Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: その他

     来年のミス・インターナショナル日本代表を決める『2019 ミス・インターナショナル日本代表選出大会』ファイナルが23日、都内で行われ、2006年5月に亡くなった俳優・岡田眞澄さんの娘で東京都出身の大学生・岡田朋峰(おかだ・ともみ 20)さんがグランプリに輝いた。
      
      【全身ショット】グランプリに輝いた岡田朋峰さんの美しいドレス姿
      
       発表後のスピーチで朋峰さんは「このようなすてきな場所で日本代表に選んでくれて、私の周りで私のことを応援してくれた皆様、ありがとうござます」と満面の笑みで感謝。「日本代表に選ばれていい報告ができると思います。『よく頑張ったね』といってくれると思います」と笑顔で天国の父に報告した。

      その後、声を少し震わせる一幕もあったが、「私には会いたかった人がおります。その人はどのようなことをしても会うことはできませんでした。7歳の時に亡くなった父です」と、眞澄さんについて触れ「父はどんな時もエレガントで気品ある女性でいるように教えられました。この日、父に会うことができたと思います」と笑顔を見せ「これから1年間精進していていきたいと思います」と力を込めていた。

      眞澄さんは2005年まで同世界大会のMCを務めており「本大会で会えるねと言ってくれると思います」とにっこり。この日の審査ではスピーチやドレスを来てウォーキングなど披露して、気品ある姿に観客の視線を釘付けにしており「小さい時からテーブルマナーを教えてもらっていました」と、幼少期に父から教わったことが生かされたと明かした。

      また、父と似ている部分を聞かれると「人格そのものだと思います!」と力強く宣言。「父は気品やエレガントな方で、その部分を受け継いたと思います」と伝えた。

      世界3大ビューティ・ページェントのひとつである同コンテストは1960年に誕生し今年で58回目。外見的な美しさのほか、国際社会への貢献を目指す世界中のミスたちが、互いに交流を深めることを目的としている。

      この日の最終審査では、厳選な予選を通過したファイナリスト32人が集結し、着物、水着、ドレス審査でさまざまなポージングを披露し、スピーチや質疑応答などで内面もアピール。さらに今回は新たな試みとして、一般の方も参加できるWEB投票システムが導入されており、審査点にも加点された。

    そのほかの受賞者は以下の通り

    ■ミス・インターナショナル2位:東京都出身の大学生・文元麻由奈さん(20)
    ■ミス・インターナショナル3位:大阪府出身の化粧品会社勤務の会社員・寺西麻帆さん(22)
    ■ミス・インターナショナル4位:埼玉県出身の元客室乗務員でモデルの藤本美咲さん(25)
    ■ミス・インターナショナル5位:愛媛県出身の大学生・田中蓉さん(22)
    ■パーフェクトボディ賞:埼玉県出身の会社員・大嶋夏実さん(25)
    ■ビューティースキン賞:北海道出身の大学生・荒木美南さん(20)
    ■ハッピースマイル賞:栃木県出身の大学生・山田真夕さん(20)
    ■WEBジェニック賞:北海道出身のトレーナー・野嶽沙世さん(20)

    満面の笑みで感謝のスピーチをした岡田朋峰さん (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【故・岡田眞澄さんの娘・朋峰さんがミス・インターナショナル日本代表に】の続きを読む

    オリオン座流星群が10月21日に極大を迎え、21日までの深夜が見ごろとなる。


    母天体がハレー彗星の流星群のオリオン座流星群は、流れるスピードが速く、明るい流星や痕を残す流星が多いことが特徴。国立天文台によると、今年は空の暗い場所で観察すると、0時過ぎに1時間に5個程度の流星を見ることができるという。0時前や都市部の明るい空では1時間に1、2個見られる可能性があるとしている。


    月が沈む時間の関係で見ごろは、今日から21日までの深夜。日の出前まで方位を気にする必要はなく肉眼で観察することができる。ただ、19日時点の予報では20日まで曇りの地域も多く、全国的に晴れる21日が見ごろとなる。

       
    画像は国立天文台Webサイトより


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【オリオン座流星群が極大に 見ごろは全国的に晴れる21日深夜】の続きを読む

    UVERworldが11月2日に横浜・パシフィコ横浜 国立大ホールで行われる「第60回 三田祭前夜祭MITASAI×UVERworld」に出演する。

    【大きな画像をもっと見る】

    この公演は、慶應義塾大学の学園祭「三田祭」の前夜祭および決起集会であると共に、学園祭の門戸を広げ、同校に関わりのない人にもその魅力を伝えるべく実施される。チケットは10月20日に各プレイガイドにて一般発売開始。

    第60回 三田祭前夜祭MITASAI×UVERworld

    2018年11月2日(金)神奈川県 パシフィコ横浜 国立大ホール

    「第60回 三田祭前夜祭MITASAI×UVERworld」ビジュアル


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【UVERworld、「慶應三田祭」前夜祭でライブ】の続きを読む

    メイン画像

    三連休最終日は天体ショーを楽しんでみては?「10月りゅう座流星群」の活動が活発に。今夜8日深夜から9日明け方が一番の見ごろです。

    連休最終日の天体ショー

    「10月りゅう座流星群」の活動が極大を迎えます。予測極大時刻は10月9日(火)午前9時頃と日中となるため、今夜8日(月)深夜から9日(火)明け方が一番の見頃です。新月で月明かりの影響がなく好条件。ただ、活動が低調で1時間に数個程度の出現ですが、対地速度が遅いので観測チャンスありです。方角は北西です。まず北極星を見つけましょう。北極星の西側に並んでいる星がりゅう座です。放射点はりゅう座の頭付近にありますが、流星は放射状に色々な方向に流れていくので方角はあまり気にしなくて大丈夫です。肉眼でボーッと眺めるだけでOK。特に何も準備する必要はありません。高いビルなどが周りになく、できるだけ暗く、寝転がって観測できる広い公園などがオススメです。

    10月りゅう座流星群とは?

