Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 医療

    赤ちゃんを妊娠すると、自分の身体の変化に敏感になる女性は多いはず。微熱や咳、鼻水などの、軽い風邪の症状でも、病院で先生にきちんと診察してもらいたくなりますよね。妊婦さんが病院で診察を受けた場合の医療費が、2018年の春から高くなっているのをご存知でしょうか。妊婦の医療費はどのくらい上がったのか、なぜ値上がりしたのかなど「妊婦加算」についてご紹介します。

    ○妊婦加算とは?

    2018年の春に、医療の公定価格が改定されました。その変更点の一つに、「妊婦加算」というものがあります。これは、妊娠している女性が医療機関を受診した場合、通常の初診料や再診料に加えて、医療費が上乗せされるというものです。

    妊婦であるかどうかの確認は、医師の判断によって行われ、必ずしも妊娠反応検査の実施や母子健康手帳の確認は必要ありません。

    また、妊婦加算はどの診療科でも算定され、妊娠に直接関連しない傷病について診察を行った場合にも算定されます。
    ○どのくらい値上がりしたの?

    妊婦加算で気になるのは、やはり、どのくらい負担がアップしたのかという金額ですね。医療費の自己負担が3割の妊婦の場合、外来などで医療機関を受診した際には、初診料は225円、再診料は114円の負担増となりました。

    妊婦加算は、「夜間・早朝等加算」と併せて加算されるものなので、休日や夜間に受診した場合は、平日の通常受診よりもさらに負担が増えることになります。

    具体的には、自己負担が3割の妊婦の場合、初診で時間外の妊婦加算は600円、休日は1,095円、深夜は2,085円。同じく再診で時間外の妊婦加算は405円、休日は780円、深夜は1,770円となっています。

    通常の診察では、なかなか気がつきにくい負担増額ですが、夜間や休日診療の場合は、無視できない金額ですね。妊婦が医療機関を受診する際には、医療費に上乗せされる加算額を認識しておくと良いでしょう。
    ○なぜ妊婦は医療費が上がったの?

    では、なぜ妊娠している場合は、医療費がアップしてしまったのでしょうか。理由の1つには、「医師への特別手当」が挙げられます。

    妊婦が病院で検査を受けたり、薬を飲んだりする場合、医師はおなかの赤ちゃんの安全性を考慮する必要があります。そのため、妊婦を診察する際は、普通の患者に比べて、処置や薬について特別な知識が必要となります。つまり、この医師の特別な診断に対して、追加して診察料「医師への特別手当」がかかるというのが「妊婦加算」なのです。

    さらに、妊婦の診察について、正しい知識を啓蒙するというのも、妊婦加算が始まった理由の1つ。

    妊婦の診察に慣れていない医師は、自分では診察せずに、産婦人科に行くよう勧めることがあります。妊婦加算の導入によって、妊婦の診察についてより理解を深め、産婦人科ではない医師にも、積極的に診察に関わってもらおうという目的があるのです。
    ○妊婦加算で起きたトラブル

    2018年春から始まった妊婦加算ですが、残念ながら、実はいくつかトラブルも起きています。

    妊娠出産は病気ではないので、通常の検診や出産費用はすべて自己負担となります。国の出産育児一時金制度などはありますが、子どもが生まれる家庭において、これからますますお金がかかることは間違いありません。妊婦加算について知らなかった多くの妊婦は、病院を受診して初めて医療費がアップしたことを知り、戸惑った方も少なくないでしょう。

    さらには、「妊婦の負担を増やすことで、少子化を加速させる」「これは妊婦だけに課せられた増税ではないか?」など厳しい意見が出ました。

    一方で、医療機関側からも戸惑いの声が上がりました。「患者の妊娠をどのように把握するのか」「医療費アップを避けるために、妊娠を申告しない患者が出るのではないか」「流産してしまった場合の把握が難しい」などの疑問を呈した病院もあります。

    妊婦加算は、まだまだ周知徹底が不十分であるため、患者や医療機関側で、困惑する場面が見られるようです。

    今回の記事を読んで、初めて「妊婦加算」という言葉を知った方も多いのではないでしょうか。医療費の負担が増えることは、家計にとっては打撃となりますね。しかし、大切な赤ちゃんを妊娠している妊婦さんは、体調がすぐれない時は、自己判断や我慢をせずに、きちんと医療機関を受診することが大切です。

    妊婦加算は、妊娠という特別なケースでも、きちんとした診察を行うために導入された制度です。特に、現在妊娠している方や、これから妊娠を考えている方は、頭に入れておくようにしましょう。

    ※画像と本文は関係ありません

    ○著者プロフィール: 下中 英恵

    女性のためのお金の総合クリニック「エフピーウーマン」認定ライター/ファイナンシャルプランナー(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)。第一種証券外務員、内部管理責任者。2008年慶應義塾大学商学部卒業後、三菱UFJメリルリンチPB証券株式会社に入社。富裕層向け資産運用業務に従事した後、米国ボストンにおいて、ファイナンシャルプランナーとして活動。現在は東京において、資産運用や税制等多様なテーマについて、金融記事の執筆活動を行っている。
    (FPwoman)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【妊娠すると医療費が増える!? 「妊婦加算」とは - FPが解説】の続きを読む

