Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 恋愛

    ちょっと気になる・・・と思っていた男子から送られてきたLINEで幻滅したことはありませんか?短文で綴るLINEはその人の本性が透けて見えやすいというのも事実。そこで「いい感じ♡」と思っていた男子が「キモイ!」に変わった瞬間のLINEを紹介します!
     
    【詳細】他の写真はこちら
     
    ■急に距離感近すぎでしょ!という内容


     「『最近仕事シンドクね?気晴らしに今度一緒に旅行でも行こうよ!』といきなりのLINE。『え?誰と?』と返信したぐらいに違和感ハンパない。付き合ってもなければ2人っきりでデートすらしたことないのに順番おかしくない?とドン引き」(20代女性/事務)

     「会社での大人数の飲み会。後に会計、とのことで会計係の少しだけ気になっていた男子に『いくら?』って送ったら『俺が全額払ったから、〇〇は払わなくていいよww』とドヤ顔の返信。いや、金額も2,000円ぐらいだしそんな少額で払った恩を押し付けられても・・・』(20代女性/会社員)


    どの立ち位置なんだよ!と突っ込みたくなる気持ち悪さ
    一番ウザイのが「急に距離感が近すぎる」LINE。そんなに仲良くもないのに、旅行に誘うなどといった「馴れ馴れしい言葉」は、その爆走っぷりに恐怖すら覚えてしまうでしょう。

    また、頼んでもないのに「勝手にお金を払って恩の押し付け」をされると、「どの立ち位置にいるの?」「何様なの?」と距離を置きたくなってしまいます。


    ■SNSと同じ感覚で送ってくる


    「『今、ご飯中!』『帰ってきた』『夕飯作ったよ』等々、いちいち自分の行動を写真付きで送ってくる。いや、自分のSNSでやってくれ・・・」(30代女性/美容)

     「画像付きで送ってくるLINEが〝いつも10人以上で写ったイエーイ感満載の集合写真〟。1回や2回ならいいけど毎週『友達が多くて、楽しんでます!』アピールはただただウザイ」(20代女性/自営)


    返信に困る日々の報告やリア充アピールは面倒の極み
    自分のリアルが充実していることをアピールする裏には「この人リア充なんだ!素敵♡」と思われたいという思考のみ。その浅はかさがむしろ嫌悪される原因になっていることすら気づいていません。

    また日々の行動を逐一報告するのも「かまってくれ感」がすごすぎて、「こんな子どもっぽい人だったのか」と幻滅。その上「なんて返信すればいいかわからない」と、とにかく面倒くさいの極み。


    ■返信が遅いと催促のLINEが送られてくる


    「大した内容でもなかったから返信は明日でいいかな、と思って既読スルー。すると3時間後に『忙しいの?』と入ってきてそのまた2時間後ぐらいに『おーい』って入ってきた。1回目の催促で返信する気がなくなり、2回目でブロック」(30代女性/看護師)

     付き合ってもないのにLINEの返信を催促されるのは嫌な気分にしかなりません。「俺を放っておくのか!?」という相手の都合も考えないわがままな欲求は、自分本位、自分勝手、自己中・・・と自分中心にしか考えられないという性格の悪さを露呈。

     付き合ってもいないのにこうであれば、付き合った後はさらに束縛が激しそう、と簡単に予測できちゃいます。


    面倒くさいLINEより、知性が見えるLINEがほしい
    男子としてはよかれと思ってやっていること。しかし女子にとってはただ相手の「面倒くささ」を感じてしまい残念なLINEに。女子は相手の気持ちを察することができる、知性も兼ね備えた男子が好きなのです。付き合う前に本性を知ってよかった、と次の男子に目を向けましょう!


    Profile
    恋愛カウンセラー・ライター/ゆりな
    恋愛相談を中心とした心理カウンセラーとして活動。現在は結婚してママに。
     恋愛がもっと楽しくなるコツが詰まった恋愛コラムを発信していきます。
    (andGIRL)
     

    男の勘違いLINEまとめ。距離感間違えた失敗多数、好意がウザいに変わる瞬間特集


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【男の勘違いLINEまとめ。距離感間違えた失敗多数、好意がウザいに変わる瞬間特集】の続きを読む

     昨今、めっきり聞かなくなった男尊女卑という言葉。少しでもきわどい発言をしようものなら「モラハラ」「セクハラ」と言われるこの時代、肩身を狭くしている男性陣も少なくないだろう。この傾向は婚活市場にも浸透しており、昔は男らしいと言われ、モテていた時代もあった「亭主関白男」や「オラオラ系男子」は今や絶滅寸前。そんな今はなき時代に取り残された独身男がいる。高橋雄一さん(仮名・42歳)だ。
      
