Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 書籍


    株式会社偕成社(出版社 本社:東京都新宿区 代表取締役社長:今村正樹)は、好評を博している『まっしょうめん!』の第3作『まっしょうめん! 胴を打つ勇気』を3月上旬に刊行します。

    • 1巻は早くも5刷! 青春剣道小説『まっしょうめん!』
    『まっしょうめん!』の第1作は、2016年に「偕成社ノベルフリーク」(*)の1冊として刊行。刊行以来、4回の重版を重ね、「偕成社ノベルフリーク」内で最も人気を博している作品です。

    お話は、運動の苦手な主人公・成美が、ひょんなことからはじめた剣道をとおして、成長していく姿を描きます。
    「才能を見出され上達していく」主人公ではなく、一歩一歩失敗を重ね、行きつ戻りつしながらも剣道を好きになっていく成美のすがたがは「等身大」の女の子として読者の共感をさそっています。友人関係の悩みも描かれ、剣道小説にとどまらない面白さがあります。

    剣道の場面の臨場感も、作品の大きな魅力です。はじめて防具をつけたときの重たさ、相手と向き合う緊張感、打ちこまれたときの衝撃、そして、相手と「まっしょうめん」にむかいあうと、どんな感覚になるのか……。竹刀をかまえたときの空気感を余すことなく伝え、剣道経験者はもちろん、未経験の読者も剣道の魅力に引き込みます。

    (*)偕成社ノベフリーク手にとりやすいソフトカバーで、小学校高学年~の読者に、現代の日本の作家の読み物をとどけるレーベル。人気の作品はレーベル内でシリーズ化している。
    • 本作品がデビュー作! 長野県松本市在住の著者
    長野県松本市に在住のあさだりん氏は、『まっしょうめん!』がデビュー作。 ペンネームは、敬愛する児童文学作家アーサー・ランサムとアストリッド・リンドグレーンにちなんでつけたとのこと。

    剣道一家にかこまれながら、自身は剣道未経験のまま1、2巻を書き上げますが、 2巻目の『まっしょうめん! 小手までの距離』を読んだ剣道の先生に「ここから先を書くには、自分でも剣道をはじめなければ」といわれ、本当に習い始めたそうです。 3巻目は実際に剣道をはじめたあさださんによる、より臨場感あふれる1冊となっています。

    ぜひ貴媒体でご紹介ください。
    • 著者紹介
    作:あさだりん
    1970年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。現在は長野県松本市在住。日本児童文学者協会会員・信州児童文学会会員。作品に「まっしょうめん!」シリーズがある。

    絵:新井陽次郎
    1989年埼玉県生まれ。アニメーター、監督。スタジオジブリを経てスタジオコロリドに移籍。初監督作「台風のノルダ」で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞受賞。書籍の装画でも活躍中。
    • 書籍詳細
    まっしょうめん! 胴を打つ勇気
    書名:まっしょうめん! 胴を打つ勇気 
    作:あさだりん
    絵:新井陽次郎
    定価:900円 + 税
    対象:小学校高学年から
    サイズ:19cm×13cm
    ページ数:207ページ
    ISBN コード:978-4-03-649130-8
    発売時期:2020年3月7日予定

    ◎偕成社HP書誌情報:
    https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784036491308


    まっしょうめん!(2016年)
    まっしょうめん! 小手までの距離(2018年)

    配信元企業:株式会社 偕成社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【長野県松本市在住作家による、剣道小説『まっしょうめん!』好評につき第3作刊行決定!】の続きを読む


     

    GAFAの一角を占め、物販でも世界的に大きな地位を築いている巨大企業、アマゾン。その日本法人の広報責任者だった小西みさをさんが、アマゾン流の広報のノウハウを披露したのが、本書『アマゾンで学んだ! 伝え方はストーリーが9割』(宝島社)だ。

     小西さんはソフトバンクやセガなどで10年以上の広報経験を経て、2003年にアマゾン ジャパンの広報責任者になった。まだ書籍だけを販売しているネット書店というイメージの会社だった。そこから、さまざまな手法でブランディングを始めた。

    ストーリーは当たり前の社内

     本書では、アマゾンが実際に伝えたストーリーの一部を紹介している。

     アマゾンの認知度を拡大するため、当時話題だったハリー・ポッターの最新作を1箇所に集め、25メートルプール相当の面積に高々と積み上げ、「出荷準備完了!」とテレビ番組で紹介した。アマゾンのアクセス数・購入者がともに増加、認知度拡大につながった。

     また、アマゾンのサービスの良さを実感してもらうため、社内で「シンデレラ」と呼ばれている女性に登場してもらった。彼女は日本人の平均サイズの足、ふくらはぎの大きさを持ち、靴の使用感や履き心地を調べていたので、そう呼ばれていた。「大人の社会見学」としてメディアを物流センターに招待し、シンデレラの存在や業務を紹介した。すると、アマゾンのサービスやアパレル商品の認知度が拡大したという。

