Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: マスコミ

    12月4日より「めざましテレビ」(毎週月~金曜朝4:55-8:00、フジテレビ系) 、7人目の“マンスリーエンタメプレゼンター”として宮野真守が出演している。

    【写真を見る】めざましプレゼンターに挑戦する宮野真守の真剣な表情!

    宮野は2001年に海外ドラマ「私はケイトリン」の吹き替えで声優デビュー。その後、「DEATH NOTE」(2006-2007年、日本テレビ系)や「機動戦士ガンダム00」(2007-2009年、TBS系)など、多くの作品で声を担当してきた。

    最近では俳優としてミュージカルに出演したり、2008年より歌手活動を行ったりと、幅広い活躍で注目されている。

    そんな彼の初めての“マンスリーエンタメプレゼンター”としての出演に密着。収録後に、感想や今後の意気込みについて聞いた。

    ――初回の放送を終えた感想を教えてください。

    みんなには「(緊張が)うそだ!」って言われたんですが、本当に緊張しました。打ち合わせはたくさんさせてもらったのですが、どんな景色が目の前に見えるのか、全然想像がつかなかったです。

    テレビの出演経験があまりないので、「どのカメラを見るか」、「どこに指示が出るのか」、「何秒で話せば良いのか」など、すごく考えました。

    本当に緊張していたんですが、感想などをお伝えする場所があって、スタジオの皆さんが優しく反応してくれて。その掛け合いでどんどんほぐれていきました。

    やはり「生ナレーションは失敗できない」という緊張感があったんです。あまり生でナレーションを読むことはないですが、「宮野さんにぜひ」と言ってくださったのでチャレンジしました。今後も声をなりわいにしている者として、自分にできるパフォーマンスで盛り上げられればと思っています。

    ■ 安心して出演できました!

    ――“マンスリーエンタメプレゼンター”として出演が決まったときの心境はいかがでしたか?

    最初は、自分が生放送に出演してプレゼンターをするというお話に驚きました。ゲストではなく、番組側の人間としてお伝えするのか…と。その役割は、僕なんかで大丈夫かなって思ったんです。

    ですが、「めざましテレビ」さんは、僕のことを何度も特集してくださっていて、スタジオには以前、取材をしていただいた軽部(真一)さんがいらっしゃって。スタジオに立つ前から迎え入れてくれる空気感があったので、大丈夫だろうと安心して出演できました。

    ――これまでの生放送の番組での経験は生かせましたか?

    今までは、自分を紹介していただいたり、歌わせていただいたりというゲストとしての立ち位置だったので、今回と雰囲気は全然違いました。ですが、これまでの生放送に出演させていただいた経験は、お伝えする役割ではなかったにしろ、生放送であるという心構えは持っていけたかなと思います。

    ――初日の出演に向け、準備されたことはありましたか?

    これまでマンスリーエンタメプレゼンターを務めてきた方々のVTRを改めて拝見しました。どのように番組を進行していたかを、僕なりに勉強させていただいて、プレゼンターは「“一言でまとめる力”が必要とされるのかな?」と思いました。

    例えば、歌広場(淳)さんがドカンと笑いを取っているのを見て、「こうやって振られた時、僕なら何ができるかなぁ」とシミュレーションしたり、ドキドキしていましたね (笑)。

    ――「めざましテレビ」は朝が早いですが、朝は強いほうですか?

    いや、それが全然(笑)。もちろん朝が早い仕事もありますが、オフのときは、気付いたらお昼ってこともあります。声優のお仕事は家での作業も多いので、どうしても夜まで作業することが増えてしまうんですよね。

    ■ 軽部アナにほっこり!

    ――では、一緒にエンタメニュースを紹介する、軽部アナウンサーに対する印象はどうでしたか?

