Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 海外

    来年開会の米連邦議会を突き動かす「ピンクウェーブ」

     米中間選挙では女性の下院議員が110人も誕生した。上院では12人の女性候補が当選し、非改選の10人と合わせると、22人となった。

    JBpressですべての写真や図表を見る


     当選した女性下院議員候補の中には史上最年少(29歳)の女性や初のイスラム教徒、先住民族(通称アメリカインディアン)の女性、さらにはLGBTQ(同性愛者やバイセクシャルなど)の人もいる。

     女性蔑視や同性愛者への偏見を露骨に示してきたドナルド・トランプ大統領に対する女性からの反発が原動力となって史上最多の女性候補が当選した。

     米メディアはこれを「ピンクウェーブ」(女性の波)と呼んでいる。その波は選挙後も吹き荒れそうだ。

     タイミング的には女性の勝利への祝砲ととも言える新著が13日に出た。

     ホワイトハウスを去った後も依然として根強い人気を誇っているミシェル・オバマさん(54)の回顧録(全426ページ)だ。

     ファーストレディだった女性が回顧録(ゴーストライターの含めて)を書いたのは11人。

     エレノア・ルーズベルトさん(フランクリン・ルーズベルト第32代大統領夫人)とヒラリー・クリントンさん(ビル・クリントン第42代大統領夫人で前民主党大統領候補)はともに4冊を著している。

    前ファーストレディが前代未聞の徹底批判

     だがミシェルさんの回顧録はこれまでのものと2点大きく異なっている。

     1つは、移民として米国にやって来た白人の子孫ではなく、鎖につながれアフリカ大陸から連行された黒人奴隷を先祖に持つ黒人女性がファーストレディになるまでの半生を綴っていること。

     赤貧のような生活、人種的偏見と差別を乗り越えてファーストレディにまで上り詰めた半生を描いていることだ。

     もう1つは、現職大統領(ドナルド・トランプ第45代大統領)をこれ以上強い口調では表現できないほどの激しい憤りを込めて批判している点だ。

     辞めた大統領もファーストレディも自分たちの後を継いだ直近の大統領に対する批判は、たとえ党派が違ってもしないものである。

     ミシェルさんはその「掟」をものの見事に破っている。

     ところが今のところ、ミシェルさんの行動を批判する主流メディアはない。それどころか出版前のテレビ・公開インタビューを見た市民、特に女性たちからは称賛の声が上がっている。

    「黒人としてファーストレディをどう演じればいいのか」

     タイトルは「Becoming」(ふさわしく)。

     これまでの半生を振り返えり、女性として妻として母として、そして何よりも史上初の黒人ファーストレディとして、いかに「ふわしい存在」になろうと努力してきたか、その記憶と思い出が知的にエレガントに描かれている。

     最高の学歴を誇るわけでもなく、低学歴な人たちを見下すわけでもなく、しかも夫あるバラク氏をたて、尊敬する姿勢が行間ににじみ出ている。

     最高学府を出て弁護士となり、政治家になった女性たちに見られがちな傲慢さはひとかけらもないはない。

     ミシェルさんが人種や国籍を超えて「今最も尊敬される女性」であることが分かるような気がする。

     しかもファーストレディ当時は、その知的なファッションで全米女性(特定の黒人嫌いな白人女性を除くすべての女性)の憧れの的でもあった。

     ホワイトハウスを去って2年経った今でもミシェルさんの人気度は79%と夫バラク氏(65%)よりも高い。

     ファーストレディ当時から政策や外交には口を出さず、意見を述べるのは女性問題や教育、食育に限定していたことも人気度と無関係ではなかった。

    (https://abcnews.go.com/Politics/story?id=7416915&page=1)

     ホワイトハウスを去った後、ミシェルさんが注目を集めたのは、2016年秋の民主党全国党大会での演説だった。

     予備選を勝ち抜き、民主党大統領候補として正式に党大会で指名されるヒラリー・クリントン前国務長官を応援する演説で、ミシェルさんはトランプ共和党大統領候補に強烈なパンチを浴びせる一言を放った。

