Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 天候

    メイン画像


    今夜(7日)は、北から強烈な寒気。あす、北海道や東北で予想される寒気は過去最強に匹敵し、記録的な寒さの所も。関東は今季一番の寒気が入り、三連休は寒さが厳しくなるでしょう。

    強烈寒気は今夜から

    きょう7日(木)の夜から強烈な寒気が一気に流れ込んできます。あす8日(金)、札幌や秋田の上空1500メートル付近で予想される寒気は今季最強どころか、観測史上最強クラスです。このため、北海道や東北では今夜から冷え込みが急激に強まり、あすの日中は真冬でもめったにないような寒さとなるでしょう。特に北海道では記録的な寒さが予想され、札幌の予想最高気温は氷点下11度です。札幌で最高気温が氷点下11度以下を観測したことは、統計開始以来3回しかありません。東北も凍てつくような寒さで、約7割の地点で真冬日(最高気温が0度未満)となる可能性があります。また、風がおさまる、あさって9日(土)の朝は北海道や東北、北陸で今シーズン一番の冷え込みとなるでしょう。特に北海道では極端な冷え込みが予想されます。


    寒気の影響、長引く

    北日本の強烈な寒気の底はあすですが、その後も真冬並みの強い寒気が居座ります。北海道では来週前半にかけても真冬日の続く所が多く、昼間も凍える寒さが長く続くでしょう。また、東北には「低温に関する地方気象情報」が発表されており、三連休にかけても平年より気温がかなり低い所がありますので、水道の凍結などに注意が必要です。

    強い寒気は関東にも

    画像C

    北海道や東北のように記録的とまではいきませんが、関東も三連休には今季これまでで一番強い寒気が流れ込みます。9日(土)は昼間も震える寒さが予想され、関東のほとんどの地点で最高気温が5度に届かない予想です。「今季最も気温が上がらない日」となるかもしれません。このため平野部でも雨ではなく、雪が降る可能性が高くなっています。雪の降る時間や降る量はまだ幅がありますが、東京23区でも雪の積もる所がありそうです。できるだけ最新の情報を確認してください。10日(日)と11日(月)は日差しが届きますが、空気はかなり冷たいでしょう。お出かけの予定がある方は、寒さ対策を万全にしてください。なお、関東も寒気の影響が長引き、三連休明けも厳しい寒さが続きそうです。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【過去最強クラスの寒波 関東も激寒の三連休】の続きを読む


    メイン画像

    きょう29日は、全国的に北風が強く吹き、日本海側では午前を中心に吹雪いていました。1月は早いもので終盤。平成最後の1月の残り2日。天気の主役となるモノはいかに、

    1月最後の2日間 刻々変わるお立ち台

    きょう29日は、全国的に北風が吹き荒れました。強い風の原因は、動きが遅い発達した低気圧です。この低気圧は今後、東へ離れ、強い風は次第に収まります。あす30日は、西日本や東日本を中心に移動性の高気圧に覆われるため、穏やかな晴天。北日本でも日中は日差しの出る所が多くなります。ただ、天気の移り変わりは早いです!あす夜には高気圧の中心が東へ移動し、あさって木曜日(31日)は、前線が西日本から東日本の南岸に延びる予想です。一方の北日本も寒冷前線が通過するため、天気が下り坂となります。カラカラ状態が続いていた今月の太平洋側。1月最後は久しぶりに傘の手番となりそうです。

    30日(あす)の天気

    画像B

    あす30日は、西日本は午前は晴れますが、午後は雲が多くなるでしょう。夜は九州や中国地方で雨の降る所がありそうです。東日本は太平洋側では、晴れて空気の乾燥した状態が続くでしょう。東日本の日本海側や北日本では、日中は晴れる所が多いですが、夜は日本海側の所々で雨や雪の予想です。

    31日の天気

    画像C

    1月最終日の木曜日は、全国的に天気が崩れます。九州から東海では雨が降り、久しぶりに傘の出番となります。北陸や東北、北海道は、はじめ雨で降っていても、空気が入れ替わる午後は雪に変わります。一番難しいのが関東です。tenki.jpの午後2時最新の予報では「晴れのち雪」です。降りだしは雨でも次第に雪が交じり、夜は雪に変わる可能性があります。ただ、雪が降ったとしても都心部で積もるほどの雪になることはないとみられます。
    翌日2月1日は中学入試を控えている受験生もいらっしゃるかと思います。最新の予報をこまめにチェックして、試験に備えて下さい。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【1月最後の2日間 えっ?東京に雪予報?】の続きを読む

    メイン画像

    年末は、日本の上空に今シーズン一番の強烈な寒波が流れ込む見込み。暖かさが目立った2018年でしたが、関東も厳しい寒さで締めくくりとなりそうです。

    今季一番の強烈な寒気

    画像A

    27日頃から日本付近は強い冬型の気圧配置が予想されています。上空には大雪を降らせる目安となる寒気(5000m付近でー36度以下)が秋田付近まで流れ込むでしょう。今シーズン一番の強烈な寒気となりそうです。「年末寒波」で北日本から西日本の日本海側を中心に大雪で荒れた天気となるでしょう。一方、関東などの太平洋側は大晦日にかけておおむね晴れそうです。

