Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 地域

    高度成長期に生産が終わり、いまではすっかり数を減らしたボンネットバス。観光用に運行しているケースは全国にありますが、岩手の山中で積雪期のみ、通常の路線バスとしても運行されています。

    そもそも「ボンネットバス」とは

    一般的なバス車両は、車体の後方部にエンジンを搭載し、後輪が駆動する「リアエンジン・リアドライブ」方式のもの。しかしかつては、エンジンを車体前部に配置する「フロントエンジン・リアドライブ」が主流でした。その大多数は乗用車のようにボンネットがあったことから、いまでは「ボンネットバス」と呼ばれています。

    ボンネットバスはその構造上、貨客スペースがどうしても狭くなります。そのため高度成長期、輸送需要が急激に増えるなかで、より多くの貨客スペ―スが確保できるリアエンジン車に取って代わられ、ボンネットバスは姿を消していきました。

    そして現在では、レトロで珍しいイメージから、観光の目玉車両として扱われることが多くなっています。たとえば、徳島県の四国交通による祖谷渓の定期観光バス、広島県の鞆鉄道による福山市内や鞆の浦の定期観光バスなどで季節的に運行されています。そのほかにも、観光バスとして走っていたり、動く状態で保存されていたりしますが、通年で一般路線バスとして運用されるものはなくなってしまいました。

    ただ、「積雪期のみ」という条件付きで、通常の路線バスとしてボンネットバスが使われる路線があります。それが、岩手県北自動車の松川温泉線です。

    秘湯への路線、その「最後の山道」だけを走るボンネットバス

    松川温泉線は、盛岡駅近くにある盛岡バスセンターと、秋田県境近くの松川温泉(八幡平市)のあいだを約2時間かけて結びます。途中までの区間便は1時間に1本以上のペースで運行されていますが、松川温泉までの全線を走る便は1日3往復。時刻表上は通し運行となっているものの、積雪期には途中の八幡平マウンテンホテルで車両の乗り換えがあり、そこから松川温泉までの区間でのみ、1968(昭和43)年式のボンネットバスが使われています。乗車時間はおよそ20分です。

    八幡平マウンテンホテルまでは、一般的な路線バスで向かいます。街中の盛岡バスセンターから徐々に郊外へと景色が変わり、狭い道などを通りますが、ここまではよくある地方のバス路線といった趣。山を分け入り八幡平温泉郷に入ると、マウンテンホテルの前にボンネットバスが待機しています。

    ここからの道は特に積雪も多く、急勾配やカーブもある難所。このボンネットバスは小型で小回りがきき、しかも四輪駆動のため、このような雪道に向いているのです。地上高が高いことも、積雪に強い特徴といえるでしょう。つまり、ボンネットバスは厳しい雪道への対策として運用されているのです。

    2018年度におけるボンネットバスの運行は、12月1日(土)から始まりました。例年、3月ごろまで走ります。

    ボンネットバスに乗ってたどり着く終点の松川温泉は、3軒の旅館が建つ秘湯。白濁した硫黄泉の湯で、いずれも露天風呂があり、ボンネットバス運行シーズンであれば雪見風呂も楽しめます。

    ※記事制作協力:風来堂


    岩手山をバックに八幡平の雪道を走るボンネットバス(池田 亮撮影)。


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【「ボンネットバス」路線バスとして現役! 秘湯への路線で「積雪期のみ」運行のワケ】の続きを読む

    宮崎県・野尻の町をまばゆい光で彩る「イルミネーション 2018」が2019年1月12日(土)まで17時30分から23時まで実施中だ。

    【写真を見る】およそ2キロの区間に展開された様々なイルミネーション

    国道沿いの地域住民手作りのイルミネーションや、野尻庁舎、道の駅ゆ~ぱるのじりに装飾される光の世界など、小林市役所野尻庁舎前の国道268号線沿い、およそ2キロの区間に展開された様々なイルミネーションを楽しむことができる。

    また、同期間にはスタンプラリーも開催され、4か所のイルミネーションスポットでスタンプを集めると豪華景品がもらえるクリスマスイベントの抽選会に参加できる。クリスマスイベントは12月22日(土)18時から小林市役所野尻庁舎玄関前で開催され、ステージショーや豪華景品が当たる抽選会のほか、会場では温かい食べ物や飲み物などの屋台も出店する。

    年末年始の帰省や観光で野尻の町に訪れたら、イルミネーションで彩られた素敵な野尻を見てこよう!(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)


    住民の手で作られた色々なイルミネーションが楽しめる


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【約75万球のLEDがきらめく!宮崎県野尻町でイルミイベント開催中】の続きを読む