     人種差別的発言や女性を侮辱する発言を繰り返していたトランプ候補に対する痛烈な批判だった。

     「When they go low, we go high」(相手が低俗に出るのなら私たちは品位を保って言動しましょう)

     つまり、「トランプがいかに下品で下劣な言動を繰り返そうとも、ヒラリーさん、あなたは気品を持って振舞ってくださいね」という助言だった。

     元々自分の娘を育ているときに彼女らに口を酸っぱくして言っていた言葉だという。

     「黒人だということで白人から口汚く罵られてもあなたたちは品位をもって接しなさい」という戒めだったそうだ。

     党大会の後、クリントン候補は、ミシェルさんのその言葉を何度か引用して、トランプ候補の挑発をさらりとかわしていた。

    中間選挙中に超党派「投票促進運動組織」立ち上げる

     今回の中間選挙中にミシェルさんが動き出したのは7月。「We All Vote」(みんな投票しよう)という超党派の投票促進運動組織を作った時だ。

     9月には自分自身が街に出て、有権者一人ひとりに必ず投票するよう呼びかけた。特に、黒人向けには公民権運動団体など20の組織と組んでキャンペーンを続けた。

     黒人有権者の投票率はオバマ氏が大統領を辞めて以降、急速に低下している。黒人票の7~8割は民主党に行くとされている。

     投票促進運動は超党派と銘打っているが、ミシェルさんとしては黒人の投票率を上げることで民主党候補に肩入れするという狙いがあったことは言うまでもない。

     さらにその「戦略」の背後には、ミシェルさんが心の底に秘めていた「トランプ憎し」があり、中間選挙でトランプ共和党を徹底的に叩きのめすという狙いがあった。それが今回出版された回顧録で明らかになってくる。

    「私たち家族の安全を脅かしたトランプの罵詈雑言」

     以下本書に書かれているミシェルさんのトランプ批判のくだりだ。

     「トランプという人物は基本的には女性蔑視主義者であり、外国嫌いな偏屈者だった。私の夫に対する発言はきちがいじみており、卑劣だった」

     「夫があたかも外国生まれで米国籍を持っていないというようなことを、あたかも本当であるかのように主張した。まさに謀略だった」

     「(オバマ氏の)出生証明書を出せという話は馬鹿らしくて、意地の悪い主張だった。そこには隠そうとしても隠し切れない(トランプ大統領の)人種偏見と外国嫌いが潜んでいた」

     「これは極めて危険なことだった。奇人や変人を意図的に挑発する危険性があった」

     「万一情緒不安定な者が銃を取って(オバマ家族が住んでいる)ワシントンにやって来たらどうするのか。もしその人物が私たちの娘たちを狙ったらどうするのか」

     「トランプ氏が大声でひっきりなしに繰り返す当てこすりは、私たちの家族の安全を危険な目に晒した。このことだけでも私はトランプという人物を絶対に許すことができない」

     「夜中ベッドに横たわっている時、ふと今何が起こっているかという思いが広がっていく」

     「現職大統領の言動や内政外交政策アジェンダがどれほど多くの米国民を不安にさせ、恐れさせているか、しかも大統領自身がその原因になっていることを知るにつけ、悲しく、息苦しくなっていく」

     「(2005年にトランプ氏がテレビ番組の担当者に過激なセクハラ発言*1をしていたことがビデオで発覚したことについて)私は憤りで体の震えが止まらなかった」

     「こうした発言をしたトランプ氏もトランプ氏だが、大手エンターテインメント企業が見て見ないふりをしていたことに対する憤りだった」

     「こんな女性に対する蔑視発言が現代社会でまかり通り、なおかつドナルド・トランプ氏のような人間が騎士気取りで振舞わっている現実に対しての憤りだった」

    *1=トランプ氏が2005年、NBCテレビの番組『Access Hollywood』の撮影現場に着き、専用バスから降りてきた際に番組関係者の男性と交わしていた会話と映像が2016年大統領選の最中にリーク。その中でトランプ氏が「著名人なら女は何でも言うことを聞く。狙った女の下腹部を触ってやればいいんだ」などと言っていた。共和党幹部の中にはこの発言を受けてトランプ候補の支持を降りる人も出た。

