルエンサーサービスTokyo Creativeを提供しています。Odigoは英語話者、繁体圏を中心に月間120万人にご利用いただいており、Tokyo Creative(https://bit.ly/2v0V3MN)は日本在住の欧米豪向けのTOPインフルエンサーをかかえており、日本の魅力を外国人にPRしています。
    【会社概要】
    会社名:レッドホースグローバル株式会社レッドホースコーポレーション株式会社
    設立  :2013年8年
    所在地:東京都目黒区青葉台2丁目10−13
    代表取締役:川崎貴聖、CEO取締役:クリス・オカノ
    主要事業:訪日外国人集客メディア・インフルエンサーマーケティング・デジタルマーケティング事業
    会社概要:https://bit.ly/2JPchC9

    【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
    レッドホースグローバル株式会社 広報担当:中川、蘭
    メールアドレス:ad@odigo.jp

    配信元企業:レッドホースグローバル株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【日本在住の英国人No.1旅YouTuberが日本中の秘境を自転車で紹介!今なら訪日外国人客へのPR施策を半額のサンキュー(39万)価格で実施中!】の続きを読む

    【プライズ情報】「星のカービィ 扇風機」が7月25日より順次登場予定! #星のカービィ https://t.co/00tmOFHncM pic.twitter.com/0LqyDgUrXt— セガ エンタテインメント公式 (@SEGA_Ent) 2018年7月24日

    【大きい画像を見る】プライズ景品「星のカービィ 扇風機」がトラウマレベル?―“お口”が超怖い…と話題沸騰中

    セガ エンタテインメントは、任天堂の横スクロールアクション『星のカービィ』シリーズの関連グッズであるプライズ景品「星のカービィ 扇風機」をリリースしました。

    「星のカービィ 扇風機」は、モノを吸い込もうとするカービィを扇風機として製品化したものですが、製品の仕様上、モノを吸い込むのではなく、逆にひたすら風を吐き出すものになっています。

    それだけでもファンは「えっ?吸い込むんじゃないんだ……」と突っ込みを入れたくなるものですが、本製品最大の特徴は、その吸い込もうとする口。口の中にあるファンと赤い格子のようなデザインが、まるでホラー映画のモンスターの恐ろしい口を彷彿させるとして、Twitterユーザーから話題になっているのです。

    『星のカービィ』グッズは数多に存在し、可愛らしいことでファンから絶大な支持を得ていますが……今回のようなリアクションがきたグッズは、とても珍しいのではないでしょうか。逆に欲しくなる……かも?

    なお、本製品はセガのアミューズメント施設にて順次リリースを開始しています。該当店舗については以下のURLからどうぞ。

    「星のカービィ 扇風機」製品情報ページ:
    https://tempo.sega.jp/new/2018_07_kirby_04/【ほかの画像を見る】プライズ景品「星のカービィ 扇風機」がトラウマレベル?―“お口”が超怖い…と話題沸騰中
    プライズ景品「星のカービィ 扇風機」がトラウマレベル?―“お口”が超怖い…と話題沸騰中


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【プライズ景品「星のカービィ 扇風機」がトラウマレベル?―“お口”が超怖い…と話題沸騰中】の続きを読む

    株式会社ビジネスストラテジーは、2017年10月より展開している1分動画経済メディア「ビジネスオンラインチャンネル」の大幅リニューアルを実施しました。今後はより見やすく、よりわかりやすいグラフィカルな動画を、月間300本ペースで公開・拡散していきます。

    株式会社ビジネスストラテジー(本社:東京都千代田区神田富山町7 代表取締役社長:上田一輝)は、1分動画で企業情報を紹介する日本初の動画経済メディア「ビジネスオンラインチャンネル」の大幅リニューアルを実施しました。新バージョンでは就活・転職者や個人投資家をターゲットに、企業を選ぶうえで重要な「最新の業績とその理由」を1分で解説する動画を制作。情報源として有価証券報告書を利用することで、より“濃密な”内容を提供する動画に仕上げました。また、デザイン面も大幅にアップデート!より見やすく、よりわかりやすい動画に進化を遂げました。

    ビジネスオンラインチャンネル:https://business-online-channel.com/

    • ビジネスオンラインチャンネルとは
    株式会社ビジネスストラテジーが運営する自社メディア、ビジネスオンラインチャンネル(Business Online Channel、以下「BOC」)は、「ビジネスを、ライトに、1分で学ぶ」をコンセプトに、上場企業を中心とした様々な企業情報を“1分動画でサクッと知れる”日本初の動画経済メディアです。現在はまだ数百本しかないですが、今後、月300本ペースで更新を行っていきます。
    ビジネスオンラインチャンネル:https://business-online-channel.com/
    • BOCの提供価値
    有価証券報告書は、就職・転職時や投資の際に企業を知る上でとても有用な情報源と言えます。しかし、中堅企業でも100ページ程度、大企業の場合は300ページを超えるものもあり、経済・ビジネス知識が相当に豊富でないと、正しく“読み解く”ことは難しいと言われています。そのため、ほとんど就職・転職時や投資の際に活用されていない、という現状があります。

