Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 医療


    1 シャチ ★ :2018/04/11(水) 17:14:38.42

     訪日外国人観光客が年々増える中、急に病気になった外国人が病院などで治療を受けた後に医療費を支払わないケースが多発しているのが分かった。
    厚生労働省の調査によると、外国人患者を受け入れたことのある医療機関のうち、3割が不払いの経験があった。
    政府は訪日客の急増で医療機関に生じる想定外の負担を懸念し、5月にも総合対策をまとめる。

     厚労省が3761の医療機関を対象に2016年に実施した調査によると、回答があった1710機関のうち、約6割で外国人が入院し、
    約8割が外来で訪れた。
     外国人を受け入れたことのある1378機関のうち、35%が1年間に不払いを経験した。調査は日本に住む外国人患者も含むが、
    政府関係者は「言語などが不慣れですぐに帰国する訪日客に関するトラブルが多い」としている。
     例えば、訪日客が多く訪れる沖縄。同県の医師会による17年の調査では、回答した19病院の約3割で不払いがあった。
    中でも、脳梗塞や急性大動脈解離などの事例で260万~500万円超に上るケースも見られた。
     不払いの一因は、旅行保険に加入する外国人が少ないことだ。欧州などでは保険加入をビザ取得の条件にする国も多いが、
    日本は事実上未対応。自己負担が膨らんで支払えず、病院が泣き寝入りせざるをえなくなる。
     病院側の受け入れの問題もある。どんな医療を施すか事前に相談しなかったため、
    高額な治療費の請求段階で反発して支払わないケースも少なくないという。現金しか受け付けない病院で、
    外国人患者の決済手段がなく結果的に不払いになってしまうこともある。
     長期治療が必要になったり亡くなったりするとさらに難しい。母国に搬送する場合、
    医療機関の負担が一層重くなりかねないからだ。病院が多額の費用や手続きを負担するケースが多いという。
    北海道のある病院経営者は「時間をかけるほど費用がかさみ、経営が圧迫される」と語る。
     17年の訪日客数は最高の2869万人。政府は20年に4000万人を目標に掲げるが、国際医療福祉大学大学院の
    岡村世里奈准教授は「外国人の医療を巡る問題への対処は道半ばだ。自治体など関係者全体で取り組む必要がある」と指摘する。

     政府は内閣官房に不払い問題に関するタスクフォースを立ち上げ、厚労省、外務省、観光庁などが連携して対策をつくる。
    在外公館が旅行客向けに保険加入を推奨し、旅行会社には保険付きのプランの充実を求める。
    電子マネーやクレジットカードなどでの支払いが可能な病院を増やすため、導入補助の制度なども整備する考え。
    厚労省は外国語による疾病ごとの治療・価格メニューをつくり、事前同意してもらえるようにする。
     ただ、対策が厳しくなりすぎれば、訪日客増にブレーキがかかりかねない。
    政府内にビザ取得の際の保険加入の義務化を求める声もあるが、慎重論が根強い。
    観光客受け入れ促進と、受け入れ側のトラブル回避との両立が難しい政策課題になりつつある。

    (辻隆史)
    [日本経済新聞朝刊2018年3月23日付]
    4/10(火) 7:47配信 NIKKEI STYLE
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180410-00000005-nikkeisty-bus_all
    2018/04/11(水) 00:38:28.93
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1523374708/


    【【社会】訪日外国人、医療費を支払わないケースが多発 旅行保険未加入のまま来日、高額な医療費に反発するという】の続きを読む

     厚生労働省は9日、健康上の理由で日常生活が制限されることなく過ごせる「健康寿命」が2016年時点で、男性72.14歳、女性は74.79歳だったと発表した。前回と比べて男性は0.95歳、女性は0.58歳延び、男女とも過去最長を更新。厚労省は健康意識の高まりや高齢者の社会参加の広がりがあるとみている。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    健康寿命の上位と下位の5都道府県


