Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 料理

     大晦日に欠かせないものといえば「年越しそば」ですよね。大晦日に蕎麦を食べる理由には諸説あるようですが、蕎麦が長く伸びることから、長寿への願いが込められているという説や、蕎麦は他の麺類と比べて切れやすいことから、新しい一年に向け、その年の厄災を断ち切る、という意味合いがあるとも言われます。

     家庭ごとに、こだわりの年越しそばがあると思いますが、ぜひ作って欲しいのが、鶏むね肉を使った「鶏天そば」。簡単でボリュームもあり、酒もすすむ温かい蕎麦です。

     鶏天といっても、何も難しいことはありません。鶏のむね肉を一口大サイズに切り、日本酒でさっと洗い、軽く塩をして片栗粉をまぶし、焼くように揚げるだけ。鶏肉をそぎ切りにすることで、短い時間でふっくらジューシーに焼き揚げることができます。ポイントは鶏むね肉の大きさがなるべく均等になるよう切ることと、片栗粉をつけたらすぐに油に入れること。

     慌ただしい師走の〆に、ぜひ作ってみてください。


    「年越し鶏天そば」のレシピ

    鶏天の年越しそば

    材料(2人分)

    ・鶏むね肉……約200g
    ・日本酒……大さじ1
    ・塩……少々
    ・片栗粉……適量
    ・油……適量
    ・ほうれん草……1/4わ
    ・三つ葉……少々
    ・七味唐辛子……お好み

    ・蕎麦つゆ(市販のもの)……約500cc
    ・蕎麦(乾麺)……140g

    作り方

    1.鶏むね肉を7cmほどのそぎ切りにし、日本酒をまわしがけ、全体になじませたら余分な日本酒を捨て、少々塩を振る


    2.ほうれん草を洗い、熱湯に塩を入れて茹で、水気を切ってから4cm長さに切る

    3.1.の鶏むね肉に片栗粉をまんべんなくまぶし、淡いきつね色になるまで焼くように揚げる



    4.鍋にたっぷりの湯を沸かし、蕎麦を入れ、最初は箸ですこしかき回し、蕎麦の茹で時間の少し前に1本取って食べ、芯がなければザルに上げ、冷水で洗ってぬめりを取り、熱湯でもう一度温めて丼に入れる

    5.温めた蕎麦つゆを丼にそそぎ、2.のほうれん草、3.の鶏天、三つ葉を添えたら出来上がり。お好みで七味唐辛子を添えてお召し上がりください

     アクセントとして、七味唐辛子のほか、冬の楽しみ黄色に色づいた柚子の皮を散らしても格別です。レシピは温かい蕎麦でご紹介しましたが、もりそばなどの冷たい蕎麦にも鶏天はよく合います。別の器に鶏天を盛りつけ、つけ汁に浸しながら、蕎麦と一緒にお楽しみください。

    ●著者プロフィール

    奥田ここ

    国内外各地の市場を「師」とあおぎ、旬の食材を中心にした和食及びイタリア料理の料理教室を主宰。外国の方の参加や元築地市場内での調理室など、様々な場所とスタイルで開催するほか、各種媒体・広告へのレシピ提供や、食材産地の取材および食に関する話題の企画・執筆に加え、個別の要望に応じた出張料理や料理提案など、国内外問わず活動中。素材の味を大切にし、無駄なく使い切る献立作りを心掛けている。

    食楽web


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【大晦日に食べたい! お酒も進む絶品「年越し鶏天そば」の作り方】の続きを読む

     海上自衛隊で振る舞われるレシピを公開するサイト「艦めし」で、潜水艦「ずいりゅう」のポークカレーが公開されました。「ザ!鉄腕!DASH!!」で取り上げられ、TOKIOが「これまで食べたカレーで一番うまい」と絶賛したカレー。

    【画像】レシピを見る

       同番組の「俺たちのDASHカレー」で100年以上の歴史を持つ伝統の海軍カレーとして紹介されたもの。見た目こそ家庭で作る普通のポークカレーですが、国家機密だらけの潜水艦内で作るため「火を使わず、音もたてない」など工夫も。TOKIOの城島さんだけでなく、本場インドでカレーを食べた長瀬さんもその味を絶賛し、大きな注目を集めていました。

