毎日新聞で連載していた「孤道」は病のため中断したが、藤原鎌足の出自の謎に迫る壮大な歴史ミステリーになるはずだった。内田さんの発案により完結編を募集中で、「新しい才能を世に送り出す手伝いをしたい」と応募作に期待を寄せていた。小説を休筆後は、夫人とともに「夫婦短歌」を発表していた。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

連載小説「孤道」について話す作家、内田康夫さん=長野県軽井沢町のティーサロン「軽井沢の芽衣」で2014年、内藤麻里子撮影


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【内田康夫さん死去:未完「孤道」 次代に託す】の続きを読む