Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 恋愛

    6月に結婚をすると幸せになれるといれる「ジューン・ブランド」。ちなみに6月3日は「プロポーズの日」でもあるそうです。そこで今回ご紹介するのは「株式会社ミュゼプラチナム」が25歳から30歳の独身女性を対象に行なった結婚に関する意識調査。まさに結婚適齢期ドンピシャである彼女たちの、結婚に対する本音を探ります。

    結婚適齢期女性の8割は「恋人との結婚を意識している」

    厚生労働省が調査を行なっている「平成28年度人口動態統計」によると、女性の初婚平均年齢は29.4歳だそう。つまり25歳から29歳はまさに結婚適齢期のピークといえますが、同調査によると「恋人がいる」人は全体の57%。うち、「相手との結婚を意識している」人は78%となっています。やはりこの年齢になると「恋人=結婚」の意識は強いといえそうです。

    交際相手との結婚を「迷っている」人は16%。何かの要素が不安なのか、それとも結婚そのものに迷いがある可能性もありそうです。

    また「結婚相手に求める条件」について、同調査では対象女性に“トップ3”を質問。意見が多かった項目をランキング形式にすると、以下の通りとなります。

    • 結婚相手に求める条件トップ3は?

    1位 性格……23%

    2位 居心地……19%

    3位 価値観……16%

    4位 年収や経済力……15%

    5位 愛情……11%

    6位 金銭感覚……9%

    7位 ルックスや身長など外見的要素……3%

    8位 趣味……2%

    9位 職業……1%

    9位 家柄……1%

    上位3つはほとんど相手の内面的要素で、4位に「年収や経済力」がランクイン。「ルックスや身長など外見的要素」と答えた人は、わずか3%しかいませんでした。結婚となると外見的要素の優先順位は後回しとなるのでしょうか?

    夫が「専業主夫」になる選択肢、約3割は「アリ」と回答

    また近年日本は政府の方針として「一億層活躍」を掲げており、共働き社会への支援を強化しています。その流れもあって今度ますます夫婦の共働きが増えると予想されますが、同調査によると「子どもが産まれても仕事を続けたい」と答えている人は75%だそう。さらに「仕事を続ける理由」について尋ねてみると、以下のような結果となりました。

    • 子どもが産まれても仕事を続けたいと思う理由

    1位 経済的余裕がほしいから……46%

    2位 外とのコミュニケーションがほしいから……30%

    3位 いまの仕事が楽しいから……12%

    3位 自分の成長のため……12%

    1位はやはり「経済的余裕」。しかし2位以下をみると自分の成長やモチベーションなどの理由が多く、経済的な事情以外でも仕事をしたいと思う人が少なくないことが分かります。

    さらに最近では働き方も多様化しており、妻が働いて夫が家事や育児を担う「専業主夫」という選択肢も存在する世の中です。同調査ではそんな「主夫」に対して「旦那さんが主夫になりたいと言ったら認めますか?」と質問したところ、「認める」と答えた人は31%に。多数派ではないにせよ、案外アリと思う人は少なくないようです。

    今どきのアラサー女性にとって結婚は「相手に支えてもらうもの」ではなく、「お互い支え合っていくもの」という考えになっているようです。

    また働き方の多様化とともに、結婚に対する価値観も多様化しているこのご時世。例えば、自分は初婚でも結婚相手に離婚歴があったり子どもがいたりというケースも珍しくありません。現在のアラサー女性はそういった結婚相手に対して、どのくらい許容できるのでしょうか?調査結果は以下となります。

    これからますます「ステップファミリー」と呼ばれる子連れ再婚のケースは増えそうですが、まだ抵抗がある人も少なくありません。

    無条件に認める「はい」と答えた人は21%。一方「子どもがいなければ再婚は気にしない」という人は31%となっています。

    全体的な印象としては、結婚に対してかなり地に足の着いた考えを持っているアラサー女性。もう夢を見るより現実を見ることの重要性を、身をもって知っているのかもしれません。

    【調査概要】
    調査主体:ミュゼマーケティング
    調査日:2018年4月9日(月) ~ 2018年4月20日(金)
    調査方法:インターネット調査
    調査人数:290名
    調査対象:全国 25~30歳の女性



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【アラサー独身女性の結婚の本音、「主夫になりたい」といったら認める人は●%、一方相手が再婚や子持ちでも抵抗ない人の割合はどのくらい?】の続きを読む

    経済評論家の勝間和代氏が28日、渋谷区の同性パートナー制度第1号で話題になった増原裕子氏と交際していると公表した。勝間氏の同性愛告白に、ネットでは祝福や称賛の声が相次いでいる。


