Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 政治


    1 茗荷 ★ :2019/02/15(金) 20:02:15.04

    *夜の政治スレ

    韓国国会議長の発言について

    志位委員長が会見で

    日本共産党の志位和夫委員長は12日、国会内で行った記者会見で、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が行った日本軍「慰安婦」問題に関わる発言について記者団から問われ、見解をのべました。やりとりを紹介します。

     ――(米通信社)ブルームバーグのインタビューで、韓国の文国会議長が従軍慰安婦問題で天皇の謝罪を求めました。(文議長はインタビューで)「一言でいいのだ。日本を代表する首相かあるいは、私としては間もなく退位される天皇が望ましいと思う。その方は戦争犯罪の主犯の息子ではないか。そのような方が一度おばあさんの手を握り、本当に申し訳なかったと言えば、すっかり解消されるだろう」と語りました。この発言について、志位委員長はどう受け止めますか。

     志位 私たちは、日本政府として、真剣な謝罪が必要だと繰り返し言ってきました。とくに(安倍)首相が自らの肉声できちんと謝罪しなければいけないということは、強く言いたいと思います。

     ただ、天皇は、日本国憲法で「政治的権能を有しない」となっているわけですから、そういうことはできないということは当然だと思います。

     ――昭和天皇が亡くなったときの(日本共産党)中央委員会声明では、「天皇裕仁は侵略戦争の最大かつ最高の責任者であった」と指摘されてきましたが、このところは綱領も変わったところもありますが、変えられるのでしょうか。

     志位 前天皇は、私たちは、侵略戦争の最高責任者だと考えています。そういう歴史的な批判を、私たちは前天皇の死去のさいにも率直に表明しました。しかし、現天皇は戦争責任ということは問題にならないと思っています。在位期間中にそういう問題についてかかわったことはありませんから。

    2019年2月14日(木)
    https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-02-14/2019021402_01_1.html


    【【赤旗】志位氏(衆・共・比南関東)「前天皇は、私たちは、侵略戦争の最高責任者だと考えています。」】の続きを読む


    2019年2月13日、華字紙・日本新華僑報は、政府が閣議決定した幼児教育・保育無償化法案について、「在日中国人も恩恵を受ける」と報じた。
    記事は、無償化に向けた「子ども・子育て支援法改正案」が12日閣議決定されたと説明。「今年10月から、全ての3~5歳児および住民税非課税世帯の0~2歳児が無償で認可保育所などを利用できる。仮に認可外の施設を選んだ場合でも一定の補助が受けられる」とし、在日中国人の子女も対象に含まれると伝えた。
    記事は、「無償化のための支出増は年7764億円に上る見通し」と指摘し、10月の消費税率引き上げによる増収分の一部が無償化の財源になるとも報じた。(翻訳・編集/野谷)

    13日、華字紙・日本新華僑報は、政府が閣議決定した幼児教育・保育無償化法案について、「在日中国人も恩恵を受ける」と報じた。写真は東京。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【日本政府が幼児教育・保育無償化法案を閣議決定、在日中国人も恩恵に―華字紙】の続きを読む

    NO.7260709 2019/02/13 08:21
    池江公表 桜田五輪相「ガッカリ」「下火ならないか心配」に批判殺到
    池江公表 桜田五輪相「ガッカリ」「下火ならないか心配」に批判殺到
    ◇競泳・池江璃花子 白血病公表、療養専念へ

    桜田義孝五輪担当相は記者団に、池江について「金メダル候補で、日本が本当に期待している選手なので、ガッカリしている」などと述べた。

    治療に専念して、元気な姿を見せてもらいたいとねぎらいの気持ちを示したものの、続けて「1人リードする選手がいると、みんなつられて全体が盛り上がるので、その盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」と発言した。

    これに対しSNS上には批判のコメントが殺到した。

    「池江選手の身を心配する方が先」「病気で苦しんでる人にがっかりとかよく言える」「人格を疑う」「もう辞任してほしい」などと続々書き込まれた。

    桜田氏はサイバーセキュリティ担当大臣も兼務しているが「パソコンを使ったことがない」などと発言し度々物議をかもしている。



    【日時】2019年02月13日 05:30
    【ソース】スポーツニッポン


    【池江公表 桜田五輪相「ガッカリ」「下火ならないか心配」に批判殺到】の続きを読む

     5日の衆院予算委員会は厚生労働省による毎月勤労統計の不正調査問題が焦点となり、根本匠厚労相は2018年の実質賃金の伸び率がマイナスだったとの野党の指摘を事実上認めた。不正調査を「アベノミクス偽装」と攻撃してきた野党は勢いづき、安倍晋三首相らは釈明に追われた。

     立憲民主党の西村智奈美氏は、独自試算を元に18年1~11月の実質賃金の平均がマイナスだったと追及。根本氏は「名目(賃金)を機械的に消費者物価で割り出すことで出された前提の限りでは、西村氏が言った通りだ」と語った。

     野党の試算は、17、18両年のいずれでも調査した「共通事業所」に限って比較した参考値。総務省の統計委員会は、賃金変化率を求める場合は、共通事業所を重視すべきだとの見解を示している。

     野党は、厚労相発言によって「偽装」との主張が追い風を受けたとみて攻勢に出た。西村氏は、首相らがリーマン・ショック級の出来事がない限り消費税率を10%に引き上げると繰り返していることを念頭に「これで税率を上げられるのか」と揺さぶった。国民民主党の山井和則氏は「誤った情報を国民、世界にまき散らした」と断じた。

     根本氏は参考値について「サンプル数も少ないし、振れ幅が大きい」として専門家の検証が必要だと説明。首相は「総雇用者所得では名目でも実質でもプラスになっている」と強調、景気判断には影響しないと訴えた。

     野党側は、麻生太郎副総理兼財務相が15年10月の経済財政諮問会議で、勤労統計の調査手法の変更を求めたことにも矛先を向けた。国民民主の玉木雄一郎代表は「いじれる統計は全部いじろうと(した)。アベノミクス偽装の種がそこで植えられた」と糾弾した。

     麻生氏は「謀略を用いたかのごとく話しているが、全く意図はない」と反論。首相も「恣意(しい)的にやろうとしても、莫大(ばくだい)な数の人が統計に関わるのだからできるわけない」と語ったが、統計不正問題に沈静化の兆しは見えない。基幹統計の信頼が損なわれた異例の事態に、与党内からも「国際的にみてもかなりまずい」(公明党若手)との声が漏れた。 

    〔写真説明〕衆院予算委員会で答弁する根本匠厚生労働相=5日午後、国会内

    〔写真説明〕衆院予算委員会で質問する国民民主党の山井和則氏=5日午前、国会内


    衆院予算委員会で答弁する根本匠厚生労働相=5日午後、国会内


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【政権、釈明に追われる=「マイナス賃金」、野党攻勢-衆院予算委】の続きを読む

     自民党の二階俊博幹事長は5日、二階派に「特別会員」として入会した細野豪志衆院議員(無所属)が自民党入りを希望していることについて「喜んで歓迎する」と期待感を示した。しかし、細野氏は旧民主党政権で要職を務め、自民党を批判してきた。党幹部からは入党をけん制する発言が相次ぎ、党内に摩擦が生まれている。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    自民党二階派の派閥総会後、記者団の取材に応じる細野豪志元環境相=東京都内で31日午後1時10分、竹内望撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【二階氏が細野氏の自民入党意向を歓迎 党内に摩擦も】の続きを読む

    このページのトップヘ