Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 天候

    お盆休みの列島各地を、ゲリラ豪雨が襲っている。関東や近畿など様々な地域で、雷を伴った局所的な大雨に見舞われるケースが相次いでいるのだ。

    そんな中、「雨柱」と呼ばれる光景の目撃報告も。晴れた空の一部を覆った黒い雲から、強い雨が真っ直ぐ下へと落ちていく――そんな瞬間をおさめた写真が、ツイッターへ続々と投稿されている。

    都内では冠水、停電も

    2018年8月13日午後、関東地方の各地を局所的な雷雨が襲った。東京都杉並区の京王井の頭線・久我山駅では、激しい雨により駅構内が冠水。また、雷などの影響により、東京・神奈川・茨城などでは計8000軒近くが停電した。

    ゲリラ豪雨は近畿地方でも。13日夕頃には京都市内など、翌14日午後には大阪、京都の両県内の一部地域で、激しい雷雨が降った。お盆休みで観光に出かけていた人も多かったようで、ツイッターには、

    「晴れの予報だった大阪に土砂降りのゲリラ豪雨が襲撃 大雨洪水警報で困ったことに」
    「ゲリラ豪雨のせいで京都観光は途中で終わってしもた」

    といった投稿も目立っていた。

    そうした中、ゲリラ豪雨が生んだ幻想的な光景を目撃したユーザーも。晴れ渡った青空の中で、まるで滝のように一部分だけ雨が落ちている様子を撮影した写真が、ツイッターに数多くアップされているのだ。

    まるで「雨のカーテン」のような一枚

    なかには、激しく降る雨が「水の壁」のように見える風景を撮影した人も。京都・嵐山から撮ったもので、写真の左半分が雲と雨で白く覆われ、右半分は青空と緑の山々が広がっている。この幻想的な一枚には、投稿者自身も、

    「境界線がすごすぎた、、、、笑 雨でこんなに境界できることにびっくりしたわ、、、神秘」

    と驚きを露わにしていた。

    ちなみに、J-CASTニュースの14日の取材に応じた京都地方気象台の担当者によれば、雨柱の光景は「決して、珍しいものではありません。この時期には、よく見られる現象です」という。

    とはいえ、こうした自然現象に驚き、それを楽しむユーザーは少なくないようだ。先述の嵐山から撮影した写真には、「なんか『大きな木』に見える、、、神秘的だな」「凄い!!境界線がハッキリ」「雨のカーテン、凄いです」といった感動の声が相次いで寄せられていた。

    京都・嵐山から撮影したという一枚。写真は@kurehqqqqqさん提供


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ゲリラ豪雨とらえた「神秘写真」話題に 青空と雨のコントラスト、まるで「水の壁」】の続きを読む

    shutterstock_609789812

    関東から東北地方に強い風雨をもたらし北上中の台風13号。ここ最近の台風といえば、従来に比べて速度が遅くなっているように感じられますが、その原因はやはり「環境の変化」にあるようです。健康社会学者で気象予報士の河合薫さんは、自身のメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』の中で、米海洋大気局気象気候センターの研究者がNature誌に寄稿した論文等を引きながら、台風の移動速度が落ちた理由や激しい雨をもたらすようになった訳について記すとともに、災害から身を守るための「早めの決断」を呼びかけています。

    ※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』2018年8月8日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

    プロフィール:河合薫(かわい・かおる)
    健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。ANA国際線CAを経たのち、気象予報士として「ニュースステーション」などに出演。2007年に博士号(Ph.D)取得後は、産業ストレスを専門に調査研究を進めている。主な著書に、同メルマガの連載を元にした『他人をバカにしたがる男たち』(日経プレミアムシリーズ)など多数。

    温暖化で変わる台風の姿

    みなさま、台風は大丈夫でしたでしょうか?

