Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 書籍

    神楽坂は「東京のフランス」と呼ばれているのをご存知だろうか?神楽坂を訪れるとフランス料理が楽しめるレストランやカフェが数多く集まっている。その理由が1952年に東京日仏学院(現アンスティチュ・フランセ東京)が神楽坂に開校したこと、フランス語インターナショナルスクールの東京国際フランス学園があるからと言われている。そんな神楽坂とフランスの縁をとりもったアンスティチュ・フランセ東京にあるのがフランス語専門書店「RIVE GAUCHE(リヴ・ゴーシュ)」だ。

    【写真を見る】深い緑の壁と赤の扉、黄色の看板とフランスらしい色使い

    アンスティチュ・フランセ東京は日仏の文化交流施設として作られた。白い柱が印象的な建物は、フランスの近代建築の巨匠、ル・コルビュジエに師事をした坂倉準三の設計で、一見の価値あり。そんなアンスティチュ・フランセ東京の玄関口にあるのが「RIVE GAUCHE」だ。

    ■ さまざまなジャンルの書籍2000冊がお出迎え

    「RIVE GAUCHE」とはフランス語で“左岸”を意味し、カルチエ・ラタンやサンジェルマン、モンパルナスなど作家や編集者、ジャーナリスト、映画関係者などが集まる文化的なエリアを象徴する言葉。運営しているフランス語専門書店の欧明社の「書店は文学、音楽、美術などの文化の一端を担う」という想いを反映したものだ。

    扱う本はフランス語の教材から小説、絵本、仏訳された日本漫画と様々。フランス語初心者から上級者まで対応してくれる品揃え。店内のBGMはフランス語の国際ラジオ放送で、すっかりパリにいるような心持ちに。

    書籍に加えて、フランスから輸入しているポストカードやノートなどの文房具類も扱っている。フランス語は読めなくても、おしゃれなポストカードで手紙を書けば、フランスのエスプリを感じられそうだ。(東京ウォーカー・東京ウォーカー編集部)

    フランス政府公式機関の「アンスティチュ・フランセ東京」。逢坂をあがった先にひっそりと佇む


    (出典 news.nicovideo.jp)


    【ここは小さなパリ。神楽坂とフランスを縁付けた学校のフランス語専門書店】の続きを読む

    『シティーハンター』の劇場アニメ化を記念して、KDDIの電子書籍サービス「ブックパス」にて「ベッド・インが語る“冴羽リョウ”の魅力」と題したインタビュー公開。“バブル期”をリスペクトする地下セクシーアイドルユニット「ベッド・イン」の中尊寺まいと益子寺かおりが、主人公・冴羽リョウの魅力を通して作中のおすすめシーンを紹介している。

    【大きい画像を見る】『シティーハンター』(12巻 第118話)(c)北条司/NSP 1985


    「週刊少年ジャンプ」で1985年~1991年に連載された『シティーハンター』は、裏社会No.1の始末屋である冴羽リョウとその相棒の槇村香が、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」として活躍する作品だ。
    今回のインタビューでは、同作の舞台であるバブル期をリスペクトする「ベッド・イン」のふたりが、“女性へのアフターサービスは万全”な冴羽リョウへの愛を語った。


    幼少期にTVアニメ『シティーハンター』に出会い冴羽リョウに恋してしまったという益子寺、そして学生時代に全巻制覇したという中尊寺。付箋だらけの単行本を手元に繰り広げられた、ワイルドでキュンとする冴羽リョウトークは、「ブックパス」だけの官能的な内容となっている。

    バブルが懐かしい『シティーハンター』世代はもちろん、冴羽リョウの男子力を分析したい男性やちょっぴりエッチな話が気になる女性も楽しめる「ベッド・インが語る“冴羽リョウ”の魅力」は、8月21日より特設ページにて公開中。

    「ブックパス」では『劇場版シティーハンター(仮題)』(2019年2月8日ロードショー)を記念した完全版コミックス全32巻の読み放題キャンペーンも開催中なので、ファンはあわせて楽しんでほしい。

