Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 恋愛


    1 サーバル ★ :2019/08/22(木) 19:12:50.66

    娘の彼氏は「刺青」入りだった…「根はいい人」という言葉の違和感
    私が面会を拒絶した理由

    人付き合いが増えると、時には自分に害をなす者との交際が必要となるケースもある。そんなとき、よく口にしてしまうのが「根はいい人なのだけど」という言い訳だ。

    世の中には根っからの悪人などそう多くはいない。誰だって、どこか人間味のある性格や行動はあるものだし、しっかりと内面を見つめてみれば愛すべき点が見つかるものだろう。だが「根がいい人」との付き合いははっきり言って損をする。

    私は、つい最近、実体験として「根がいい人」といわれる相手を拒絶した。

    「彼氏、刺青が入っているんだよね」

    わが家には娘がいる。

    24歳の娘はいわゆる「出戻り」で、20歳のころにパートナーとの間に授かった女児を産み、すぐに離婚した。離婚後はわが家に戻って同居しているので、世間から見ると「子連れの出戻り」といったケースだ。つまり、わが家には娘と孫娘がいる。

    そんな娘が、最近になって「今付き合っている彼氏を紹介したい」と言いだした。
    「なんだ、なぜそんないい話を黙っていたんだ」と嬉しく感じたが、娘はなにか言いにくそうな雰囲気を醸し出している。娘の次の言葉は衝撃的だった。

    「彼氏、刺青が入っているんだよね」

    聞けば、娘の彼氏はいわゆる「暴走族OB」というやつで、以前はバイクで暴走行為やケンカなどの犯罪行為を繰り返していたらしい。今ではすっかり足を洗い、建設作業員として真面目に働いているとのことだが、当時は暴力団関係者との付き合いもあって、腕から背中まで立派な和柄の刺青が入っているのだという。

    写真はイメージです/Photo by iSto*
    娘にとっての評価は、「刺青を入れているが根はいい人」だそうだ。

    私は、その面会を断った。どうしても「根はいい人」という言葉の違和感を払拭できなかったからだ。「いい人」が集団暴走行為などするはずがないし、暴力団関係者と交際して刺青までいれてしまうことなど考えられない。

    もし、そんな男に大切な娘と孫娘の未来を任せてしまえばどんなことが起きるのか。
    悲劇的なイメージしか浮かばない。いくら成人した娘だからとはいえ、自発性や自己責任だけで済まされる問題ではないし、リスクから遠ざけたいと望むのは親として当然の判断だろう。

    私は「時代遅れの老害」なのだろうか

    この一連の流れをTwitterに投稿したところ、瞬く間に拡散されてリツイートも1万件を超えた。「当然だ」「反社会勢力のイメージが強い」といった賛同のコメントも多かったが、一方で攻撃的なコメントも決して少なくはなかった。

    「人間を見た目で判断するなんて、時代遅れの老害だ」、「海外では批判されていない」、「毒親をもった娘がかわいそうだ」、「刺青に対する差別を正すべきだ」……。

    私も、ある程度の批判があるだろうとは予想していたが、まさか差別問題にまで言及するユーザーがいることまでは考えていなかった。
    (続きはソース)
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66631


    【【入墨】娘の彼氏は「刺青」入りだったので面会拒否 元暴力団だが「根はいい人」 私は差別主義者の老害なのだろうか】の続きを読む

    みなさんが結婚相手に求める条件ってどんなことですか?

    考え始めると、結局のところ何を基準にしたら良いのか、分からなくなることもあるのではないでしょうか。

    そこで、今回は離婚経験者から結婚相手を選ぶ際に、ここはチェックしておいた方がいいことついて聞いてみました。

    1:他人に対する態度

    「他人の失敗に対してどんな態度をするかは見ておいた方がいいと思います。例えば、飲食店とかの店員さんの失敗など。結婚して恋愛感情が薄れてくると、その態度が自分に向けられるようになるんですよ」(Aさん・35歳女性)

    飲食店での店員の失敗や仕事での部下の失敗にどんな態度をするかはチェックしておきたいところ。

    カップルという恋愛感情がある状態だと、彼の素性を見ることが難しいので、赤の他人の失敗というのがポイント。

    2:過去に浮気経験がない

    「過去に浮気経験があるかどうかは重要です。浮気経験がある男性は、結婚してからも不倫をする可能性が高いです。逆に浮気をしたことがない人は一途な人が多い。ママ友の旦那さんを見ててそういう傾向があると思いました」(Yさん・32歳女性)