     「ストーリー」という言葉をアマゾンの社内では使っていないが、ストーリーで伝える重要性は、アマゾン社員にとって「大前提となっているもの」、「身についているもの」、「常に意識しているもの」という空気のような存在だという。創業者のジェフ・ベゾスのマイルールをベースにしたのが、以下の8つの特徴だ。

     1 「ある場面」を具体的に語る  2 例え話を頻繁に使用する  3 伝えたいポイントを絞る  4 お客様に関係のない話はしない  5 不明瞭な数字を出さない  6 時間を感じさせる話をする  7 潔い  8 しつこいくらい何度も同じ話をする

     社内にはストーリーを重視する仕組みがいくつかあるという。例えば、新しい事業アイデアを提案する際、パワーポイントを使わない、文書形式で書く、プレスリリース形式で作成するというルールがあるそうだ。これはアマゾンがストーリーで伝えることを重視しているからだ。

    独立した小西さんが伝えたいこと

     小西さんが在任中の2015年にはアマゾンがトヨタ、グーグルを抜き、初めて日本のトップブランドになった(日経BPコンサルティングのWEBブランド調査)。広報本部長を務め、17年に退職・独立し、現在はさまざまな企業をサポートしている。

     広報と広告宣伝の違い、社員に徹底するコミュニケーションのルールなど、広報や宣伝に携わる人の参考になる内容が盛りだくさんだ。

     「はじめに」に意外なことが書いてあった。「今なら、"アマゾン超え"は十分可能」という一節だ。アマゾン・ドット・コムが誕生したのは1994年、アマゾンが日本に上陸したのが2000年。当時と今とでは情報を浸透させる環境に格段の違いがある。現在のSNS環境を有効に生かせば、アマゾンよりもストーリーを伝えるのがうまい存在になることは決して難しくない、と書いている。

     最終の第5章は「明日からのセルフPR術」。企業だけでなく、個人のセルフブランディングにも有用なことが書いている。あのジェフ・ベゾスでさえ、プレゼン本番まで何度も練習を重ねているという。「動画に撮る」「録音する」「人に見てもらい、改善点を指摘してもらう」というポイントは、明日からでも役に立ちそうだ。

     アマゾン関連では『デス・バイ・アマゾン』(日本経済新聞出版社)、『アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ベゾスの大戦略」』(PHP研究所)、『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』(東洋経済新報社)、『出版の崩壊とアマゾン』(論創社)などを紹介済みだ。

    • 書名:  アマゾンで学んだ! 伝え方はストーリーが9割
    • 監修・編集・著者名: 小西みさを 著
    • 出版社名: 宝島社
    • 出版年月日: 2019年8月 9日
    • 定価: 本体1600円+税
    • 判型・ページ数: 四六判・255ページ
    • ISBN: 9784800295880

    (BOOKウォッチ編集部)
    今なら、"アマゾン超え"は可能 元広報責任者が明かすノウハウ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【今なら、"アマゾン超え"は可能 元広報責任者が明かすノウハウ】の続きを読む

    【モデルプレス=2019/08/09】Instagramで写真に添える文章が「文才がすごい」「ギャグセン高い」と話題を集め、一般女性ながら約20万人のフォロワーを有する「きらめく星のなったん」が、初エッセイ『待ち人来ずってなんなの私から会いに行くからお前が待ってろよ』(@nightレーベル)をリリースした。

    【さらに写真を見る】なったん、更新のコンセプト語る「友達少ないから、自分1人の写真だけを淡々と」

    夢あるのが別にエラいわけじゃないし、やりたいこと見つからないのがダメなわけじゃない。結婚するのもしないのも人生。生きてくことに勝ち負けなんてないんだからみんなもっと好き勝手で、自由に生きればいい…。

    Twitterで伝説化した「文才のすごいギャル」による同作では、恋愛、人間関係、仕事における理不尽なアレコレへの立ち向かい方、生き方の軸を痛快なキラーワードを連発。7月25日に発売されたが、反響が大きく早くも3刷となっている。

    ◆なったん、連載中

    なお、なったんは、モデルプレスで「なったん人生相談 100人斬り!」連載中。《人生相談》をテーマに、小さなものから大きなものまで、様々なお悩みに答えている。(modelpress編集部)

    ◆【著者】きらめく星のなったん プロフィール

    出身地:沖縄県
    在住:東京都
    年齢:非公開
    職業:医療事務
    趣味&特技:スポーツ観戦(特に格闘技)
    Instagram:https://www.instagram.com/nattan0504/
    Twitter:https://twitter.com/natsu0504t

