Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 災害


    1 ばーど ★ :2019/06/18(火) 22:50:41.62

    新潟県で震度6強 山形県で震度6弱

    18日午後10時22分ごろ地震がありました。
    震源地は山形県沖で震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.8と推定されます。

    各市町村の震度は以下のとおりです。
    ▼震度6強が、新潟県村上市。

    ▼震度6弱が、山形県鶴岡市。

    ▼震度5弱が、秋田県由利本荘市、山形県酒田市、山形県大蔵村、山形県三川町、新潟県長岡市、新潟県柏崎市、新潟県阿賀町。

    ▼震度4が、岩手県矢巾町、仙台市青葉区、宮城県石巻市、宮城県名取市、宮城県岩沼市、宮城県登米市、宮城県栗原市、宮城県大崎市、宮城県蔵王町、宮城県大河原町、宮城県村田町、
    宮城県川崎町、宮城県丸森町、宮城県松島町、宮城県利府町、宮城県色麻町、宮城県加美町、宮城県涌谷町、宮城県美里町、秋田市、秋田県横手市、秋田県男鹿市、秋田県湯沢市、秋田県潟上市、

    秋田県大仙市、秋田県北秋田市、秋田県にかほ市、秋田県仙北市、秋田県三種町、秋田県井川町、秋田県羽後町、秋田県東成瀬村、山形県米沢市、山形県酒田市の飛島、山形県新庄市、山形県上山市、
    山形県村山市、山形県長井市、山形県尾花沢市、山形県南陽市、山形県山辺町、山形県中山町、山形県河北町、山形県西川町、山形県大江町、山形県最上町、山形県舟形町、山形県真室川町、山形県鮭川村、

    山形県戸沢村、山形県川西町、山形県小国町、山形県飯豊町、山形県庄内町、山形県遊佐町、福島市、福島県いわき市、福島県喜多方市、福島県南相馬市、福島県桑折町、福島県国見町、福島県西会津町、
    福島県猪苗代町、福島県会津坂下町、福島県湯川村、福島県柳津町、福島県会津美里町、福島県広野町、福島県双葉町、新潟市北区、新潟市東区、新潟市中央区、新潟市江南区、新潟市秋葉区、

    新潟市南区、新潟市西区、新潟市西蒲区、新潟県三条市、新潟県新発田市、新潟県加茂市、新潟県十日町市、新潟県見附市、新潟県燕市、新潟県五泉市、新潟県阿賀野市、新潟県佐渡市、
    新潟県魚沼市、新潟県胎内市、新潟県聖籠町、新潟県弥彦村、新潟県出雲崎町、新潟県刈羽村、新潟県関川村、新潟県粟島。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190618/k10011957721000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    ★1が立った時間 2019/06/18(火) 22:25:14.10
    前スレ
    【地震】新潟 震度6強 ★2
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560864794/


    【【地震】新潟 震度6強】の続きを読む

     2月21日21時24分ごろ、北海道で地震がありました。胆振地方中東部で震度6弱、石狩地方中部、石狩地方南部、日高地方西部で震度5弱を観測しています。

    【画像】気象庁の発表詳細

     

    気象庁によると、震源地は胆振地方中東部(北緯42.8度、東経142.0度)。震源の深さは約30キロ、マグニチュードは5.7と推定されます。この地震による津波の心配はありません。また、この地震について緊急地震速報を発表しています。

     震度5弱以上が観測された市町村は、厚真町が震度6弱。安平町、むかわ町が震度5強。札幌北区、札幌手稲区、千歳市、長沼町、平取町が震度5弱となっています。

    【2019年2月21日21時45分更新:気象庁が震度5弱以上の市町村を発表したため、記事を更新しました】


    気象庁より


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【北海道で強い地震 胆振地方中東部で震度6弱】の続きを読む

     もう一度、会いたい-。神戸市中央区の東遊園地で17日開かれた阪神大震災の追悼の集いでは、多くの人が犠牲者に手を合わせた。「あの日」から24年。早朝の暗闇に揺らぐ灯籠の火を前に、遺族らは静かに目を閉じ、亡き人に思いをはせた。

     岡山県赤磐市の野上宏子さん(92)は、震災で亡くした母森岡のぶさん=当時(96)=を思い、「ごめんよ」と語り掛けた。昔かたぎで、何をしてもかなわない自慢の母。今でも「もっと話したかった」と悔やむ。