      ◆時代に迎合できないオラオラ系男性
      
     「中学校の時はヤンキー、暴走族全盛期でした。出身は東京ですが周りに暴走族も多く、よく渋谷や池袋まで走りに行ってました。高校に入ると流行りはギャル男へと変わるんですが、当時のギャル男ってヤンキー上がりのイカツイ奴が多かったんです。髪はロン毛だけどみんな日焼けして真っ黒、さらにマッチョで私服もタンクトップとかなので、今思うとプロレスラーみたいでした(笑)。

      高校卒業後は大学には行かずイベサー(イベントサークル)に所属してたんですが、ギャル男なのはそのままでした。飲み会で乱交は当たり前、多少オラついても女が付いてくるというか、そういう男の方がモテたんです」

      そんなオラオラひと筋の高橋さんだが、結婚をするどころかここ数年彼女がいないという。

     「10年ほど前にできた草食系ブームからイカツイ男はさっぱりモテなくなりましたね。周りの友人もブームに乗っかるように可愛い服装になってきていて見てられないですよ。しかも今は、化粧しているようなガリガリでマッシュルームカットみたいな男がモテるんでしょ? たまにキャバクラに行くとそうい男が好きというキャバ嬢が多くてビビリますね。

     『そういう服装すればいいのに』と言われるけれど、僕がそんな服装と髪型になったら昔からの知り合いに爆笑されますよ。しかも最近のキャバクラはちょっと触っただけでボーイが飛んでくるし。僕もいい歳なのでアレコレ言わないけれど、最近、キャバ嬢に下ネタを言うのがセクハラになるというニュースを見てビックリしましたね」

      ここまで話を聞いているだけでも、一昔前の価値観に縛られ、なんだか時代錯誤の匂いがプンプン漂ってくる。そんな高橋さんは最近、昔のノリでナンパをしてトラブルになりかけたという。

    ◆女性への接し方がわからない

    「友人が主催するクラブイベントに行ったんですよ。VIP席で飲んでいて後輩がナンパしてきた女のコに飲ませてちょっと口説いていたら、その女のコの連れが『あの人しつこい』って店員に言ったらしく、店員が注意してきたんです。さすがに頭に来て少し文句言ったら、若い店員だったのでビビっちゃったらしく……、さらに後輩が突っかかったものですからそこから揉め出したんです。

      そこで支配人が出てくるならまだ分かるけれど、店員が『警察呼びますよ!』と言ったもんだから慌てて店を出ましたよ。手も出してないのに、なんで警察よばれなくちゃいけないんだと。主催の友人には『お前の見た目がイカツイからじゃない?』と笑われるし。別に見た目は普通だと思うんですけど、今の若いコはちょっと見た目がイカツイ奴に耐性なさすぎですよ」

      高橋さんは身長182㎝。さらに強面ということもあり、怖がる女のコも多いという。本人は軽く口説いていたつもりでも、その風貌から強引と受け取られたのかもしれない。しかしいくら本人にそのつもりがなくても、あわや警察沙汰に発展しかけてしまうのはやはり問題だ。

     「こんな調子なのでちょっとイイなと思う女のコと会ってもどう接していいのか分からないんですよね。1人で行動することがなく常に周りに後輩やツレがいるので、急に女のコに媚びたり可愛く接するのは無理がありますよ。親からは『いつ結婚するんだ?』と呆れられていますが、もう無理なんじゃないかと思っています」

      時代が変われば人の価値観だって変わる。当然、モテる男のタイプも変化する。高橋さんのように昔のノリを引きずり、女性にモテないと悩む男は多いのかもしれない。高橋さんが結婚するためには、自分を曲げ、時代に合わせた変化が必要なのかもしれない。<取材・文/結城>

      
      ――シリーズ―「結婚できない男のため息」vol.3――
      
      【結城(ゆうき)】
     恋愛ライター。鋭い視点で世の男女を観察し、夫婦問題からイタい火遊びまで、幅広いエピソードを華麗に紡いでいく。Twitter:@yuki55writer

    画像はイメージです(以下同)


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【女性への接し方がわからない…オラオラ系独身男(42歳)のユーウツ】の続きを読む