    都心も氷が張るほど冷えこむ

    年末は晴れる関東地方ですが、注意したいのは28日頃からの厳しい寒さ。都心では、今シーズンこれまでに朝、最も冷え込んだのは、初霜を観測した12月16日の0.4度。しかし、年末にかけてこれ以上に低くなり、都心でも氷が張るほど強い冷え込みとなることもありそうです。日中の最高気温も都心では5.8度までしか上がらなかった日もありましたが、この日と同じくらいの厳しい寒さになることもあるでしょう。暖かさが目立った2018年でしたが、年末は厳寒で締めくくりとなりそうです。

    関東以外へお出かけの方も防寒対策をしっかり

    年末年始、帰省や旅行で地方へお出かけの方も寒さには注意が必要です。特に28日は北海道ではほとんどの所で一日中氷点下の真冬日に。普段寒さに慣れていない方は、体に堪えるほどの寒さとなりそうです。沖縄もつい先日まで夏日になった日もありましたが、年末年始は20度に届かない日が続きそうです。全国どこへ行っても寒さが厳しいでしょう。年末イベントも多く、人の多い所へ出掛けることも多いかもしれませんが、お出かけの際は防寒対策はもちろん、インフルエンザや風邪などにも十分お気を付けください。



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【年末の強烈寒波 関東も厳寒で締めくくり】の続きを読む

    メイン画像

    28日(金)は強烈な寒波が襲来。12月として記録的な強さが予想されます。太平洋側にも雪雲が流れ出すでしょう。交通機関が乱れることも考えられます。雪への備えを。

    年末の寒波 どのくらいの強さ?

    画像A

    上図のように上空1500メートル付近では、24日(月)に寒気の流れ込みが予想されています。27日(木)から流れ込む寒気はそれ以上に強く、28日には日本列島は平地でも雪の目安とされる氷点下6度以下の寒気に覆われるでしょう。上空5500メートル付近では、氷点下42度以下の寒気が東北北部まで流れ込む見込みです。今季一番どころか、12月として記録的な寒波となりそうです。大雪の目安とされる氷点下36度以下の寒気は、今季初めて北陸付近まで南下するでしょう。

    太平洋側の地域も雪への備えを

    28日(金)は、広く西または北よりの風が強く吹く見込みです。日本海側は雪が降り、ふぶき、平地でも降り方が強まるでしょう。近年で、12月に東北北部に氷点下42度以下の寒気が流れ込んだのは2014年12月13日で、この時、四国や東海など太平洋側の一部でも雪が降りました。今回は、それ以上の寒気となる可能性があります。雪に慣れていない太平洋側の地域にも、雪雲が流れ込だすでしょう。雪や暴風による交通機関の乱れも考えられます。予定変更などを想定して、無理のないようにしましょう。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【28日頃 記録的な寒波 帰省の足に影響か】の続きを読む

    メイン画像

    もうすぐクリスマス。24日(月)は、日本付近は冬型の気圧配置となり、強い寒気が流れ込む予想です。ホワイトクリスマスになるのはどこ?

    クリスマスイブの天気

    今のところの予想では、24日(月)は、日本付近は冬型の気圧配置で、平地で雪の目安とされる上空1500メートル付近で氷点下6度以下の寒気が関東付近まで南下する見込みです。北海道や東北は広く雪で、北陸も標高の高い所を中心に雪が降るでしょう。ふぶく所もありますので、注意が必要です。近畿や中国地方も山沿いで雪となりそうです。関東や東海、四国、九州は大体晴れる見込みです。こちらの地域は例年同様、ホワイトクリスマスにはなりませんが、空気が澄んで夜空にイルミネーションがよく映えそうです。広く冷たい北風が吹きますので、お出かけは風を防げる上着を着たり、手袋やマフラーで暖かくして、聖夜をお過ごしください。

    クリスマスの天気

    25日(火)は、冬型の気圧配置は緩む見込みです。北海道や東北、北陸の雪はやむ所もあるでしょう。関東から九州は大体晴れて、風は穏やかに。注意することは朝の冷え込みが強まることです。内陸ばかりでなく東京都心や名古屋、大阪でも、朝起きたら地面は霜で白くなっているということもあるくらいでしょう。北海道や東北、関東、東海では昼間も厳しい寒さが続きそうです。十分に暖かくしてお過ごしください。

    24日の寒さ めったにない「高温」からの「厳寒」

    23日(日)にかけては、全国的に最低・最高気温は平年より高く、11月中旬並みとなる所もある見込みです。12月としてはめったにない高温となる所も。24日(月)は寒さが緩んだ後の寒さとなるため、体にこたえそうです。体調管理にお気を付けください。



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【イブは冬型 ホワイトクリスマスになる?】の続きを読む

    このページのトップヘ