Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 天候


    メイン画像


    史上最長の10連休、序盤2日が過ぎ、いかがお過ごしでしょうか?これから行楽を控え、ワクワクと心躍らせている方も大勢いらっしゃるかと思います。最新の天気予報をもとに、ひと目でわかるGWの天気チャートで傾向をしっかり確認しましょう!

    GW この先の傾向(関東)

    上図は横軸が天気の傾向を表し、軸の右側を晴天、左側を雨天と表現しています。一方、縦軸は気温の傾向を表し、軸の上側ほど平年より高く、下側ほど平年より低いとしています。関東地方の来月6日までの予報をプロットするとご覧のようになります。
    晴れて暖かいのが、来月2日から5日にかけて。ズバリ行楽日和は4日!と言えます。5日も晴れますが、午後はにわか雨があるかもしれません。
    その一方で、雨が降って、ヒンヤリするのが、あす29日から令和初日の1日です。その中でも特にポイントとなるのが、改元のタイミングの30日から翌1日です。

    令和初日はメイストーム

    画像B

    あさって30日と元号が“令和"に変わる5月1日は行楽に水を差す大雨となる恐れがあります。
    その原因が本州に近づく低気圧や前線です。低気圧に向かって南から梅雨のような非常に湿った空気が流れ込み、低気圧や前線の活動が活発になります。西日本や東日本の太平洋側を中心に雨や風が強まり、改元早々大荒れ。行楽の足に影響が出る恐れがあります。
    なお、大型連休の天気予報はtenki.jp の「GW(ゴールデンウィーク)の天気 2019」で随時、更新されます。お出かけ前の情報としてご活用下さい。

    GWの要注意日と行楽日和はズバリここ!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【GWの要注意日と行楽日和はズバリここ!】の続きを読む

    メイン画像

    4月も下旬に入り、昼間は上着なしで過ごせるようになりましたね。これから大型連休に向けて、暖かな日が続いて欲しいものですが、そこに「待った」をかける予報が!まず東京の予想最高気温で傾向を確認します。

    連休初日に気温急降下!服装注意!

    上図は28日日曜日までの東京の予想最高気温です。あすから金曜日にかけては軒並み20度以上。特に木曜日と金曜日は27度と7月上旬並みの予想です。昼間は半袖でも十分過ごせますし、少し蒸し暑く感じられるかもしれません。ところが大型連休初日の土曜日は気温が急降下。土日ともに最高気温は20度に届かず19度と4月中旬並みとなりそうです。季節が3カ月近く変動しますので、装いも大きく変わりそうです。

    全国的にはどうか?

    画像B

    各地の気温も同様に大きく変化しそうです。
    あす24日は各地20度以上で、札幌と仙台は6月中旬並みの蒸し暑さが予想されます。ところが木曜日になると札幌では14度と前日から8度もダウン。金曜日は仙台や金沢でも前日より5度以上も低くなります。特に金曜日の札幌は10度にすら届かず7度止まり。金沢の大型連休スタートはなんと3月下旬並みとクローゼットにしまっていた冬物が再び活躍しそうな寒さとなりそうです。
    大型連休初日は、北日本を中心に上空の寒気の影響を受け、寒暖差が大きくなります。特に北海道や東北、それに関東甲信の標高1000m以上の高地では雪の降ることもありそうです。登山などを予定している方は、当日の天候をこまめに確認して下さい。
    なお、大型連休の天気予報はtenki.jp の「GW(ゴールデンウィーク)の天気 2019」で随時、更新されます。チェックしてみて下さい。



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【大型連休スタートは極端な気温変動にご注意を!】の続きを読む

    メイン画像


    いよいよ春本番!この先1か月の気温は全国的に平年より高いでしょう。桜前線も順調に進みそうです。晴れる日も多く、お花見の計画も立てやすいでしょう。

    向こう1か月の天気傾向

    3月に入ってから春本番のような暖かい日もあれば、まだ冬のコートが必要な日もあったりと、寒暖差が大きいものの、6日までの5日間の平均気温は全国的に平年より高くなっています。向こう1か月も日本列島は暖かい空気に覆われやすく、気温は平年より高くなりそうです。降水量は全国的にほぼ平年並みで、日差しの出る時間は、特に西日本の太平洋側や沖縄・奄美で平年並みか多くなるでしょう。

    1週目(3月9日~15日)

    来週にかけて北日本や西日本の太平洋側を中心に短い周期で天気が変わりそうです。東日本と西日本の日本海側は低気圧や前線の影響を受けやすく、晴れの日は少ない見込みです。まさに「春に三日の晴れなし」が来週にかけて続きそうです。ただ、気温は平年よりも特に高くなるでしょう。関東から九州は最高気温15度以上の日が多く、晴れて日差しが出ると、暖かく感じられる日もありそうです。

    2週目(3月16日~22日)

    いよいよ桜の開花の便りが次第に届くでしょう。本日、日本気象協会が発表した桜の開花予想によると、開花のスタートを切るのは福岡で3月17日の予想です。都心は21日の予想。2週目も北日本から西日本にかけて平年より気温が高い予想ですので、このまま順調につぼみが膨らんでいきそうです。天気は数日の周期で変わるものの、東日本や西日本は低気圧や前線の影響を受けにくくなるため、平年より晴れの日が多くなるでしょう。

    3~4週目(3月23~4月5日)