     材料は肉、人参、玉ねぎなどの定番材料の他、パルメザンチーズ(8g)、ワイン(10cc)、牛乳(4cc)などの隠し味も惜しみなく公開しています。レシピは「スープストックのために香味野菜を4時間煮込む」など、下準備段階からかなり時間がかけられており、TOKIOがうなるのも納得。なお、通常のご飯ではなくカレーパウダーを入れて炊いたターメリックライスで食べるとよりおいしいそうです。

     TOKIOが太鼓判を押したカレーレシピが公開されたことで、ネット上でも話題に。「下準備に4時間」という事実に打ちひしがれる人も多いですが、「(これだけ手間をかけたら)そりゃおいしいわ」と長い歴史の中で洗練されていったレシピに感心する人もいるようです。

     味はもちろん、「栄養補給」「体力の維持増進」にも配慮された海軍カレー。決して簡単に作れるわけではありませんが、一度は食べてみたい一品です。

       
    見た目は普通のポークカレーですが、味は絶品らしい(画像は「艦めし」より)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    【海上自衛隊、「海軍カレー」の国家機密レシピ公開 「まず、香味野菜を4時間煮込みます」】の続きを読む

    今年もそうめんがおいしい季節がやってきた。うだるような暑さのなか、あっさり冷たいそうめんをツユにつけ、チュルっとすする。まさに夏ならではの味だ。

    ところで、家で食べるそうめんといえば、どんな盛り付けをイメージするだろうか。水をしっかり切ってザルに盛るのか、氷水の入った深皿で麺を泳がせるのか。そのほかにも、色々なパターンがあるだろう。

    実は、いまインターネット上で、「そうめんの盛り付け方」をめぐるアツい議論が交わされている。そこでJ-CASTニュースは今回、最もおいしい食べ方を専門家に尋ねた。その結果は...。

    盛り付け方に地域差はあるのか

    議論の発端は、あるツイッターユーザーが2018年7月9日に投げかけた素朴な疑問だ。

    投稿者の女性は、そうめんは「水を切って、ザルに盛り付ける」と考えていた。だが、大阪出身の夫は、「氷水の中に入れて出すのが普通じゃないの?」。こうした意見の違いを受けて、

    「関西と関東で違うの?」

    とツイッターで尋ねたのだ。

    この問い掛けを発端に、ネット上では「うちでは水を切って皿に盛ってます」「ウチの実家も氷水に入れて出てきました」などの意見が続出。ただ、肝心の地域差については、

    「ずっと関東ですが氷水に漬けて出てきましたね」
    「大阪ですが水切ってから食べます...」

    との声も。そのため、「地方というより、各家庭の好みの問題っぽい」と分析するユーザーも目立っていた。

    その後、議論はさらに進展。地域による違いというテーマから、どのような食べ方が正しいか争う動きが起きたのだ。実際、ツイッターやネット掲示板をみると、

    「水を切るのはそうめんの良さを潰してる」
    「のびると美味しくないので、ざる一択」

    といった意見の対立が起きている。

    そうめんの正しい食べ方は?

    そうめんの盛り付け方に地域差はあるのか。また、よりおいしく食べるにはどちらの盛り方が適切なのか――。J-CASTニュースは11日、実家が製麺所だというそうめん研究家のソーメン二郎さんに聞いた。

    まず、各ユーザーによって盛り付け方に違いがあった点については、

    「おそらく地域差ではなく、家庭差ではないかと思います。そうめんは外食ではなく家庭料理です。おばあさま、お母さんが、氷水に入れて出す家庭であれば、それがずっと続くのではないかと思います」

    とコメント。その上で、ソーメン二郎さんの「おすすめ」の食べ方を聞くと、

    「そうめんは、油をとるために水洗いし、氷水で締めた後は、すぐザルに入れて食べて下さい。長時間、そうめんを水に浸していると水分を吸って小麦本来の味や食感が大きく損なわれます。また、氷水がめんつゆに入りつゆがどんどん薄くなります」

    とのことだった。

    また、揖保乃糸(いぼのいと)で知られる兵庫県内の製麺業関係者も、地域差については「聞いたことがありません。やはり、家庭によって違うのではないでしょうか」と指摘。続けて、

