Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: その他


     「自衛隊ができない100のこと 54」



    ◆公務員には失業保険はないという事実



     公務員は失業保険には入れないということをご存じでしょうか(念のために申し上げると「非常勤・臨時職員・再任用職員」の者については失業保険(雇用保険)に入ることができます。この場合はそれ以外の一般公務員の話です)。なぜ公務員が失業保険の適用除外になっているかについては、公務員は一般の会社員と違い会社の倒産やリストラされるリスクがないためとされてきました。でも、安定した公務員の仕事を離職しなければならないことはあります。例えば高齢の家族を介護するために仕事を辞めざるを得なかったという話もよく聞きます。しかし、自衛隊を含む公務員は基本的に失業保険には入れないままです。



    ◆任期が終われば失業する任期制自衛官はどうなるのか



     さて、ここで問題となるのは自衛官です。国家公務員の中でも自衛官には「若く機敏に動き回れる時期だけ隊員となってほしい」として設定された職種があります。期間限定で雇用される職員「自衛官候補生」(特別職国家公務員)です。陸上自衛官は1年9ヶ月(一部技術系は2年9ヶ月)、海上・航空自衛官は2年9ヶ月を1任期(2任期目 以降は各2年)として勤務します。規定された回数は再任が可能で、最長で7年程度勤務できます。定年まで自衛隊に残りたいと希望する場合は昇任試験を受けることができ、3曹に昇任すれば、常勤の自衛官として50代前半の退官年齢まで働く職種に変更されるという道もあります。



     ただ、大半の任期制自衛官は数回の任期が終われば退職となります。つまり、あらかじめ職を失うことが決まっている職種です。しかし、失業リスクがすでに確定している職種であっても失業保険には入れないのです。



     任期制自衛官には退職時に任期満了金と呼ばれる退職金が支給されます。退職金は再就職するまでの失業保険の代わりという位置付けではないはずですが、失業保険がなければそのように使われるのは自然なことでしょう。



     任期制自衛官は「任期満了時にもらえる退職金は預貯金に回そう」というような夢を持つかもしれませんが、その時には失業保険はないことを頭の隅に入れておく必要があります。任期満了後にそのことに気付いて求職活動中に愕然とすることのないよう、退職後の生活設計のためには最初から知っておく方がいいですね。



     この退職金は「若い貴重な時期を国防のために費やしてくれたお礼」だと思うのです。就職に有利な新卒の若者が任期制自衛官を選ぶ理由の中には、受け取った任期満了金で進学したり事業を起こしたりというような夢や希望もあるかと思います。志ある若者に報いるためにも失業手当が一般の企業退職者と同等にもらえてしかるべきかと思います。



    ◆自衛隊という仕事に付随する「身体負荷」というリスク



     さらに、自衛官は体力的にも危険が伴う、時には我が身を顧みず動かねばならない職業です。ゆえに、訓練中や仕事中の事故などで体に不調を起こすようなことも起こります。しかし、重大な事故や病気になった場合、残念ながら自衛隊で仕事を続けることは難しくなります。次に紹介するのは元自衛官から聞いた事例です。



     彼は夏の暑い日に訓練で重い荷物を運んで長時間歩き続けた後、筋肉繊維が壊れて力が入らなくなってしまいました。脱水症状が引き金になって起きる「横紋筋融解症」という病気です。しばらく療養した後、上司は辞めなくていいと言ってくれたのですが自衛隊での仕事ができる状態に復帰するとは思えなかったので自ら退職したとのことです(彼の場合は結果として退職後に健康を取り戻し、現在は元気に過ごしています)。自衛官は身体能力を問われる職種なので体力検定などで常に健康かどうかを問われます。そのまま残った場合に部隊の人たちに迷惑をかけるのではと悩んだようです。



     自衛隊ではこのような場合、辞めろと言われることはないのですが、現実には体が健康でないと自衛隊では配置されるべき仕事がないのです。仕事で健康が損なわれて休職する場合は「俸給の百分の八十を支給することができる」とありますが、一定期間後には無給になります。結局、「辞めろ!」とは言われなくても結果的に「辞めるしかない」ということになるのです。公務災害が認定されれば少し様子は変わりますが、公務災害認定のハードルは高く、認定されることは難しいようです。



     このように自衛官は一般の公務員よりも危険物を取り扱うことも多く、体に負荷のかかる仕事も多く、必然的に失業リスクは高くなります。それなのに一般の公務員と同じ扱いでいいのでしょうか?



