Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 海外


    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/14(月) 22:14:51.78 ID:6PXQVEWJ9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    モデルの平子理沙(47)が自身のインスタグラムに投稿した写真が話題となっている。
    平子は昨年のクリスマス頃から現在も家族が住むロサンゼルスに訪れ、のんびりと過ごしている様子が度々インスタグラムに投稿されている。

    そんな平子が11日に「つ、ついにジャスティンと遭遇!!」とコメントを添えて、カナダの歌手、ジャスティン・ビーバー(24)との2ショット写真を公開した。

    この投稿にファンからは「ついにですか!!!」「これは貴重すぎますね!!」「なかなか会えない人に会えるなんて凄すぎる!」「少女の顔になってる!」と多くのファンから驚きの声が寄せられている。

    また、今回の投稿に平子は遭遇した際のジャスティンの様子を事細かに投稿したところ、「めちゃくちゃ興奮しているのが文章で伝わってくる(笑)」といった声も寄せられ平子の嬉しい気持ちがファンにも伝わった模様。

    普段からSPなどが周りにいて、なかなか近づくことができないと言われているジャスティン。
    そんなスーパースターとの2ショット写真を撮れたことは、かなり貴重であることから、平子も興奮を抑えきれない投稿となったのだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1652093/
    2019.01.14 21:14 デイリーニュースオンライン


    【【芸能】平子理沙、J・ビーバーとの2ショットに驚きの声「少女の顔になってる!」】の続きを読む


    (出典 culture.pink)



    1 ガーディス ★ :2019/01/14(月) 09:52:24.10

    韓国「1965年請求権協定の補完」 日本に逆提案を検討
    2019年01月14日 07時01分

    日本が韓国大法院(最高裁)の徴用判決に反発して1965年韓日請求権協定に基づいた外交的協議を要請してきたことを受け、
    韓国政府が「65年協定の際に議論できなかった懸案をすべて協議しよう」と逆提案する方針を検討していると、韓日関係に詳しい外交消息筋が13日、伝えた。

    この消息筋は中央日報との電話インタビューで「慰安婦問題やサハリン同胞問題、韓国居住被爆者賠償問題など
    65年請求権協定締結当時に議論されることができず両側がそれから個別的に協議してきた懸案を全部テーブルの上に上げようと
    日本に提案する方針を韓国政府が検討している」と話した。
    ただし、彼は「日本が提案した協議に応じるかどうかを含んでまだどちらかの方向に結論が出たわけではない」と話した。

    日本企業に賠償を命令した大法院の判決に続き、日本企業(新日鉄住金)に対する原告側の資産の差し押さえの申し立てまで裁判所によって受け入れられ、
    日本政府は9日、韓国政府に外交協議を要請した。協定をめぐる紛争が発生すれば、先に外交上のルートを通じて解決することを定めた65年請求権協定第3条第1項にともなう措置だった。

    ボールを渡された韓国政府が実際に慰安婦、サハリン同胞帰国支援、韓国に居住する原爆被害者に対する賠償問題などを含むパッケージ協議を日本に要請する場合、
    これは「65年請求権協定体制の補完」という新しい話題を投げかけることになる。

    その間、韓日関係に精通した学者の間では「65年協定で負債の清算がすべて終わったという日本の主張はとても乱暴な決定だ。
    不完全な協定だが(とりあえず)そのまま維持する一方で、補完していかなければならない」〔早稲田大学の李鍾元(イ・ジョンウォン)教授、
    中央日報1月11日付け〕という「65年協定補完論」が提起されてきた。

    もちろん、韓国がこのような包括的協議を要請するといっても、日本が応じる可能性が大きくはない。
    日本としては「慰安婦問題は2015年両国間合意で完全に終結したし、サハリンや原爆賠償問題も現在『紛争』があると規定するような状況ではないため、
    懸案になっている徴用裁判以外の懸案のための協議は要らない」と主張する可能性が大きい。
    特に、「請求権問題は65年協定で完全かつ最終的に解決済み」と主張する日本としては
    「65年協定の際に扱えなかった懸案を共に協議しよう」という韓国の主張をまた一つの約束破棄や合意の再検討主張に追い込む可能性もある。

    匿名を要請した外交消息筋は「日本が国際社会に向かって『国際法(65年請求権協定)に違反した韓国がもう協定に規定された外交的協議にも応じない』
    と非難戦を展開することが確実な状況で、協議を無条件拒否するのも正しくない」として
    「不完全な65年体制の補完という一段階高い談論を投げかけつつ政府間協議を続ける必要がある」と話した。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=249070&servcode=a00§code=a10


    【【想定外】大韓民国「1965年の請求権協定は不完全だった。これから新しい枠組みを作ろう」逆提案を検討】の続きを読む

     【モスクワ時事】ロシア外務省は11日、日ロ外相会談が14日に開かれるのを前に声明を出し、平和条約締結交渉に関し、北方領土におけるロシアの主権を含め、日本が第2次大戦の結果を認めることが必要だと改めて表明した。外相会談は厳しいやりとりが予想される。

