Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: マスコミ


    1 1号 ★ :2020/04/01(水) 20:34:00 ID:ZGDu4F3Z9.net

     3月26日、プロ野球界で初めて新型コロナウイルスの感染が確認された阪神タイガースの藤浪晋太郎投手(25)。阪神ではほかに伊藤隼太外野手(30)と長坂拳弥捕手(25)の陽性が判明しており、この3人を含む7選手が参加していた3月14日の食事会で感染した疑いが高まっている。

     この食事会の翌15日、藤浪が関西テレビの若手アナウンサーと会食し、関西テレビがアナを出勤停止にしていることがわかった。

     関西テレビ関係者が証言する。

    「藤浪さんとうちの20代のアナウンサーと記者とで食事をしていました。現在、この2人は出勤停止になっています」

     関西テレビ広報部はこう回答した。

    「弊社アナウンサーと記者は、本年3月15日に藤浪選手と会食しております。症状はありませんが、念の為4月5日まで自宅待機を命じております。私的な会食と聞いており、経緯についてはお答えを控えます」

     阪神球団はアナウンサーとの会食の件や、3月14日の会食の詳細については「プライベートなので」と回答しなかった。

     4月2日(木)発売の「週刊文春」では、藤浪らが参加したタワーマンションでの“寿司パーティ”の様子や、15人以上出入りしていたという参加メンバーなどについて詳報する。また、大はしゃぎの小池知事に安倍首相が漏らした一言、緊急事態宣言で何が起きるのか、コロナ特需に沸く人々、活動休止延期が囁かれる嵐など、コロナウイルスが広げる影響について詳報する。

    4/1(水) 16:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200401-00036975-bunshun-spo


    関連スレ
    【野球】「スポンサー社長宅で女20人」 解説者の金村義明氏が阪神・藤浪らの“コロナ会食”内情暴露 ★6
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1585711733/


    ※前スレ
    【新型コロナ】関西テレビ、阪神・藤浪と"私的な"会食の若手アナを自宅待機に 合コンの翌日
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1585724836/


    【関西テレビ、阪神・藤浪と"私的な"会食の若手アナを自宅待機に 合コンの翌日】の続きを読む


    1 首都圏の虎 ★ :2020/03/25(水) 19:01:05.15

    【速報】日本テレビは50代の男性社員が新型コロナウイルスに感染していたことを明らかにしました。男性社員はビジネス関連の部署に勤務しスペインに旅行に行っていたということです。帰国後は出社していないということです

    https://twitter.com/tbs_news/status/1242751856104751105
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    【日本テレビは50代の男性社員が新型コロナウイルスに感染、スペイン旅行後に判明】の続きを読む


    1 ちーたろlove&peace ★ :2020/03/23(月) 20:11:54.01

    日テレ小杉社長 新型コロナ感染拡大も24時間テレビは「必ずやる」
    2020年3月23日 16時31分 写真:スポニチアネックス
    ざっくり言うと
    日本テレビの小杉善信社長が23日の定例会見で「24時間テレビ」に言及した
    新型コロナ感染の終息が見えない状況で放送するのか、と記者が質問
    社長は「もちろん、はい」「どういう形になろうが必ずやる」と回答した

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/18007560/?__twitter_impression=true

    ★1:2020/03/23(月) 18:26:54.78
    ※前スレ
    【日テレ社長】24時間テレビは「必ずやる」 イベント自粛ムードもコロナ拡大も「やらないといけない使命感」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1584955614/


    【【日テレ社長】24時間テレビは「必ずやる」 イベント自粛ムードもコロナ拡大も「やらないといけない使命感」】の続きを読む


    1 ヨシ!現場猫 ★ :2020/03/15(日) 08:01:45.07

     東京五輪開催の雲行きが怪しくなりつつあるようだ――。

     安倍晋三首相は14日午後6時から記者会見を行い、13日に可決した新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく今後の政府の対応などについて説明するとみられている。この会見で注目されているのが、東京五輪の開催について、なんらかの発表があるのかという点だ。