    産婦人科を選ぶ時、どこにすればいいのか悩まれる方は多いと思います。今回は、安心して通える産婦人科を探しているけど、どのように決めたらいいのか悩むママからの相談です。看護師さんたちからはどのようなアドバイスが寄せられたでしょうか。


    ママからの相談:「安心して通える産婦人科はどのように探せばいいですか?」

    『 妊娠が発覚してから近くの病院に行き、診ていただけるようにお願いをしたのですが断られました。断られた理由が明確になっておらず「こちらでは診察することができません」と言われました。断られたのですぐに諦めたのですが、未だに心残りです。やっと決まった病院では特に子どもも私も危ない所がないということで、どうして拒否されたのか分かりません。妊婦が安心して通えるような産婦人科が本当に少ないように思います。凄く冷たい人が多かったり、心が不安定な妊娠中にひどい言葉を言ったりと凄く気にしてしまいます。まともな産婦人科に通いたいです。どのようにみなさんは産婦人科を決めているのですか?私は優柔不断なので妥協ができずいつも迷ってしまいます。(20代・女性)』

       

    ご近所の意見なども参考に、自分に合った病院を探して。

    病院を選ぶ基準はいろいろありますが、近所の方の意見なども参考にして、自分に合った病院を探してみるようアドバイスをいただきました。


    『病院を選ぶ基準は様々ですが、家から通院しやすい事・信頼できる医療スタッフがいること・医療費が安いこと・施設が清潔であること・大きな病院との連携がとれていること・救急体勢が整っていることなどがあります。全ての条件にあった病院を探すのは大変ですが、近所の方の意見なども参考にして、自身にあった病院を探すといいと思います。(看護師)』


    セカンドオピニオンの利用も可能です。

    セカンドオピニオンもという選択肢もあるので、通ってみて自分が信頼できるところを探してみるといいとのこと。


    『嫌な思いをされたかと思います。断られた理由が分からないので何とも言えませんが、妊娠過程に問題が見つかれば他の病院を紹介するでしょうし、よほどの理由がなければ、病院側から診察を拒否することはありません。現在はセカンドオピニオンもありますから、一度かかったら、必ず通院しなければならないことはありません。ご自身が信頼できるところがいいと思います。(看護師)』

    口コミの評判や通いやすさを重視している方が多いです。

    病院の決め方は人によって異なりますが、ネットの口コミ評判や、通いやすさを重視しているという方が多いとのこと。


    『かかりつけの産婦人科の決め方は、人それぞれです。病院で働いていて患者さんから聞くのは、ネットの口コミの評判が良かったから、自宅や職場から近かったからと言う患者さんが多いです。また、産婦人科でも分娩を取り扱っている施設とそうでない施設があります。分娩取り扱い施設でない場合、最初から妊娠されている方の診察を断ることもあります。診察をしてもらったとしても途中で分娩可能施設への紹介となります。(看護師)』


    見学会を実施している施設もあるので、参加してみては。

     施設によっては見学会を実施しているところもあるので、参加してみると自分に合った施設が見つけやすいのではとアドバイスをいただきました。


    『分娩可能施設は大きく分けて病院・クリニック・助産所の3種類があります。施設を選ぶにあたって出産方法(無痛分娩やフリースタイル出産等)や育児方法(母乳で育てたい等)、分娩費用、面会の制限や産後は母子同室か等、ご自身がどんなお産をしたいか、どんな育児をしたいかで施設を選ばれる方が多いと思います。最近では見学会を実施している施設も多いので参加してみると自分に合った施設が見つけやすいかもしれないです。(看護師)』


    『見学会をしていない施設でも、予め施設について知りたい旨を連絡すると、施設見学や方針について話を聞くことができることもあります。(看護師)』


    これから赤ちゃんを迎えるママにとって、安心して通える産婦人科選びは大切ですね。 見学会なども利用して、ご自身に合った産婦人科を見つけましょう。


    •妊娠超初期症状に気をつけたいおりものの臭いの特徴

     
    安心できる産婦人科を選ぶにはどのようにすればいいですか?