     声明は「南クリール諸島(北方領土)におけるわが国の主権を含め、日本が第2次大戦の結果を完全に認めることが平和条約問題の解決法を探るための最重要の条件となる」と主張。2国間関係を新たな水準に引き上げ、両国民の相互理解を強化すべきだとも指摘した。 

    〔写真説明〕ロシアのラブロフ外相=2018年12月26日、モスクワ(AFP時事)


    ロシアのラブロフ外相=2018年12月26日、モスクワ(AFP時事)


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【第2次大戦の結果認めよ=平和条約交渉でロシア外務省】の続きを読む

    NO.7178564 2019/01/06 23:06
    日航機よど号ハイジャック実行犯ら 北朝鮮での最新の様子
    日航機よど号ハイジャック実行犯ら 北朝鮮での最新の様子
    日航機よど号をハイジャックし、今も北朝鮮で暮らしている実行犯メンバーらの最新の様子がわかった。

    1970年赤軍派のメンバーが日航機よど号をハイジャックし、北朝鮮に亡命してから、今年で49年となる。

    今月3日に撮影された写真には、実行犯メンバー・小西隆裕容疑者ら4人と妻2人が平壌市内の焼き肉店などを訪れた様子が映っている。

    このうちの3人はヨーロッパで日本人を北朝鮮に拉致したとして、国際手配されている。

    メンバーらは、「今年は日朝関係が大きく変わる年だ」と期待しつつ、「安倍政権のうちは帰国しない」と話している。



    【日時】2019年01月06日
    【ソース】日テレNEWS24
    【関連掲示板】


    【日航機よど号ハイジャック実行犯ら 北朝鮮での最新の様子】の続きを読む

     中国最大のSNSである「WEIBO(ウェイボー)」が、去年12月22日に都内で「WEIBO Account Festival in Japan2018」を開催。アーティストのGACKT(フォロワー数14万人)、赤西仁(233万人)、乃木坂46(48万人)らが出席した。俳優の木村拓哉も、同日にWEIBO公式アカウントを開設し、26日時点でフォロワーは46万人を突破した。

     WEIBOは、中国語で『マイクロブログ』の意味である。2009年8月14日にスタートし、2011年ごろから破竹の勢いでユーザー数を増やしている。現在、中国国内だけで7億人以上のユーザーを抱え、現地で最も人気のあるウェブサイトの一つになった。

     前出のイベントは、日本国内でのWEIBOの知名度を上げるために開催したと思われるが、実は、受賞者を上回るフォロワー数を誇る日本の有名人がいる。

     そのトップは、桁違いの1903万人からフォローされている蒼井そら。2010年、WEIBOの運営会社新浪(シナ)は、当時中国で一番有名なAV女優・蒼井の人気に目を付けて勧誘し、蒼井の誕生日である11月11日に公式アカウントを開設した。蒼井は、当時覚えたての中国語で、積極的にファンとコミュニケーションを取り、中国のユーザーから好感を得て、WEIBOの急成長に伴い、圧倒的な人気を集めるようになった。

     2位は439万フォロワーの福山雅治。福山の投稿は、ほとんど映画とライブの告知だ。最後の投稿は2月17日のもの。主演した中国映画『マンハント』のPRで、いいねの数は2000弱にとどまった。コメント欄には「誠意が感じられない」「金で買った偽フォロワーばっかりじゃないか」などと批判の声が寄せられた。

     3位は424万フォロワーの元卓球選手・福原愛。中国語が堪能な福原は、台湾人の夫とのラブラブぶりを中国語で公開し、注目を集めている。福原は日本向けのツイッター、中国向けのWEIBO、台湾向けのフェイスブックなど、内容によって投稿先を使い分けていると見られる。SNSをフル活用してファンの心をつかんだのだろう。

     そして意外な人気を誇るのが俳優の古川雄輝。2013年に主演ドラマ『イタズラなKiss〜Love in TOKYO』(フジテレビ系)が中国で放送され、現地の女性ファンから絶大な人気を集めた。古川は中国ファンからの差し入れなどの写真や動画を毎日更新し、フォロワー数は239万を突破した。

     日本芸能人が続々とWEIBOに進出することに対し、「投稿は大体映画の告知だろうな、私生活を公開する奴はいない」「落ち目が多い」「中国マネーが欲しいなら中国語で書け」など、中国のネットユーザーからは辛らつな声が上がっている。

     日本の有名人が中国マネーを狙うのであれば、露骨な媚売りより、中国語の勉強など、誠意を見せることのほうが大事なのかもしれない。

    福山雅治


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【続々中国SNSに進出する芸能人 桁違いのフォロワー数を誇る、意外なカリスマは】の続きを読む

    このページのトップヘ