Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 芸術

     アートには疎いという人でもこれは無視できない!? 頭から木や花を生やし、人間の形をしたオブジェ「盆栽の人」がネット上を度々ざわつかせています。

     作者は大阪芸術大学を卒業後、地元の香川県でアーティスト活動をしている千葉尚実さん。「盆栽の人」は、2010年に香川県高松市の丸亀町商店街で開催されたアートイベントのために制作した作品とか。その時のテーマが「ストリート的!?展 変身アートメタモルフォーゼ!!!!!」というものだったので、盆栽から葉っぱが出たり、花が咲いたり変化していく事を考えて作ったそうです。

    【さらに詳しい元記事はこちら】

     アートイベントの展示期間中には、商店街のいたるところに「盆栽の人」が置いてあったようですが、今では高松市に一体だけしか残っていないとか。まるで、たそがれているかようにじっと一点をみつめる黒い瞳。所在ない感じで建物の端にちょこんと座っている姿も哀愁を感じます。真夜中に出くわしたら、一瞬ギョッとしてしまうかもしれませんが……。そんなシュールで、どこか可愛らしい「盆栽の人」を制作された千葉尚実さんに詳しくお話を伺ってきました。


    ―シュールな顔つきと、建物の端でちょこんと体育座りをしている姿が、なんとも可愛らしいのですが、制作するにあたって、何かストーリーはあったのでしょうか?

    最初は立った状態で考えていましたが、素材の都合で安定感のある体育座りの形になりました。私自身、自虐的なところがあるので、今はこの形の方が私らしくて良かったなと思っています

    ―盆栽の人は、現在販売されているのですか? ちなみに盆栽の人のシリーズ展開はありますか?

    販売の問い合わせはあるのですが、今売れるものは頭部のみのものが数個残っています。売る用に正座バージョンの小さいサイズがありましたが、無くなってしまいました。その他でこの作品に関しては、シリーズ展開はしていないですね。

    ―千葉さんがこれから挑戦してみたいと思っているアート作品や、現在のアーティスト活動を教えてください。

    私自身、いろいろなジャンルの作品を作っています。平面、立体、インスタレーション、映像、言葉を使ったものなどですが、大きいサイズの絵画を描いてみようかと思っています。夏に美術館でのグループ展を予定しています。

    ―千葉さんの身近な方たちには、盆栽の人を見てどのような反応を示される方が多かったですか?

    一体、高松の商店街に置かれているものは苔むしてお地蔵さんと呼ばれています。梅雨になると全身緑になるので、その緑具合を写真で送ってくれたりします。最近では、盆栽の人に誰かがハロウィンやクリスマスなど季節ごとにコスプレをさせています。


     Twitterでは「何とか手に入らないかな~と思っているモノのひとつ」や「あの何か考え事をしているような雰囲気がなんとも言えない」という声も! 置く場所によって、寂しそうに見えたり、微笑んで見えたり、何か企んでいるように見えたりと同じ顔のはずなのに、表情が違ってみえることに驚きました。高松市に訪れた際には、盆栽の人を探してみるのもいいかもしれませんね。

    <取材協力・画像提供>
    千葉尚実さん

    (黒田芽以)

    「ぬーーん」と膝を抱え、たそがれる「盆栽の人」がシュールすぎる


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【「ぬーーん」と膝を抱え、たそがれる「盆栽の人」がシュールすぎる】の続きを読む

     写真集「必死すぎるネコ」などで有名な写真家・沖昌之が11日、吉祥寺「ココロヲ・動かす・映画館◯」で上映中の映画『猫が教えてくれたこと』の公開を記念して行われている「必死すぎるネコ」写真展のトークショーに出席した。

     同写真展は、飛ぶネコ、伸びるネコ、縮むネコなど、必死に何かをするネコたちの愛くるしい瞬間をとらえ、SNS上などでも大きな話題になっている同写真集から、ネコたちの「必死さ」がより魅力的に楽しめる写真が掲示されている展示会だ。