    徳島県鳴門市にある鳴門市ドイツ館で、2019年1月8日(火)まで「鳴門市ドイツ館 ライトアップ+イルミネーション」が開催されている。

    【写真を見る】記念のイルミネーションなどをはじめ、様々な光の演出が楽しめる

    鳴門市ドイツ館と周辺一帯で行われる毎年恒例のイルミネーション。ドイツ館正面にあるベートーヴェン像を中心に渦をイメージした装飾が施され、光輝く幻想的な空間を演出する。

    また12月8日(土)、9日(日)の10時から17時まで「ドイツ館のクリスマスマーケット2018」を開催。ドイツのクリスマスに欠かせないケーキ、シュトーレンやグリューワイン、クリスマス雑貨の販売の他、コンサートやこども鉄道の運転も行われる。

    担当者は「会場は坂や階段がありますので、足元に注意してお楽しみください」と話す。

    クリスマスのデートスポットにもうってつけの鳴門市ドイツ館で、今年の冬の素敵な思い出をつくろう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)


    ベートーヴェン像の周りがブルーやホワイトの明かりに包まれる


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【ドイツ館がきらめく光に彩られる!徳島県鳴門市でイルミイベント開催中】の続きを読む

    山梨県 清里高原の代名詞、清泉寮ソフトクリームと宿泊施設「清泉寮」を運営する公益財団法人キープ協会(山梨県北杜市 理事長:淺田 豊久)にて、12月9日(日)、「清泉寮創立80周年記念コンサート」が開催されます。

    清泉寮は、1938年の創立から今年で80周年を迎え、コンサートや企画展、レストランでの特別メニューなど様々な記念事業を行っています。
    本コンサートでは、創設者ポール・ラッシュ博士が、1926年から日米開戦で強制送還される1942年までの16年間教鞭を取り、以降現在に至るまで清泉寮と深いつながりのある立教学院から、指揮者、オルガン奏者、聖歌隊を招きます。降臨節をはじめとする聖歌4曲に耳を傾けながら、清里開拓の歴史に想いを馳せてみませんか?

    【開催概要】
    日 時: 2018年12月9日(日) 13:30開場 14:00開演
    場 所: 清泉寮新館ホール (山梨県北杜市清里)
    出 演:
     指 揮  ジェームス・ドーソン(James Dawson)
     オルガン 﨑山 裕子
     合 唱  立教学院諸聖徒礼拝堂聖歌隊
    曲 目:
    [降臨節]
    Wachet auf, ruft uAns die Stimme (目覚めよ、と我らに呼ぶ声あり)/J.S.Bach 他
    [受胎告知]
    Magnificat(マリアの賛歌)/H.Purcell
    Hymn to the Virgen /B.Britten 他
    [キリストの降誕]
    天使と羊飼い /Zoltan Koday 他

    入場料: 全席自由:中学生以上 1,000円(税込) 小学生以下 無料
    主 催: 公益財団法人キープ協会 清泉寮
    後 援: 日本聖徒アンデレ同胞会、日本聖公会横浜教区、立教学院諸聖徒礼拝堂聖歌隊OB・OG会、
         山梨立教会、山梨日日新聞社・山梨放送
    お問合せ先: 0551-48-2111(清泉寮フロント) / seisen-f@keep.or.jp

    本コンサートについての詳細情報はこちら▽
    https://www.seisenryo.jp/special-80th_concert.html

    清泉寮創立80周年記念事業についてはこちら▽
    https://www.seisenryo.jp/special-80th_anniversary.html

    「クリスマスウィーク」など清泉寮で予定されている各種イベント情報はこちら▽
    https://www.seisenryo.jp/osusume_2018xmas.html

    【公益財団法人キープ協会 清泉寮ついて】
    http://www.seisenryo.jp/index.html
    http://www.keep.or.jp/about/
    「清泉寮」は、公益財団法人キープ協会によって運営されている総合観光・宿泊施設です。戦後日本の農村復興を目的とし、米国人ポール・ラッシュによって1956年に設立されました。現在は青少年教育、国際交流、地域協同を進展させ社会文化の向上と世界平和に寄与することを目的に、高冷地酪農、宿泊研修施設、料飲・観光施設、環境教育施設などを運営しています。



    配信元企業:公益財団法人キープ協会

    プレスリリース詳細へ

    ドリームニューストップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)




    【清里開拓の歴史に想いを馳せて 清里高原 清泉寮創立80周年記念コンサート開催】の続きを読む

     2025年国際博覧会(万博)の大阪開催決定を受け、大阪市は24日、会場となる夢洲(ゆめしま)の基盤整備を早急に進める必要があるとして、総額約140億円規模の補正予算案を開会中の市議会に提案する方針を固めた。月末にも上程し、年内の可決を目指す。関係者によると、内訳は大半が夢洲の埋め立て造成費。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    大阪万博予定地の夢洲。中央奥は梅田のビル群=大阪市此花区で2018年11月17日、本社ヘリから木葉健二撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【大阪万博:会場「夢洲」整備に140億円 大阪市方針】の続きを読む

    このページのトップヘ