    「子供のころから見ている人」というイメージです(笑)。初めてお会いしたときは、「わぁ本物だぁ!」って思いました。

    初めて取材していただいたときも、物腰の柔らかさや気遣いに、本当に感謝の気持ちでいっぱいだったんです。そのときも、滞りなく進められるように、優しくアプローチしてくださいました。

    今回の放送では、その経験もあったので、より掛け合いをスムーズにできた部分がありました。軽部さんのおちゃめな部分もたくさん見られたなと思っています。軽部さんがオフでもいじられているのを見てほっこりしました。

    ――「めざましテレビ」を通して、ご自身から発信していきたいことはありますか?

    今回(12月4日)の放送では、「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が映画のランキングに入っていたので、「(自身が務める)吹き替えではこうしています」というお話ができました。

    このように、声優のお仕事、アニメや吹き替えでのエピソードもお伝えできればと思っています。

    ――ワッフルの食リポにも挑戦されていましたね。

    食リポの経験はほとんどなかったんです。「難しそうだな」とか、「どういう言葉を使ったらいいんだろう」って、はたから見ているといろいろ考えるんですが、今日は本当においしくて(笑)。一瞬の食リポだったんですが、そのままの感想を伝えたら、永島(優美)アナが応えてくださって、楽しくリポートできました。

    ■ うますぎる「大迫半端ないって!」にスタジオ大爆笑!

    ――今回のプレゼンター挑戦で新しい発見はありましたか?

    たくさんありました。原稿を読むにしても、目線がすごく難しいなと感じて。見られている姿って、想像するしかないんですよね。モニターには映っていますが、その見られ方や、目線がどこにいっているのか、今どのカメラが抜いている瞬間なのかというのを、まだ僕は瞬時に理解できていなくて。

    そこはもう少し注意していきたいと思います。今回の放送でも、カメラに抜かれたときに、一瞬下を向いちゃったなという瞬間がありました。

    やはり声優のお仕事をしているときとは、見られ方が違いますね。ドラマや映像のお仕事もまた違う、生で流動的に変わっていくカメラワークが新しい感覚でした。

    ――プレゼンターへの挑戦を、どのようにご自身の活動につなげていきたいですか?

    僕は、求められたときに、自分にできることを追い求めて、最大限パフォーマンスできればいいなと思って活動してきました。

    それが、今回ありがたいことに、「プレゼンター」につながったので、ここからも自分が何かでまた求めてもらったときに、積極的に足を踏み入れていきたいと思っています。

    ――今回の出演で印象的だった場面は?

    声優らしく「ここでこういうボイス」、「ここでこういう雰囲気のせりふ」というのを事前に打ち合わせしていましたが、想定していなかった「大迫半端ないって!」が一番ウケましたね(笑)。やろうとしていなかったことでも、生放送ではいかに対応するかが、大事だなと思いました。こういうところをも拾ってもらえて、膨らませていけたので、ありがたかったです。

    ――今後の放送に向けて、意気込みをお願いします。

    朝の情報番組でプレゼンターをさせていただくという、自分でもまさかまさかの大役を頂きました。声優の僕が、情報番組でエンタメを紹介するということで、「どういうふうに皆さんに届けられるかな」、「自分の特徴って何だろう」と最初はいろいろ考えました。ですが今回の放送で、すごく楽しく収録できて、自分の色も出し、届けられたかなと思います。朝から皆さんに元気になってもらうため、自分らしく、そして声優らしく、これからも盛り上げられたらと思っています。(ザテレビジョン)


    「めざましテレビ」12月の“マンスリーエンタメプレゼンター”を務める宮野真守


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【宮野真守「自分らしく、そして声優らしく、盛り上げたい!」<めざましプレゼンター連載>】の続きを読む

    ■「お笑いコピーバンドのボーカルをピックアップいただいた、ご英断に感謝すると共にニッポン放送もロックだなと思った次第です」(GUEEN・フレディ波多江)

