Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 科学

     ポーランドのデベロッパーVarsav Game Studiosは、『Bee Simulator』を正式発表した。PCでの発売は2018年秋を予定。
     他プラットフォームでの発売日は不明だが、PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switchでのリリースも予定されている。

     本作はその名のとおり、大空を自由に駆け巡るミツバチの生活を体験することができるシミュレーターゲームだ。プレイヤーは巣に住まう働きバチを操作し、舞台となる広大な公園を探索しつつ、女王バチから指令されたさまざまクエストを攻略していく。
     木の枝から垂れ下がるハチの巣には、伐採を計画する人間の魔の手が伸びつつあり、プレイヤーはどうにかして故郷を守らなければならない。

     舞台となる公園はニューヨークのセントラルパークから着想を得ており、ゲーム内では巨大なハチの巣だけでなく、ボートが浮かぶ池や、メーリゴーランドが回るテーマパークなどのロケーションが確認できる。
     ハチとなったプレイヤーはこの空間を自由に飛び回り、時には這い回って、公園の中にある花粉を集めたり、実際のハチの世界にも存在する「八の字ダンス」で仲間に巣への帰り道を示したりすることになる。

    (画像はBee Simulator | Mediaより)

     詳細なゲームプレイは現時点で不明だが、公園の中には敵意を持った人間やハチ以外の生物も存在するぞうで、時にはみずからの毒針を刺して敵に攻撃することになる。
     なお現実世界のミツバチといえば、針を刺した際には一部の内蔵とともに針を抜き置いていくため死んでしまうことで知られているが、ゲーム内でどのようにこの性質が処理されているかは気になるところだ。

     またスクリーンショットでは、左下のUIに3色の謎のマークが表記されているが、これもどういった効果を示しているのかは明らかにされていない。

    (画像はBee Simulator | Mediaより)

     『Bee Simulator』では、巣を守るためクエストをこなしていくシングルプレイモードのほかにも、本作には公園を自由に飛び回ることができる探検モード、ほかのプレイヤーと協力したり競争できる画面分割モードも搭載している。

     画面分割モードではシングルプレイとは異なるマップも収録されているそうだ。

    (画像はBee Simulator | Mediaより)

     Varsav Game Studiosは同じくポーランドのCI GamesやFarm51、Flying Wild Hogなどで経験を積んだ若手のゲーム開発者18名で構成されている。
     本作の音楽を担当するのは『The Witcher 3』や『The Vanishing of Ethan Carter』の音楽を手掛けたMikolai Stroinski氏が担当している。なお、本作以外にスマートフォン向けに『AR KICKER』というゲームも開発中。

     なおVarsav Game Studiosのクリエイティブディレクター、Lukasz Rosinski氏が自身の娘に読み聞かせていたハチについての本から着想を得たと語る『Bee Simulator』は、暴力的な要素を排除した家族で楽しめる教育的な内容になっている。
     小さな子供であっても直感的に空を飛び回ることができ、本作を通じてハチの習慣や生活について学ぶことができるのだという。

     『Goat Simulator』のヒットを受けてシミュレーターと名の付くゲームといえばおバカな内容のものが多いイメージがあるが、『Bee Simulator』はオーソドックスなシミュレータージャンルのゲームとして、教育的で家族で楽しめるゲームになりそうだ。

    『Bee Simulator』公式サイトはこちら
    ライター
    一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【働き蜂となって公園を自由に駆け巡るシミュレーター『Bee Simulator』正式発表。人間たちの魔の手からハチの巣を救え】の続きを読む

     火星が31日、地球に最も接近する。火星と地球は約2年2カ月に1度近づくが、楕円(だえん)形に公転するため、距離は毎回異なる。国立天文台によると、今回は両星の中心間が5759万キロメートルと、2003年8月27日以来の「大接近」となる。

     31日は天気が良ければ、午後7時前に南東の方角から上り、真夜中に南の空に輝く火星が見える。赤色に明るく輝いて見え、望遠鏡を使って表面の模様を観察しやすい状態が続く。31日は各地で観望会が予定されている。

     木星よりも明るく見えるのは9月上旬まで。11月でも土星より明るく見えるという。 



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 chuplus.jp)





    【火星が31日に「大接近」=地球まで5759万キロ】の続きを読む

    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ・ホリエモンロケット2号機が打ち上げられる
    ・打ち上げ直後に落下し炎上
    ・けが人はなし

    ホリエモンロケット2号機

    ホリエモンロケット2号機が6月30日の5時30分に北海道大樹町にて打ち上げられた。

    元ライブドアの社長、堀江貴文氏が出資するベンチャーロケットで小型ロケットの『MOMO2号機』、通称「ホリエモンロケット」と呼ばれていたロケットが発射直後に落下し炎上爆破。