    「人生で最大の勇気が必要」だったという勝間和代氏の告白は、ネットメディア「BuzzFeed」に掲載。同性愛に対する思いや増原氏との出会い、カミングアウトに至った経緯が記されている。勝間氏は、「高校のときも、大学のときも、女の子を好きになる感覚」があったが、ダメなこととして「気持ちに蓋」をして生きてきたという。しかし、高校の後輩にあたる増原氏と出会い、「レズビアンであることを公表し、堂々と生きる」姿に「気がつけば惹かれていた」と振り返っている。その後、増原氏はかつてのパートナーと「離婚」。勝間氏は2018年1月に気持ちを打ち明け、一緒に暮らし始めた。


    勝間氏は、「LGBTのカミングアウトには勇気がいる。それこそが、偏見や差別が残っている証」だが、「同性愛は異常でもない。普通という概念を広げよう」と言いたいとしている。また、LGBTをカミングアウトできない当事者に向けて「仲間はたくさんいるんだよ」とメッセージを贈っている。


    カミングアウトし、パートナーとの生き生きとした2ショットを披露した勝間に、Twitterには祝福の声が相次いでいる。乙武洋匡氏は「早く“渾身の”なんて意気込むことなく、さらりと自然体で周囲に伝えられる社会にしていきたいですよね」とコメント。人気ブロガー・はあちゅう氏は、「社会が変わる大きな一歩だ。影響力の大きい勝間さんだからインパクトがある。みんなが、愛する人のことを堂々と語れる社会になるといいね」とし、津田大介氏は「2人で映っている写真がとてもステキだと思う。こうやって少しずつ社会は変わっていくのだろう」と祝福した。また、元NHKアナウンサーの堀潤氏は「ありふれた日常の一コマに」、茂木健一郎氏は「それぞれの個性を育み、花咲かせる自由が、さらに世の中にあふれますように」と綴っている。

    画像は勝間和代のTwitter


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【勝間和代の同性愛カミングアウトに祝福と称賛の声 「勇気ある行動」「社会が変わる一歩」】の続きを読む

     世界中で♯MeToo運動が高まるなか、日本でも財務省の福田純一元事務次官のセクハラ辞任などが世間を騒がせている。その一方、「直接的なセクハラよりも純愛ごっこに興じるおじさんのほうがキツい」との声があがっている。

    「勤め先のバーで、40代の常連さんに告白されました。けど、はっきり断った直後から、『次に会うときは他の街で。ずっと応援してる』とかのLINEが来て。今でも大量にくるポエムのような長文LINEには本当に困っています」(25歳・飲食)

    「タバコの火をつけてあげただけで惚れられて、『私の心にも火がついた』から始まるロマンチックな手紙が便箋で10枚も送られてきました。無視してたら果物も届きましたが、怖くて口もつけてません」(23歳・証券)

    「取引先の40代おじさんから、ことあるごとにいろんなバーに連れていかれるんです。付き合ってもないのに『俺の彼女はミスコンなんだ』と本当に迷惑です」(25歳・事務)

     直接的に肉体関係を迫るわけではないのに恋の駆け引きをしたがる中年男性たち。この不可解な現象について「最近のセクハラ騒動も、純愛を求めるおじさんの気質に起因する部分があるのでは?」と分析するのは社会学者の鈴木涼美氏。

    「たとえば無自覚なセクハラも、おじさんにとっては『恋の始まりの地道なアピール』だったりする例は多いです。福田前次官の発言や、自覚的なセクハラについても、『自分の純愛に振り向かない女性への逆ギレ』『下ネタを言う自分もちゃんと見てほしい』といった身勝手な欲望に突き動かされたもの、とも見ることができると思います」

     非モテ男の生態に詳しいホリィ・セン氏も、おじさんの純愛とセクハラの関係をこう分析する。

    「純愛おじさんは、女性が下ネタを嫌がっても『本当は嬉しいはず』と思ったり、年上だからと気を遣ってアプローチを曖昧にかわされても『OKサインだ』と思い込んだりする。これはDVをする人にも見られる特徴。相手の立場で物事を想像できない部分もあるのではないでしょうか」

     メロドラマのようにピュアな恋愛を求める人。古い恋愛マニュアルを駆使した口説きで困らせる人。水商売の女性にガチ恋する人などタイプは様々だが、その生態は実に興味深い。〈取材・文/週刊SPA!編集部〉

    【鈴木涼美氏】
    社会学者・文筆家。慶應義塾大学、東京大学院修士課程を経て日本経済新聞社に5年間勤務後、文筆業へ。著書に『おじさんメモリアル』(扶桑社)、『オンナの値段』(講談社)など

    【ホリィ・セン氏】
    サークルクラッシュ研究家。京都大学大学院生。社会学専攻。研究テーマは恋愛。「サークルクラッシュ同好会」代表。同好会の会誌はコミケや文学フリマなどで1000部以上の販売実績がある(@holysen
    ※週刊SPA!5月22日発売号「[純愛おじさん]事件簿」より



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【“純愛ごっこおじさん”に女子たちがゾゾッ「ポエムLINEはキモい!」】の続きを読む

    なんとなく聞きたくなったから……という理由で、いろいろ質問しちゃってませんか?