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【健康寿命:男性72.14歳、女性74.79歳 最長更新】の続きを読む

    1 岩海苔ジョニー ★ :2018/02/21(水) 14:48:52.21

    2018年2月17日 1:00 [有料会員限定]

    東京都は国民健康保険(国保)で市区町村別に算定した2018年度の標準保険料をまとめた。都内平均で1人当たり年間14万8916円と、16年度に比べ26%上昇。ほぼ全市区町村で増える計算で、最大で6割近く上がる自治体もある。各市区町村は加入者の急激な負担増を避けるため、今後数年かけて段階的に引き上げる見通しだ。

    標準保険料は市区町村別の医療費や住民所得などをもとに算定した。市区町村の一般会計から赤字

    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO27029590W8A210C1L83000

    ★1)02/21(水) 10:18:06.38
    前スレhttp://asahi./test/read.cgi/newsplus/1519185138/


    【【東京都】国民健康保険料、2018年度は平均26%上昇の見込み】の続きを読む



    電子カルテにレセプトコンピューター、画像データのファイリング……。今や医療とITは、切っても切れない関係にある。しかし、これだけ多くの作業を、デジタル化しているにも関わらず、現場の整備にはまだまだ追いついていない。医師の仕事は依然として減らず、日を追うごとに忙しさは増していくばかりだ。

    そうした過酷な医療現場をサポートするために開発されたのが、「問診ナビ®」だ。医師に代わってタブレットが患者の症状を自動収集し、電子カルテに展開。経験あるドクターの問診ノウハウを搭載しているため、各症状に合わせた思考回路のシミュレートが可能だ。リリースは、今年の1月。医療提供側の負担を軽減する新サービスとして、早くも注目を集めている。

    提供元は、2015年設立のメトロネット。代表取締役の福田 哲夫(ふくだ てつお)氏が、取材に応じてくれた。

    ・診療のあらゆるパターンをシミュレートしてアルゴリズム化

    Q1:まずは、このようなサービスを提供するに至ったきっかけから、お聞かせください。



    現場の医師の負荷を少しでも減らすことと、それを補ってあまりある、医療の質の向上のためです。「IT技術を使って、診療の現場に貢献したい」という弊社の理念の下、実際の現場の医師のニーズと、解決のためのアイディアに基づき、弊社と筑波大学との産学連携で、共同研究を行いました。その結果、現在のサービスをリリースした次第です。

    実際に利用しているお客さまからは、「電子カルテ入力の負荷軽減のメリットが最も大きい」という声を頂戴しています。限られた時間の中で、診療から電子カルテの記録、検査処置まで、何もかもこなさなければならない医師の負担は、相当なものです。その負荷を少しでも減らしながら、診療の効率を上げることができれば、と考えてサービスを展開しております。

    Q2:最近は、ITを活用した診療サービスが、多くリリースされています。その中で差別化となるポイントは、どんなところでしょうか。「問診ナビ®」ならではの特長と併せて、教えてください。



    「問診ナビ®」の最大の特長は、「臨床推論アルゴリズム」を搭載していることです。通常医師が患者を診療する際、自分の知識や経験に基づき、病名を想定しながら、確認作業としての問診を行います。このプロセスのあらゆるパターンをシミュレートして、アルゴリズム化しているところは、他のサービスにはないものです。

    このアルゴリズムは、年齢層ごとに小児6段階、成人、高齢者にカテゴライズされ、きめ細かい質問フローとなっています。問診結果は、医師が電子カルテに入力する内容と、ほぼ同等のものになっております。従って、そのまま電子カルテに連携させれば、入力の手間を大幅に減らすことができます。また、他社サービスにはないトリアージ、外国語対応、ガイダンスといった機能も備えております。