    けが人などは居ないという。

    インターステラテクノロジズ(IST)が開発した小型ロケットは低コスト化が図られており、1号機は昨年7月に打ち上げられ発射から1分後に通信が途絶えエンジンが停止し海に落下した。

    動画はこちらからご覧ください

    ホリエモンロケット2号機

    ホリエモンロケット2号機

    ホリエモンロケット2号機



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【動画】ホリエモンロケット2号機が打ち上げ直後に落下し炎上爆発】の続きを読む

     水は、地球上の生物が生きていくうえでは欠かせないもの。ですが、時に「異常な性質を持っている」といわれるほど、不思議な物質なんだとか。

    【画像】水の“異常さ”が分かる密度変化のグラフ

     今回は、身近な物質・水が持っている不思議な性質をご紹介します。

    ●実は水は“異常な液体”

     「氷水に氷が浮いている」というのは、夏にはよくある光景。しかし、これは水の特異な性質を示す一例として知られています。

     ほとんどの物質では液体よりも固体の方が密度が高まり、同体積あたりの重量も大きくなるため、例えば、融けた鉄に、鉄球を入れると沈んでしまいます。しかし、水は約4℃のときに最大密度になり、さらに温度が下がると密度が低下。それで氷(固体)が浮くという、通常とは反対のことが起こるというわけです。これは極めて珍しい性質で、「自然界にある物質で、こんな不思議な変化を示すものは他にない」といわれることも。

     岡山大学准教授・松本正和氏によると、水の不思議な性質を数え上げていくと、40個超にのぼってしまうとのこと。「みそ汁が作れる(みそに含まれるさまざまな物質が溶かせる)」「汗をかいて体温調節できる(気化熱が大きい)」といった現象も、水ならではのものだといいます。

     水は身近な物質ながら科学的に明らかではない点も多いといわれており、東京大学が「水が極めて特異的である物理的な起源を解明」したとする論文を発表したのは2018年3月末のこと。同大学は「生命科学、地球科学など広範な分野に波及効果が期待される」とコメントしています。

    ●主要参考文献

    ・水の性質と役割(文部科学省)

    ・身近な液体「水」の謎に迫る(岡山大学/松本正和)

    よく見る光景ですが……?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「氷水に氷が浮くのは異常」 実はヤバすぎる液体「水」の不思議な性質とは】の続きを読む

    Image: KICKSTARTER

    これなら土星も見えるんですって。

    やれブラッドムーンだナントカ座流星群だと、チョイチョイ話題になる天体現象。その度に外に出て夜空を見上げても、わかるのは月と北極星とオリオン座くらいなもんだったりしません?

    天体に詳しくなくても、やはり誰もが美しい星空に憧れるもの。たまにはデネブとかアルタイルとかベガとか死兆星とか、シャレた星を一発で見つけてみたいモンですよね。

    そんなニーズに応え、今までありそうでなかったスマート天体望遠鏡「Hiuni(ハイユニ)」が作られました。これは見たい星に自動で照準を合わせてくれ、タブレット端末にその映像を映してくれるステキな発明品なのです。

    レンズの口径は6インチ(約15cm)とけっこう大きなサイズ。直立していればスタイリッシュな花瓶のような、無駄のデザインなのも良いですね。

    中にはGPSと加速度計、地場を計測する磁気センサー、それにジャイロスコープが内蔵されています。なので電源を入れれば今いる座標を割り出し、どっちを向けばお目当ての星が見つかるのか自動で調節するのです。

    望遠鏡を動かすのはタブレット端末から操作します。なので独り占めして覗き込まず、家族や恋人などと同じ星を同時に見られるのがイイですね。さらにはスマートフォンでQRコードを読み取れば、そちらでも「Hiuni」が捕らえた生映像をいっしょに見ることもできます。ついでにタブレットに映された星々には、星座としてわかりやすい線と名前を表示することもできます。

    これから来る天体イベントも知らせてくれるので、せっかく買っても腐らせることもありません。アプリでは星座や惑星のトリビアを学ぶこともできるので、日が出ている時間でもアカデミックに使えます。

    Image: KICKSTARTER

    「Hiuni」は現在KICKSTARTERで資金を募っており、販売希望小売り価格1,190ドル(約13万円)のところ今なら早割りで539ドル(約5万9,300円)というお手頃価格でゲットできるようになっています。目標金額の550万円はとっくに超え、執筆時には820人から5千万円もの出資金が集まっていることから、その需要が伺えます。


    Image: KICKSTARTER
    Source: KICKSTARTER, ComingSoon

    岡本玄介



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【無数の星々の中から自動で星座を見つけてくれるスマート天体望遠鏡「Hiuni」】の続きを読む

    このページのトップヘ