    どうもあかりです。
    キスって、ぶちゅって唇ぶつけてドキってしてそれで終わりハイ終わり~!といういかにも直感的なものでももちろんいいと思うんですが、私は「え~、どうやったらもっとキスでドキドキさせられるかな~」「唇を離した後、どんなふうにしたら『かわいい』って思われるかな~」とねちねち細かく考えてしまう性格。
    なので、いろいろ試して、いちいち彼氏に「ねえ、今みたいにするのと、それともこういうふうにするのと、どっちがいいと思う?」とかガチでアンケートをとってしまう人種です。職業病かもしれませんが、もともとそんなことをしていたような気がします。

    ということで今回は、その成果として、私が今まで積み重ねてきた理論を発表する論文「接吻が高揚感をもたらす仕組みの考察」を書き上げてみたいと思います。
    「恋愛大学 物理恋愛学部 接吻研究センター 遣水あかりさん、よろしくお願いいたします」「ハぁイっ!」(宝塚の受験生みたいな甲高い声で)

    1.唇は本当に「ぶちゅっ」ていうのが気持ちいい

    まず、キスの根幹である「唇と唇の接触」の瞬間をどうやってドキドキメークするかという問題ですが、私なりのアンサー・フォー・ユーがあります。
    キスって、本当に「ぶちゅっ」ていうあの表現のとおりに唇をくっつけるのが男子は一番気持ちいらしい。「ちゅ」じゃなくて「ぶちゅ~」。表面じゃなくて、唇の厚み全体で彼の唇を覆いつくすイメージで。
    理由は2つ。まずそのほうが、触れ合う彼女の唇の表面積が大きくて、「あ、彼女の唇を感じてる……」という実感が大きいから。そして、「ぶちゅっ」キスのほうが、「ものすごく唇が柔らかく感じるから」です。とくに2つ目ですね。「ぶちゅっ」キスは、とにかく「あ、唇めっちゃ柔らけぇ……気持ちいい……」という感覚がすごいんだそうです。
    だからキスするときには、まず彼が「チュ」ってライトにくっつけてくるでしょ? まずはそれを受け止める。キャッチする。で、それで終わりじゃなくて、そこからさらに、今度はこちらから「ぶちゅ~」って押し返すイメージでさらにプッシュする。ということです。

    2.するとき閉じて、したあと開いて、そのままフォーカス

    次は、目の使い方です。
    私はここは、「唇が触れるまでは目を閉じる。触れた後は目を開ける。そしてそのまま彼に瞳にフォーカス」の一択だと思っています。
    まず、唇が触れるまでの間に目を閉じるというのはみなさんもすでに実践しているかもしれませんが、「キスするときには目を閉じてほしい」と望む男子は圧倒的に多いのです。彼のキス顔が見たくて目を開けていたら、「ねえ、なんで目開けてんの?」なんて言われてしまったことがある人も少なくないんじゃないでしょうか。彼らに言わせると「目を閉じているほうが、俺とのキスに夢中になっているような気がするから。目を開けていると、なんか変に冷静保ってる余裕な感じがして、それが嫌だから」ということらしいのですが、まあ納得できるっちゃできますね。
    また、キスの後には目を開けて、そのまま彼の目をじっと見つめてあげてください。男子は、「キスした後に、彼女が、彼とのキスでまるで『感じて』しまったかのようにうっとりした瞳で見つめてくる」のが大好きです。
    「するとき閉じて、したあと開いて、そのままフォーカス」覚えておきましょう。

    3.最中は、どこか触ると気持ちいい

    最後は、キスしているときの工夫、コツ、ちょっとしたアイデアですが、男子は「キスしてる最中に体のどこかを触られる」ことが結構大好きです。
    例えば、キスしながら、「指先をちょこっと触れられる」「肩に手を置かれる」「背中を両手で軽くハグされる」といった要領ですね。
    理由はあまり想像がつかないのですが、まあ思えば男子って、エッチしてるときとかにも、顔を触られたり、手をつなごうとされたりするの好きです。スキンシップの最中に、彼女のほうからも接触を求められることが嬉しいんでしょうね。
    キスの最中、両手がお留守じゃ暇だし、ぶらぶらさせておくのも手持ちぶさたで、なんかぎこちないでしょ? だからせっかくだし、どこでもいいから彼を触りましょうよ。

    おわりに

    これで私の発表を終わります。
    スペシャルサンクス:ハウコレ編集部のみなさん。いつも記事の着想を与えてくれている大切な君。そしてハウコレをいつも楽しみに読んでくださっている読者のみなさん!(遣水あかり/ライター)
    (ハウコレ編集部)

    「むっちゃドキドキするキスの仕方」をちょっと真面目に考えてみた


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【「むっちゃドキドキするキスの仕方」をちょっと真面目に考えてみた】の続きを読む