    「10月りゅう座流星群」は、毎年10月上旬に活発になる流星群です。以前は「ジャコビニ流星群」とも呼ばれ、突如、大出現する年があるという、気まぐれな流星群です。今年の出現数は1時間に数個程度と当たり年ではありませんが、気まぐれに突発的な活動を見せてくれるかも?しれません。連休最終日は天体ショーで締めくくってみては?

    各地の天気

    画像C

    沖縄や九州から近畿、東海、北陸は晴れて天体観測に絶好です。ただ、午前0時前後から福岡や大阪、名古屋などでは気温が20度を下回ってきます。極端に冷えることはありませんが、長袖に軽めの羽織る物を着てちょうどいいくらいです。北陸は午前0時で17度くらいとヒンヤリです。長袖に少し厚手の上着が必要です。関東は北東からの風が吹き、雲がとれにくいでしょう。東北は仙台など太平洋側は雲の間からチャンスありですが、秋田など日本海側は雲が広がりやすいでしょう。北海道は日本海側はチャンスがありますが、釧路など東部は雲が広がりやすいでしょう。

    ※なお、2週間後には、秋を代表する「オリオン座流星群」が見頃となります。秋の夜長、流星観測で星に願いを☆



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【今夜 10月りゅう座流星群 星に願いを】の続きを読む

     大学ミスコン参加者による「キャンパスクイーン」が所属するスペースクラフトと、「モーニング娘。」をはじめとするアイドルグループを手掛けるアップフロントグループが共同プロジェクトとして送り出す、総勢25名の現役大学生アイドルグループ「College Cosmos(カレッジコスモス)」のお披露目発表会が3日、東京プリンスホテル・ガーデンアイランドで行われた。
     
    【写真】大学生アイドル「カレッジ・コスモス」のパフォーマンス。メンバー全25人のソロショット。
     
     「キャンパスクイーン」からの選抜メンバーに、カントリー・ガールズの山木梨沙を加えた現役女子大生25名で結成されたカレッジ・コスモス。大学で学びながら活動する「知性派アイドル」と呼ばれる存在になることを目指して活動。「コスモス」には「秩序と調和のとれた宇宙」と「秋桜(花言葉は『乙女の真心』)」の意味があり、美と知性を併せ持つユニットになるよう命名された。

      メンバーには大学ミスコンのファイナリストがずらり。2018年度は國學院大學・菅真鈴、中央大学・橋本紗奈、東京理科大学・脇田璃奈が出場中。2017年度は中央大学ファイナリスト・松井まり、立正大学準グランプリ・Aya、清泉女子大学ファイナリスト・平賀咲乃、2016年度は玉川大学グランプリ・伊藤舞、武蔵野大学準グランプリ・新家利奈、2015 年度は東京理科大学ファイナリスト・脇田茉奈らのミスキャンパスが参加している。

      この日のステージには、純白のロングスカートのユニフォーム、襟元に赤のリボンのワンポイントという清楚ないでたちで25人が登場。10月3日から配信スタートし、来春CD発売されるオリジナル曲『言葉の水を濾過したい』を、息を合わせ、スカートを翻しながらパフォーマンス。曲の途中、バレエのダンスを取り入れたダイナミックな振りを踊るメンバーも現れるなど、グループとしての独自性も感じさせた。

      最後にメンバーを代表して、中央大学4年・2017年中央大学ミスコンファイナリストの松井まりは「メディアの皆さまにご覧いただいたとはいえ、皆さまが私たちにとって初めてのお客さまです。初舞台の緊張もあり、パーフェクトとまではいかなかったかもしれませんが、少しでも楽しんでいただけていたら嬉しいです。本日は誠にありがとうございました」とお披露目の感想を語る。

      そしてカントリー・ガールズと兼任で活動する、慶應義塾大学3年の山木梨沙は「私たちカレッジコスモスは、全員が女子大生と言うことで、大学と両立しながらアイドル活動をしていきます。総勢25人という大人数での女子大生アイドルユニットは、今までに例がなかったと思いますので、これから私たちの魅力を存分に発揮していきたいと思いますし、また大学で得た経験を活かして、知性派のアイドルユニットとして活躍していけたらなと思います」と意気込みを語った。

      3日16時から公式ホームページが立ち上がり、『言葉の水をろ過したい』のミュージックビデオを公開。今後は10月20日(土)・21日(日)に「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ハロ!フェス 2018」のオープニングアクトを務め、「SATOYAMA&SATOUMI with ニャオざねまつり in 熊谷」にも出演する。
     

    総勢25名の現役大学生アイドルユニット「カレッジ・コスモス」(C)Deview


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【総勢25人の現役大学生アイドルグループ「カレッジ・コスモス」お披露目「知性派のアイドルを目指します」】の続きを読む

    このページのトップヘ