    3月下旬から4月上旬になると、西日本や東日本は桜の満開を迎える所もありそうです。都心の満開は30日の予想です。東日本や西日本の太平洋側はこの時期らしく、晴れの日が多い見込みですので、花見の計画も立てやすいでしょう。桜の名所も賑わいそうです。気温は平年より高い予想ですので、日中はぽかぽか陽気の中でお花見を楽しめる日もあるでしょう。ただ、夜はまだまだ冷えますので、夜桜見物は万全な寒さ対策をご用意ください。北日本の桜も順調に膨らんできそうです。沖縄・奄美も気温は平年より高く、暖かいでしょう。汗ばむ日もありそうです。沖縄では早くも海開きがスタートした所もあります。曇や雨の日が多いものの、これから海水浴が楽しめそうです。
    北日本=北海道、東北
    東日本=関東甲信、東海、北陸
    西日本=近畿、中国、四国、九州(奄美を除く)


    春本番へまっしぐら 桜前線も順調に 1か月


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【春本番へまっしぐら 桜前線も順調に 1か月】の続きを読む

    メイン画像


    今夜(7日)は、北から強烈な寒気。あす、北海道や東北で予想される寒気は過去最強に匹敵し、記録的な寒さの所も。関東は今季一番の寒気が入り、三連休は寒さが厳しくなるでしょう。

    強烈寒気は今夜から

    きょう7日(木)の夜から強烈な寒気が一気に流れ込んできます。あす8日(金)、札幌や秋田の上空1500メートル付近で予想される寒気は今季最強どころか、観測史上最強クラスです。このため、北海道や東北では今夜から冷え込みが急激に強まり、あすの日中は真冬でもめったにないような寒さとなるでしょう。特に北海道では記録的な寒さが予想され、札幌の予想最高気温は氷点下11度です。札幌で最高気温が氷点下11度以下を観測したことは、統計開始以来3回しかありません。東北も凍てつくような寒さで、約7割の地点で真冬日(最高気温が0度未満)となる可能性があります。また、風がおさまる、あさって9日(土)の朝は北海道や東北、北陸で今シーズン一番の冷え込みとなるでしょう。特に北海道では極端な冷え込みが予想されます。


    寒気の影響、長引く

    北日本の強烈な寒気の底はあすですが、その後も真冬並みの強い寒気が居座ります。北海道では来週前半にかけても真冬日の続く所が多く、昼間も凍える寒さが長く続くでしょう。また、東北には「低温に関する地方気象情報」が発表されており、三連休にかけても平年より気温がかなり低い所がありますので、水道の凍結などに注意が必要です。

    強い寒気は関東にも

    画像C

    北海道や東北のように記録的とまではいきませんが、関東も三連休には今季これまでで一番強い寒気が流れ込みます。9日(土)は昼間も震える寒さが予想され、関東のほとんどの地点で最高気温が5度に届かない予想です。「今季最も気温が上がらない日」となるかもしれません。このため平野部でも雨ではなく、雪が降る可能性が高くなっています。雪の降る時間や降る量はまだ幅がありますが、東京23区でも雪の積もる所がありそうです。できるだけ最新の情報を確認してください。10日(日)と11日(月)は日差しが届きますが、空気はかなり冷たいでしょう。お出かけの予定がある方は、寒さ対策を万全にしてください。なお、関東も寒気の影響が長引き、三連休明けも厳しい寒さが続きそうです。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【過去最強クラスの寒波 関東も激寒の三連休】の続きを読む


    メイン画像

    きょう29日は、全国的に北風が強く吹き、日本海側では午前を中心に吹雪いていました。1月は早いもので終盤。平成最後の1月の残り2日。天気の主役となるモノはいかに、

    1月最後の2日間 刻々変わるお立ち台

    きょう29日は、全国的に北風が吹き荒れました。強い風の原因は、動きが遅い発達した低気圧です。この低気圧は今後、東へ離れ、強い風は次第に収まります。あす30日は、西日本や東日本を中心に移動性の高気圧に覆われるため、穏やかな晴天。北日本でも日中は日差しの出る所が多くなります。ただ、天気の移り変わりは早いです!あす夜には高気圧の中心が東へ移動し、あさって木曜日(31日)は、前線が西日本から東日本の南岸に延びる予想です。一方の北日本も寒冷前線が通過するため、天気が下り坂となります。カラカラ状態が続いていた今月の太平洋側。1月最後は久しぶりに傘の手番となりそうです。

    30日(あす)の天気

    画像B

    あす30日は、西日本は午前は晴れますが、午後は雲が多くなるでしょう。夜は九州や中国地方で雨の降る所がありそうです。東日本は太平洋側では、晴れて空気の乾燥した状態が続くでしょう。東日本の日本海側や北日本では、日中は晴れる所が多いですが、夜は日本海側の所々で雨や雪の予想です。

    31日の天気

    画像C

    1月最終日の木曜日は、全国的に天気が崩れます。九州から東海では雨が降り、久しぶりに傘の出番となります。北陸や東北、北海道は、はじめ雨で降っていても、空気が入れ替わる午後は雪に変わります。一番難しいのが関東です。tenki.jpの午後2時最新の予報では「晴れのち雪」です。降りだしは雨でも次第に雪が交じり、夜は雪に変わる可能性があります。ただ、雪が降ったとしても都心部で積もるほどの雪になることはないとみられます。
    翌日2月1日は中学入試を控えている受験生もいらっしゃるかと思います。最新の予報をこまめにチェックして、試験に備えて下さい。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【1月最後の2日間 えっ?東京に雪予報?】の続きを読む

    このページのトップヘ