Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: マスコミ

    TBSの笹川友里アナウンサーが地元神奈川県の横浜・加賀町警察署で一日警察署長を務めた。彼女が10月12日、インスタで「完全に着られてますが」と制服姿を公開して「似合っていて素敵です」「ワシのハートを盗んだ! 逮捕だー」などの反響を呼んでいる。

    笹川友里アナによると加賀町警察署は元町中華街付近が管轄で、その防犯パトロールに参加したり詐欺撲滅を呼びかけたという。大役を終えて「署内の皆様、優しくて知らない事を沢山教えて下さいました。貴重な経験をありがとうございました」と振り返っていた。


    その後、彼女は「街の人気者二人と」とピーガルくん、振り込まセンジャーに挟まれて並ぶスリーショットを公開、「シュールで可愛い二人」「#個人的に好きな一枚」と明かしている。

    「ピーガルくん」は神奈川県警察のシンボル・マスコットで、「振り込まセンジャー」は神奈川県内の犯罪を阻止すべく「トラセンジャー」とタッグを組んでセンジャーな日々をおくっているご当地ヒーローだ。

    ゆるキャラとヒーローに挟まれて笑顔で敬礼する笹川アナの姿に、「ゆるキャラと一緒にいる友里ちゃんも、なかなかの美人だ」「奥さんになっても可愛いね~」「婦警さんに蹴られたい…」と多くが魅了されていた。

    画像は『笹川友里 2018年10月15日付Instagram「街の人気者二人と」、2018年10月12日付Instagram「完全に着られてますが」』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

     海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【笹川友里アナ、一日警察署長で“街の人気者”と3ショット「個人的に好きな一枚」】の続きを読む

     フリーアナウンサーの紺野あさ美さんが10月12日、テレビ東京アナウンサーの狩野恵里さんと松丸友紀さん、秋元玲奈さんとの集合写真をブログで報告。全員ママとなり、わが子を抱っこする写真も公開されており、“テレ東ママ友会”に注目が集まっています。

    【画像:全員わが子を抱っこ】

     紺野さんは2017年に同局を退社した後、同年9月に第1子女児を出産。松丸さんは2017年5月に第1子男児を、秋元さんは2017年11月に第1子男児を、狩野さんは2018年1月に双子の女児を出産しており、全員が同学年の子どもを持つママで、子どもたちを交えた9ショットではテレビの前で見せるのとはまた違った柔和な表情を見せています。

     かつての先輩たちとのママ友会を、「楽しく、癒されました」と振り返った紺野さん。松丸さんも、同様の写真とともにInstagramを更新し、「会話の中心は育児ネタ。みんな同志」と子育てに奮闘するママたちとの会話に元気づけられたようで、秋元さんも「賑やかな午後となりました」と同年代の子どもたちが集まりはしゃぐ姿に癒やされていました。

     一連の投稿には、「いやーほんと凄いメンツですね!」「美人四人」など久々のテレ東メンバー集結を喜ぶ声や、「ご自宅だと、より表情豊かなのがいいですね」「こうやって集まったら、みんなママの顔になってますね」「みなさん幸せなオーラが出まくってますなぁ~!」とテレビとはまた違った表情にほっこりする人の声もあがっていました。

     
    みんなママ!(画像は紺野あさ美オフィシャルブログから)


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【「みんなママの顔」 紺野あさ美&松丸友紀&秋元玲奈&狩野恵里、“テレ東ママ友会”の親子ショットがほっこり】の続きを読む

    元貴乃花親方の妻で旧貴乃花部屋の女将・花田景子さんをめぐり、「バイキング」(フジテレビ系)で述べられた情報の内容に誤りがあったとして、放送中にアナウンサーが訂正・謝罪したが、インターネット上で「ふざけた謝罪」などと批判が殺到している。

    その情報を述べたのは相撲リポーター・横野レイコ氏。旧貴乃花部屋にとってネガティブな誤情報だったが、謝罪時に姿を現さなかった。

    「若い衆が出て行った後に、景子さんは(旧貴乃花部屋に)いらっしゃった」

    元貴乃花親方の退職と旧貴乃花部屋の消滅にともない、部屋力士らは2018年10月2日に千賀ノ浦部屋へ引っ越したが、横野氏はこの時の景子さんについて「残念というか気になった」ことがあったという。3日放送の「バイキング」でこんな話を披露した。

    「貴公俊関ら若い衆が涙を流して出て行きましたが、出て行った後に、景子さんは(旧貴乃花部屋に)いらっしゃったんですね。景子さんもこの日が引っ越しだと分かっていただろうし、みんなと最後に会おうと思っていらっしゃったと思うんですけど、力士たちが出て行った後に来ましたから、あいさつが(できなかった)」

    つまり、景子さんは弟子たちの部屋の去り際に立ち会っていなかったというのだ。横野氏は続けた。

    「これ、時間の連携が(できてない)。若い衆だって女将さんに今日が最後だからあいさつをと思っていただろうけど、(元貴乃花)親方にだけあいさつして出て行った。ということは、親方から『女将さんがもうすぐ来るから待ってやれよ』といったことを言われてない。女将さんが来る時間も知らないで出て行ったんじゃないかな」

