Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 家族

     国際結婚、高齢結婚、同性パートナー。家族の形が多様化する中、今までの常識では考えられなかった新しい愛の形がある。


     千葉県・柏市の一戸建てに住む若狭美香さん(37)を訪ねると、夫の朋広さん(44)と、お子さん2人が和やかに出迎えてくれた。一見普通の家族に見えるが、そこにはもう一人の男性が。美香さんと朋広さんの息子にしては、あまりにも大きい。彼は美香さんの"彼氏"で、家族と同居しているというのだ。


    ■「結婚したまま妻は"彼氏"を作る」という選択肢

     2009年に入籍した若狭さん夫婦だが、ほどなくしてセックスレスになる。その後、2012年に1人目、2014年に2人目の子どもを設けたが、「妻に性的な感情が湧かなくなってしまって、そういうことができなくなってしまった。でも一緒にいてほしいというか、家族としてやっていきたいと思った。離婚するのか、頑張ってするのか、彼氏を認めるのか、毎晩相談していた。相談できそうな男性が現れた。ついにその時が来たのかなと思った。"妻の彼氏になってもらえませんか"という話をした」(朋広さん)。妻のことは愛しているが、セックスができない。実は、男性からの離婚申し立て理由の5位が、この"性的な不調和"だという。

     悩んでいた美香さんも、2016年4月にブログを始めた。「セックスレスだけど、めっちゃ話してる夫婦やでっていうブログを書いていた。自分の気持ちを正直に書いていたら、"夫じゃなくてもいいかも"みたいになってる自分に気づいた。それも全部、夫に話していた。そんな時にちょうどいい方が現れた」。


     3人で話し合いを持ち、考えに考え抜いて出した結論が、結婚したまま妻は"彼氏"を作る、という選択だった。2016年6月のことだった。"セックスフレンド"ではなく"彼氏"なのは、しんどい子育てを分担できるのではという思いがあったからだという。しかし去年3月、1人目の彼氏とは破局した。

     その後、3ヶ月後、今の彼氏である砂川卓也さん(24)との交際・同居がスタートした。出会いのきっかけは、美香さんが「困った人を助けに行く」という仕事をしていた卓也さんに子どもの面倒を見てほしいと依頼をしたことだった。美香さんのブログを読み、若狭家の状況を把握していたという卓也さん。丸1日、2人でいるうちに意気投合、LINEを交換した。それから美香さんが1人で旅行に行く際、卓也さんが「僕もついていきたいな」と話したのだという。美香さんは朋広さんに相談、卓也さんを若狭家に招待したのだという。「その時は恋愛感情がだいぶあった」(卓也さん)「"うわー、楽しみ!"というLINEが来た」(美香さん)そして、朋広さん公認のもと、卓也さんが一緒に住み始めることになる。


    ■「目の前でそういうイチャイチャするのはやめてねと言っている」

     卓也さんは「罪悪感はない。ほぼゼロ。僕がこの家にいることが(夫の)若ぴょんにもメリットがあるなと思っているので罪悪感はない。むしろ、この夫婦が家族会議の途中ですぐに離婚しそうになるから、僕が引き止めている。そういう気持ちが絶対に芽生えないかどうかは分からないが、二人に別れてほしいと思ったことはない」。

     卓也さんは美香さんとの関係をさらに発展させたいとは思わないのだろうか。「結婚する理由はあまりない。すでに一緒に住んでいるし、生活も一緒にしているから、結婚したいとは思わないのでは」。美香さんも「どこも目指してない。お墓のこととか、好きじゃなくなったらとか、そういうことはあまり考えてない」と話す。

     実は卓也さんと美香さんの間では、子どもをつくろうという話も出ているという。「親友みたいな感じなので、独占欲みたいなのはあまりない。幸せならそれでいいかなと思っている。ただ、目の前でそういうイチャイチャするのはやめてねと言っている。ちょっとでも違和感があったらすぐ家族会議をして、"ここがちょっと嫌やな"と話し合う」と朋広さん。彼女はいないというが、美香さんには「いつでも作っていい」と言われているという。


    ■4月からは新たにシングルマザーが同居

     朋広さんは去年の12月に仕事を辞めた。「3人で子育てをしている。貯金を食いつぶしている状態なので、"じゃあ働きに行ける人誰?"と、行ける人に行ってもらっている状態。それも全部会議で決めている」。家事も3人で役割分担、夫と妻と子ども、そして、妻の彼氏が和気あいあいと食卓を囲む。ちなみに、寝る時は朋広さんと子どもたち、美香さんと卓也さんで分かれる。時々、子どもたちのリクエストで、若狭家の4人で寝ることもあるという。「僕と子どもたちが美香さんを取り合っている感じ(笑)」(卓也さん)。「パパと卓ちゃんどっちが好き?」との質問に、子どもたちは「お父さん」。

