Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 書籍

    『パリの福澤諭吉 - 謎の肖像写真をたずねて』(中央公論新社) 著者:山口 昌子


    西欧文明との遭遇を活写

    明治維新を数年後に控えた文久元(1862)年、徳川幕府はヨーロッパへ使節団を派遣する。支倉常長以来250年ぶりの日本人の欧州訪問である。使節団の目的は、開国派や外国人への攘夷派のテロが横行するなか、安政の条約で約束した江戸と大坂の開市、新潟と兵庫の開港を延期してもらうよう、英仏など6カ国と交渉することだった。

    この「文久遣欧使節団」36人のなかに、当時27歳の福澤諭吉が含まれていた。諭吉はすでに咸臨丸で訪米していたが、その外国経験はサンフランシスコの風俗や食物などに局限されていた。諭吉が西洋文明の実態と本質に触れ、のちに主著『西洋事情』を書くのは、このときの欧州での実地見聞のおかげなのだ。

    本書は、文久遣欧使節としての諭吉のパリにおける一挙手一投足を、膨大な文献調査と実地検証によって跡づけ、『西洋事情』に結晶する近代文明および民主主義との最初の遭遇経験を、きわめて具体的に浮き彫りにしている。

    福澤諭吉の慶応義塾創設と並ぶ最大の業績は、日刊紙「時事新報」を創刊したことだ。諭吉の思想の根源には、ジャーナリズムの発達が民主主義を保証するという確信がある。本書の著者もまたパリで20年以上にわたって国際報道に従事した筋金入りの新聞記者である。遠い先輩・福澤諭吉のパリでの日々の経験を生々しく描きだすその筆には、熱いジャーナリスト魂が脈打っている。

    鉄道、病院、新聞、国会、株式会社、図書館、すべてが未知の世界で、諭吉は比類なき好奇心に駆られて、西洋文明を丸ごと自分の頭脳と肉体に刻みつけていく。福澤諭吉こそ、精神的にも物質的にも開国を一身に体現した稀有(けう)な日本人であった。その決定的な事実を本書は飽くことなく論証していく。

    さらに本書にはミステリー的な謎解きの興味もある。諭吉はパリで3枚の肖像写真を残している。この写真が辿(たど)った波瀾(はらん)万丈の運命も、本書の読み応えを増している。その行方をどこまでも執拗(しつよう)に追う著者の姿勢は、まさに歴史探偵というにふさわしい。

    【初出メディア】
    産経新聞 2017年2月5日

    【書誌情報】

    パリの福澤諭吉 - 謎の肖像写真をたずねて

    著者:山口 昌子
    出版社:中央公論新社
    装丁:単行本(321ページ)
    発売日:2016-11-16
    ISBN:4120049167
    パリの福澤諭吉 - 謎の肖像写真をたずねて / 山口 昌子
    文久遣欧使節としての福澤諭吉のパリでの日々の経験を生々しく描きだす


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【文久遣欧使節としての福澤諭吉のパリでの日々の経験を生々しく描きだす】の続きを読む

     夏は昆虫の季節。虫がニガテだという人は少なくありません。

    篠原かをり
    篠原かをりさん/
     そんな“嫌われ者”の虫を愛してやまないのが、学生作家・篠原かをりさん。「出版甲子園」でグランプリを獲得し、つい先日には『昆虫最強王図鑑』(学研プラス/児玉智則・監修)まで出版した篠原さんに、夏をにぎわす虫たちとの上手な付き合い方を聞きました。

    ゴキブリは“夏の季語”!?

    ――篠原さんはゴキブリを飼われているそうですね。

    篠原かをり(以下、篠原):マダガスカルオオゴキブリや、デュビアなど数種類のゴキブリを合わせて400匹くらい飼ってます。ゴキブリって平安時代から知られていて、夏の季語なんですよ。

     江戸時代にはゴキブリは「御器被(ごきかぶり)」と言われていたそうで、裕福な家庭にしか出てこない昆虫で、今のように嫌われ者ではありませんでした。当時は「うち、ゴキブリ出るんだよね」って言うとマウンティングになるくらいの存在だったはずです。

    ――マウンティングですか(笑)。今は飽食の時代なので、ゴキブリはどの家庭にも出てきて、ほとんどの人が嫌う昆虫です。

    篠原:残念ながらそうですね。ただ、私の飼っているマダガスカルオオゴキブリは、みなさんのイメージするようなゴキブリとはちょっと違うんです。

    ――どういうゴキブリなんでしょうか。

    篠原:みなさんがゴキブリと聞いてイメージするのって、あのテカテカした感じとか、すばしっこい動きですよね。でもマダガスカルオオゴキブリは、テカテカしていないし、動きはすごくゆったりしているんです。

     私の友だちも「ふつうのゴキブリは嫌だけど、これならなんとか大丈夫」って言ってくれます。羽もないので飛ぶ心配もないですし。

    ――例えば自宅に出たゴキブリも捕まえて飼うのですか?