    ブックパス『シティーハンター』読み放題キャンペーン
    期間:~2018年8月31日(金)23時59分
    内容:『シティーハンター』1~32巻(全巻)読み放題【ほかの画像を見る】地下セクシーアイドルユニット「ベッド・イン」 左:中尊寺まい/右:益子寺かおり
    地下セクシーアイドルユニット「ベッド・イン」 左:中尊寺まい/右:益子寺かおり


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【バブリーアイドル ベッド・イン、「シティーハンター」冴羽リョウの魅力を官能的に語る】の続きを読む

    ファッション雑誌販売部数トップシェア(※)の株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)は、2018年8月21日(火)に、マルチメディア『SNOOPY CITY BAG BOOK produced by YAK PAK』を発売します。
    『SNOOPY CITY BAG BOOK produced by YAK PAK』(宝島社)
    大人気キャラクターとバッグブランドのコラボレーション
    ブルックリン発のバッグブランド「YAK PAK(ヤックパック)」と「スヌーピー」のコラボレーションラインがバッグブックとなって登場!

    本誌限定“自立する”バッグ
    特別アイテムは本誌限定デザインの「自立するバッグ」。ワンポイントにカラー刺しゅうのスヌーピーと「YAK PAK」のロゴタグをオンした大人かわいいバッグに仕上がりました。繊細な刺しゅうはバッグブック史上最高のクオリティです! ステッチが効いたハンドルはつかみやすく縫製処理されているので、持ちやすさも抜群。ほかにもスマートフォンの収納にぴったりな外ポケットに、絶妙なサイズ感と見た目以上の収納力など、機能面でもストレスフリー。まさに街へのおでかけにぴったりな“CITY BAG”です。

    話題のモデル・NANAMIが表紙初登場
    『bis』(光文社)『mina』(主婦の友社)等で活躍中の話題のモデル・NANAMIさんが表紙に初登場。今回のコラボラインを網羅したミニブックではアイテムをキュートに持ちこなしてくれました。普段とは少し違う、アウトドアなNANAMIさんを見られる貴重な一冊が完成しました!

    大人かわいいシティバッグとミニブックのセットを本体1790円+税のスペシャルプライスでお届け。8/21(火)に全国書店、Amazonほかネット書店にて発売開始。この機会をお見逃しなく!

    大人かわいい!“自立する”バッグ
    サイズ(約):W34×H24×D8cm
    コットン風の厚手生地 スヌーピーの自立するバッグ
    便利な外ポケット
    しっかりとしたステッチ
    A4が入る大容量
    カバー&ミニブックにはNANAMIが登場!
    ミニブック
    『SNOOPY CITY BAG BOOK produced by YAK PAK』(宝島社)
    『SNOOPY CITY BAG BOOK produced by YAK PAK』
    価格:本体1790円+税
    発売日:2018年8月21日(火)
    http://tkj.jp/book/?cd=TD286567


    (※)日本ABC協会雑誌発行社レポート(2017年7~12月)より

    配信元企業:株式会社 宝島社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【【話題のモデル・NANAMI “初”の表紙!】「スヌーピー×ヤックパック」コラボバッグBOOK 8/21発売!!【新刊案内】】の続きを読む

     虫好きが高じて、数々の書籍を出版されている学生作家の篠原かをりさん

    篠原かをり
    篠原かをりさん/
     前回は彼女なりの「虫との上手な付き合い方」について聞きました。今回は、虫だけでなく、クイズマニアでもあり、最近では金魚すくいにもハマっているという彼女の謎のベールに包まれた生活に迫りました。

    昆虫採集、金魚すくい、クイズにハマって大学を留年

    ――篠原さんは大学を留年しているそうですが、やはり虫にハマりすぎたせいですか?

    篠原かをり(以下、篠原):虫だけじゃなくて、クイズと金魚すくい、あとソリティアにハマって無限に時間を溶かしていましたね、キラキラした大学生活は知らないです(苦笑)。

    ――いわゆるリア充にはほど遠いと(笑)。金魚すくいは夏祭りの時期だけじゃないんですか?