    (https://en.wikipedia.org/wiki/Donald_Trump_Access_Hollywood_tape)

    「私こそオバマを許せない」と直ちに反論

     トランプ大統領は9日、発売前に新著を入手した記者からミシェルさんが本の中で「トランプ大統領を許せない」と指摘していることについて聞かれてこう答えている。

     「まだ読んでないから何が書いてあるのかは分からない。だが出版元は騒動になるのを望んでいるんだろうから1つの材料を提供してやる」

     「私はオバマが米軍に何もしなかったことを絶対に忘れない。(ミシェルはオバマ一家の安全について指摘しているようだが)米国民の安全を守るのは米軍隊だ。オバマはその軍隊をないがしろにしたんだ。だから絶対に許せない」

     ミシェルさんは13日発売と同時にブックツアーを開始する。通常、著者は大手書店の店頭でサイン会を行うが、ミシェルさんの場合は多数の市民が押しかけることを想定してショッピングセンターの広場。

     しかもサイン会と言うよりもタウンミーティング形式になりそうだ。

     目下決まっているのはシカゴのユナイティッド・センター、ニューヨーク市のバークレー・センター、ロサンゼルスではLAフォーラムが会場になる。

     会場にはハリウッドからリース・ウィザースプーン*2さんやサラ・ジェシカ・パーカーさんといった著名な女優兼プロデューサーが駆けつけるという。

    *2=ウィザースプーンさんは2005年に「ウォーク・ザ・ライン」でアカデミー賞主演賞を受賞。その後女性支援組織に関与するなど社会事業を続け、「信頼できるセレブ100人」のトップテンに選ばれている。

    パーカーさんは超人気テレビ・ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」で爆発的な人気を得て、その後、香水やドレスのプロデュースやCM契約で2011年の『フォーブス所得番付』で1位になっている。2人とも民主党支持者。

    ミシェルさんは公職を狙わぬ民主党の応援団長

     ミシェルさんは本書でも「政治は嫌い。公職など絶対狙わない」と公言している。だが、主要紙の政治記者の1人は筆者にこう予言している。

     「ミシェルさんは(ファーストレディ経験者は現職大統領を批判しないという)前例を破ってこれだけ強烈に現職大統領を批判したのだから、民主党支持者たちが彼女を放っておくわけがない」

     「自らが公職を狙わなくとも、ミシェルさんが2020年大統領選に向けて重要な役割を演ずるのは必至だ。ミシェルさんは民主党の応援団長として『台風の目』になるだろう」

     夫君バラク氏は、来年早々、新著を上梓する。2人のパッケージで大手出版社と執筆契約を結んでいるからだ。

     オバマ夫妻による本がベストセラーになるのはほぼ間違いないだろう。

     オバマ政権が成し遂げたすべてをぶち壊そうとしているトランプ大統領に対し、オバマ夫妻がタッグマッチで挑む。

    [もっと知りたい!続けてお読みください →]  米中間選挙後、トランプ大統領は何を仕出かすか

    [関連記事]

    ベストセラー確実の著名未来学者が日本をべた褒め

    中間選挙で負け、トランプは偉大な大統領になる

    Becoming by Michelle Obama Crown 2018


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【ミシェル・オバマ、次の大統領選で台風の目に】の続きを読む