    篠原:家に出るゴキブリは細菌も多いし、捕まえても際限なく逃げ出すので飼いにくいんですよ。だから見かけたら外に逃がしますね。

    ――現在は400匹飼っていますが、勝手に無限増殖する心配はありませんか?

    篠原:それが、ゴキブリって繁殖に関してめちゃくちゃ賢くて、家族計画がしっかりしていて、住まいの大きさ以上に群れを大きくすることはないんです。

     群れが大きすぎても小さすぎても生存率が下がるから、種の存続のために本能で調整したりもする、とっても社会的な生きものなんです。



    ――夏はゴキブリ以外にもさまざまな昆虫が繁殖する季節です。虫を愛する篠原さんですが、夏に発生する虫とはどのように付き合っていますか?

    篠原:ショウジョウバエなんかは殺虫してますね。殺してしまわないようにと思って捕獲できたとしても、なにかしらの傷はつけてしまう。それって自己満足に過ぎないんですよ。だから、責任を持って命を奪います。

    コバエは柑橘系洗剤で一網打尽

    篠原かをり

    ――なるほど「愛ゆえの厳しさ」だと。

    篠原:私みたいに自宅に虫を飼っていると、腐葉土がたくさん必要で、とくにコバエ対策には気を遣っていますね。

     対策には柑橘系の洗剤が効果てきめんですよ。薄めた洗剤を小皿に入れておくと、コバエがおもしろいほど捕れる最強のトラップになります。

     あと、ゴキブリの場合、ゴキブリホイホイをキッチンなどに置くのはやめたほうがいいです。

    ――ゴキブリホイホイって効かないんですか?

    篠原:いえ、その逆で効きすぎるのが問題なんです。集合住宅なんかでゴキブリホイホイを設置すると、近隣のゴキブリまで引き寄せてしまうんです。だから、設置する場合は玄関やベランダなど居住スペースから少し離れたところがいいと思います。

    ――夏は屋外レジャーの機会も多いですが、野外での虫対策って何かありますか?

    篠原:虫は基本的に煙が嫌いなので、バーベキューをしていれば寄ってきません。タバコも世界各国で虫除けに利用されています。逆に虫が寄ってくるのは整髪剤やアルコール飲料です。

     クワガタを捕るときって、バナナをアルコールで揉み込んだ罠を仕掛けておくんですよ。だから飲みかけのビールを放置するのは、昆虫採集しているのと同じです(笑)。



    ――篠原さんは慶応義塾大学SFC研究所所員で、昆虫食などの研究をされているそうですね。

    篠原:ただ、巷で言われているほどには、昆虫食は実用化にはまだ遠いのが現状だと思います。昆虫食はまだ嗜好品の範疇ではないでしょうか。

    ――そうなんですか。

    篠原:戦時中にはカイコ3匹で、卵1個分の栄養価って言われていたんですけど、実はそれも間違い。昆虫がメインの食べ物になるかは難しく、まだ先の話です。

     ただ、昆虫は単純においしいです。例えばゴキブリはクセが少なくて昆虫の中でもかなり食べやすいほうです。

    ゴキブリの美味しい食べ方とは?

    篠原かをり

    ――ゴキブリですか!

    篠原:もちろん種類によって味は違って苦いのもあったりしますが、おいしいものも多くて。以前、昆虫食の料理コンテストで審査員をやったことがあって、脱皮したばかりのゴキブリのホイル包み焼きを食べましたが絶品でした。

    ――たとえ味が良くても、見た目が……。

    篠原:不快感を覚える方はいるでしょうが、だいたいの昆虫は油で揚げるとおいしく食べられるし、おつまみにもいいと思います。

     あと、エビ料理は基本、昆虫で代用できます。夏にはエビチリならぬ、“セミチリ”なんかもいいかもしれませんね。

    ――セミはどうやって調達するのですか?