    こんにちは、美佳です。少し前まで銀座でホステスをしてた筆者、いろんな男子を見てきて思ったのですが、出世する人や起業して成功する人など、将来飛躍する人には特徴というか、共通点があるんですよね。付き合うなら、やりたいことが見つからず職を転々とする男子や、フリーターやヒモになる男子より、将来飛躍する男子の方がいいでしょ?ということで今回は、将来出世する男子の特徴について、いくつか述べたいと思います。

    健康的な生活を送っている

    まずね、将来出世する男子は高確率で健康的な生活を送ってます。偏った食事ばかりで運動なんて一切しない、深酒して翌日をダメにする……という男子が将来出世すると思います?
    まぁ元からポテンシャルがずば抜けて高い人なら、そんな生活でも出世するかもしれませんが、普通の人ならそんな生活送ってたら全力なんて出せないから、出世なんて難しいですよ。もし今、気になる彼が大手企業でバリバリ働いていても、不健康な生活なら、いずれ没落するんじゃないですかね?不健康な生活で長年全力出すって、普通の人間は無理ですから。

    自分の世話は自分でできる

    いい歳こいて、自分の身の回りのことが自分で出来ない男子、例えばお金の管理や役所の手続きなどもわからず母親に丸投げしてる男子などは、申し訳ないですが飛躍なんて出来ないかと…。自分のことすら自分で出来ない人が、仕事ができると思います…?普通に考えて出来ないですよ。
    自立できてないオトナが社会で輝くことはそうないですから。「誰かがやってくれる」じゃなく、「自分でやろう」じゃないとダメなんです。

    努力家であり、一つのことを熱く長く続けられる

    飽き性で一つのことが続かない人も微妙ですね。例えば職を転々としている、転職のたびに職種まで変わっている。ダイエット宣言したのに続いた試しがない。恋愛も毎回短期で終わってしまう……など、何においても長続きしない人が将来飛躍って…どこかで才能か開花するなら別ですが、なかなか難しいものです。


    筆者、いろんな男子を見てきて思ったのですが、出世する人はみんな努力家!で、一つのことを熱く続けられる人ですね。一つのことを極められる人。
    言っときますが、「NO. 1にならなくてもいい もともと特別なOnly one」という曲もありましたが、世の中 輝けるのは「何かを極めたNo. 1」か「代えのきかない存在になれたonly one」ですから。

    年上に可愛がられるタイプ

    自分で起業するのではなく企業に属しての出世となると、もちろん能力もそうですが、人格も大事になってきます。まぁ世の常ですが、上の人に可愛がられるか否かも出世に響いたりしますね。なので、能力があっても上の人からそう可愛がってもらえないタイプだと出世は難しいですよ。
    じゃぁどんな人が上から可愛がられるか ですが、まず自分から挨拶ができるのは絶対でしょう。コミュニケーション能力に長けていて、先輩の話をダタ聞いているわけではなく、「聞いてほしいところ」を上手に聞き出せる力がある人は気に入られます。手を抜くタイプだったり、場の空気を壊すタイプだとまぁ出世は難しいでしょうね。とはいえ、彼の会社での仕事ぶりや上からの好感なんてそうわからないもの。まぁ、プライベートの人間関係でミスらないなら、仕事の人間関係もある程度大丈夫かと。

    ■終わりに

    上述に当てはまってても、女心を知らなさすぎて恋愛において女子の地雷を踏みまくるタイプもいるし、二人の相性問題もありますからね……。「なるべく安定した生活を送りたいから飛躍する男子希望!」というのなら上述の特徴がある男子はオススメです。(美佳/ライター)
    (ハウコレ編集部)

    将来有望!?光る原石を持つ「イイ男」に共通すること


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【将来有望!?光る原石を持つ「イイ男」に共通すること】の続きを読む

    堅実女性の悩みに、弁護士・柳原桑子先生が答える連載です。今回の相談者は角田樹里さん(仮名・32歳・派遣社員)。

    「中学校の同級生だった彼と再会して、3年の交際の後に、結婚話が出るようになりました。彼は一流大学を出た後、一流企業に勤務しており、短大卒の私なんかにはもったいないくらいのハイスペック男子です。今まで婚活をがんばってもいい出会いがなかったのに、彼みたいなステキな男性と結婚できるって、ほんとに夢のようでした。

    しかし結婚の話が決まってから同棲を開始し、3か月経った今、彼はお金の使い方や帰宅時間などを細かく聞き、束縛する行為が目立つようになりました。

    さらに、ちょっと太った私に対して“痩せたらすぐに入籍してあげる”など言ってくるんです。さらには、共通の友達の前で、性的なことでからかったり、私が隠していた幼少期のトラウマについて、そしてホストにハマった経験をバラされるなどをしています。さらに下着姿の写真を撮影したり、私のスマホに入っている私の男友達の連絡先を消したり、スマホを見せないと怒るなど嫌がることばかりします。