    NO.7066353 2018/11/14 00:14
    BTS所属事務所がが原爆被害者とユダヤ人団体に公式謝罪
    BTS所属事務所がが原爆被害者とユダヤ人団体に公式謝罪
    【簡単に説明すると】
    ・BTS所属事務所が公式謝罪
    ・事務所「意図したものではなく傷ついた方にお詫びしたい」
    ・原爆被害者協会の関係者に接触し謝罪も

    K-POPアイドル、BTS(防弾少年団)の所属事務所が、BTSのメンバーであるジミンが原爆シャツを着ていたことについて公式に謝罪をした。

    事務所のビッグヒットエンターテインメント公式Facebookを通じて次のように謝罪。

    「ビッグヒットは、戦争や原爆を支持しておらず、これらに反対する。原爆投下で被災された方々を傷付ける意図が全くありませんでした」

    このように原爆については支持していないと見解を示した。

    また事務所側は「事前に十分な調査をせずに、当社のアーティストが着用することにより、原爆被害者の方々に意図せず傷をつけた点などについて心から謝罪します」と述べた。

    これに関連して過去にメンバーがナチス帽子を被った写真が掲載された写真集が発売された件についても謝罪。

    また謝罪文の最後には「日本と韓国の原爆被害者協会の関係者に接触して、現在提起されている問題の説明と傷ついた方々へ謝罪を行っていきます」としている。
    【日時】2018年11月14日
    【提供】ゴゴ通信


    【BTS所属事務所が原爆被害者とユダヤ人団体に公式謝罪】の続きを読む

    原爆ブルゾンや原爆Tシャツ、さらにナチス帽子などモラルに反する衣類を着用しバッシングを受けている韓国人アイドルグループ「BTS」(防弾少年団)のメンバーの原爆Tシャツに関する弁明の嘘が発覚し、さらに炎上している。

    ・「ファンからもらったもの」は嘘
    原爆Tシャツを着用して問題視されているBTSメンバーのジミン(23歳)。彼の原爆Tシャツが炎上した件に関して「ファンからもらったもので移動の時一度しか着ていない」という内容の弁明がファンの間では定説となっているが、それが真っ赤なウソだったことが判明。すぐにばれるような嘘の言い訳でファンや世間を騙し、炎上を乗り切ろうとしていた事が判明した。

    ・ファンからもらったというのは嘘
    原爆TシャツはBTSのスタイリストが選んでジミンに着させたものであり、ファンからもらったというのは嘘。ちなみに、原爆ブルゾンをBTSリーダーからリクエストされて用意したのも、この原爆Tシャツのスタイリストと同一人物である。

    JIMIN #JIMIN BTS Bon Voyage season 2 #BTS #지민 #방탄소년단
    OURHISTORY bomb Long-Sleeve white pic.twitter.com/3MIjVhS4JL

    — Beyond The Style ✼ Alex ✼ (@GetOnSwag) 2017年6月20日


    ・複数回着用していることが判明
    また、ジミンは原爆Tシャツに対して「移動中に一度しか着ていない」と弁明しているが、それも嘘と判明。以前にバイクに乗りながら原爆Tシャツを着用している写真がTwitterに公開されており、複数回着用していることが判明している。

    ・このままでは今後も炎上が続きそう
    しかしながら、多くの日本人ファンは原爆Tシャツに対して「ファンからもらったもので移動の時一度しか着ていない」と信じ込んでおり、多くのファンがBTSによる嘘に騙されている。BTSはナチス帽子やナチスをモチーフとしたライブを開催するなど物議を醸しているが、このままでは今後も炎上が続きそうである。

    【続報】


    【激怒】韓国アイドルBTSにユダヤ人権団体ブチギレ激怒で大炎上「日本人とナチス被害者に謝罪すべきだ!」と強い怒り表明


    もっと詳しく読む: 【炎上】韓国アイドルBTSの原爆Tシャツ問題/ 調査結果「原爆Tシャツはファンからもらって一度しか着ていない」は嘘(バズプラス Buzz Plus)
    http://buzz-plus.com/article/2018/11/12/bts-nuclear-bomb-t-shirt-news/




