Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 科学

    小惑星探査機「はやぶさ2」が、2月22日の8時ころに小惑星リュウグウへのタッチダウンに成功したことを受け、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の山川宏 理事長が祝福のコメントを公開した。

    同コメントでは、国内外の関係者への感謝や、応援をしてくれた人たちへの感謝が述べられているほか、サンプルリターンへの期待などが述べられている。また、はやぶさ2の太陽系惑星科学への貢献についても言及しているほか、今後予定されているインパクタを用いたミッション、そして2020年末の地球への帰還についても触れており、今後も、多くの人たちからの応援と期待に応えられるよう、運用を継続していくことを力強くうたったものとなっている。

    以下、原文のママ。

    2019年2月22日に、小惑星探査機「はやぶさ2」を小惑星リュウグウへタッチダウン(接地)させ、リュウグウの試料を採取する運用を実施し、タッチダウン及びプロジェクタイル(弾丸)の発射を含めた試料採取のためのすべてのシーケンスが完了したことを確認しました。国内外関係の皆様のご協力と国内外からたくさんの応援をいただいたことに改めて感謝申し上げます。

    今回の一連の運用は、「はやぶさ2」のサイエンスチームとエンジニアリングチームの総力を結集し、わずか約6メートル幅の領域へのピンポイントタッチダウンを試みた非常にチャレンジングな試みでした。2010年に帰還した「はやぶさ」に引き続き、世界で2例目の小惑星天体の表面物質採取に成功していることを期待しています。

    「はやぶさ2」で得られるサイエンスの成果は太陽系惑星科学の発展に大きく寄与するものであり、我が国が独自性・優位性を有する深宇宙探査技術をより強固にしたものと確信しております。

    今後も、海外宇宙機関を含め多くの皆さまの応援と期待にお応えできるよう、引き続きインパクタを用いたミッション、さらには2020年末の地球への帰還に向け、「はやぶさ2」の運用を継続してまいります。

    JAXA理事長 山川 宏

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【はやぶさ2、タッチダウンに成功 - JAXA理事長が祝福のコメントを公開】の続きを読む

     
    Point
    ・知覚学習によって、脳の神経細胞が「新しい軸索を生み出し、古い軸索を捨てる」リモデルを絶えず行うことが判明
    ・臨界期を過ぎても、一部を除いては脳の接続は一生を通じて変化し続け、新しい経験をするたびに情報を符号化していく
     ・大人になっても、脳は回路設計を絶えず変える「柔軟性」を備えている
    年をとると新しいことを覚えるのが億劫になるもの。しかし、そうした経験や記憶が脳を変化させることが最近の研究で明らかになりました。
    研究を行ったのは、ロックフェラー大学で脳科学と行動が専門のチャールズ・D・ギルバート氏ら。意識的に出来事を記憶しようとしていない時でも、私たちの脳が絶えず変化し、世界を解釈しそれと関わる方法を改めることを明らかにしました。論文は雑誌Proceedings of the National Academy of Sciencesに掲載されました。
    Axonal plasticity associated with perceptual learning in adult macaque primary visual cortex
    http://www.pnas.org/content/115/41/10464

    脳内の接続のいくつかは臨界期を過ぎると変化を止めますが、それ以外の接続は一生を通して変化し続け、新しい経験をするたびに情報を符号化する重要な役割を果たします。ギルバート氏はかつて、脳損傷から回復する時、神経細胞が新しい軸索(信号を他の神経細胞へ伝えるための糸)を成長させ、脳が自分自身でリモデルすることを明らかにしました。ギルバート氏は、このリモデルが、脳損傷からの回復時だけでなく、通常の状況下でも常に行われているのではないかと推測し、それを証明しました。
    研究チームは、視覚・聴覚・嗅覚の刺激をより良く感じ取るために感覚を調律する「知覚学習」に着目しました。たとえば、私たちは2つの異なる形を繰り返し見ているうちにこれらを無意識に区別できるようになりますが、これも「知覚学習」の一例です。
    脳内の視覚野(目から入った信号を受容し処理する脳の領域)神経細胞が学習によって変化するかを調べるため、研究チームは2匹のマカクサルに2つの絵を見せる実験を行いました。どちらの絵にも棒線が無秩序に描かれていましたが、そのうち1つは複数の棒線がつながって一本の長いラインを形づくるように描かれていました。サルに課されたタスクは、このラインを見つけることでした。そして、棒線の数が少ないほど、ラインを見つけることは困難でした。
    はじめは、サルはラインが9本の棒線から成るような簡単な問題にしか正解することが出来ませんでした。ところが数週間タスクに取り組むうちに、かなり難しい問題にも正解できるようになり、最終的に1匹のサルはわずか3本の棒線から成るラインを見つけられるようになったほどでした。
    また、実験の間、研究チームはサルの視覚野の細胞の変化を追跡。すると、問題を解くのが上手くなるにつれて、視覚野の神経細胞が新しい軸索を生み出し、古い軸索を捨てていることがわかりました。このことは、脳が大人になっても回路設計が絶えず変化する「柔軟性」を備えていることを示唆しています。万一この「柔軟性」が途切れると、自閉症や統合失調症などの行動障害を引き起こす可能性があるようです。
    Credit: Laboratory of Neurobiology at The Rockefeller University / 緑の線が新しく形成された軸索

    脳の臨機応変さには驚くべきものがありますね。ギルバート氏の研究は視覚刺激にフォーカスしたものでしたが、聴覚や嗅覚などの知覚学習によっては脳内にどのような変化がもたらされるかが気になるところです。