    「しっかりと水を切らないと、麺が水を吸収して柔らかくなり、どんどんマズくなります。一口大に巻いて、ザルに乗せるのがベストです」

    と断言。取材の中では、「兵庫はもちろん、そうめんに親しんでいる地域では、しっかり水を切って食べる家庭が多いと思いますよ」とも話していた。

    キンキンに冷えて美味しそうだけど…


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【そうめんは「氷水」に入れちゃダメ! 専門家が語る「正しい食べ方」とは】の続きを読む


    ビルが立ち並ぶ梅田/茶屋町、ホッと息抜きみたいに夜景と空がちょっぴり開けた「C+(ツェープラス)」のテラス席。

    都会のまん中でも風や星やを感じたら、気分もちょっぴりグランピング。

    ご用意するのは、おしゃれでおいしいお料理とドリンクたち。

    ココロもカラダもリラックスできるようなひとときをどうぞ。
    当日受付もOKですよ。

    「テラスビアガーデン」3980円(税込)

    ◆Starter
    ・シュリンプチップス

    ◆Deli
    ・ローストビーフとワサビのタルタルブルスケッタ
    ・夏のスティック野菜 くるみと白味噌のフムスディップ
    ・淡路産ハモの軽い燻製 香草ラビゴットソース

    ◆Salad
    ・ざく切りレタスと生ハムのシーザーサラダ

    ◆Frit
    ・香草風味のフライドポテト

    ◆BBQ PLATE
    ・ヨーグルトでマリネしたタンドリー風味カルビ
    ・スモークソーセージ ロースト野菜

    ◆Pasta
    アサリとトマトのボンゴレビアンコ ハーブのサラダ添え

    ◆Main
    Wポークと季節野菜のロースト

    ◆飲み放題90分制
    …豊富な種類の飲み放題メニュー…
    生ビール サングリア(赤/白/ロゼ) グラスワイン(赤/白/ロゼ)
    スパークリングワイン ワインカクテル各種 ハイボール 梅酒
    カクテル各種 ノンアルコールカクテル各種 ソフトドリンク



    さらに、メッセージ付ホールケーキがついてお祝い仕様の
    「アニバーサリープラン」4500円(税込)も。
    ※2日前までにご予約ください

    【テラスビアガーデンに関する注意事項 】
    ※2名様~承ります。
    ※お席は2時間制とさせていただきます。
    ※店内でのご利用も可能です。お気軽にご相談ください。
    ※当日の天候不良、またご利用中の急な天候不良の場合は、店内席でのプランご利用をご提案させていただきます。ただし、店内席へのご移動は状況によりご案内できない場合がございます。予めご了承ください。
    ※当日、急な悪天候による途中退店の場合でも、プラン料金のご返金はできませんのでご注意ください。

    配信元企業:株式会社ポトマック

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【梅田・茶屋町のテラスでグランピング気分。おしゃれでおいしいビアガーデンプラン】の続きを読む

    元プロ野球選手・里崎智也氏が絶賛した「唐揚げ」が、インターネット上で大きな注目を集めている。

    見た目は唐揚げとは似ても似つかない、鮮やかな「赤」が目を引く――。

    インパクトは十分だが...

    里崎氏は2018年5月1日、ツイッターで、

    「オープン記念イベントに、オフィシャルサポーターを務める里崎駆けつけました!」

    などと報告した。

    自身がオフィシャルサポーターを務める唐揚げ専門店「からあげ大将亭」の新店「イオンタウン君津店」(千葉県君津市)が5月1日にオープンし、その日に訪れたという。

    その上で、

    「里崎イチオシ紅生姜唐揚げ定食、抜群の美味しさです。勿論単品でのテイクアウトもできます。マリン外周(編注:ZOZOマリンスタジアムの飲食ゾーン)にも出店してますので、是非ご賞味あれ!」

    との宣伝とともに、「紅生姜唐揚げ」の写真を添えた。

    その名の通り、唐揚げ全体に揚げた紅しょうがが覆っておりインパクトは十分。ツイッターでも「美味いだろうけど見た目が...」などとその独特な外見への言及が少なくなかった。<J-CASTトレンド>



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「紅しょうが唐揚げ」にネット衝撃 里崎智也「抜群の美味しさ」とイチオシ】の続きを読む

    このページのトップヘ