    篠原:もちろん夏がメインではあるんですけど、一年中金魚すくいができるお店が浅草にあるんです。金魚ってやっぱり生き物なのでゲームとは違い、“攻略法”が存在しないんです。

     対生物だから、個体差による違いがあります。そのうえ、金魚をすくう“ポイ”も、1枚、1枚厚さや固さなどが微妙に異なるんです。

     全国大会で優勝圏内の人は自宅に金魚すくいセットを組んでるんですが、私はそこまで用意ができていません。

    ――一方で、篠原さんといえば、「高校生クイズ選手権」や「地下クイズ王決定戦」などクイズの女王というイメージですが、クイズを本格的に始めたのはいつですか?

    篠原:中学3年生のときに「高校生クイズ」を見ていて、これなら私もイケる! と、漠然と思ったのがきっかけです。そのとき、番組にイケメンの高校生が出ていて、私の友達が「あのイケメンに絶対会いたい!」と言い、一緒にクイズ研究会を作りました。

     結局、彼女はクイズ研究会をすぐ辞めてしまいましたが(笑)。私は高校でも続けて、2、3年生と連続で全国大会にも出ました。

    ――虫に詳しくて、出版甲子園でグランプリ。そのうえクイズも得意ってすごいエリートですよね。

    篠原:そんなこともないです。クイズのトレーニングって頻出問題、いわゆる“ベタモン”を覚えるところから始めるのですが、これではほとんど差はつきません。

     結局、クイズの勝敗を決めるのは、クイズのトレーニング以外の生活や人生で得た知識なんです。私がクイズ大会で初めて答えたのも「人間でいうと腎臓の役割を果たす昆虫の器官はなんでしょうか?」という問題でした。

     それは、私がたまたま虫好きで、正解の「マルピーギ管」を知っていたから答えられたんです。クイズのための特訓だけではなく、自分の興味関心や人生で獲得した知識という両輪があって、初めて勝てるんです。



    ――やっぱり虫の問題は強いんですね。そもそも虫を好きになったキッカケは覚えていますか?

    篠原:物心つく前から人一倍、虫が好きで、ひたすらダンゴムシを集めて筆箱の消しゴムケースに入れていました。

     子供のときから虫が嫌いな人ってそんなにいないと思うんです。年齢を重ねるにつれて、“虫は気持ち悪いもの”だという固定観念を得てしまって、嫌いになる。

     私の父が栃木県の田舎出身で、家族で昆虫採集に行ってばかりだったので、私は虫を嫌いになるキッカケがなかったです。

    虫はやっぱり全般的に好きです

    篠原かをり

    ――たしかに虫のフォルムや動きが嫌いっていうのに客観的な根拠はなくて、あくまでも人間が主観的に毛嫌いしてるだけですね。

    篠原:そうなんですよ。正確には昆虫ではないですが、ゲジゲジが無害なのに嫌われているのは、単に生理的に気持ち悪いからですよね。

     そういう生理的嫌悪をもたらす昆虫は“不快害虫“といいます。ゴキブリは衛生的な問題もあるので、害虫と不快害虫のボーダーに位置する昆虫ですね。

    ――篠原さんは、嫌いな虫、苦手な虫はいるのですか?

    篠原:実はカマドウマとコオイムシっていう水生昆虫が苦手です。カマドウマが苦手なのは単純にトラウマで、小さいとき靴の中に入っていた2匹のカマドウマを素足で踏んでしまったから。

     コオイムシ(※閲覧注意)は純粋に見た目が苦手で、メスがオスの背中に卵をびっしり産みつけるんですけど、私、つぶつぶしたものがダメなんですよ。

    ――タガメの卵みたいな感じですか?

    篠原:そうですね。あれよりも小さくて縦長の卵がみっちりとオスの背中にあるのが、ダメなんですよ。でもこれは虫が苦手というよりも、つぶつぶの卵がダメという感じですね。だから虫はやっぱり全般的に好きです。

    ――いちばん好きな虫ってなんですか?

    篠原:断然、オオセンチコガネです! 金属光沢のあるコガネムシで、緑とか紫とかいろんな色を持った種類がいるんですけど、そのなかでも青色のルリセンチコガネが大好きで。

    ――(スマホで確認して)人工的というか、生き物っぽくない色味ですね。

    篠原:そうなんです。オオセンチコガネは糞虫なんでフンを食べるんですけど、それでいてこの美しさを得ているというギャップがたまらなく好きなんです。わざわざ奈良公園に捕りにいくんですよ。

    ――奈良まで行かれるんですか!