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【安心できる産婦人科を選ぶにはどのようにすればいいですか?】の続きを読む

     国立感染症研究所は10日、風疹患者が先月30日までの1週間で新たに134人報告されたと発表した。100人以上の報告は4週連続。前週の集計期日に報告が遅れた患者も合わせると今年の累計患者数は952人になり、昨年1年間(93人)の10倍を超えた。累計では、約4分の3が関東地方に集中している。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    予防接種のイメージ=iStock


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【風疹患者:昨年の10倍超 4週連続100人以上】の続きを読む


    HIVにインフルエンザなど、我々が罹患する病気には多くの感染症が含まれる。そうした感染症の早期発見に役立つチップを、慶應義塾大学とアイントホーフェン工科大学(オランダ)の共同研究グループが開発した。

    紙でできた小さなチップに血液を1滴垂らし、デジタルカメラで撮影するだけで感染症の有無を確かめられるというものだ。

    ・20分で結果


    感染症の原因となるウイルスなどが体内に入ると、体は抗体をつくる。このチップでは、その抗体を検出する。

    もちろん抗体検出は病院などで行える検査だが、今回のチップはラボなどがなくてもチップとデジカメだけででき、しかも血液を1滴垂らして20分待つだけと容易なのがポイントだ。

    ・スマホのカメラで確認


    チップにはさまざまな試薬が含まれていて、血液を垂らして20分ほどすると生物化学反応が起こる。その反応とは青〜緑色に光るというものだが、抗体が多いほどに青色に光り、抗体が少ないほど緑色なのだという。

    発色を確かめるのにデジカメを使うが、一眼レフのような高価なものでなくても、スマホのカメラでも十分判定できるとのこと。

    研究グループはすでにプロトタイプで実験を行なっていて、HIV、インフルエンザ、デング熱の抗体を同時に検出することに成功した。

    研究チームは数年内の商品化を目指していて、病院での活用はもとより、発展途上国など医療施設が十分にないようなところで大いに活躍しそうだ。

    慶應義塾大学

    Eindhoven University of Technology



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【感染症の早期発見に貢献! 血液1滴で抗体を検出する紙チップ、慶應大が開発】の続きを読む

    胃ろうという処置方法をご存じでしょうか。食事などを口から摂ることができなくなった場合に、腹部を切開して胃に管を通し、食べ物や水分を流し込む方法です。いわば「人工的水分栄養補給」であり、寝たきりでみずから食事ができなくなったお年寄りや、若くして病気や外傷で食道機能に障害がある患者などに対して処置されています。

     では質問です。「認知症で寝たきりになったお年寄りに胃ろうは行うべきか、やらぬべきか」が今週のお題です。

     嚥下機能の低下による誤嚥性肺炎を防ぐべく食べ物を流し込むこの処置法は、老衰や末期がんの患者や、患者本人が望まない場合などは行われないこともあります。

     生き方に関わることでもあり、答えは難しいところで、人それぞれです。もし相談されたら私は「やらないほうがいい」と答えます。

     現代では多くのお年寄りが延命措置をされている現状があります。80年代にアメリカで開発された胃ろうは、劇的に日本の平均寿命を世界トップクラスに押し上げた例もあります。鼻からのチューブに比べ、患者の苦痛や介護者の負担が少ない点では画期的と言えます。また、ノドにチューブを通さないことで、病状が回復した際には口から食べるリハビリや言語訓練が行いやすいというメリットがあります。

     ただし、人間は自分で食事ができなくなる時が寿命であると私は考えています。胃ろうは人間の寿命を、長ければ10~20年ほど延ばしますが、意識のないまま生かされていることが、その人にとって幸せでしょうか。仮に私がそのような状態になった場合、意思を示せずに寿命を延ばされても拷問のように感じるでしょう。家族の意思は置いておき、意識があるのに動けず食事もできない、そんな状態で生かされるのはたとえ1カ月でも苦に感じます。

     ただし、交通事故で生死の境をさまよい、一定期間の胃ろうをやれば意識が戻りリハビリも行えるという場合や、高齢でも「意思を示せて動けるようにもなる」との見込みがある、あるいは家族が世話をしたいと望むようなケースは胃ろうの選択もありでしょう。

     北欧には寝たきり老人がいません。自分で食事ができなくなった高齢者には嚥下訓練が行われますが、それでも難しい場合に食事の介助はせず、自然に看取るという考え方があるからです。胃ろうで寿命を延ばす行為は虐待とされていますが、私はこの考え方に賛成します。

     日本の医療界には「延命処置を施せば生きられる高齢者を救わないのは犯罪行為だ」との罪悪感があります。家族に「なんとかしてください」と言われて施しますが、数年すると介護疲れがたまり、胃ろうの中止を望まれることもあります。法的に中止が罰せられるわけではありませんが、胃ろうを止めることは本当に勇気がいるものです。「10年20年もの間、面倒をみなければなりません。その覚悟を持てますか?」と問うべきでしょう。あるいは、家族と意見が異なる親戚が「どうして止めたんだ」などと家族の苦労を知らずに詰め寄るケースさえあり、親戚の中で総意の必要もあるでしょう。

     高齢者を入院させる病院の場合、長い期間の治療代を稼ぐために胃ろうを進めるのも珍しいことではありません。

     医療放棄・介護放棄にあたるとも言われますが、長い期間介護をすると、自分の時間は確実に減ります。愛する家族を介護したい気持ちもわかりますが、私個人は家族に迷惑をかけたくない、との考えが根底にあります。

    ■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【秋津壽男“どっち?”の健康学「延命措置の一つ“胃ろう”はすべきかどうか。長期間の介護になる覚悟での決断をすべし」】の続きを読む

    このページのトップヘ