Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 科学

     水は、地球上の生物が生きていくうえでは欠かせないもの。ですが、時に「異常な性質を持っている」といわれるほど、不思議な物質なんだとか。

    【画像】水の“異常さ”が分かる密度変化のグラフ

     今回は、身近な物質・水が持っている不思議な性質をご紹介します。

    ●実は水は“異常な液体”

     「氷水に氷が浮いている」というのは、夏にはよくある光景。しかし、これは水の特異な性質を示す一例として知られています。

     ほとんどの物質では液体よりも固体の方が密度が高まり、同体積あたりの重量も大きくなるため、例えば、融けた鉄に、鉄球を入れると沈んでしまいます。しかし、水は約4℃のときに最大密度になり、さらに温度が下がると密度が低下。それで氷(固体)が浮くという、通常とは反対のことが起こるというわけです。これは極めて珍しい性質で、「自然界にある物質で、こんな不思議な変化を示すものは他にない」といわれることも。

     岡山大学准教授・松本正和氏によると、水の不思議な性質を数え上げていくと、40個超にのぼってしまうとのこと。「みそ汁が作れる(みそに含まれるさまざまな物質が溶かせる)」「汗をかいて体温調節できる(気化熱が大きい)」といった現象も、水ならではのものだといいます。

     水は身近な物質ながら科学的に明らかではない点も多いといわれており、東京大学が「水が極めて特異的である物理的な起源を解明」したとする論文を発表したのは2018年3月末のこと。同大学は「生命科学、地球科学など広範な分野に波及効果が期待される」とコメントしています。

    ●主要参考文献

    ・水の性質と役割(文部科学省)

    ・身近な液体「水」の謎に迫る(岡山大学/松本正和)

    よく見る光景ですが……?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「氷水に氷が浮くのは異常」 実はヤバすぎる液体「水」の不思議な性質とは】の続きを読む

    Image: KICKSTARTER

    これなら土星も見えるんですって。

    やれブラッドムーンだナントカ座流星群だと、チョイチョイ話題になる天体現象。その度に外に出て夜空を見上げても、わかるのは月と北極星とオリオン座くらいなもんだったりしません?

    天体に詳しくなくても、やはり誰もが美しい星空に憧れるもの。たまにはデネブとかアルタイルとかベガとか死兆星とか、シャレた星を一発で見つけてみたいモンですよね。

    そんなニーズに応え、今までありそうでなかったスマート天体望遠鏡「Hiuni(ハイユニ)」が作られました。これは見たい星に自動で照準を合わせてくれ、タブレット端末にその映像を映してくれるステキな発明品なのです。

    レンズの口径は6インチ(約15cm)とけっこう大きなサイズ。直立していればスタイリッシュな花瓶のような、無駄のデザインなのも良いですね。

    中にはGPSと加速度計、地場を計測する磁気センサー、それにジャイロスコープが内蔵されています。なので電源を入れれば今いる座標を割り出し、どっちを向けばお目当ての星が見つかるのか自動で調節するのです。

    望遠鏡を動かすのはタブレット端末から操作します。なので独り占めして覗き込まず、家族や恋人などと同じ星を同時に見られるのがイイですね。さらにはスマートフォンでQRコードを読み取れば、そちらでも「Hiuni」が捕らえた生映像をいっしょに見ることもできます。ついでにタブレットに映された星々には、星座としてわかりやすい線と名前を表示することもできます。

    これから来る天体イベントも知らせてくれるので、せっかく買っても腐らせることもありません。アプリでは星座や惑星のトリビアを学ぶこともできるので、日が出ている時間でもアカデミックに使えます。

    Image: KICKSTARTER

    「Hiuni」は現在KICKSTARTERで資金を募っており、販売希望小売り価格1,190ドル(約13万円)のところ今なら早割りで539ドル(約5万9,300円)というお手頃価格でゲットできるようになっています。目標金額の550万円はとっくに超え、執筆時には820人から5千万円もの出資金が集まっていることから、その需要が伺えます。