    篠原:奈良公園はパッと見、よくある公園ですが、そんなところに明らかに異質な、女性が落としたアクセサリーみたいなピカピカのオオセンチコガネがちょこちょこいるんですよ。

     色彩に光沢がある理由としては、太陽光や景色を反射して外敵から身を隠すためとか、毒がありそうな警戒色で外敵を遠ざけるとか諸説あります。私としては自然の中で進化することで異形になってる感じが好きです。

    ――『昆虫最強王図鑑』(学研プラス/児玉智則・監修)という気合の入った本で監修をされていますが、強い虫もお好きですか?

    篠原:強くてダイナミックな虫も好きですけど、特定の虫にだけピンポイントで強い虫にもグッときますね。あと、昆虫って大半が1センチ以下の微小昆虫なんですね。顕微鏡で見ないとわからないような差異があるところなんかも愛おしいです。



    ――篠原さんは学生作家として活動していますが、“好き“を仕事にする秘訣ってあるんでしょうか。

    篠原:しいて言うなら、物書きを目指すなら文章がまともに書けるだけでなく、「この人にはこのテーマで書いてほしい!」って思われる必要があります。

     得意分野をどれだけ持っているかが勝負ですよね。私の場合は、ずっと“虫が好きな人“として認識されてきましたが、それってたまたまそれが昆虫だっただけで。

    幼稚園児の頃からずっと虫が好きな子だった

    篠原かをり

    ――自分の好きなものをアピールしてきたから、他人が篠原さんを“虫の人“として認識して仕事を任せてくれるようになったと。

    篠原:幼稚園児の頃からずっとそれで認知されてましたね。だから、コトあるごとに虫の魅力を伝えようと必死になっていて、好きな理由を伝えるクセが自然についていったんでしょうね。

     自分の好きなことのどこが好きで、自分の専門分野なのかを明確にして、身近な人にせよ、ネットを通じてにせよ、自分の好きを魅力的に発信し続けることが大切だと思いますね。

     いちばんの原動力は純粋な“好き”という気持ちです。最初から趣味を仕事につなげようって下心があると、趣味すら失ってしまうかもしれない。好きの気持ちを大切にすることが重要だと思います。

    <取材・文/安里和哲 撮影/林紘輝(本誌)>

    【安里和哲】

    沖縄県出身。青山学院大学(国際政治学専攻)卒業後、フリーのライターとして活動中。 得意な分野はインタビュー、映画批評、書籍レビューなど。 Twitter : @kzak325

     虫好きが高じて、数々の書籍を出版されている学生作家の篠原かをりさん。  前回は彼女なりの「虫との上手な付き合い方」について聞きました。今回は、虫だけでなく、クイズマニアでもあり、最近では金魚すくいにもハマっているという […]


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【23歳学生作家、虫をこよなく愛する彼女が“好き”を仕事にできた理由】の続きを読む


     11 月1日(木)に全国公開となる、黒木華主演『ビブリア古書堂の事件手帖』より、キャラクターの情感漂う本ポスターが解禁された。

     鎌倉の片隅に佇むビブリア古書堂。その店主・篠川栞子が古書にまつわる謎を解き明かしていく、三上延・著『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズは、日本中の文芸ファンとミステリー愛好家から熱い支持を受け、「本の雑誌」が選ぶ2011年度文庫ベストテン【第1位】、40年間の書籍ベスト【第1位】に選出されるなど数々の賞を受賞。累計640万部を誇る国民的大ヒットシリーズとなった。その実写映画化となる『ビブリア古書堂の事件手帖』が11月1日(木)に全国公開される。


     極度の人見知りだが驚くべき本の知識と優れた洞察力を持つ、若く美しきビブリア古書堂店主・篠川栞子を演じるのは、実力派女優・黒木華。そして栞子に魅せられ店を手伝うことになる、過去の出来事から本が読めなくなった青年・五浦大輔を、大ヒット作への出演が続く野村周平が人間味豊かに演じる。さらに夏帆、東出昌大など日本映画界を牽引する豪華実力派キャストが集結。監督は、昨年『幼な子われらに生まれ』で第41回モントリオール世界映画祭審査員特別賞に輝いた、人間ドラマの名手・三島有紀子が務める。