    篠原:セミは死骸だと、死後どれだけ経過したかわからず、腐っている場合もあるのでやめたほうがいいですね。

     夕方に羽化するため、木にあがってきたセミを捕るのがラクでおすすめです。セミの幼虫は植物的な甘みがあるので、好きな人も多いですね。

    ――たしかにエビの代用にゴキブリやセミなどの昆虫が使えると考えるとだいぶハードルが下がります。

    篠原:セミ以外だと、コオロギも食用に使われますが、ただコオロギは共食いするので養殖が難しいんです。一方、ゴキブリは養殖も比較的容易で、性格もよいので仲間同士共存することができます。

     もちろん、心理的抵抗はあると思いますが、昆虫食が実用化されるなら、まずはゴキブリからということになるはずですね。

    <取材・文/安里和哲 撮影/林紘輝(本誌)>

    【安里和哲】

    沖縄県出身。青山学院大学(国際政治学専攻)卒業後、フリーのライターとして活動中。 得意な分野はインタビュー、映画批評、書籍レビューなど。 Twitter : @kzak325

     夏は昆虫の季節。虫がニガテだという人は少なくありません。  そんな“嫌われ者”の虫を愛してやまないのが、学生作家・篠原かをりさん。「出版甲子園」でグランプリを獲得し、つい先日には『昆虫最強王図鑑』(学研プラス/児玉智則 […]


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【ペットはゴキブリ400匹!? 学生作家・篠原かをりに聞く「“夏に嫌われる虫”との付き合い方」】の続きを読む

    「空気人形と妹」などで知られるたみふるの新連載「付き合ってあげてもいいかな」が、本日8月17日に小学館のマンガアプリ・マンガワンにて始動した。

    【大きな画像をもっと見る】

    作者が同人誌にて発表していた作品を連載化した「付き合ってあげてもいいかな」は、モテるが好きな人と両思いになったことがないみわと、お調子者の冴子を中心に描く百合マンガ。大学に入って出会った2人は、とある飲み会の帰り、お互いの本音を打ち明けたことから急接近し……。なおマンガワンの1500万ダウンロードを記念し、本日第1話を読むと、他作品も無料で読むことができる「ライフ」がプレゼントされる。

    「付き合ってあげてもいいかな」ビジュアル


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【たみふるが描く女子大生のガールズラブ「付き合ってあげてもいいかな」連載化】の続きを読む

    『黒いヴェール―写真の父母をわたしは知らない』(文藝春秋) 著者:アニー・デュプレー


    写真というのは悲しいものである。写真には一瞬の時がそのままフリージングされている。その瞬間に漂っていた匂い、注いでいた陽の光、影、流れていた音、言葉といったものが閉じこめられている。それを見ると、そのときの空気や気配が伝わってくる。写っている風景や人物に対して抱いていた感情すら、生々しく蘇ってくる。

    そういった感触をそのまま受け入れるのが難しい場合もある。すっかり忘れていた感情にがんじがらめにされるような写真だ。すでにこの世にはない者たちが写っている写真も、そういった類のものかもしれない。

    『黒いヴェール』は、フランスの女優アニー・デュプレーが、父リュシアン・ルグラの残した写真から、早くに亡くなった両親の生き方に想いを馳せる鎮魂歌のような本である。

    デュプレーが八歳のときに、両親は亡くなった。突然の死を彼女は心を閉ざすことで受け入れる。ふたりの死を告げられたとき、「私はすでに反応を開始し、苦しみに対する抗体をつくりはじめていた。泣き濡れた一家に立ち向かったのは、全身に無関心の鎧をまとった乾いた眼の少女だった」

    それから三十年後に、ひょんなことから写真家だった父の写真が出てくる。突然の過去との遭遇にデュプレーは戦慄する。そこには、見も知らぬ母や父の姿、著者の幼い頃の姿が写し出されている。透き通ったような風景と、家族の団らんの場面が写っている。それを見ながら語るデュプレーの言葉がいい。これは回顧録というよりも過去を旅する詩だと言えよう。

    静かな池を前にして、こちらに背を向けて椅子に座っている母娘の写真がある。少女は五歳くらい。母親は娘の手を握っているようにも見える。ふたりの表情はまったくわからない。ただ、ふたりが母娘であることだけは、その様子から受け取れる。そこにこのような文章が添えられている。

    この女性が私を愛撫したなんて、そんなことがありえるだろうか。私はその証拠をこの写真のなかに見る。この人は私の手を握っている。ある日、私の手がこの人の手に触れ、私はその暖かさを感じたなんて、そんなことがありえるだろうか? その髪が私の頬をくすぐり、私は笑いながら、この女性を『ママ』と呼んだことが?

    悲しみに満ちた大切な過去の匂いが立ちこめている。かつて大事な一瞬があった。それを本人は忘れている。母と幼い娘との時間がこのように優しく交錯していたことは、この写真がなければ一生わからなかったはずだ。

    わたしたちにも、わたしたちの知らない時間がある。両親の若い頃、祖父母の若い頃の時間。わたしたちが幼かった頃の時間。刻々と移ろう時間のなかの一こま。そしてそういった写真は埋もれた記憶を掘り起こす作業の手助けをしてくれる。 「私の記憶のこの閉じた扉をこじあけるには、どうすればいいのか?