    私は派遣社員をしており、体が弱く、満足に働けないため、彼と別れたら実家に帰るしかありません。仕事も好きではなく、人間関係も苦手です。そんな私でもいいと言ってくれて、やっと捕まえた彼です。でも彼の行為はエスカレートしていて、DVみたいなことをされました。これらを強く拒否して別れることになった場合、慰謝料は請求できますでしょうか。そのために残しておく証拠などを教えてください」


    弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

    あなたは、“嫌なことをする男性”に拒否の意思を伝え、そのことで婚約解消をしたくないと悩んでおられるようです。

    よく考えていただきたいのは、“この男性が好きで結婚したい”のか、それとも“結婚というものをしたい”のかということです。後者ならば他の相手もいます。自分にとって嫌なことをする相手の要求を聞いて結婚したところで、あなたは幸せになれるのでしょうか。

    離婚を含む男女間の問題は、暴力や浮気などを除いては、どちらかが悪いと白黒をハッキリつけられるものではありません。この場合のように、性的な嗜好や束縛の基準というのは、“合うか・合わないか”が大きな問題になるからです。

    この彼のような男性の行動を、何とも思わない女性もいれば、初めから恋愛対象にすらしない女性もいますし、嫌悪する女性もいるということです。

    こういった性癖や性格は、お互いよく知らないままに結婚し、入籍してしまった後に問題化して、泥沼の離婚問題になる場合も少なくありません。あなたの場合は、彼の考え方や性格が結婚前にわかったので、よかったかもしれません。

    あなたは「結婚を前提に」交際しているから、別れ話が慰謝料につながると考えているようですが、そうではありません。問題になるのは、「婚約したかどうか」です。双方が主観的に「結婚を前提に」付き合っていたとしても、慎重にみる必要があります。両親に挨拶したとしても、必ずしも婚約したことになるとは限りません。

    お付き合いの挨拶としか思わなかった、と言われればそれまでです。婚約破棄により慰謝料を請求するケースは、婚約していたかどうかが紛争になりがちなので、第三者が見ても婚約していたであろうと思われる客観的事実が必要です。例えば式場の予約をして前金を入れたとか、結納をしたとか、主観にとどまらない事実を複合的に判断したときに“これはお互いに結婚の約束をしたからこそ”と婚約が認められてはじめて、慰謝料が検討されるのです。

    そして、一方的に彼が婚約を破棄したというならば、慰謝料を請求できます。例えば、彼の気が変わったとか、別の女性と交際を始めたなどという場合です。しかし、本件のように、彼の嗜好が受け入れられずあなたが拒否するという場合は、お互いの適合の問題になるかと考えられます。

    質問内容を読むと、あなたは彼と結婚したいのかどうか、よく考えてみることが大切なのではないかと感じます。

    結婚というのは、お互いに助け合って生活し、将来子どもが生まれたらお互いに頼れる存在であることがポイントとなります。あなたの彼のような行動をとる男性は、自己中心的で将来的にあなた自身が苦労する可能性があります。一度結婚をすると離婚は容易ではありませんから、両親とも相談しつつ、自分の幸せな将来のために決断をしてください。

    慰謝料請求のポイントは婚約しているかどうか、破談の理由に責任があるかどうかです。 まずは本当に彼と結婚したいのか考えてみてください。

    彼は自らプランを立てて、結婚式場の下見などに行く。食器や花などを細かく見ており、”理想の式”があるようだという。

    賢人のまとめ

    自分の幸せについて、もう一度よく考えて決断するという選択肢もあります。入籍してから離婚するのは多大な労力が必要だということを、知っておくといいかもしれません。

    プロフィール

    法律の賢人 柳原桑子

    第二東京弁護士会所属 柳原法律事務所代表。弁護士。

    東京都生まれ、明治大学法学部卒業。「思い切って相談してよかった」とトラブルに悩む人の多くから信頼を得ている。離婚問題、相続問題などを手がける。『スッキリ解決 後悔しない 離婚手続がよくわかる本』(池田書店)など著書多数。

    柳原法律事務所http://www.yanagihara-law.com/

    関連画像


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【法律相談】「3キロ痩せたら入籍してやる」モラハラ彼氏の暴言と束縛、耐えられず別れたら慰謝料が欲しい!】の続きを読む

    このページのトップヘ