    実はその質問、男子がものすご~く返答に困る質問なのかも。今回は、男子が困る質問を3つご紹介します。

    私、太ったと思わない?

    最近ちょっぴり食べ過ぎたかも……彼にどう思われてるか、気になりますよね?だからといって、ついついこの質問を投げかけるのはどうやらNGのようです。

    「やたら会うたびに『太ったでしょ?私』と言ってくる僕の彼女。正直、よくわかんないんですよね。どう答えるのが正解なんですか?あれ。

    あまりに毎回聞いてくるから、太ったって言われたいのかと思って『そういえば、なんか太ったね』って答えたら、激怒して口きいてくんないの。正直に答えられてムカつくんなら聞いてくんな、って感じ!」(27歳/システムエンジニア)

    「彼女が『太ったでしょ?』って何回も聞いてくるから、『体重何キロなの?』って聞き返したら、ぶち切れ。何なんだよもう」(27歳/専門職)

    一日に何回、私のこと思い出す?

    会えない時間も私のことを感じていてほしい。そんな切ない乙女心が凝縮されたいじらしい質問のはずが……、おやおや?どうやら雲行きが怪しいようです。

    「遠距離恋愛中の彼女。電話するたびに、『ねえ、今日何回私のこと思い出した?』って聞いてくるんです。あれ、やめてほしいなぁ……。

    だって、仕事がむちゃくちゃ忙しいときとか、正直思い出さない日もあるし、いちいち思い出すたびにカウントしてねーし。女性のみなさん、何回って答えるのが正解なのか、教えてくださーい!」(29歳/石油会社勤務)

    「じゃあお前は何回思い出してんだよ!って逆に問い詰めてやりたいですよね」(28歳/予備校教師)

    あの子のこと可愛いって思ったでしょ?

    彼の視線のその先には、なんだかきれいな女子が……。「なんで私といるのに他の女子をチェックしてるの?」と悲しくなる女心、察してもらえないのかなぁ……。

    「女って、すーぐ『さっき通りかかった女の人のこと、可愛いなって思って見てたでしょ?』みたいなこと聞いてくるよね?で、いくら『思ってないよ』って答えても、何回も何回も、『嘘付かないで!思ってたくせに』ってキレるよね。

    かといって『うん、きれいだなと思って見てたよ』って言ってもキレるよね。どうしてほしいの?喧嘩したいの?」(29歳/医療機器メーカー)

    「女の子って、自分の友達紹介した後に必ず『可愛いな、って思ったでしょ』って聞くよね。あれってさ、正直『そんなことないよ』って答えづらいんだよね……。これから法律で、『あの子可愛いでしょ?』って聞くの禁止にしません?」(30歳/商品開発)

    どれもこれも身に覚えのある質問ばかり!女子にとっては何の気なしに聞いた質問が、男性に多大なる負担を与えていたとは知りませんでした。

    男性も悪気があるわけではないので、思った通りの答えが返ってこなくてもあまり気にする必要はないかもしれませんね。

    (愛カツ編集部)

    iStock-621979654 (1)


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【それ聞かないで!男子が「答えに困る」女子の質問3選】の続きを読む

     付き合うまでは知らなかった彼の実態を知ってドン引きする。それは往々にして恋人の家庭環境が明るみになった時や男の部屋に足を運んだ時に発生するもの。

    「知り合った時はスペックは完璧、文句のつけようがないほどのハイスペ男子だった彼ですが、今はなんの未練もありません」。

     そう語るのは、大手町の大手人材会社の関連会社(資本金2億円、創立2001年、社員数139人、2018年5月現在)で働く楢崎悠子さん(29歳・台東区在住・専修大学卒・経験人数11人)。今から3年前に付き合っていた彼の“ドン引き”したあの日のエピソードを次のように振り返る。

    ◆専修大卒女子は慶応男のどこに不満があったのか

    彼は慶應経済卒の“慶應ボーイ”。日東駒専卒の私を含むハイスペ男子好き女子たちの憧れでした。しかも、彼は天現寺にある慶應幼稚舎(附属の小学校)から慶應に通ったというサラブレッド。就職はうまくいかず、ややマイナーなIT企業に就職しましたが、四季報に載っている平均年収は870万円。決して悪くないスペックの男でした」