     自衛官になろうという人は自分の損得など考えず、国防のためにその貴重な時間を費やしてくれる存在です。そういった崇高な心を持ち我慢強い隊員たちが文句を言うはずがありませんから、外にいる私たちが気にかけてあげないといけないと思うのです。



    ◆定年退職する自衛官の再就職時にも失業保険を期待できない



     さらに、自衛官は50代で定年を迎えます。階級が上がるごとに定年年齢も少しずつ加算されて上がっていきますが、大半の自衛官は50代前半で定年となります。



     その他の仕事よりも早すぎる定年時にも、失業保険に入っていないために失業手当は出ません。50代での就職はかなり厳しいものがあります。



     でも、年金受給にはまだ時間がありますから仕方ありません。



     自衛隊から再就職先に提示される職種は、警備や運送など体にはキツイ仕事も多いようです。新しい仕事になじめず、一度の就職では再雇用先が決まらない人もいます。その間、自衛官にはその生活を支える失業保険はありません。私たちは50代の元自衛官たちに預貯金や退職金や若年給付金を費やしながら仕事を探す苦労をさせていることに気づかなければなりません。



     失業保険には限りがあり、ずっともらえるわけではありませんが、自衛官は様々なシーンで失業する可能性が高い特殊な公務員です。失業保険に入るにはそのコストがかかりますから、その人の都合に合わせる必要はあるかと思いますが、彼らに報いるためにそれくらいは国がやってあげてもいいのではないでしょうか。年金受給まで働ける他の公務員と、年金受給前に確実に失業する自衛官を同じ扱いにするのは、あまりにオカシイです。<文/小笠原理恵>

    【小笠原理恵】
    国防ジャーナリスト。「自衛官守る会」顧問。関西外語大学卒業後、報道機関などでライターとして活動。キラキラ星のブログ(【月夜のぴよこ】)を主宰





    防衛省・自衛隊Twitterより


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【自衛隊員には失業保険がない。身体を壊して無収入になる悲劇】の続きを読む


    1 靄々 ★ :2019/04/17(水) 01:56:14.72

    2019年04月17日
    https://mantan-web.jp/article/20190417dog00m200000000c.html

     ヒット作「ルパン三世」などで知られるマンガ家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さんが11日、肺炎のため死去した。81歳。

     1937年に北海道浜中町で生まれる。65年に「プレイボーイ入門」でマンガ誌「漫画ストーリー」(双葉社)からメジャーデビューを果たし、67年8月にマンガ誌「漫画アクション」(双葉社)で「ルパン三世」の連載を開始。人気を博して、71年にはテレビアニメが放送開始。その後もテレビシリーズ、劇場版など現在まで新作が作り続けられるヒットアニメとなった。

     80年以降、サンディエゴ・コミックコンベンションINKPOT賞、ローマ・コミックフェスティバルROMICS金賞、AMD Award功労賞、東京アニメアワードアニメ功労賞などを受賞。晩年もCGを使った3Dアートの研究など意欲的に活動したほか、大手前大学などの客員教授としてマンガ制作の講義を行うなど、後進の指導にも努めた。

     2012年からは故郷の浜中町で、ファンイベント「ルパン三世フェスティバルin浜中町」開催されているほか、07年のテレビスペシャル「ルパン三世 霧のエリューシヴ」も同町が舞台になるなど、郷里への思い入れでも知られていた。


    【【訃報】モンキー・パンチさん:「ルパン三世」の生みの親が肺炎のため11日死去 81歳】の続きを読む


    1 みつを ★ :2019/04/08(月) 07:53:16.69

    https://twitter.com/chieri_b_tokyo/status/1115023134350921728?s=21

    2019/04/08
    ◇小田急線にて

    運行設備故障
    の情報キャッチ。ダイヤ乱れが大きくなる可能性もあり

    ❌小田急小田原線
    ❌小田急多摩線
    ❌小田急江ノ島線
    ⚠東京メトロ千代田線 など
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【【交通】小田急線で運行設備故障 全線運行見合わせ 8日7時】の続きを読む

    平成に代わる新たな元号が、「令和」に決まった。

    2019年4月1日、菅義偉官房長官が記者会見で発表した。新元号を記した政令は、天皇陛下の署名を経て、1日中に交付される。

    万葉集から引用

    新元号は、万葉集から引用した。書き下し文は、「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」。菅官房長官は「今般決定された新元号が広く国民に受け入れられ、日本人の生活のなかに深く根差していくよう努めてまいりたい」と話していた。


    新元号の額縁(首相官邸にて撮影)


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【新元号「令和」に 出典は「万葉集」、菅官房長官が発表】の続きを読む

     近年、トレーニングで鍛えたボディラインを競う「美ボディコンテスト」が盛り上がりをみせている。筋トレ初心者でも参加できるものも多く、会社員やママ、ミドルシニアにも人気という。そこで今回、『SSA NOVICE2018』でグランプリに輝いた元ギャルモデルの美人ママ、神庭景子さんにインタビューを実施。筋トレに目覚めたきっかけ、自慢のパーツ、娘との関係など、美ボディママの素顔に迫った。

    【全身ショット】驚きの美尻…超絶美ボディを披露する神庭景子さん

    ■自慢のパーツは筋肉質なふくらはぎとプリプリのお尻

    ――昨年12月2日に開催された美ボディ大会『SSA NOVICE/ビューティフィットネスモデル・ショートクラス部門』でグランプリになり、周囲の反響はいかがでしたか?

    【神庭さん】 友達からは、「ステージで輝いてる姿が30歳すぎの同世代の勇気と希望になった。ありがとう」と言われました。大会前には「4ヶ月しかトレーニングしてないから優勝は無理」と言っていた弟も大会後は「初めて尊敬した!」って。

    ――大胆なハイレグ姿で披露したボディラインも素晴らしかったですが、ポージングも圧巻でした!