     

     4月からはさらに人が増えるという。「小4と小2と3歳の子どもがいるシングルマザーの方。子育てが大変だと聞いて、"じゃあうち一緒に住まないか"という話をした。家事がめちゃくちゃ得意な人なので、待っていたという感じ」(朋広さん)。

     不倫報道や、不倫バッシングが熱を帯びる昨今の状況について、美香さんは「不倫している人は罪悪感がある。叩く人も"自分は我慢してんのになにしてんだ"とか"みんな我慢していてしんどい"みたいなことで責めている。それよりは罪悪感を持たない、責めない、"抱けない夫なんやねん"と言わない、やれる範囲で新しく楽しくやれることないかなということに取り組む方がいい」と話した。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)


    ▶放送済み『AbemaPrime』の映像は期間限定で無料視聴が可能。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【セックスレスの夫妻と子どもたち、そして妻の彼氏が同居する一家 新しい家族の形とは(1)】の続きを読む

    (Tomwang112/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

    どんなに愛し合っていた夫婦でも、別れは突然やってくる。しかし、子供がいる場合、離婚をするにしても夫婦間でさまざまな約束をすることもあるようだ。

    このことについて、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』のとあるトピックが話題になっている。

    ■息子が成人するまでは「再婚NG」

    投稿者は、32歳の夫と、2歳の息子がいる27歳の女性。共働きということもありお互い余裕がなく、すれ違いが増えて喧嘩が絶えないことから離婚をすることになったという。

    投稿者は「良い人とご縁があれば再婚して息子に兄弟を…」と考えていたようだが、夫は「息子が成人するまではお互い再婚はしないように」と提案。

    さらに「息子のことを考えていないひどい母親」と責めてきたという。

    夫の発言に疑問の投稿者は、掲示板に「子供が成人するまで再婚はしないってどう思いますか?」と悩みを訴えた。

    ■「気にしなくていい」

    息子が成人するまで再婚してはいけないのかと悩む投稿者に、ネット民からは「気にしないで」「そんな必要はない」と励ましの声があがった。

    ・離婚した後のことまで、元夫に干渉されたくない

    ・そんな約束する必要ない。自分の幸せも考えつつ、子供にも配慮して理解してもらえば再婚したらいい

    ・そういう価値観が違うから離婚に至ったんじゃないの。そこまで取り決めする必要はないよ

    ・あなたにとっても息子さんにとっても良い人が現れたなら、再婚もありだと思います。というか、もう別の人生歩む人の言うことなんて気にしなくていいと思う

    ■「女を捨てられない母親が大嫌い」の声も

    一方で、夫の意見に共感する声も。子供のことを考えたとき、再婚という手段が悪い方向に作用することもあるのだという。

    ・別に再婚しても良いと思う。ただ、知人は、娘が成人するまでは再婚しないと言っていた。女の子は義父からの性的な虐待に注意しないといけないからって。男の子でも暴力とかあるけどね

    ・子供は離婚で心を傷めてるのに母親が恋愛してたらいい気分ではないかもしれません。まだ2歳とはいえ、ちょっと気になりました

    ・新しい旦那さんとの間に生まれた子供ばっかり可愛がって居場所なくなる子もいるよね そういうのは辛い

    ・再婚は話し合いありきだけど、基本的には子供優先に考えてくださいね。思春期の頃母親が今の父と勝手に再婚したので女を捨てられない母親が大嫌いです

    ■子供のいる夫婦は離婚すべきではない?

    コメントの中には「子供を思うのならば離婚すべきではない」との声も。

    しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「子供がいる夫婦の離婚」について調査したところ、約5割が「離婚すべきではない」と回答した。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    全年代で、女性よりも男性のほうが「離婚すべきではない」と考えているようだ。

    離婚をしても、子供の親であることには変わりない。再婚について、互いに納得のいく結果になったことを願いたい。

    ・合わせて読みたい→インスタントジョンソン・じゃいが「離婚約」を明かす 妻の再婚を望む意見も

    (文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
    対象:全国20代〜60代の男女1,342名



    (出典 news.nicovideo.jp)



    【「子供がいるのに再婚するのはひどい母親」 元夫の意見に賛否】の続きを読む

    このページのトップヘ