    話を聞いていたMCの坂上忍さんが「ということは、貴乃花親方と景子夫人の間で意思の疎通、連絡というのは...?」と聞くと、横野氏はためらう様子なく、

    「取れてないんじゃないかなと、私はこれを見て思いました」
     と見解を述べた。

    旧貴乃花部屋の悲しい最後、さらには親方夫妻の不仲さえ示唆する横野氏の驚きの情報。スタジオ一同はどよめいた。ところが、その約1時間半後に一転する。

    「『午前中から部屋にいて、引っ越しを手伝っていた』ということでした」

    放送終了間際に榎並大二郎アナウンサーがカメラの前に立ち、こんな訂正・謝罪をして頭を下げたのだ。

    「先ほど、貴乃花部屋の引っ越しについてお伝えした際に、『女将さんの景子さんが、引っ越しが終わってから部屋に到着した』とお伝えしましたが、貴乃花親方の代理人弁護士の方からの情報で、『景子さんは午前中から部屋にいて、引っ越しを手伝っていた』ということでした。訂正してお詫びします」

    「引っ越し後に部屋に着いた」としていたのが、「引っ越し前から部屋にいた」と正反対にひっくり返ったわけだが、この謝罪時、当の横野氏がカメラに映ることはなかった。榎並アナが述べた訂正文にも、横野氏の名前は登場していない。結果として元貴乃花親方夫妻を不当に責めるような内容だっただけに、ツイッターでは、

    「訂正謝罪もしない 横野レイコ」
     「横野レイコさまは? 意思の疎通ができてない関係じゃないか?と、コメントした、横野さまは?」
     と横野氏に対する批判が相次いでいる。

    矛先は坂上さんにも向けられた。榎並アナの上記の謝罪から、坂上さんは間髪入れずに、

    「まあね。専門家の方々も一生懸命、取材して発言してくださっているんですけど、間違える時もありますから。間違えたら素直に謝る。ごめんなさい。さあそれでは...(次の話題に移る)」

    と淡々とした様子で発言。榎並アナはもう一度頭を下げるも、坂上さんがお辞儀などしているところは少なくとも放送画面からは確認できない。こうした姿勢に対しても、

    「最低...何これ。言い訳しないで謝罪しろよ!坂上忍」
     「何? 今の...謝罪? ふざけた謝罪ですね」
     「さも夫婦仲が悪いような印象操作しておきながらあの謝罪はないと思う。謝っても許さないバイキングが都合のいいこと」
     といった声がツイッター上で続出した。

    横野氏は4日放送の「バイキング」にも出演したが、景子さんの件に触れることはなかった。

                
    hqdefault


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【横野レイコ、「貴乃花部屋」めぐり誤情報 「花田景子さん、引っ越し後に到着」→「最初からいました」】の続きを読む

     10月に入り、音楽業界、芸能界は、大みそかの風物詩『第69回NHK紅白歌合戦』の話題で持ちきりになっているという。

    「出場者は毎年11月に発表されることから、年末のスケジュールを管理する所属事務所もピリピリし始めていますよ。今年は復活がテーマになりそうで、『U.S.A.』がスマッシュヒットし再ブレークしている『DA PUMP』が出場濃厚ではないかとウワサされているほか、デビュー50周年の『和田アキ子』が復帰するのではとささやかれています。そして、プロ野球・中日ドラゴンズの松坂大輔選手がゲスト審査員を務めるらしいという話が、業界内で駆け巡っていますよ」(芸能関係者)

     そのほか、初出場組にも注目が集まっているという。

    「昨年はTWICE、WANIMA、SHISHAMO、Hey! Say! JUMP、三浦大知らが初めて出場しましたが、今年は5月23日にデビューシングルを発売したばかりのKing & Princeが栄光のキップをつかむかもしれないといわれてます」(芸能関係者)

     またNHK局内で大きな議論を呼びそうなのが、人気バンド・Suchmosの扱いだという。

    「NHKのロシアW杯中継のテーマソング『VOLT-AGE』を歌ったので、順当にいけば出場となりそうなのですが……。ネット上では『盛り上がれない曲』『ボルテージが上がらない』『ヤマ場がない』などとさんざん叩かれ、あまりに不評だったため、出場が見送られるのではないかと心配されています。仮に出場となっても、ほかの曲を歌うことになる可能性があります」(同)

     発表まであと1カ月ほど。果たしてNHKはどのような判断を下すのか、注目が集まる。

       
    Suchmos公式サイトより


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【『紅白』出場めぐり、芸能界ザワザワ……DA PUMPの復活は確定? NHKが頭を悩ます“Suchmos問題”も】の続きを読む

     フリーアナウンサーの有働由美子が、23日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。3月まで司会を務めていたNHK『あさイチ』について振り返った。

    【大きい画像を見る】有働由美子アナウンサー【写真:竹内みちまろ】

          番組スタートから8年間、V6井ノ原快彦とともに司会を務めてきた有働だったが、視聴者からはダメ出しが連日舞い込んでいたという。彼女は「それを言わせないような放送をしてやろう」と、がさつな言い回しに気をつけたり、感情を表に出さないなど、ひそかに心に決めて毎日臨んでいたのだとか。

      一方で、「大事なのはニュース」と、自分の見え方など気にしないようにしていたとも語った。ところが、「また(苦情が)来ると、また(自分で)抱えて『絶対文句言わせない』みたいな、その繰り返し」だったと回顧。

      さらにフリーになってからの半年間は、「不安で、不安でしょうがない」とも言及。「『何時に起きてもいいよ』とか言われると、昨日よりも15分あとに起きちゃったな。人として大丈夫かな? だんだん堕ちてきてるんじゃないか」と疑心暗鬼にとらわれると明かし、「結局、そうやって縛られるのが好きなのかもしれないですね」と、定時で働いていたNHK時代を少し懐かしがっていた。


    【ほかの画像を見る】有働由美子アナウンサー【写真:竹内みちまろ】

    有働由美子アナウンサー【写真:竹内みちまろ】


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【有働由美子、NHKを辞めて実感「結局、縛られるのが好きなのかも」】の続きを読む

    このページのトップヘ