     
    楽器を弾くとき、脳で何が起こっているのか? 「演奏する」ことの驚くべきメリット


     

    via: sciencedaily / translated & text by まりえってぃ

     



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【「学習」で脳は一生変化し続けることが判明】の続きを読む

     ポーランドのデベロッパーVarsav Game Studiosは、『Bee Simulator』を正式発表した。PCでの発売は2018年秋を予定。
     他プラットフォームでの発売日は不明だが、PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switchでのリリースも予定されている。

     本作はその名のとおり、大空を自由に駆け巡るミツバチの生活を体験することができるシミュレーターゲームだ。プレイヤーは巣に住まう働きバチを操作し、舞台となる広大な公園を探索しつつ、女王バチから指令されたさまざまクエストを攻略していく。
     木の枝から垂れ下がるハチの巣には、伐採を計画する人間の魔の手が伸びつつあり、プレイヤーはどうにかして故郷を守らなければならない。

     舞台となる公園はニューヨークのセントラルパークから着想を得ており、ゲーム内では巨大なハチの巣だけでなく、ボートが浮かぶ池や、メーリゴーランドが回るテーマパークなどのロケーションが確認できる。
     ハチとなったプレイヤーはこの空間を自由に飛び回り、時には這い回って、公園の中にある花粉を集めたり、実際のハチの世界にも存在する「八の字ダンス」で仲間に巣への帰り道を示したりすることになる。

    (画像はBee Simulator | Mediaより)

     詳細なゲームプレイは現時点で不明だが、公園の中には敵意を持った人間やハチ以外の生物も存在するぞうで、時にはみずからの毒針を刺して敵に攻撃することになる。
     なお現実世界のミツバチといえば、針を刺した際には一部の内蔵とともに針を抜き置いていくため死んでしまうことで知られているが、ゲーム内でどのようにこの性質が処理されているかは気になるところだ。

     またスクリーンショットでは、左下のUIに3色の謎のマークが表記されているが、これもどういった効果を示しているのかは明らかにされていない。

    (画像はBee Simulator | Mediaより)

     『Bee Simulator』では、巣を守るためクエストをこなしていくシングルプレイモードのほかにも、本作には公園を自由に飛び回ることができる探検モード、ほかのプレイヤーと協力したり競争できる画面分割モードも搭載している。

     画面分割モードではシングルプレイとは異なるマップも収録されているそうだ。

    (画像はBee Simulator | Mediaより)

     Varsav Game Studiosは同じくポーランドのCI GamesやFarm51、Flying Wild Hogなどで経験を積んだ若手のゲーム開発者18名で構成されている。
     本作の音楽を担当するのは『The Witcher 3』や『The Vanishing of Ethan Carter』の音楽を手掛けたMikolai Stroinski氏が担当している。なお、本作以外にスマートフォン向けに『AR KICKER』というゲームも開発中。

     なおVarsav Game Studiosのクリエイティブディレクター、Lukasz Rosinski氏が自身の娘に読み聞かせていたハチについての本から着想を得たと語る『Bee Simulator』は、暴力的な要素を排除した家族で楽しめる教育的な内容になっている。
     小さな子供であっても直感的に空を飛び回ることができ、本作を通じてハチの習慣や生活について学ぶことができるのだという。

     『Goat Simulator』のヒットを受けてシミュレーターと名の付くゲームといえばおバカな内容のものが多いイメージがあるが、『Bee Simulator』はオーソドックスなシミュレータージャンルのゲームとして、教育的で家族で楽しめるゲームになりそうだ。

    『Bee Simulator』公式サイトはこちら
    ライター
    一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【働き蜂となって公園を自由に駆け巡るシミュレーター『Bee Simulator』正式発表。人間たちの魔の手からハチの巣を救え】の続きを読む

     火星が31日、地球に最も接近する。火星と地球は約2年2カ月に1度近づくが、楕円(だえん)形に公転するため、距離は毎回異なる。国立天文台によると、今回は両星の中心間が5759万キロメートルと、2003年8月27日以来の「大接近」となる。

     31日は天気が良ければ、午後7時前に南東の方角から上り、真夜中に南の空に輝く火星が見える。赤色に明るく輝いて見え、望遠鏡を使って表面の模様を観察しやすい状態が続く。31日は各地で観望会が予定されている。

     木星よりも明るく見えるのは9月上旬まで。11月でも土星より明るく見えるという。 



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 chuplus.jp)





    【火星が31日に「大接近」=地球まで5759万キロ】の続きを読む

    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ・ホリエモンロケット2号機が打ち上げられる
    ・打ち上げ直後に落下し炎上
    ・けが人はなし

    ホリエモンロケット2号機

    ホリエモンロケット2号機が6月30日の5時30分に北海道大樹町にて打ち上げられた。

    元ライブドアの社長、堀江貴文氏が出資するベンチャーロケットで小型ロケットの『MOMO2号機』、通称「ホリエモンロケット」と呼ばれていたロケットが発射直後に落下し炎上爆破。

    けが人などは居ないという。

    インターステラテクノロジズ(IST)が開発した小型ロケットは低コスト化が図られており、1号機は昨年7月に打ち上げられ発射から1分後に通信が途絶えエンジンが停止し海に落下した。

    動画はこちらからご覧ください

    ホリエモンロケット2号機

    ホリエモンロケット2号機

    ホリエモンロケット2号機



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【動画】ホリエモンロケット2号機が打ち上げ直後に落下し炎上爆発】の続きを読む

    このページのトップヘ