    Image: KICKSTARTER
    Source: KICKSTARTER, ComingSoon

    岡本玄介



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【無数の星々の中から自動で星座を見つけてくれるスマート天体望遠鏡「Hiuni」】の続きを読む


    1 すらいむ ★ :2018/06/04(月) 17:27:12.24

    毛髪の“もと”大量に作る技術を開発 理化学研究所

    「脱毛症」などの治療に応用するため髪の毛を作り出す「毛包(もうほう)」という器官を人工的に大量に作る技術を理化学研究所などの研究グループが開発し、来月から動物で安全性を確かめる試験を始めることになりました。

     薄毛などの脱毛症に悩む人は全国に2500万人以上いると推計されていますが、男性ホルモンをコントロールする薬の投与など治療法は限られていて、理化学研究所などでは毛髪を作り出す「毛包」と呼ばれる器官を再生医療の技術で作り移植する治療法の開発に取り組んでいます。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    NHK NEWS WEB 6月4日 17時22分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180604/k10011464261000.html


    【【科学】毛髪の“もと”大量に作る技術を開発、早ければ再来年にも実用化か…理研 】の続きを読む

     ルーターやネットワーク接続ストレージ(NAS)といった組み込み機器、広義のInternet of Thing(IoT)を狙った攻撃が世界的に拡大しており、セキュリティ企業が相次いで警告を発しています。

    【図解】Roaming Mantisの攻撃の経緯

    ●終息どころか拡大、ルーターを狙う「Roaming Mantis」

     2018年5月21日にはカスペルスキーが、ルーターをターゲットにした「Roaming Mantis」の拡散が、4月の公表以降も続いていると指摘し、あらためて注意を呼び掛けました。このマルウェアは、ルーターに感染するとDNS情報を書き換え、それを介してインターネットに接続しようとするユーザーに、悪意あるAndroidアプリをダウンロードさせようとします。

     存在が指摘された当初、Roaming Mantisの対応言語は韓国語、中国語、日本語、英語の4種類のみで、韓国やバングラデシュ、日本のユーザーがタ主なーゲットでした。しかしその後も攻撃は進化を続けており、対応言語は今ではポーランド語やドイツ語、アラビア語など27言語に拡大し、攻撃対象が広がっているそうです。

     機能自体も「拡張」しています。Android向けマルウェアだけでなく、iOSデバイスであることを検知するとAppleをかたったフィッシングサイトに転送したり、誘導先のWebページに、被害者PCのリソースを利用して仮想通貨のマイニングを行わせるコインマイナーを用意したりと、定番の手口を組み合わせているようです。

     カスペルスキーによると、Roaming Mantisが脆弱なルーターに侵入する手法も、また継続して進化・拡大している理由も、残念ながらまだ明らかではありません。過去には、攻撃コードがツール化して手軽に入手できるようになり、攻撃がまん延したケースもありましたが、そういう状況を指し示す証拠は見つかっていないそうです。

     いずれにせよ、報道は下火になった一方で、攻撃そのものは終息するどころかむしろ拡大し続けている点に注意が必要でしょう。ルーターのDNS設定が改ざんされていないかを確認するとともに、管理者用WebページのID・パスワードをデフォルトのものから変更し、ファームウェアを定期的にアップデートすること、そして必要ない限りインターネット側から管理用Webページにアクセスできないよう設定することを推奨しています。

    ●モジュール式を採用したマルウェア「VPNFilter」はなぜ厄介か

     一方、Cisco Talosは5月23日、ルーターやNASといったデバイスに感染するマルウェア「VPNFilter」に対する注意を呼び掛けました。LinuxやBusyboxをベースにしたファームウェアが動作する機器に感染し、当該ルーターを経由してアクセスするユーザーの情報を盗み見るマルウェアです。

     感染原因についてはまだ不明ですが、デフォルト設定のままの認証情報を用いたか、あるいは既知の脆弱性が悪用された可能性が指摘されています。少なくともQNAP、Linksys、MikroTik、NETGEAR、TP-Linkの製品で感染が確認されており、Taolsによると、ウクライナを中心に54カ国で50万台に上る機器が感染したといいます。感染した機器はbotネットを形成し、攻撃者が操るC2サーバの指令に従う形です。