    【神庭さん】 ありがとうございます。こだわったのはサイドポーズからバックポーズにチェンジするときに、肩をクイっとあげるところです!表情もクールビューティで攻めました。

    ――現在6歳になる娘さんもママの活躍を喜ばれたそうですね。

    【神庭さん】 はい。でも、娘は「(クラス別)優勝良かったね、でもオーバーオール(総合優勝)じゃないから、次は総合優勝できるように頑張ってね」「もっとゆっくりポージングゆっくりやらないとダメだよ」と、的確なアドバイスをくれました(笑)。

    ――今、自慢のボディパーツはどこですか?

    【神庭さん】 脚、お尻、下半身ですね!ふくらはぎ(カーフ)が元々、筋肉質でモデル時代はこの筋肉が嫌でした。今はこのカーフとプリプリのお尻が自慢です。お尻は、お尻からの境目も大事なポイントで、そこもきちんと鍛えなければプリっとならないし、下半身全体の締まりがなくなるんです。

    ――下半身を中心に鍛えているんですね。

    【神庭さん】 はい、少し専門的になりますけど「レッグプレス」「ヒップアブダクション」「レッグカール」「スクワット」に重点を置いてトレーニングをしています。

    ――理想はどんなボディですか?

    【神庭さん】 メリハリのある年齢にとらわれない女性らしいセクシーボディです。モデルの仕事もしているので洋服をカッコよく着たいですし、脱いでもカッコいいカラダでいられるようにしたいです。よく、SNSで海外モデルさんを見てなりたいボディをイメージしていますね。

    ■トレーニングを通じて娘に日々の努力の大切さを伝えたい


    ――以前はギャルモデルをされていたとうかがっています。ひと昔前まで女性の間では“痩せているほど美しい”といった意識がありましたよね。

    【神庭さん】 私もそうでした。昔はただただ、細く華奢なギャルモデルが多くて、私も体重維持のため炭水化物を食べなかったり「1日1食」や「サラダと魚だけ」とかもやりました。筋肉量よりも体脂肪を落としたいって思ってましたね。

    ――ボディラインに対する意識の変化はいつから?

    【神庭さん】 ギャルモデル時代から8kgほど太ってしまって、当時のモデル仲間からトレーニングに誘われたんです。そこで、今のトレーナーさんに出会ってから変わりましたね。はじめはただ痩せればいいと思ってたんですけど、ボディラインの作り方次第で見え方が変わることを学んだんです。肩、背中を鍛えれば下着の上にお肉は乗らず(笑)、お尻も鍛えれば丸くプリッと。どこの部位に筋肉をつけたらいいかを指導してもらうのは楽しかったですね。

    ――現在、トレーニングはどのくらいされているんですか?

    【神庭さん】 今は娘の卒園式の準備や仕事などもあって、週に2回しか行けてないです。

    ――現在は子育てをしながら、モデルとアパレルの仕事もされていて、さらにトレーニングとなると…多忙な毎日ですね。トレーニングのある日のタイムスケジュールは?

    【神庭さん】 7時に起きて、お弁当と朝食を作ったら娘を幼稚園に送ります。帰宅して11時頃までに買い出しや掃除の家事を済ませて、その後ジムに。2時間ほどトレーニングしたら幼稚園のお迎えをして。午後からは娘と遊んだりお勉強をみたり。合間に夕飯の準備と持ち帰った仕事をしています。娘が寝た21時頃からまた仕事して。忙しいです!

    ――トレーニングするママをみて、娘さんはどんな反応をしていますか?

    【神庭さん】 「トレーニングしているママはカッコイイしお尻プリってしてるからいい!」って褒めてくれます(笑)。普段は鬼ババァでアホなママですけどね。ふざけて一緒に遊ぶけど、叱るところは叱る、メリハリを大事にしています。

    ――娘さんの応援がトレーニングを続ける原動力にもなっているんですね。

    【神庭さん】 そうですね。娘に日々、努力をすること、目標をもつことの大切を見せ、いつまでもかっこいいママでいたい、というのがトレーニングを始めたきっかけでもあるので。大会に出場し、クラス別のグランプリを受賞できたことで、毎日の積み重ねが大切ということを伝えてあげられたかな?と思っています。

    ――ずばり、ボディメイクやトレーニングの魅力とは何でしょうか?

    【神庭さん】 「精神の鍛え、整え」ですね。心と身体はひとつだと思うんです。気持ちがブレれば身体も崩れる。ボディラインは今の自分を素直に映し出す気がします。私にとってトレーニングは、心と身体が真っ直ぐに向き合える大切な時間です。でも、そんな時間を持てるのも、周りのサポートがあるから。娘をはじめ、支えてくれるみんなへの感謝を忘れずに、今後もトレーニングを重ねたいですね。

    トレーニング歴わずか4ヶ月で劇的美ボディを手に入れた神庭景子さん。


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【美ボディ大会優勝、元ギャルモデルの美人ママ「娘はプリっとしたお尻が好き」】の続きを読む

    このページのトップヘ