    《自己紹介》毒は吐くけど誰も傷つけないがモットー。喋るのは苦手だから筆を執った。好きなものは格闘技とちびまる子ちゃんと登坂広臣。素性は謎も多い。

    【Not Sponsored 記事】

    きらめく星のなったん著「私から会いに行くからお前が待ってろよ」書影/提供画像


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【“文才すごいインスタ”で話題のギャル・きらめく星のなったん、初エッセイでキラーワード連発】の続きを読む


     7月17日、第161回芥川龍之介賞(日本文学振興会主催)の選考会が東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、今村夏子さん(39歳)「むらさきのスカートの女」(小説トリッパー春号)が選ばれた。今村さんは3回目のノミネートでの受賞となった。

    《今村夏子さんプロフィール》
     1980年生まれ。2010年「あたらしい娘」(のちに「こちらあみ子」に改題)で第26回太宰治賞を受賞。11年『こちらあみ子』でデビュー。

    (「文春オンライン」編集部)


    「むらさきのスカートの女」で芥川賞を受賞した今村夏子さん  ©朝日新聞出版写真部/小原雄輝


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【第161回芥川賞 今村夏子さん『むらさきのスカートの女』が受賞】の続きを読む

    今話題のホットな経済用語がまるっと頭に入る、就活にも役立つ経済入門書です!

    実用書や児童書を中心に刊行している出版社、repicbook(リピックブック)株式会社(本社:埼玉県志木市、代表取締役:諏訪部 貴伸)は、身近にある経済のしくみを分かりやすく学ぶラジオ番組『ジュグラーの波』のスピンオフ本として『人生をぐるっと変える まるっと経済学 第1部』を、2019年6月28日(金)よりAmazonにて予約を開始しました。全国の書店や他のサイトでも順次予約が開始される予定です。



    『人生をぐるっと変える まるっと経済学』の表紙

    本書は、経済用語を分かりやすく学べると評判のラジオ番組『ジュグラーの波』(TOKYO FMで毎週月曜夜9時30分から放送中)を元に書籍化したものです。第1部は初代パーソナリティである元 乃木坂46の衛藤美彩さんが帯を飾り、巻末にはインタビュー記事も掲載しています。また、NEXTユニコーン企業の株式会社Liquid代表取締役CEOの久田康弘氏が実名で登場し、アジアの経済について熱く語るなど物語を盛り立てています。

    本書は、小説形式にすることで経済を身近に感じ、容易に理解することを目的としています。
    ―――大学受験や就活に失敗し、やり場のない挫折感でくすぶっていた日々を送っていた物語のヒロイン籠崎美令が、突如人気ロックバンド『P:ste』の世界ツアーに参加したことが転機となり、人生が動き始めます。ツアーで訪れた国々の情勢や日本の現状など、今まで考えたこともなかった世界の経済に触れる過程で美令の気持ちにも大きな変化が起き始め、世界のホットな経済を肌で感じながら、成長していく姿が描かれています。

    第1部は、成田出国からいま注目のアジア、ヨーロッパ、そして北欧のフィンランドまで、各国の経済と関わりながら貴重な体験を繰り広げていきます。

    ■ 著者プロフィール
    澤 昭人(さわ あきと)
    早稲田大学法学部卒。公認会計士、税理士。澤公認会計士事務所所長。上場企業やIPO準備中の会社の役員を複数務める。著書にシリーズ「簿記検定に面白いほど受かる本(KADOKAWA)」、元乃木坂46 衛藤美彩さんとの共著「なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界は変わったのか?(PHP研究所)」などがある。著者累計90万部突破

    ■ 商品概要
    タイトル:人生をぐるっと変える まるっと経済学
    著者:澤 昭人
    定価:1,400円(税別)
    規格:四六版サイズ、208ページ

    ■ repicbook(リピックブック)株式会社について
    2014年5月、書籍、雑誌、絵本等の企画、制作、編集、印刷、出版、販売を目的に設立された出版社。書店卸取引先は、株式会社トーハン、日本出版販売株式会社、株式会社大阪屋栗田。一冊の本に時間と労力をかけて、良質な作品のみを年10冊のペースで刊行している。
    Twitter : https://twitter.com/repicbook_302/
    Instagramhttps://www.instagram.com/repicbook/

    <会社概要>
    社名 : repicbook株式会社
    代表 : 代表取締役 諏訪部 貴伸
    所在地: 〒353-0004 埼玉県志木市本町5-11-8
    URL  : https://repicbook.com

    配信元企業:repicbook株式会社

    プレスリリース詳細へ

    ドリームニューストップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【ラジオから飛び出した小説仕立ての経済本『人生をぐるっと変える まるっと経済学』が6月28日よりAmazonにて予約開始!】の続きを読む

    このページのトップヘ