     仕事が忙しく、生前もなかなか会えなかった。最後の思い出は、震災前年の8月、孫を連れて神戸市長田区の実家に帰省した時。水族館へ行きたがる孫に「もうちょっとおばあちゃんと話をさせてよ」とせがむのぶさんが、かわいらしかった。野上さんは「会えなくていつも後悔しているけれど、今は向こうで喜んでいてくれたら」と話した。

     札幌市のパート女性(56)は、神戸市中央区に住む友人の女性=当時(30)=を亡くした。好きな歌手のコンサートで偶然知り合い、意気投合。毎月のように飲みに行く仲で、「一緒にいて、ともかく楽しかった」と振り返る。

     自身は兵庫県尼崎市で被災し、昨年は札幌の自宅で北海道地震にも見舞われた。当時の経験がよぎり、「忘れないようにしないと」と訪れた集い。女性は、亡き友に「もう一度会いたい。ずっと友達だよ」と語り掛けた。

     NPO法人「チームふくしま」で東日本大震災の復興支援に携わる福島市の半田真仁さん(41)は、初めて集いに参加。「こうして思い出すことが大事だと思った。神戸での取り組みを東北で生かしていきたい」と力を込めた。 

    〔写真説明〕阪神大震災の発生時刻の午前5時46分に、竹灯籠を囲み黙とうする人たち=17日午前、神戸市中央区の東遊園地

    〔写真説明〕阪神大震災の犠牲者を悼み、竹灯籠に火をともす人たち=17日午前、神戸市中央区の東遊園地


    阪神大震災の発生時刻の午前5時46分に、竹灯籠を囲み黙とうする人たち=17日午前、神戸市中央区の東遊園地


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【「もう一度会いたい」=遺族ら祈り深く-阪神大震災24年・神戸】の続きを読む


    1 みつを ★ :2019/01/17(木) 21:01:28.37 ID:3LiO1ZDi9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190117/k10011781511000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_019

    口永良部島で噴火 火口2キロ近くまで火砕流 引き続き警戒を
    2019年1月17日 18時57分

    17日午前、鹿児島県の口永良部島で爆発的な噴火が起き、火口から2キロ近くまで大きな噴石や火砕流が達しました。噴石や火砕流の影響は人が住む地域に及んでおらず、気象庁は入山規制を示す噴火警戒レベル「3」を継続して、引き続き警戒を呼びかけています。

    気象庁によりますと、17日午前9時20分ごろ、鹿児島県の口永良部島の新岳で、空振=空気の振動を伴う爆発的な噴火が発生し、気象庁は噴火速報を発表しました。

    気象庁が詳しく調査した結果、この噴火で、噴煙が火口から6000メートルの高さまで上がったのが、気象衛星による観測で確認されました。

    さらに、大きな噴石が火口の南西側では、最大でおよそ1.8キロ飛んだほか、火砕流が火口の北西側と南西側、それに東側に流れ下り、このうち北西側への火砕流は火口からおよそ1.9キロまで達しました。

    人が住む地域は火口から2キロ余りあり、噴石や火砕流の影響は及んでいないということです。また、噴火に伴う火山灰が島の東に位置する屋久島と種子島でも降ったのが観測されました。

    噴火は午後にかけて続きましたが、午後3時半ごろに止まったということです。

    気象庁が17日に行った観測では、火山ガスに含まれる「二酸化硫黄」の放出量が、16日の10倍以上に増えたほか、火口付近のごく浅い場所を震源とする火山性地震も多い状態が続いているということです。

    気象庁は今後も同じような規模の噴火が発生するおそれがあるとして、入山規制を示す噴火警戒レベル「3」を継続し、新岳火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石や火砕流に、向江浜地区から新岳の南西にかけての火口から海岸までの範囲では火砕流に警戒するよう呼びかけています。

    住民が一時避難

    この噴火で、気象庁は噴火速報を発表し、口永良部島のある屋久島町は島の住民に自主的に避難するよう呼びかけ、前田地区と本村地区を含む86人が、避難場所に指定されている番屋ヶ峰に一時、避難しました。けが人はいないということです。

    口永良部島では4年前の5月に爆発的な噴火が発生して、一時、130人余りの住民全員が島の外に避難しました。

    去年8月にも火山性地震が増加するなど火山活動が高まり、噴火警戒レベルが一時、「避難準備」を示す4に引き上げられました。

    その後、レベルは3に引き下げられましたが、去年10月以降、断続的に噴火が発生し、先月18日には爆発的な噴火も発生していました。


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【【口永良部島で噴火】火口2キロ近くまで火砕流 引き続き警戒を】の続きを読む

    このページのトップヘ