     米国のトランプ大統領は12日、東京五輪について「1年間延期したほうがよいかもしれない」と発言していたが、安倍首相は翌13日にそのトランプ氏と電話会談を行い、「五輪の開催に向けて日本として全力でがんばっている」と伝えたものの、延期については触れられなかったと報じられている。

    「マラソンの競技会場を札幌に変更した際の騒動をみてもわかるとおり、東京五輪の開催にかかわる重要事案の一切の決定権はIOC(国際オリンピック委員会)が握っており、基本的には日本政府や大会組織委員会に決定権はありません。もし延期や中止となればIOCが発表するはずで、少なくても14日の会見で安倍首相の口から発表されることはないでしょう」(全国紙記者)

     では、もし中止や延期となれば、いつ頃に決まるのだろうか。

    「11日、ついにWHO(世界保健機関)が新型コロナウイルス感染症についてパンデミック(世界的大流行)を宣言しましたが、すでに世界の感染者は2002~03年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)を超えています。そのSARSは最初の症例報告からWHOによる終息宣言まで約1年9カ月を要しており、新型コロナはまだ昨年12月に発生したばかり。WHOがパンデミックを宣言した以上、その終息が発表されるまで五輪開催は現実的に困難です。SARSの例を考えれば、すでに年内開催の可能性は消えたというのが、霞ヶ関での大方の見方です。

     もし延期になるのであれば、ボランティアをはじめとする膨大な数のスタッフの手配をはじめとする準備や、各国での代表選手の選考、メディア関連の調整などを考えれば、3月中か遅くても4月までには決定されるとみられています」(霞ヶ関の官僚)

     また、別の官僚も語る。

    「今週、IOC会長が海外メディアの取材に対し、開催中止の延期について『WHOの勧告に従う』と語り、すでにWHOと定期的に協議していることを明かしましたが、これは延期不可避との判断に傾いたIOCが、延期決定によって自らが世界中から批判を受けるリスクを回避するために、WHOに責任を押し付けた格好といえるでしょう。一方のWHOは、新型コロナへの甘い対応ですでに批判を浴びているだけに、パンデミックの宣言をしている以上は五輪開催にGOを出せない。もう延期は既定路線だという空気です」

    テレビ業界、五輪延期を織り込み済み
     こうした情勢を、国内のテレビ業界はすでに織り込み済みだと、局関係者は打ち明ける。

    「すでにNHKと民放キー局の間では、全競技の放送スケジュールの割り振りが決まっています。もし五輪がなくなれば、競技の中継のみならず、五輪ネタをメインに据えようとしていた通常番組や特番含めて、約2カ月分の予定が“すべて吹っ飛ぶ”ことになる。7~8月分の番組を新たに仕込むとなれば、企画の詰めやキャスティング、スポンサーの確保など、今から手を付けないと全然間に合いません。

     なので、今月に入ったくらいから各局は“五輪なし”の前提で動き始めていますよ。それを裏付けるように、特に今週に入ってから情報番組やニュース番組でも一斉に“五輪延期”のテーマを扱い始めていますよね」

     そして五輪の延期はあっても、中止はないと広告業界関係者は語る。

    「IOCとしても、もし中止になれば、あてにしていた巨額の放映権料という収入を得られなくなり、組織が立ち行かなくなるばかりか、存在意義そのものが問われることになります。さらに世界中の五輪スポンサー企業としても、これまでかかったコストが無駄になってしまう。そのため中止という選択肢はありません。もっとも、もし来年に延期されれば、国内で東京五輪を事実上取り仕切っている電通は、クライアント企業からのカネの支払い時期が延び、多額の売掛金を抱え込む懸念はあるかもしれません」

     東京五輪の動向に注目される。

    https://biz-journal.jp/2020/03/post_146644.html

    (出典 biz-journal.jp)


    ★1:2020/03/15(日) 02:09:27.51
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1584215873/


    【東京五輪「延期」前提で、すでにテレビ各局が始動…パンデミックで延期不可避の情勢】の続きを読む


    1 豆次郎 ★ :2020/02/27(木) 08:27:02.33

    ◆広まる陰謀論「日本で検査が少ないのは政府が感染者数を少なく見せたいからだ」
    ーー「韓国に比べて検査数が少ないのは日本政府が感染者を少なく見せたいからだ」というような陰謀論が広まっています。これについてはどうお考えですか?