    浮気経験者は、再び浮気を繰り返す傾向にあるのだとか。

    一途な男性がいきなり不倫に走る可能性よりも、浮気経験者がまた浮気をする可能性の方が高いでしょう。

    相手の過去の恋愛が分からなければ、彼の友人に聞いてみるといいかもしれません。

    3:悩みを共有できるかどうか

    「男性って恋人に悩みを打ち明けず、一人で抱え込むことがよくあります。打ち明けたときには、手の施しようがない状態になっている。それで離婚です」(Wさん・36歳女性)

    男性は悩みごとを一人で抱え込んでしまっていることがよくあります。

    借金問題もその一つ。自分ではどうしようもなくなったときに打ち明けられても、困ってしまいます。

    借金が膨れ上がる前に言ってくれれば、何かしら協力できたかもしれません。

    経済力があるように見える、というイメージだけで判断せず、確かな証拠をつかむくらいで、懐事情を把握しておくことも大切です。

    まとめ

    離婚経験者から聞いた事例だけに、リアルな声でした。

    見た目も大切ですが、長い人生を共にするパートナーになるわけですから、月並みですが結婚前はしっかりと両目で相手をみたいものです。

    (草薙つむぐ/ライター)

    (愛カツ編集部)


    GettyImages-515523120k (2)


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【離婚経験者に聞いた!結婚相手を見極める際にチェックしておきたいこと】の続きを読む

    【結婚式/モデルプレス】ウエディングドレスにバージンロード、結婚式と言えば女性にとっての一大イベント!一流ホテルや豪華なチャペルでの厳かな結婚披露宴、絶景の中で行うリゾートウエディングなど誰しも憧れの結婚式がありますよね。もし今、彼にプロポーズされたらあなたもその瞬間から「プレ花嫁」!一生に一度の大切な一日のために、今から考えてみませんか?

    【さらに写真を見る】心に残る「リゾートウエディング」のススメ 大切な人と絆が深まるフォトジェニック空間

    ♥一生の思い出に残る素敵なフォトジェニック空間

    結婚式は、人生における一大イベント。せっかくなら普段では体験出来ない非日常の絶景ロケーションや、一生の思い出に残る素敵なフォトジェニック空間を味わいたいもの!

    それらを叶えてくれるのは国内外のリゾート地で挙げるリゾートウエディングです。

    目の前に広がる青い海と白いウエディングドレス、開放感にあふれた絶景の中でのリゾートウエディングは憧れている女性も多いはず!

    ♥大切な人と素敵な思い出を

    リゾートウエディングの醍醐味と言えば、新郎新婦はもちろん、家族や招待した友人と一緒にリゾートを楽しめること。

    一般的な披露宴と比べて少人数で行うことが多いため、ゲストとして招待するのは家族やごく親しい友人を中心とすることがほとんどです。ゆっくりと過ごせるリゾートウエディングは、ふたりにとって大切な人たちとの絆を深めるイベントでもあります。

    そんな大切な人たちとの過ごし方を覗いてみましょう!

    Case.1 家族の絆を深める

    結婚式は今まで育ててくれた両親に感謝の気持ちを伝える良い機会。でも列席者が多い場合、結婚式中は両親もあいさつ回りなどで忙しく、ゆっくり話をする時間さえ取れないという場合も。

    リゾート婚の列席者は親族や親しい友人のケースが多いので、親族と話す時間をしっかりとることができます。お世話になった両親への感謝をかみしめながら、一緒にお祝いできる時間を作ってあげるのも親孝行ですよね!

    また最近では、両親への旅行をプレゼントという意味でも「リゾートウエディング」を選ぶカップルが増加中だそう。

    両家が集まる貴重な機会に、ゆったりとした時間を一緒に過ごせるリゾートウエディングは、きっと家族の仲を深めてくれますよ。

    Case.2 アットホームな雰囲気で友人と楽しむ

    家族はもちろんですが、気心知れた友人だけを招待することも多いリゾートウエディングでは、旅行感覚で一緒にリゾートを楽しむことも多いんだとか。

    新郎新婦と列席者は同じホテルに宿泊することも可能なので、友人とお泊りしてワイワイ盛り上がったり、挙式後は一緒に旅行を満喫することもできるんです!