    関東地方では雨風共に強くなりますし、高潮の被害も予想されています。できればこんな日は会社も臨時休業にしてもらいたいです。それほどまでに最近の気象現象は「過去の経験が通じなくなっていることはみなさんも「肌」で感じているのではないでしょうか。

    最新の研究では、「ハリケーンや台風などの熱帯低気圧の移動速度が数十年前より遅くなっている」ことがわかりました。Natureの6月号に寄稿された論文の筆者、米海洋大気局(NOAA)気象気候センターのジェームズ・コーシン氏によれば、

    「熱帯低気圧は1949~2016年に、全体の移動速度が平均で10%低下している。上陸後に速度がより低下する地域もあった。特に、太平洋北西部では上陸後の台風の速度が30%も低下していた」

    とのこと。その理由について、

    極地の方がほかの地域より温暖化が速く進んでいるせいで、気圧の勾配に変化が生じ熱帯低気圧を移動させる風が弱まっている」

    としています。

    台風は偏西風などの大きな風の力で流されます。日本に上陸すると途端に速度を増すのも、日本上空の偏西風に台風が乗るためです。ところが温暖化の影響で偏西風が極端に弱くなったり日本列島の上空に吹いていないなどの状況が頻発しているのです。

    台風の移動速度が遅くなれば、同じ場所に長時間雨が降り続けることになり、土砂崩れや河川の氾濫の危険性が高まります。特に日本列島は「ジェットコースター並」と言われるほど、急勾配の河川が多く、河川の氾濫は避けて通ることはできません。西日本豪雨のときと同様の被害が、あちこちで頻発する可能性が高まっているのです。




    (出典 news.nicovideo.jp)




    【不気味な傾向。日本に上陸する台風は年々大型化し、速度も遅くなっている】の続きを読む

     台風13号は8日夜から、9日昼ごろにかけて暴風域を伴って関東地方や東北太平洋側にかなり接近する見込みで、気象庁では注意を呼びかけている。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。関東甲信地方と東北地方では、局地的に猛烈な雨が降ると見られている。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    台風13号の影響で押し寄せる高波=千葉県勝浦市で2018年8月8日午前9時59分、玉城達郎撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【台風13号:今夜遅くから9日に関東・東北に接近】の続きを読む


    (出典 storage.tenki.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2018/07/18(水) 14:37:26.14

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180718/k10011538001000.html

    東日本と西日本を中心に18日も猛暑が続き、岐阜県多治見市では気温が40度に達し、国内では5年前の平成25年以来、
    40度以上の気温を観測しました。各地で命に関わる危険な暑さになっています。熱中症に厳重に警戒してください。

    気象庁によりますと、東日本と西日本を中心に18日も広い範囲で勢力の強い高気圧に覆われ、気温がぐんぐん上がっています。

    岐阜県多治見市では、午後1時34分に気温が40度ちょうどに達しました。国内で40度以上の気温が観測されたのは、
    5年前の平成25年8月13日に高知県四万十市西土佐で40度ちょうどを観測して以来です。

    このほか、午後1時半までの最高気温は岐阜県美濃市で39度7分、岐阜市で39度2分、名古屋市で38度9分、
    群馬県伊勢崎市で38度4分、京都市で38度2分、東京・青梅市で37度8分、岡山県高梁市で37度2分、愛媛県大洲市で
    35度9分など各地で35度以上の猛暑日となっています。

    各地で命に関わる危険な暑さになっています。熱中症に厳重に警戒してください。

    熱中症の対策に詳しい専門家などは、日中の運動は控えるほか、室内ではためらわずに冷房を使うこと、
    それに水分や塩分をこまめに補給することが必要だとしています。

    特に豪雨の被災地では環境の変化によって熱中症の危険性が高まっています。被災した方々や復旧作業に
    当たっている人などは水分や塩分をこまめに取ったり定期的に日陰などで休憩したりするほか、自宅の冷房が
    壊れている場合は冷房のある避難所に移動するなど、十分な対策を取ってください。


    前スレ

    【猛暑】岐阜県多治見 40.0℃
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1531889369/


    【【猛暑】岐阜県多治見 40℃】の続きを読む

     3連休最後の16日、列島は高気圧に覆われ、各地で最高気温35度以上の猛暑日となった。岐阜県では揖斐川町が前日に引き続き全国最高となる39.3度を記録したほか、多治見市、岐阜市が全国2位の39度▽美濃市、郡上市が同4位の各38.8度--となった。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    最高気温が今年一番の39度を記録した岐阜市では、水遊びをする子どもたちの姿も見られた=JR岐阜駅前で2018年7月16日午後12時55分、葛西大博撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【天気:猛暑、岐阜に集中 揖斐川町が全国最高39.3度】の続きを読む

    このページのトップヘ