    現場で感じているのは、検査のキャパシティーを増やしているという割には、重症で本当に検査が必要な人がすぐに検査できない状況があるのは確かだと思います。
    それは検査センターも手一杯で、検体を出したいと言ってもなかなか受け入れられない実情があるからだと思います。ですが、やはり必要な患者さんには速やかに検査ができる体制を一刻も早く整えることは大事だと思います。
    ただ、それは軽症の人も含めて全部検査しろということではありません。国ごとに段階や医療体制が異なるので何が適正な検査数なのかを考えるのは難しいです。
    韓国は新興宗教団体を中心に短期間で爆発的に広がったという特殊な状況があり、今は接触歴を追いながら封じ込めるために検査数が増えていると考えられます。
    韓国のCDC(疾病管理予防センター)のウェブサイトでは、誰から感染したかという接触歴が書かれていますから、感染者が多数出ていたとしても、接触歴はまだある程度追える段階なのだろうと想像しています。
    一方、日本では、誰から感染したかがわかりづらくなっている段階です。無症状の人や軽症の人まで韓国並みに検査するのは、意義が少なくなっているのです。検査が必要な人が誰なのか、状況が違うということです。
    適正な医療とは何なのかということを考えて、今の段階で無症状の人を捕まえて、感度がそれほど高くない検査を行えば、あてにならない結果がどんどん出てきます。
    感染した人を全員知りたいのですか?と考えた時に、そのデータを知って有益なのかという問いに答える必要もあります。無限に資源があるならやってもいいと思います。もはやそれは研究となりますが。
    SNSでは「サンプリングをしても現状を把握した方がいい」という意見が流れてくるのですが、今は医療機関にも検査機関にもそんな余裕はありません。限られた資源をどうしたら有効活用できるか考えた時に、8割は軽症で済む病気だということをまず押さえないといけません。
    この病気で今一番力を入れるべきは、高齢者や持病を持っている人が重症化して亡くなってしまう可能性を限りなくゼロに近づけることです。限られた医療資源をそこに振り向けなくてはなりません。
    安易に検査を広げることは、そこに注げる資源を減らし、かえって国民にとってマイナスになるかもしれません。

    ───────────────────────────

    ◆では私たちはどのように行動したらいいのか?
    ーー検査を受けられないと不安を抱いている人は、ただの風邪なのか新型コロナウイルスなのか自分で見分けられず、悪化する心配があるからでしょうね。自宅で様子をみることに危険はないですか?



    ただの風邪なのか、COVID-19なのかは病院で診察を受けても見分けることが困難です。検査をしても確実に診断ができるとは限らず、仮に感染していたとしても治療の方法はありません。



    心配かもしれませんが、知っておいていただきたいのは、感染者の80%は軽症で、1週間ほど風邪のような症状が続いて治ってしまうということです。また、お子さんはなぜか感染者も重症者も非常に少ないですし、妊婦さんも今のところ重症化しやすいという報告は出ていません。
    重症化する危険があるハイリスクな人は、だいたい50歳より上の方や持病のある方ですが、COVID-19の進行は比較的緩やかですので、風邪症状が出たら慌てずに休養し、症状を注意深く見守ってください。

    全文はこちらで↓
    https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/covid-19-sakamoto?utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharetwitter

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1582755848/


    【【感染管理の専門家から】「心配かもしれませんが、感染者の80%は軽症で、1週間ほど風邪のような症状が続いて治ってしまう」】の続きを読む

    このページのトップヘ