     この度、日本映画を担う若手俳優達が演じる主要人物が揃った本ポスター画像が公開となった。


     ティザーポスターでは、ビブリア古書堂の世界観のもと、本を読む栞子を後ろから優しく見つめる大輔という2人の柔らかな雰囲気が印象的だったが、今回の2人は背中合わせで情感溢れる表情を浮かべている。それぞれの目線の先に、2人は一体どのような真実を見たのかー。


     更に本作を彩る主要キャスト達も登場。悲しくも切ないラブロマンスを描く、本作の《過去》パートを担い、夏目漱石と太宰治の2冊の本にまつわる謎にも大きく関わる夏帆と東出は、その対照的な表情が印象的。夏帆は彼女の心情を映し出したかのような土砂降りの外を窓から見つめながら愁いを帯びた表情を浮かべ、東出は柔らかな光に包まれた窓辺で柔和な微笑みを浮かべている。


     加えて横並びで立つ2人のカットは微妙な距離が空いており、その距離感から彼らの関係性が一体どのようなものなのか、より一層想像を掻き立てられる。また、栞子の同業者で漫画専門のネット販売を行う青年を演じる成田は哀愁漂う表情で原稿を見つめており、こちらも非常に印象深いカットとなっている。

     更に、この度本ポスター画像に合わせて、8月24日(金)から発売されるムビチケ特典の内容も解禁となった。特典は、原作シリーズ最終巻である7巻のその後を描く、三上延約1年半ぶりの完全書き下ろしの新作小説。


     栞子と大輔に訪れる、すこし未来の物語を描いており、タイトルは「ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ 特別版」 小冊子に決定。栞子と思いきや、「扉子」とは一体誰なのか?「特別版」とはどういうことなのか?是非手に入れて、その内容を確かめてほしい。表紙は越島はぐによる描き下ろしイラスト、裏表紙は、本冊子限定の映画オリジナル写真となっており、ファン垂涎の特典となっている。


     50年前に隠された夏目漱石「それから」のサイン本と、現代で狙われる太宰治「晩年」の希少本。この2冊を中心に、本作では栞子(黒木)と大輔(野村)がビブリア古書堂を舞台に謎を解き明かしていく【現代のパート】、そして大輔の祖母・絹子(夏帆)と嘉雄(東出)の“知られてはいけない恋”を描く【過去のパート】が交差し、ある真実が明らかになっていく。


     【現代のパート】に登場する成田演じる稲垣は、このミステリーにどのように絡んでいくのか。そして栞子、大輔との恋の三角関係はどうなっていくのか。数々の実在の名作古書と、そこに刻まれた謎と秘密を紐解く極上の感動ミステリー。映画『ビブリア古書堂の事件手帖』は、11月1日(木)より全国ロードショー。


    ストーリー

     すべては一冊の本をめぐる祖母の遺言から始まった――。


     鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店「ビブリア古書堂」。過去の出来事から本が読めなくなった五浦大輔(野村周平)がその店に現れたのには、理由があった。亡き祖母の遺品の中から出てきた、夏目漱石の「それから」に記された著者のサインの真偽を確かめるためだ。磁器のように滑らかな肌と涼やかな瞳が美しい若き店主の篠川栞子(黒木華)は極度の人見知りだったが、ひとたび本を手にすると、その可憐な唇からとめどなく知識が溢れだす。さらに彼女は、優れた洞察力と驚くべき推理力を秘めていた。栞子はたちどころにサインの謎を解き明かし、この本には祖母が死ぬまで守った秘密が隠されていると指摘する。それが縁となって古書堂で働き始めた大輔に、栞子は太宰治の『晩年』の希少本をめぐって、謎の人物から脅迫されていると打ち明ける。力を合わせてその正体を探り始めた二人は、やがて知るのであった。漱石と太宰の二冊の本に隠された秘密が、大輔の人生を変える一つの真実につながっていることをーー。


     (C)2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【『ビブリア古書堂の事件手帖』本に魅せられ、キャラクターの情感漂う本ポスター解禁】の続きを読む

    このページのトップヘ