    【画像】クイーンのサウンドをステージで再現するGUEEN

    12月9日25時30分からニッポン放送にて特別番組『RADIO GAGA~We Love QUEEN』が放送される。
    11月9日に映画『ボヘミアン・ラプソディ』が公開され、今、世の中は空前のQUEEN(以下クイーン)ブーム。番組では、そんなクイーンの魅力を3時間にわたってたっぷりと届ける。

    パーソナリティは、1990年からクイーンのトリビュートバンドとして四半世紀以上の活動を続けるGUEEN(グイーン)のボーカル、フレディ波多江(メイン写真)。

    GUEENは本家クイーンも演奏することのなかったレコードどおりのサウンドをステージで再現する音楽性の高さと、フレディ波多江の天然ボケのMCが人気のバンド。

    2013年には来日していたポール・マッカートニーのプライベートパーティに招聘され、御前で演奏し、彼とバンドメンバーを笑いと涙の渦に巻き込んだという逸話をもつ。そのフレディ波多江が、初めてニッポン放送のパーソナリティに挑戦する。

    ゲストには、GUEENのギター&キーボードを担当するスパイク山田と、クイーン評論家でクイーンのCDやDVDのライナーノーツも手がける石角隆行。スタジオにはスパイク山田がブライアン・メイモデルのギターを持ち込む予定。

    昔からのクイーンファンも、最近好きになった人も、映画を観た人も、これから観るという人にも聴き逃せないスぺシャルプログラムとなる。

    番組では、リスナーからメールを募集中。クイーンの楽曲のリクエスト、思い出、自慢、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の感想などを送ろう。

    また、1973年のデビューから1980年までを追ったライブ&ドキュメンタリーDVD『クイーン ヒストリー1973-1980』が3人に当たるプレゼント企画も実施。応募方法などは番組で発表される。

    ■フレディ波多江 コメント
    GUEENのボーカル フレディ波多江です。歴史あるニッポン放送の深夜枠に盟友のスパイク山田とともにお邪魔します。
    お笑いコピーバンドのボーカルをピックアップいただいた、ご英断に感謝すると共にニッポン放送もロックだなと思った次第です。クイーンの楽曲やフレディ・マーキュリーの素晴らしさについてはもちろん、サウンド作りなどについてもお話ししたいと思っています。番組へのメール、ツイッターなどお待ちしております。楽しみです。Radio Ga Ga でヘイ・ヘイ・ヘーイ!

    番組情報
    ニッポン放送3時間生放送スペシャル『RADIO GAGA~We Love QUEEN』
    12/09(日)25:30~28:30
    パーソナリティ :フレディ波多江(GUEEN ボーカル)
    ゲスト:スパイク山田(GUEEN ギター&キーボード)、石角隆行(QUEEN評論家)
    番組メールアドレス:queen@1242.com
    ツイッター:@1242_PR
    ハッシュタグ:#lovequeen

    GUEEN OFFICIAL WEBSITE
    http://www.gueen.com/
    (M-ON! MUSIC NEWS)
    掲載:M-ON! Press


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【ニッポン放送にてクイーンの3時間特番が放送決定!パーソナリティはGUEENのフレディ波多江】の続きを読む

     朝日新聞社は13日、50代の男性記者が紛失したとしていた個人情報入りのノートPCが発見されたと発表した。13日に警視庁から「鉄道会社に忘れ物として届けられている」と連絡があった。PCには、9日に都内で開かれたシンポジウムの参加希望者約1900人分の住所やメールアドレスなどが保存されていた。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    朝日新聞東京本社


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【紛失物:朝日新聞記者のPC 忘れ物として鉄道会社に届く】の続きを読む

    NO.7055680 2018/11/09 08:20
    原爆Tシャツ騒動余波 防弾少年団(BTS)の『Mステ』出演見送り!
    原爆Tシャツ騒動余波 防弾少年団(BTS)の『Mステ』出演見送り!
    9日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で予定されていた、韓国のアイドルグループ「防弾少年団(BTS)」の出演が見送りとなった。