    そこで、BOCでは有価証券報告書から、“特に重要と思われる事項”を抜き出し、ビジュアルでわかりやすく1分動画にまとめて配信。誰もがサクッと、現状の企業状況を理解することができます。さらにクイズ形式で動画を制作することで、1分を飽きずに楽しめるように設計されています。

    ウェブサイトにおいては“企業をすぐに選べる”多重検索機能に加え、YouTubeのように“関連動画”が自動で連続再生される機能も実装。色々な企業情報を流し聞きすることが可能です。

    動画例(トヨタ、ソフトバンク、ブックオフ)
    https://business-online-channel.com/toyota201803
    https://business-online-channel.com/softbank201803
    https://business-online-channel.com/bookoff201803
    • BOCの事業優位性1. 1時間/本で動画制作可能な、基幹システムを自社開発
    なぜBOCでは、有価証券報告書から情報を抽出し、複数のデザインを要する動画制作を月間300本(1日10本ペース)で制作し続けられるのか。これは弊社が新たに開発した「動画制作省力化システム」があるためです。

    株式会社ビジネスストラテジーでは、BOCのために「有価証券報告書から必要な情報を抜き出し、スピーディーかつ正確に動画化するためのシステム」を自社開発。このシステムが稼働したことで、1本あたりの制作時間が従来の1/10以下である、わずか1時間程度で動画制作が可能になりました。
    さらに現在、スマートスピーカーが急速に普及している状況を踏まえ、音声を聞くだけで情報を取得できることが重要と考えています。そのため、BOCではすべての動画に対し、ナレーションを実装。従来型の動画メディアのように“BGMだけの動画”とは異なり、音声だけで情報を取得することが可能です。

    なお、BOCでは最新の人工音声をナレーションに利用。人工音声は使い方によって、どうしても違和感のあるイントネーションや文の区切りが生まれてしまいますが、BOCでは月間300本の制作ノウハウがあるため、人工音声とは思えない、自然なナレーション音声となっています。
    • BOCの事業優位性2. 制作チーム
    どんなに優れた動画制作体制が整っていても、内容面の充実はメディアの核であり、“関わっている人”で決まると弊社では考えています。

    BOCは、もともと経営学講師・事業戦略コンサルタントとして活躍していた上田(現、代表取締役社長)と、公認会計士として会計監査やM&Aに伴う企業価値評価、企業分析に携わってきた佐藤(現、執行役員副社長)が編集長となり、全体コンセプトを設計しています。

    また、実際の制作は採用率10%未満の厳選されたスタッフ20名のチーム体制で行っており、組織として動画を量産できる体制を確立。内容面においては、「正確性」と「伝わりやすさ」を大切にするため、目視とシステムを駆使した、3重チェック体制を構築。さらに情報源については、各企業の公開情報のみを活用することで、事実に基づいた動画制作を行っています。
    • 今後のBOCについて
    現在、月間300本ペースで更新を続けているBOCは、今後さらにハイペースで企業数・動画数を増やしていきます。また、複数の企業様とのコラボ企画も実施が決まっており、着々と独自性あるメディアとして継続的な成長を続けております。

    また、2018年内には、AppleやGoogle、Amazonなど、誰もが知るアメリカ大企業も動画レパートリーに加わる予定です。さらに、2019年には英語圏の方にもBOCを知って頂けるよう、英語版BOCのリリースと複数国への展開を行うことを計画しております。

    BOCは、日本のビジネスはもちろん、「日本発、世界を繋ぐ動画経済メディア」となるべく、今後もアップデートを継続してまいります。

    私たちは「経済やビジネスをライトに、楽しく学びたい」と思っても、お金や時間がかかる現状を変革したいと考えています。BOCを通して、経済やビジネスを短時間で(1分)、効率よく(情報量を多く)、わかりやすく(視覚的に)学ぶことができるメディアを目指してまいります。
    • SNSで最新情報を配信中
    BOCでは公式Facebook、Twitterを運用しており、新規動画が公開されるごとに投稿/Tweetしています。時事ネタに合わせたオススメ動画や、人気動画も配信しておりますので、気になる方はぜひ、いいね!フォローをお願いします。
    BOC on Facebook:https://ja-jp.facebook.com/businessonlinechannel/
    BOC on Twitter:https://twitter.com/boc_japan


    【お問い合わせ】
    株式会社ビジネスストラテジー
    〒101-0043 東京都千代田区神田富山町7(ビズスマート神田富山町)
    Tel:03-6869-1640  Fax:03-6869-3810
    E-mail:t.sato@business-strategy.co.jp/
    URL :https://business-strategy.co.jp/inquiry/
    広報責任者:佐藤 匠(さとう たくみ)

    配信元企業:株式会社ビジネスストラテジー

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【1分動画経済メディア「ビジネスオンラインチャンネル」が大幅リニューアル!月間300本ペースで続々、新動画を公開!】の続きを読む

    このページのトップヘ