Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 災害


    1 記憶たどり。 ★ :2018/01/17(水) 06:07:01.84

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180117/k10011291461000.html

    6434人が亡くなった阪神・淡路大震災から、17日で23年です。
    当時、被災した人たちの高齢化が進む中で、これまで続けてきた支援を
    どう転換していくのか、また、震災の教訓を次の世代に伝え、新たな災害への
    備えにどう結びつけていくのかが課題となっています。

    23年前の17日、平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災では、
    建物の倒壊や火災などが相次ぎ、その後の災害関連死も含めて合わせて
    6434人が亡くなりました。

    神戸市中央区の公園「東遊園地」には、犠牲者を追悼する竹の灯ろうが並べられ、
    地震が起きた日付を表す「1.17」などに加えて、全国からの公募で選ばれた
    「伝」という文字が形づくられています。このあと、遺族や当時被災した人たちなどに
    よって明かりがともされ、地震が起きた午前5時46分に合わせて黙とうが行われます。

    震災から23年がたち、住まいを失った人のために整備された復興住宅では、
    入居者およそ3万2000人のうち、65歳以上の高齢者が去年11月の時点で
    51.8%を占め、高齢化が進んでいます。

    一方で、高齢者の健康状態などを専門のスタッフが確認する見守り活動は、
    財源としていた兵庫県などの復興基金がまもなく底をつく見通しとなり、
    各自治体による支援がどのような形で継続できるのか、転換期を迎えています。

    また、震災を知らない世代が増えていく中で、建物の耐震化や防火対策といった
    震災の教訓を伝え、南海トラフの巨大地震をはじめとする新たな災害への備えに
    どのように結びつけていくのかも重要な課題となっています。

    兵庫県内の多くの学校では、17日、避難訓練や防災の講演会が行われるほか、
    昼には県などが主催する追悼行事も神戸市で行われ、震災を次の世代に
    「伝える」ための取り組みが続きます。


    【【1.17】阪神・淡路大震災からきょうで23年 】の続きを読む


    1 孤高の旅人 ★ :2018/01/12(金) 08:18:29.64

    11日午後6時55分ごろ、新潟県三条市のJR信越線の踏切近くで新潟発長岡行きの普通電車(4両編成)が約600人の乗客を乗せたまま、大雪のため動けなくなった。JR東日本新潟支社によると、除雪作業を進めているものの同10時半現在、運転再開のめどは立っていない。

     電車が立ち往生しているのは同市の東光寺駅と帯織駅の間。車両の下に雪を抱え込んだ状態になったらしい。車内は暖房が機能しているほか、トイレも備えており、これまで体調を崩した乗客はいないという。

     現場周辺で乗客を電車から外に誘導するのは安全上の懸念があるといい、同支社は「車内で待っていただき、除雪が済み次第、運転を再開する」としている。

     新潟地方気象台によると、現場から近い長岡市の積雪は午後9時時点で43センチとなっている。

    配信2018.1.11 22:44更新
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/affairs/news/180111/afr1801110056-n1.html

    ★1が立った時間 2018/01/11(木) 23:59:34.83
    前スレ
    【新潟】積雪で信越線電車立ち往生 新潟・三条市で乗客600人閉じ込め 運転再開めど立たず 車内灯や暖房は機能 ★4
    https://asahi./test/read.cgi/newsplus/1515702062/

    by びんたん次スレ一発作成


    【【新潟】積雪で信越線電車立ち往生 新潟・三条市で乗客600人閉じ込め 運転再開めど立たず 車内灯や暖房は機能】の続きを読む

    気象庁は、火口から2キロ範囲に噴石を飛ばすような噴火の恐れがあるとして、警戒を呼びかけていいます。

    1 マカダミア ★ :2017/10/11(水) 10:07:56.56 ID:CAP_USER9.net

     11日午前5時34分、宮崎・鹿児島両県境にある霧島連山・新燃岳が噴火した。気象庁によると、噴煙は火口から300メートルまで上昇したが、噴石の飛散はなかった。新燃岳の噴火は2011年9月7日以来、約6年ぶり。(2017/10/11-09:46)

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101100346&g=soc


    【新燃岳、6年ぶり噴火】の続きを読む

    大きなニュースです。一人当たり、月・5万円の賠償では済まないと思いますが。

    1 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:292723191-PLT(19081).net


    東京電力福島第1原発事故の被災者約3800人が国と東電に損害賠償を求めた訴訟の
    判決が10日、福島地裁であった。
    金沢秀樹裁判長は「平成14年末時点で国が津波対策に関する規制権限を行使しなかった
    ことは、許容される限度を逸脱し、著しく合理性を欠いていた」として、国と東電に
    計約5億円の賠償を命じた。「放射線量を事故前の水準に戻す」という原状回復請求は退けた。

    全国約30の同種集団訴訟で最大規模の原告数で、判決は3例目。前橋、千葉地裁では
    国の責任についての判断が分かれていた。原告側は居住地域ごとに代表者を立てて
    損害を訴える「代表立証」により、1人当たり月5万円の慰謝料を支払うよう求めていたほか、
    一部原告は「ふるさと喪失慰謝料」も求めていた。

    (1)東電と国は巨大津波を予見し事故を回避できたか
    (2)国は東電に安全対策を取らせる権限があったか
    (3)国の指針に基づく東電の賠償は妥当か-が主な争点だった。

    政府の地震調査研究推進本部は、平成14年7月に「マグニチュード8クラスの津波地震が
    30年以内に20%程度の確率で発生する」とする長期評価を公表。
    金沢裁判長は「国が長期評価に基づいて直ちにシミュレーションを実施していれば、
    敷地を超える津波の到来を予見できた」と指摘。14年末時点で、津波への安全対策を
    東電に命じていれば「事故は回避できた」と判断した。
    http://www.sankei.com/life/news/171010/lif1710100013-n1.html

    (出典 www.sankei.com)


    【福島原発事故集団訴訟、国と東電に約5億円の賠償を命じる判決】の続きを読む

    先ほど、Twitterユーザーが投稿されました。

    NO.5820608 2017/09/30 18:32
    新潟県上越市に巨大な竜巻 海上を移動し海水を巻き上げる
    新潟県上越市に巨大な竜巻 海上を移動し海水を巻き上げる
    新潟県上越市で9月30日、海水を巻き上げて移動する竜巻が発生したとの情報が入りました。

    発表によりますと9月30日午後5時30分ころ、上越市で海水を巻き上げて移動する巨大な竜巻が発生したということです。

    以下は、Twitterユーザーが上越市の巨大竜巻を動画撮影し、投稿したものです。

    竜巻は海水を巻き上げていることなどから、遠くからでも目視ではっきり確認できたということです。

    また、竜巻は海から陸に向かって移動し、陸に上ると消えた模様。

    現時点では、この竜巻での被害などは確認されていません。

    Twitter上では「巨大竜巻発生ヤバッ」「こんなにはっきり見える竜巻初めて見た」「人は軽く飛んでいきそうだな」「すごい不吉な竜巻だった」などと、この竜巻に関するツイートが多数見られました。
    【日時】2017年09月30日
    【提供】ニュース速報Japan


    【新潟県上越市に巨大な竜巻 海上を移動し海水を巻き上げる】の続きを読む

    このページのトップヘ