    ・外国語にも対応

    Q3:本サービスを利用することで、ユーザーにはどのようなメリットがもたらされるのでしょうか。



    現在、想定しているユーザーは医療施設ですが、大きく分ければ、次のようなメリットが考えられます。

    まず、時間の短縮です。医師および医療スタッフの負荷軽減と、効率化を実現します。次に、医療の質の向上。症状聞き漏らしを削減し、医師のコミュニケーション時間を確保します。3番目は、医師不在時における、適切な対応方針の決定支援。ここでは併せて、報告に必要な情報も提供します。外国人患者の対応もできますし、医療関係者や学生の症候学習支援も可能です。

    Q4:今後の展開について、教えてください。



    個人ユーザーへの展開(セルフメディケーション支援)と併せて、海外での展開も考えております。また、「問診ナビ®」と並行して、一般市販薬の選定支援ができる「OTCナビ」というサービスを、近々リリースする予定です。


    医療機関(病院、クリニック)を対象に、初年度100か所、次年度200か所の導入計画を立てているという本サービス。来たるべき総合医療(プライマリ・ケア)時代に向けて、大きく羽ばたいてもらいたい。
    (取材・文 乾 雅美)

    問診ナビ®

    (出典 news.nicovideo.jp)




    【【Interview】医師の思考回路をシミュレート!AI時代をリードする次世代医療支援サービス「問診ナビ®」に密着】の続きを読む


    「適量のお酒」ですら脳の認知機能の低下を早めるとする調査結果が2017年に発表され、飲酒が体に与える影響が徐々に明らかになってきました。Natureに発表された最新の研究では、飲酒が幹細胞のDNAに不可逆なダメージを与え、ゆえにがんが引き起こされるのだとする証拠が示されています。

    Alcohol and endogenous aldehydes damage chromosomes and mutate stem cells | Nature
    https://www.nature.com/articles/nature25154

    Alcohol can cause irreversible genetic damage to stem cells, says study | Science | The Guardian
    https://www.theguardian.com/science/2018/jan/03/alcohol-can-cause-irreversible-genetic-damage-to-stem-cells-says-study

    Natureに発表された新たな研究はアセトアルデヒドに着目したもの。これまでの研究から、アセトアルデヒドはDNAやタンパク質に結合して付加体となり、さまざまな疾病に関与しているものと考えられています。
    ただし、過去の研究では高濃度のアセトアルデヒドについてラボの中・シャーレの上で実験が行われており、実際に人体の中での効果を追跡するものではありませんでした。一方で今回の研究は遺伝子を改変されたマウスを対象に行っています。

    人間の体にはアセトアルデヒドを取り除く防御層と、DNAのダメージを取り除く仕組みという、2つの防御メカニズムがありますが、今回の研究で示された内容によると、アセトアルデヒドの毒性がこれら2つのメカニズムによって中和できない時にDNAが不可逆なダメージを負うとのこと。

    特に「アルデヒドデヒドロゲナーゼ(ALDH2)」と呼ばれる1つ目の防御層がないマウスはDNAのダメージが大きくなることも判明。人間においては世界人口のうち8%は遺伝的にALDH2が弱く、これらの人の多くは東アジアをルーツにしていることから、中国は食道がんの患者数が多いといわれています。


    今回の研究は血液中の幹細胞に着目して実験が行われましたが、他の類似の幹細胞についても同じ効果が見られるはずだと研究者らは考えています。

    そして、2つの防御メカニズムを両方持っていない時、10日間にわたって希釈したアルコールを投与されたマウスは、血液を生み出す能力を完全に失ってしまったそうです。
    幹細胞のゲノムをDNAシークエンシングしたところ、マウスの細胞はもはや機能していないことが示されたとのこと。

    続きはソースで
    https://gigazine.net/news/20180104-alcohol-irreversible-genetic-damage/

    ★1が立った時間 2018/01/04(木) 19:06:20.66
    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1515069652/


    【【酒】アルコールは幹細胞のDNAに不可逆なダメージをもたらすと判明】の続きを読む

    このページのトップヘ