    (出典 news.nicovideo.jp)




    【【炎上】韓国アイドルBTSの原爆Tシャツ問題 / 調査結果「原爆Tシャツはファンからもらって一度しか着ていない」は嘘】の続きを読む

    NO.7064674 2018/11/13 10:06
    新日鉄住金の韓国内財産、被害者弁護人差し押さえ手続き踏む
    新日鉄住金の韓国内財産、被害者弁護人差し押さえ手続き踏む
    「新日鉄住金が原告側と協議する意思がないということを確認し、資産の差し押さえ手続きを踏んでいく」

    先月、強制徴用の大法院(最高裁に相当)判決の被害者(原告)側代理人が新日鉄住金に対する資産差し押さえなど法的手続きを取ることを明らかにした。

    原告側代理人と韓日市民団体活動家は12日午前、東京千代田区丸ノ内にある新日鉄住金本社を訪れた。

    彼らは「大法院の判決を尊重して(賠償協議を)迅速に履行してほしい」という内容の要請書を手渡そうとした。

    しかし、会社側との面談は実現せず、要請書も手渡せないまま、30分後に引き返さなければならなかった。

    新日鉄住金側は、本社職員ではなく建物警備会社の職員を派遣し、「韓国大法院の判決は韓日請求権協定と日本政府の立場に反するもので受け入れることはできない。

    非常に遺憾であり、外交交渉状況を見守る」という立場を伝えた。

    原告側代理人であるイム・ジェソン弁護士は「被告側代理人であるキムアンドジョンを通しても、何度も訪問意思を明らかにしたのに、面談そのものを拒否したことは卑怯な行動」と語った。

    新日鉄住金が賠償判決に関連した協議に応じる意思がない..



    【日時】2018年11月13日 07:02
    【ソース】中央日報


    【新日鉄住金の韓国内財産、被害者弁護人差し押さえ手続き踏む】の続きを読む

     ワーナー・ブラザース・ピクチャーズはハリウッド実写映画版『名探偵ピカチュウ』(POKEMON Detective Pikachu)の第一弾となるトレイラーを公開した。米国では2019年5月10日に公開予定。


     2分21秒の映像では、妙に現代都市風味に味付けられた「ライムシティ」と、行方不明となった父ハリーを探すティム・グッドマン、そして探偵であるハリーの元相棒ピカチュウが映し出されている。

     ティムを演じているのはジャスティス・スミス、そしてピカチュウの声を担当しているのは最近は『デッドプール』でデットプールを演じたライアン・レイノルズである。トレイラー1分10秒ごろから流れる従来の大谷育江のピカチュウ声を交えたシーンは必聴だ。

     なお、映画版の渋い中年男性のようなピカチュウの声は、原作であるゲーム版『名探偵ピカチュウ』から続くもの。ゲーム版での声は『鋼の錬金術師』のロイ・マスタング役や『ひぐらしのなく頃に』の富竹ジロウ、『攻殻機動隊 S.A.C』のサイトー役で知られる大川透が担当しており、「かわいいピカチュウがダンディに振る舞う様子」が面白おかしく描かれている。



    妙に毛並みよく描かれているピカチュウ
    (画像はYouTube | POKÉMON Detective Pikachu – Official Trailer #1より)
    (画像はYouTube | POKÉMON Detective Pikachu – Official Trailer #1より)
    (画像はYouTube | POKÉMON Detective Pikachu – Official Trailer #1より)

     映画版『名探偵ピカチュウ』の監督はロブ・レターマン。キャスリン・ニュートン、渡辺謙、ビル・ナイなど、豪華俳優陣を迎えて制作が進められている。日本国内では東宝が配給予定だ。

    文/ishigenn




    (出典 news.nicovideo.jp)




    【ハリウッド実写映画版『名探偵ピカチュウ』ついに全貌明らかに。驚愕の予告編が公開】の続きを読む

    このページのトップヘ