     ネコと人間たちの幸せな関係を描いたドキュメンタリー映画『猫が教えてくれたこと』を鑑賞したという沖は、舞台となったトルコの大都市イスタンブールに対して「ネコが自由気ままに歩いている姿を見ると、ネコに対する街の人のいたわり方がわかります」と感想を述べる。

    写真家・沖昌之

     この感想こそ、沖の撮影スタンスのようで、「僕は普段、東京の東部で撮影をしているのですが、ネコを撮るうえで一番重視しているのが、街に迷惑をかけないようにすることです」と語り出すと「街でネコを撮ろうと思ったら、しっかりとその街の人にあいさつをします。例えばいつも餌をあげているおじいちゃんおばあちゃんがいるならば、まずはその人に話しかけてコミュニケーションをとります。ネコはちゃんと人を見ていて、いつも優しくしてくれている人と楽しく話している人なら、気を許してくれるんです」と持論を展開。

     さらに「ネコは自分でアイデンティティを確立する動物ではなく、街の人がネコの性格を形作る気がするんです」と続けると、「その意味で、『猫が教えてくれたこと』を観ると、イスタンブールという街全体が、昔からネコへのいたわりの気持ちを持っているということが伝わります。だからこそ素敵な映像が撮れたのだと思うんです」と共感する部分が多かったことを明かす。

     沖といえば、ネコの決定的瞬間を見事にとらえている写真が話題を呼んでいる。しかし「決定的」であるがゆえに、労力は並々ならぬものがあるように思われるが、「日中、ネコを追いかけているなんて夢みたいな仕事なので、大変だと感じたことはほとんどないですね」と柔和な笑顔で語ると、「ネコの撮影というのは、ネコになにかをしてもらうわけではないという前提があるので、逃げられても『かわいいな』と思えるし、こちらが気合いを入れて構えていても、まったくこっちを向いてくれないことも多いですからね。でもそれがネコらしいって思えるんですよね」とネコへの愛がすべての困難を凌駕しているようだ。

     「新しい街に行って、ネコに出会うというのは、RPGゲームではないですが、洞窟のなかで迷ってしまって『どうしよう』と思った瞬間、そこに宝箱があったような感覚」と語った沖。再開発などで、街を取り巻く環境は大きく変わってきているが、「都内で撮影していても、地域ネコを去勢したりして、ネコの数は減っています。今後さらに機嫌良く街中を歩くネコの数は少なくなってくるかもしれませんが、それがネコにとって幸せなら、それはありかなと思うんです」と最後までネコの視点に立ったトークを展開していた。(磯部正和)

    沖昌之の写真集「必死すぎるネコ」より


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【「必死すぎるネコ」写真家・沖昌之、新しい街でネコに出会うのは「宝箱があったような感覚」】の続きを読む

    現在、Twitterで多くのリツイートを受けて話題になっている作品があります。まずはその作品をご覧ください。

    岡靖知さん(@yasutomooka)の作品

    この作品、まるで写真のようですが写真ではないんです。実は絵画なのです!もう感動を通り越して衝撃的な作品すぎて、仕事中にもかかわらず見入ってしまいました。

    着物を着る女性の髪の毛一本一本の揺れ感や肌の質感、着物のシワの表現がとても繊細に描かれています。日本画風に描かれた背景とのコントラストで、本当に写真のような写実性がありますよね。

    実に写実的な作品ですが、油絵で描かれているというのもまたすごい。油絵にもさまざまな画法があると思いますが、私個人がこれまで抱いていた油絵のイメージでは、ここまで繊細な表現ができるものだとは思っていなかったので、もう何もかもが驚きです。

    この作品を描かれたのは画家の岡靖知さん(@yasutomooka)。油絵具で写実的な絵画を主に制作されているそうです。この着物の女性の作品の他にもいくつか作品を公開されているのですが、どの作品においてもクオリティの高さには衝撃をうけるばかり。



    岡靖知さんのツイートは10日現在で30,000リツイートを超えており、今後もさらに伸びていくでしょうね。作品を実際に目の前でじっくりと楽しんでみたい、そんな思いに駆られたのは私だけではないでしょう。ほんと、素晴らしい作品に出会いました。

    関連画像


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【驚異的な写実性!まるで写真のように写実的に描かれた着物の女性の美しさよ!】の続きを読む

     色鉛筆で描いた「宝石」がすごいとTwitterで話題になっています。驚きのリアル感と美しさ……!