    同局は8日夜、「以前にメンバーが着用されていたTシャツのデザインが波紋を呼んでいると一部で報道されており、番組としてその着用の意図をお尋ねするなど、所属レコード会社と協議を進めてまいりましたが、当社として総合的に判断した結果、残念ながら今回はご出演を見送ることとなりました。」というコメントを番組公式HPに掲載。

    生放送前日の出演見送りは異例中の異例ともいえる措置だ。

    防弾少年団は2013年に韓国でデビューした7人編成の男性ヒップホップアイドルグループ。

    日本でも14年にデビューすると、シングルやアルバムがオリコン1位を獲得しており、まもなくドームツアーも予定されている彼らだが、問題となっていたのはメンバーの1人がかつて着用したTシャツだ。

    女性芸能誌のライターが語る。

    「問題視されているのは、メンバーの1人が着ていたTシャツです。そのTシャツには、日本による植民地支配からの解放を記念する『光復節』を祝う内容の文が記されており、原爆投下の場面がプリントされていました。さらに過去にも、そのメンバーが日本に対し批判的なツイートしていたことも明らかになりました」(女性誌ライター) 

    こういった事実が判明するや、黙っていなかったのはネット民たちだ。

    ニュースサイトの運営に携わり、ネット事情に詳しいフリーの編集者はこう語る。

    「ネットには、韓国人やその言動を快く思わず、敵愾心をむき出しにする人が多く存在します。彼らは、常日頃からツイッター、ネット記事のコメント欄、匿名掲示板などに、とにかく熱心に書き込みをしますが、今回BTSから『原爆Tシャツ』という“燃料”を投下されて、一気にヒートアップしていました。とはいっても、BTSが閉じられた空間であるコンサート会場でライブを行っている限りは、そこまで大きな騒ぎにはなりませんが、地上波テレビに出るとなれば、話は別です。攻撃対象は『BTSをわざわざ使ったテレビ局』にも広がります。しかも先日、韓国で下された徴用工判決により、反韓ムードはかつてないほど高まっており、タイミングは最悪。当日、出演していればネットが大炎上したのは間違いないでしょう。ネット民はネットに書き込みをするだけでなく、局やスポンサーに抗議電話をかけまくったりします。具体的には、『原爆を賛美するミュージシャンが出る番組に、お金を出すのか?』と言うのです。そしてスポンサーが番組を降りなければ、その企業も“反日企業”に認定されるという流れです。テレ朝は面倒ごとを避けたということでしょう」 

    テレ朝は先頃、日本テレビから視聴率トップを奪ったばかり。

    出演見送りも異例だが、その理由を隠さずに発表したことで、さらなる波紋を広げることになりそうだ。
    【日時】2018年11月08日 23:26
    【提供】日刊サイゾー


    【原爆Tシャツ騒動余波 防弾少年団(BTS)の『Mステ』出演見送り!】の続きを読む


    フリーアナウンサーでタレントの岡副麻希(26歳)が11月4日、自身のInstagramで、新しいメガネをかけた自撮りを投稿。ファンの絶賛を浴びている。


    岡副はこの日、「新しいめがねさん#zoff #andywarhol この季節だけじゃなくて、365日夜は信号もイルミネーションみたいに見えるので、めがねは大切なのです #自撮りの緊張」とのコメントと共に、大きなレンズの新調したばかりのメガネショットを披露。

    これにファンからは「この岡副ちゃんやばいです半端ないくらい可愛いです」「メガネ姿も新鮮で可愛いですね!」「雰囲気変わるね!」「大きいメガネ似合ってる」「メガネ女子なんだ!」「めがねのマキちゃん可愛い」など絶賛のオンパレードとなっている。


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【岡副麻希のメガネ姿に「新鮮!」「かわいい!」】の続きを読む

    このページのトップヘ