     TalosやSymantecが分析結果を公開していますが、VPNFilterは「モジュール式」のマルウェアで、3つの段階を経て情報窃取を行います。

     第1段階は、攻撃に必要なモジュールをC2サーバから継続的にダウンロードするための設定で、いわば「ダウンローダー」「バックドア」的な役割を果たすものといえるでしょう。第2段階で感染したマルウェアによって、デバイス管理情報などの窃取などが行われます。

     そしてさらに別のモジュールをダウンロードしてくるのが第3段階で、通信内容を盗聴するスニファーやTor通信モジュールといった拡張機能が加わります。中には、IT機器だけでなく、制御システムを構成するPLC(Programmable Logic Controller)のコントロールに用いられる通信プロトコル「Modbus」を監視するコンポーネントが含まれているとの報告もあります。

     もう1つ厄介なのは、再起動すれば第2段階のマルウェアまでは消去されるのですが、第1段階のマルウェアは再起動後も残っていることです。これまでのIoTデバイスをターゲットにしたマルウェアとは異なり、再起動だけでは根本的な再感染の防止が困難なのです。Talosをはじめとするセキュリティ企業は、機器を工場出荷状態にリセットして再起動し、ファームウェアを最新のバージョンにアップデートすることを推奨しています。

     その危険性を鑑み、米FBIはC2サーバの停止措置(テイクダウン)を実施したと発表しています。

     だからといって、これで事態は収束する、と考えるのは楽観的に過ぎるかもしれません。過去のITシステムへの攻撃では、モグラたたきのように、あるドメインが差し押さえられても異なるドメイン、異なるIPアドレスを用いて、botによる攻撃が継続したケースがあります。VPNFilterについても、「第一報」の波が収まった後も継続してウォッチしておく必要がありそうです。

     Roaming Mantisのケースもそうですが、デフォルトパスワード設定の変更とファームウェアのアップデート、よほど必要がない限り外部からのアクセスを制限する、といった基本的な対策を徹底することが引き続き重要でしょう。

    (高橋睦美)

    カスペルスキーによる、Roaming Mantisの悪意あるファイルの検知数(5月1~10日)。4月と比べると韓国、バングラデシュ、日本での検知数は下がったが、ロシア、ウクライナ、インドでの検知数が増加した=カスペルスキーのWebサイトより


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【終息どころか「拡張」と「拡散」続くIoTマルウェア 警告相次ぐ】の続きを読む

     リモートワークやフリーランスといった働き方の多様化が進み、今世界中でミレニアル世代と呼ばれる若年層を中心に一人暮らしをする人が増えている。

    【その他の画像】

     彼らの悩みの1つが「孤独」。そんな彼らの孤独感を解消しようとする、IoTを駆使した「脱・孤独サービス」が、韓国、北欧、そして日本と、世界中で続々と誕生している。

    ●「今誰か帰ってきたよ」  友人・家族の行動を逐一通知

     「Fribo」は、韓国の首都ソウルにある延世(ヨンセ)大学、第5の都市テジョンにある国立大学KAIST(Korea Advanced Institute of Science and Technology)の共同研究グループが、一人暮らしをするミレニアル世代の若者向けに開発したロボット。ネコのような耳を持つ愛らしい見た目が特徴だ。

     Friboは、独自の機械学習アルゴリズムを搭載し、友人や家族間のコミュニケーションを促進するのだが、そのやり方は一風変わっている。

     ユーザーの生活音――例えば、ドアを開け閉めする音や電気を点ける音、冷蔵庫を開ける音などを聞き分け、その行動内容を他のユーザーにFriboを介して音声で伝える。その通知がユーザーがチャットや電話などを始めるきっかけになるという。

     例えば、グループに含まれるユーザーの1人が帰宅したとする。すると、Friboは玄関のドアや電気のスイッチ音などを感知し、他のユーザーの自宅にあるFriboを通じて、「誰かが玄関のドアを開けたよ。帰ってきたみたいだね」と音声で教えてくれる。