    もちろん、人は私に言うだろう。十年分の記憶喪失、失われた子ども時代の暗い穴をかかえたままでも、ちゃんと生きられる、と。

    もちろん、そのとおり──それは私がしていること。

    けれども、首を切られた人だって、自分の頭と一緒に埋葬してもらえる。私、この私も五体満足な姿で終わりたい……」

    彼女の悲痛な心の叫びに、読む者の心は震える。白黒の写真を見、彼女の語る言葉の美しさを読むと、一人の女性の命のありかが立ち現われてくる。人は愛する者を永久に忘れ去ることはできない。

    家族の写真がある。両親の結婚披露のスナップ写真。そこに写っている若い母の顔を見て、デュプレーは惹きつけられ、感動する。これまで嫌ってきた自分の瞼と目と同じものをそこに発見したからだ。母も同じ瞼と目をしていたことを知って、「私はありのままの自分の眼とともに生き、それを見せることを受け入れるようになった。あなたの眼、お母さん、そしてあなたが私に遺した視線」。三十年前に亡くなった母は、いまもなお娘に語りかける。語りかけ得る力をもっている。

    こうして写真集を見ているうちに、わたしは十三年前に撮ったスナップ写真を思い出した。引き出しから取り出してみる。個人的な写真だ。わたし以外の者には何の価値もない写真。軽井沢の小さな山荘のテラスで友人八人が思い思いの格好をしている。皆二十代半ばでとても若々しい。わたしはいまよりずっとほっそりしている。まぶしそうに目を細める者、怒ったような表情の者、笑おうとして躊躇っているような顔つきをしている者。

    もう二度とこうしてこの八人が一緒に写真を撮ることはない、ということをわたしは知っている。だからこそ、この写真がいとおしいのだ。八人のうちの一人は亡くなった。一組のカップルは離婚し、一人は病気を患っている。そして一人とはここ数年会ったこともなければ電話で話すこともない。

    時とともに変わっていったのは時間ばかりではない。それぞれの生き方と考え方、友人であった事実もまた遠い昔のことになりつつある。しかし、この写真だけは、わたしたちがかつてこうした夏の時間を共有し、一緒に笑い、酒を飲み、徹夜で語ったことを教えてくれる。将来への不安を誰もが持っていた。

    これは、悲しい記憶でも、つらい思い出でも、楽しい過去でもない。ましてや感傷などではない。ただ、こうした事実があった、ということを知るだけだ。しかし、これを見ているわたしは、そのときに友人が言った言葉を、そのときに吹いていた風のそよぎを感じる。

    【この書評が収録されている書籍】

    『雑な読書』(シンコーミュージック) 著者:古屋 美登里



    【初出メディア】
    BURRN! 1996年7月号

    【書誌情報】

    黒いヴェール―写真の父母をわたしは知らない

    著者:アニー・デュプレー
    出版社:文藝春秋
    装丁:単行本(325ページ)
    ISBN:4163512500
    黒いヴェール―写真の父母をわたしは知らない / アニー・デュプレー
    フランスの女優アニー・デュプレーが両親の生き方に想いを馳せる鎮魂歌のような本


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【フランスの女優アニー・デュプレーが両親の生き方に想いを馳せる鎮魂歌のような本】の続きを読む

    じろう(シソンヌ)の小説『サムガールズ あの子が故郷に帰るとき』が、8月24日に刊行される。

    同作は、ドラマや映画の脚本も手掛けるお笑い芸人のじろうがウェブマガジン「雛形」で連載した自身初の短編小説『あの子が故郷に帰るとき』を書籍化したもの。写真家の志鎌康平が国内外各地で撮り下ろした女性のポートレートをもとに、出会ったことのない全国の女性たちのバックストーリーを妄想だけで描いた作品となり、西田尚美を主人公にした書き下ろしを含む全10作品を収録する。

    じろうは「お会いしたことのない女性の写真を眺めながら勝手にその人の人生を綴りました。貴女は貴女。私も、貴女です」とコメント。帯には西田が「物語の中の西田尚美は、うっすら私にリンクしているところがあって驚いたのです」とコメントを寄せている。

    9月3日には東京・ヴィレッジヴァンガード下北沢店、9月14日には山形・とんがりビル1階 KUGURUでサイン会を開催。詳細はヴィレッジヴァンガード下北沢店、ヨシモトブックス編集部、雛形の公式Twitterで確認しよう。
    『サムガールズ あの子が故郷に帰るとき』表紙


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【シソンヌじろう初短編小説『サムガールズ』刊行 西田尚美がモデルの作品も】の続きを読む

    このページのトップヘ