Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 学問


    1 ガーディス ★ :2019/05/12(日) 10:17:35.89

    2019年5月12日 4時08分
    引用回数が多い科学論文の各国の割合を151の分野ごとに比較したところ、アメリカと中国が各分野の1位を独占し、日本は1位となる分野がありませんでした。集計した科学技術振興機構は、日本の研究力が相対的に下がっていると警鐘を鳴らしています。

    科学技術振興機構は、引用回数で世界の上位10%に入る質の高い自然科学系の論文について、人工知能やバイオテクノロジー、天文学など151の分野ごとに各国の割合を比較し、順位の推移を分析しました。

    その結果、最新の2017年までの3年間平均では、151分野のうち80分野でアメリカが1位でした。
    残りの71分野は中国が1位となり、米中が首位を独占しました。

    日本は1位の分野がなく、がん研究など2つの分野の3位が最高でした。

    日本と中国はともに1997年までの3年間平均では1位の分野はありませんでしたが、中国は20年の間に、機械工学など産業に関わる分野を中心に大きく順位を上げ、日本を引き離す結果となりました。

    また5位以内の日本の順位をみても、1997年までの3年間平均では151分野のうち83分野で日本はトップ5に入っていましたが、最新の2017年までの3年間では18分野にまで減りました。

    科学技術振興機構の伊藤裕子特任研究員は「予算が突出した米中がトップになるのはある意味当然といえるが、5位以内をみても日本の研究力低下が鮮明になった。深刻に受け止めるべきだ」と警鐘をならしています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190512/k10011913021000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012


    【【日本転落】科学論文の引用回数 米中が各分野の1位独占 日 本 は な し】の続きを読む

    日本で新種として記載されていながら、その存在が疑問視されていたミツクリミジンコがおよそ120年ぶりに発見された。


    東北大学大学院生命科学研究科の研究チームは、1896年に日本で記載されたミツクリミジンコをおよそ120年ぶりに発見。日本や中国において現存していることを論文として発表した。

    ミツクリミジンコの名前の由来は、日本の動物学の発展に尽くした箕作佳吉(みつくり・かきち)博士にちなんで命名されたもの。箕作博士はカメの発生やナマコの分類の研究で世界的に著名であり、ミキモトの創業者として知られる御木本幸吉に真珠の養殖が可能と助言するなど、カキや真珠の養殖にも貢献。深海魚のミツクリザメも箕作博士の名前を由来としている。


    ミツクリミジンコは、1869年に東京帝国大学農学部教授の石川千代松博士により採取されたが、その後の分類学の歴史の中で種としての存在が疑問視され、忘れられていた。

    だが、千葉県印旛沼で採集されたミジンコを飼育繁殖させ、遺伝解析と詳細な形態観察を行うことで、遺伝的に既知の種とは異なることが判明。そして形態的特徴がミツクリミジンコに酷似していることから、採集されたミジンコはミツクリミジンコと結論づけられることになった。

    なお、ミツクリミジンコは1896年当時は平地で普通に見られたと考えられるが、北米から侵入したミジンコに駆逐された可能性があり、現在は非常に稀な種となっているという。

    SNSなどのネットでは「こういうの好きだ。地道な研究素晴らしい」「ミツクリミジンコ、写真見ても普通のミジンコと区別がつかない」「『日本産ミジンコ図鑑』にさえ掲載されていない幻のミジンコ。凄いですね」といった反応が寄せられている。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【存在疑問視されたミジンコ、120年ぶりに発見】の続きを読む

     携帯電話などに欠かせないレアアース(希土類)が、小笠原諸島・南鳥島(東京都)周辺の排他的経済水域の海底に世界需要の数百年分あることが分かったと、東京大や海洋研究開発機構などの研究グループが10日付の英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。レアアースは現在、生産量の9割を中国が占めている。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    世界需要の数百年分のレアアースが見つかった地点


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【南鳥島の海底:レアアース、世界需要の数百年分】の続きを読む


    http://www.asahi.com/articles/ASKDD5Q6MKDDPLBJ007.html
     長年にわたって世界中の研究者を悩ませてきた数学の超難問「ABC予想」を証明したとする論文が、国際的な数学の専門誌に掲載される見通しになった。執筆者は、京都大数理解析研究所の望月新一教授(48)。今世紀の数学史上、最大級の業績とされ、論文が掲載されることで、その内容の正しさが正式に認められることになる。

     望月さんは2012年8月、論文を自身のホームページ上で公開。数理研が発行する数学誌「PRIMS」が、外部の複数の数学者に依頼し、間違いがないか確かめる「査読」を続けてきた。同誌は研究者の間で一流の国際数学誌と評価されており、早ければ来年1月にも掲載が決まる。

     数学の難問の証明としては、「フェルマーの最終定理」(1995年解決)や「ポアンカレ予想」(2006年解決)などと並ぶ快挙。数学のノーベル賞といわれる「フィールズ賞」が与えられた過去の業績に匹敵するという。

     ABC予想は、整数の性質を研究する「整数論」の難問で、85年に提示された。整数aと整数bの和がcのときに成立する特別な関係を示す。

     望月さんは、19歳で名門・米…


    (出典 www.asahicom.jp)


    ★1)12/16(土) 04:15:28.24
    前スレhttp://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513409958/


    【【数学】京大の望月教授が超難問・ABC予想を「証明」..フェルマーの最終定理やポアンカレ予想の解決と並ぶ快挙】の続きを読む

    このページのトップヘ