     そんな楢崎さんの彼氏のどこに“欠陥”があったのか。

    「彼の家は、慶應幼稚舎からほど近い首都高天現寺出入り口からすぐ近くのビンテージマンション。家と言っても、一人暮らしの部屋ではなく、26歳の時点で両親と暮らしていました。アラサーに差し掛かる社会人にもかかわらず実家に暮らし、料理から洗濯まで一通りの家事を母親に任せているということを知ったのは、2回目のデートで中目黒のいぐちで焼き鳥を食べたとき。また、日吉と三田キャンパス時代を含めて今まで一人暮らしの経験がなく、実家にもお金を入れていないという事実を知って、少し”怪しいぞ”と思ったのは確かです

     すでに1回目のデートの時点で彼と体の関係はあったという楢崎さん。彼とベッドインしたのはセルリアンタワー東急ホテル。ラブホテルを選ばない点にも好感が持てた。それから2週間後、先述した中目黒の焼き鳥を挟んで、3回目の食事場所に彼が選んだのは築地の和食屋、佃喜知(つくきち)。26歳にしては渋すぎるセンス。同い年でここまでグルメに造詣が深い彼に楢崎さんは徐々に惹かれていった。

    「休日、彼の両親が日中出かけているので自宅に誘われました。天現寺のビンテージマンションと言えば、数十年経った今でも価格が変わらないことで有名。つい好奇心から、彼の家に足を踏み入れました」

    ◆ランドセル、タオル……次々に出される慶應グッズ

    「確かに家は立派だった」と振り返る楢崎さんだが、やはり懸念していた光景が目に入ってしまった。自室に案内されると、彼からま『あ、これ』と、あるものを指さされた。

     それは、箱型のクリアケースに入れられた、慶應幼稚舎のミニランドセル。

    「ミニランドセルとは、思い出の沢山詰まったランドセルを4分の1程度のサイズに小さくリメイクした、私立の小学校を卒業したコの親御さんが卒業記念に業者に作ってもらうもの。彼は慶應のエンブレムの刻印されたミニランドセルを、部屋の一番目立つ場所にトロフィーのように飾っていました」

     これぞ陸の王者の貫禄。

     しかしこれはほんの序の口に過ぎなかった。楢崎さんが洗面所で手を洗うと、彼から「これ、使っていいよ」とタオルを差し出された。なんとそのタオルが、慶應のオリジナルタオルであったという。

    「真っ白なタオルの端には、慶應カラーであるエンジとネイビーの線が入っていました。このタオル、使い古してクタっとしていたならまだ『物持ちがいいんだね』って許せました。でも、彼から渡されたそれは新品のように真っさらでふかふかなタオル。まったく水を吸わず、ただ私をイラつかせるだけでした」

     そして洗面所を見渡すと、母親のものと思われるシャネルのチャンスオータンドゥルボディクリーム(200g)が。さぞかしキレイな母親なのだろうと想像した楢崎さんだったが……。

    「その後リビングルームで見た彼の家族写真に映っていたの母親の姿は宜保愛子をふくよかにしたようなケバいおばさん。慶應ランドセルにタオル、さらには母親の容姿ですでにドン引きしていましたが、彼の部屋で結局、Hをする流れに……」

     一通りのことを終え、伊勢丹で買ったスタディオファイブの黒いショーツを履き終えたその時だった。

    「何か部屋着を貸してとお願いしたのですが、その時に出されたのはブカブカの慶應のラガーシャツ。Hの後でこれを女に着せるのが彼のフェティシズムなのかもしれません。世の中は私も含めてハイスペ好き女子が想像以上に多いです。慶應のラガーシャツを着せてもらえるだけで濡れてしまうようなコもいるのかなと思いましたが、正直すでに私は、この日で彼とは最後だなという感情しか浮かびませんでした」

     夕方、両親が帰ってくるまで楢崎さんは彼とコーヒーを飲みながらしばらく話した。そこで彼の甘えたキャリアプランを聞くことになる。

    「将来は父親の会社を継げばいいと言っていました。彼の自宅のクルマはレクサスのLS。典型的な法人が税金対策で買うクルマです。が、後に父親が会社をたたんだという話を聞きました。今も同じIT企業で働いていると言いますから、未だに単なる年収1000万円程度のサラリーマンが慶應ブランドで女を次々と落として無双できると思ったら、これほど笑える勘違いはないですよね」

     「ペンは剣よりも強し」とは言うが、ペンで戦えなかった彼は、KEIOという剣をブンブンと振り回していた。男の部屋に足を運ぶことで見える真実。現在婚活中だという楢崎さんは、男の部屋に足を運ぶことで大きな学びを得たようだ。<文/武にちほ>



    (出典 news.nicovideo.jp)



    【恋が一瞬で冷めた男の部屋。“幼稚舎から慶応”ボーイの自宅にあったものは…?】の続きを読む

    このページのトップヘ