    【画像】美しく輝く「ダイヤモンド」

     描いた紙と色鉛筆を並べて写真に撮ったものが投稿されているのですが、紙の上に本物の宝石を乗せたようにしか見えないそのクオリティーにビックリします。光に当たって反射するような輝きと同時に、吸い込まれそうな深い透明感も表現されていて、色鉛筆だけで描いたとは思えない“絵の宝石”に感動を覚えます。

     「サファイア」「ダイヤモンド」「トルマリン」など、それぞれで色と形の違う宝石を描いていて、いずれも触ってみたくなる質感と立体感を感じる美しさ。一体どう描いているのか想像も難しい……!

     投稿したのは高校生で現在15歳の「長靴をはいた猫」さん。一緒に途中経過も投稿していて、ある程度全体の形や宝石の面(カット)などが描かれた下書きに色を塗っていく様子が。また使用した色鉛筆は写真に写っているものだけではないとのことで、光の明暗等をいくつかの色鉛筆を使って表現しているようでした。メイキングを見てもただただ「すごい」のひと言!

     ちなみにツイートによると長靴をはいた猫さんは「傷メイク」などもやっていて、将来はメイクアップアーティスト系かイラスト系など、いろいろ考えている最中とのことでした。

     コメントでは「すごくキレイ」「本物にしか見えない」と称賛と感動の声が多く寄せられ、「色鉛筆でここまで描けるんだ…」と驚く声も。またその年齢に「末おそろしいほどの才能」と、その感性と技術に「天才か」といった声も上がる人気となっています。

    画像提供:長靴をはいた猫(@erumo_0384)さん

    そこにあるようにしか見えない「サファイア」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【色鉛筆で描いた「宝石」が目を疑う美しさ 「本物にしか見えない」「色鉛筆でここまで描けるのか」と驚く声も】の続きを読む

    鉛筆だけで、傷等の質感も丁寧に描かれていてびっくりしました。

    画像提供:Kohei(@kohei6620)さん
    BIGLOBEニュース

    鉛筆の明暗だけで表現したボルトが、写真のようにリアルだとTwitterで話題になっている。

    画像をもっと見る

    六角の頭部やねじ山などに無数の細かな傷が刻まれた重厚なボルトが、ナットの上に横たわっている。一見すると写真のようだが、実は鉛筆の明暗だけで精密に描いた絵。あまりにリアルなため、重量感や金属の匂いとともに、水滴をまとったみずみずしさまで感じさせる奥深い味わいを醸している。


    この驚きの鉛筆画を描いたのは、約4年前から独学で写実画に取り組んでいる大森浩平さん(23歳)。大学入試に備えてデッサンを勉強、SNSで見た海外のハイレベルな写実画に憧れたのがきっかけだという。鉛筆画の良さは、白と黒の明暗だけであるため、ディテールに集中して描ける点。どんな物を描くかに関係なく、紙のごく一部分だけに集中して忠実に描く、それを広げていくように描いている。さらに、忍耐と時間も必要で、ボルトの鉛筆画にはこれまで240時間を費やしたが、まだ未完成とのことだ。


    この作品を大森さんの姉が、「最近はずっと、このボルトとナットを描いていて、さすがにすこし狂気を感じる」と投稿したところ、驚きや称賛の声などが寄せられ瞬く間に拡散。「スーパーリアリズムって余り興味無かったですが、俄然興味湧きました」「鉛みたいな匂いがしてきそうだ…」「ボルトナットの製造会社の社員ですが、本物と見分けがつきませぬ〜」「完成したら是非また上げて欲しい」といった声も寄せられ、大きな反響となっている。


    大森さんはこのほかにも、女性の肖像やクラシックカーなども描いており、それらの作品をSNSで公開している。










    (出典 news.nicovideo.jp)

    【240時間かけて鉛筆だけで描いたボルト リアルすぎて重量感や匂いを感じさせると話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