     また、誰かが冷蔵庫を開けると、「誰かが冷蔵庫を開けたみたい。何を食べようとしてるんだろうね」などと伝えたり、グループ内で一番帰宅が遅かったユーザーに「他のみんなはもう帰宅してるよ」と声をかけたりする。

     こうしたあらゆる声かけに対し、他のユーザーがFriboの近くで2回ノックする音を発するとFriboはそれを感知し、元のアクションをしたユーザーに「今何してるの? 〇〇(ノックしたユーザー)が気になってるみたい」と話しかけ、3回拍手をすると、SNS上の「Like」のように反応を示せる。

     Friboは、人間の声の認識精度は低く、録音機能も非搭載。その代わり、先述のように生活音を聞き分けたり、超音波センサーや気温、湿度、光を感知するセンサーを使ったりして、ユーザーの行動や居場所を把握する。

    ●「脱・孤独」ビジネス、韓国だけでなく世界中で誕生

     Fribo開発の背景にあるのは、ミレニアル世代を中心とする若年層の一人暮らしの増加。帰宅後に孤独を感じている彼らが、同じ境遇にいる友人や家族ともっとコミュニケーションを取れるように、と開発された。

     若年層の一人暮らしが増加しているのは韓国だけではない。米国では2017年時点で、全人口の42%、35歳以下の若年層だけを見れば61%が一人暮らしであり、その割合は年々上昇傾向。日本でも、90年には全世帯の23.1%だった一人暮らし世帯の割合は、15年には34.5%にまで上昇している。

     人は孤独を感じると、身体的にも精神的にも病にかかるリスクが高くなるといわれる。近年は、単に一人暮らしの増加だけではなく、リモートワークやフリーランスなど新しい働き方が浸透してきたことも、人々が孤独を感じやすくなっている一因かもしれない。

     Friboのような「脱・孤独」ビジネスは、世界中で誕生している。例えば、自宅をオフィスとして解放してもいい人と、それを使いたい人とをマッチングするサービス「Hoffice」。13年にスウェーデンで始まり、現在はデンマークなど世界102都市で利用されている。

     また、ノルウェーのスタートアップ「No Isolation」は、離れていても一緒に会議や授業に参加しているかのような臨場感を生み出すロボットを開発している。

     日本でも、パナソニックが離れた家族をつなぐコミュニケーションツール「Famileel」を開発。自宅に設置されたデバイスの側を通ると、遠く離れた家族の自宅にあるもう1つのデバイスが光り、電話やチャットをしなくても相手の気配を感じられるというもの。

    ●プライバシーに対する考え方に文化が出る?

     先ほどのFriboに話を戻すと、同サービスではユーザーの行動は匿名で通知される。とはいえ、プライバシーの観点からすれば、自分の行動が逐一友人・家族に報告されるというのは、少し身の毛のよだつことかもしれない。

     しかし、Friboが開発された韓国では1カ月間のトライアルを終えた人々から、意外にも次のようなポジティブなフィードバックを寄せられたという。

    「友人の行動を知らせてくれるので、テレビをつけるのとは違う」

    「友人が何をしているか想像がつき、まるで同じ家の別の部屋で生活をしているみたい」

    「朝、友人が身支度をしているのに気が付くと、自分も少し早く起きてみようかと思う」

     韓国では友人同士の物理的・精神的な距離感が、日本に比べて近いといわれる。そうしたお国柄も、Friboのようなつながりを感じられるロボットが誕生する背景にあるのだろう。

     実際、開発元の研究者は、「Friboが違った文化を持つ他の国でもポジティブに受け止められるのかは分からない」と話している。Friboは現在プロトタイプの作成段階であり、研究者たちは今後さらに長期のユーザーテストを実施し、改良を重ねていく予定だ。

     Friboは韓国ならではのアイデアかもしれないが、少なくとも人々の孤独を解消するサービスへのニーズが世界中で高まっていることは確か。今後、日本ならではの「脱・孤独」商品も生まれるかもしれない。

    ネコのような耳を持つ愛らしい見た目のFribo(YouTubeより)


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【フリーランスや単身世帯の「孤独問題」 ロボットは孤独を救えるか】の続きを読む

    このページのトップヘ