    広がる青い海と空に囲まれた絶好のロケーションで、ブライズメイドに囲まれて撮るフォトも流行中なんだとか。アットホームな雰囲気でお祝いされるのも素敵ですよね。

    時間に余裕がある分ゲストと一緒に素敵な思い出作りができるのは、リゾートウエディングならではの魅力。いつかその時の思い出話に花を咲かせるなんて日もありそうです。

    ♥リゾートウエディングは意外とお手軽

    でも「リゾートウエディングって高いんじゃないの?」「打ち合わせに当日準備、色々と大変そう…」と迷っている人もいますよね。リーズナブルな海外挙式を提案する「アールイズ・ウエディング」のリゾートウエディングなら、イメージよりもずっとお手軽に式を挙げられるんです。

    Point.1 準備期間、打ち合わせ回数が少ない

    比較的打ち合わせ回数が少なくて済み、効率よく準備を進められるから仕事が忙しくて時間が取れないカップルにもぴったりのリゾート婚。

    挙式の時期、場所などの希望を決めたら、まずは国内サロンにいるプランナーに相談します。「アールイズ・ウエディング」では直営サロンと同じ場所にドレスショップも併設しており、全てまとめて打ち合わせができるので、とてもスピーディー。

    海外挙式も国内での打ち合わせが可能なので、直接やり取りをして不安を解消しながら進められます。現地での下見が出来なくても、チャペル紹介DVDや実際に挙式した先輩花嫁さんの写真や動画を参考にイメージ出来ますよ!

    女性にとって晴れ舞台となる結婚式。お手軽でもヘアメイクやドレスなどは細かい点までじっくりこだわりたいものです。

    「アールイズ・ウエディング」では、気になるウエディングドレスは国内のドレスショップで試着し、現地で同じ型、同じサイズのドレスを用意してくれるので、手荷物にもならず便利です。当日も日本人のコーディネーターさんとヘアメイクさんが担当し、細かい点まで丁寧に対応してくれるので安心ですよ。

    Point.2  リーズナブルに挙式が出来る

    またハネムーンも兼ねて行けることから、結婚に関する費用全体で考えるとずっとリーズナブルに収まるのもリゾートウエディングのポイント。

    基本的な移動費や宿泊する日数、挙式のプランによっても金額は様々ですが「想像していたより格段に安かった!」と思う先輩花嫁さんも多いみたいです。

    「アールイズ・ウエディング」では、世界のブランドホテルと提携しているので、海外挙式、沖縄挙式共にクオリティの高い人気チャペルでの挙式が可能。費用を押さえつつも、最上級のリゾートウエディングを挙げることができるんです。

    さらにリゾート挙式に特化しているからこそ、現地での日本人サポートやコーディネート、企画のプロデュースなど、質の高いおもてなしも抜群!

    「アールイズ・ウエディング」だから実現できる価格以上の質の高いリゾートウエディングです。

    引っ越しや家具の購入など、新生活には結婚式以外にも費用がかかるもの。結婚資金が貯まっていないからと結婚式を諦めなくても良いのが嬉しいですね。

    ♥一生思い出に残る結婚式を

    また「アールイズ・ウエディング」では、期間限定の基本挙式料50%OFFや選べる特典サービスなどのお得なキャンペーンを随時実施しているんだとか。

    一大イベントである結婚式を、より良いものにするために一役買ってくれますね。

    大好きな彼と挙げる憧れの結婚式。自分たちはもちろん、家族や友達にとっても大切な時間を一緒に過ごせたら、2人にとって最高のスタートを切ることができますよ。(modelpress編集部)[PR]提供元:株式会社グッドラック・コーポレーション

    心に残る「リゾートウエディング」のススメ 大切な人と絆が深まるフォトジェニック空間


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【心に残る「リゾートウエディング」のススメ 大切な人と絆が深まるフォトジェニック空間】の続きを読む

    愛人
    (TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

    年上の経済的に余裕がある男性とお茶や食事、デート、カラオケなどにつきあってお金をもらうという「パパ活」。メディアでも数多く取り上げられ、「肉体関係は一切持たないよう線引きしている」と答える人もいれば、実態としては愛人関係というケースもあるようだ。

    しらべぇ編集部が全国20〜30代の女性334名を対象に調査したところ、全体の11.1%が「現在パパ活をしている」と回答している。では、一方の男性はどうなのだろうか。


     

    ■1割弱の男性がパパ活女子と交際中

    全国20〜60代の男性834名を対象に調査したところ、全体では6.6%が「現在、パパ活で女性と交際している」と回答した。

    パパ活


    女性の11.1%は下回るが、「男性は本気の恋愛だが、女性サイドはパパ活扱いしている」といったカップルも想定すれば、大きなズレはないと言っていいだろう。

     


    ■若年男性に目立つ

    では、実際にどんな男性がパパ活女子をサポートしているのだろうか。年代別に見てみると…

    パパ活


    意外にももっとも割合が高かったのは、20代男性で10.3%。30代男性が10.1%で続く。社会人になっていたとしても、それほど収入に余裕があるとは思えない世代だが、独身で子供がいなければある程度可処分所得が高いとも考えられる。

    なお一般的に「パパ」とイメージされそうな30〜40代では、5%前後にとどまった。


     

    ■北関東の男性はパパ活好き?

    地域別でもバラつきが見られる。

    パパ活


    現在パパ活で女性と交際している男性の割合がもっとも高かったのは、北関東で13.2%。北海道、近畿、首都圏も全体平均をやや上回った。

    一方、九州・沖縄や中国・四国では3%前後と、パパ活が一般化していない様子も伺える。

    ・合わせて読みたい→1か月で50万円稼ぐパパ活女子が『ねほぱほ』で話題 その実態に「恐ろしい…」の声

    (文/しらべぇ編集部・タカハシマコト)

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
    対象:全国20代~60代の男性834名 (有効回答数)

    パパ活女子をサポートしている男性の割合は… 北関東の男性は若い女性が好き?


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【パパ活女子をサポートしている男性の割合は… 北関東の男性は若い女性が好き?】の続きを読む

    プロポーズ
    (Rawpixel/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    「恋愛に歳は関係ない」という言葉をよく耳にするとおり、年齢差をもろともせずに愛し合うカップルは少なくない。しかし、結婚など大事な節目のときにその言葉が気になってしまうことも…。『発言小町』に投稿されたとあるトピックが話題になっている。


     

    ■25歳差の彼氏と…

    投稿者は、22歳の女性。4年付き合っている47歳の彼氏とは25歳差もある。親もふたりのことは認めており、順風満帆ともいえる。

    しかし、彼氏から「結婚しよう」と言われ、突然不安になりはじめたという。彼氏のことは愛しているものの、年齢が25も離れていることから「先のことが未知すぎて怖くなってきてしまいました」と明かす。

    本当にこの人でいいのか、彼氏が先に亡くなったらどうするのかなど、覚悟が決まらず自分の気持ちもわからなくなってきたという。

     

    ■このまま結婚してもいいのか


    大好きでこれからも一緒に居たいという反面、不安がのしかかってきて結婚を決断できない自分に腹が立つようだ。「この先、私はどうしたらいいのでしょうか。こんな決断できないのに結婚は無理でしょうか」と掲示板に訴えた投稿者。

    彼氏はふたりで住む用の一軒家を買い、そこに住んでいる。決断のときは迫っているようだ。



    ■「必要なのは後悔する覚悟」の声


    愛する彼氏との結婚に迷う投稿者だが、ユーザーからはさまざまなアドバイスが寄せられた。中には、結婚後の人生をシビアに考えるアドバイスも。

    「彼にその気持ちをぶつけたら。そこでガッチリ受け止めてくれる男性なら、飛び込んでもいいんじゃないかなと思う。どんな内容でも、何度同じことを言ってもあなたを安心させてくれるかどうか。確かにすごい年齢差だよね。でも一人で不安がってたら駄目だよ」

     

    「40歳女性です。私も若い頃、18歳上の人と付き合っていて、結婚を迷っていました。両親、友人にものすごく反対され別れたのですが、今は別れて良かったと心から思います。若いうちは歳の差を感じませんが、自分が歳を重ねると、絶対に後悔しますよ」

     

    「あなたに必要なのは後悔する覚悟でしょうね。友人の結婚式に誘われるようになったら、恐ろしいくらい後悔するでしょう。今でさえそんな感じなのですから。何もかもが早すぎると思います。揺るがない愛か、資産が無ければその年齢差は埋まりません」

     

    ■20歳差の恋愛はアリ?

    しらべぇ既報のとおり、「20歳以上の年齢差のカップルはアリ」と答えたのは5割。年齢は恋愛の壁ではないと考えている人が半数以上いるようだ。

    25歳離れた彼への不安か、それとも結婚そのものに対する不安か。大切な決断だけに、きちんと自分の人生と向き合うべきだろう。

    ・合わせて読みたい→「結婚を匂わせてくる彼氏にイライラ」の女性 その理由に共感が相次ぐ

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ 参照/発言小町)




    (出典 news.nicovideo.jp)




    【25歳上の彼氏からプロポーズされた それでも彼女が「結婚に喜べない理由」に反響】の続きを読む

    このページのトップヘ