Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 地域


    1 シャチ ★ :2018/04/08(日) 20:56:38.44

     乗降客数が世界一とされる新宿駅やその周辺の再整備方針を東京都と新宿区がまとめた。
    2040年代までの実現を目指すもので、駅の東西をつなぐ歩行者通路の新設や乗り換え通路の拡張などを盛り込んだ。
    都や区、鉄道会社などが今後、費用や工期、整備手法を本格的に検討する。

     都と区が、国土交通省や鉄道会社の担当者らも加わった検討委員会の案を受けて、
    先月に「新宿の拠点再整備方針」として決めた。40年代の新宿駅の将来像を「人々の多様な活動にあふれ、
    交流・連携・挑戦が生まれる場所」と位置づけ、周辺を「車中心から人中心のまち」に変えることを目標にしている。

     具体的には南北方向に走るJRの線路をまたぎ、東口と西口を結ぶ歩行者専用デッキを新設する。
    現状では不便な東西の行き来をしやすくするため、
    20年の東京五輪・パラリンピック開催に向けて東西を結ぶ地下通路が建設中だが、さらにデッキも設置する考えだ。


    4/8(日) 20:22配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180408-00000038-asahi-pol
    画像

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【東京】新宿駅の東西、行き来しやすくなる? 2040年代までに実現へ】の続きを読む

    ◆マニアに話題のヤバい路線バスに乗ってみた!

     全国無数にあるバス路線には、ちょっと変わった路線が存在する。今回、バスマニアの間では広く知られる“ヤバい路線”に乗ってみた。

     記者が訪れたのは、日曜日の早朝、人けもまばらなJR横浜線淵野辺駅。そこから、週に一日1往復だけのバスが出ているのだ。その名も「神奈中バス 淵24系統」。淵野辺駅から小田急線鶴川駅を経由して登戸駅までを結ぶ。早速、朝7時発のそのバスに乗ってみると、車内はガラガラ。しかし、途中のバス停から数人の乗客の姿が。

    「鶴川駅まで。週1本だということは知ってますけど、他にもバスは走ってますから」(乗客)

     調べてみると、確かに淵野辺~登戸を結ぶバスは週に1往復だけ。ただ、鶴川駅までは並行する他の路線も設定されているため、週1本でも不便ではないのだ。

     と、気がつけば鶴川駅に到着。大半の乗客は降りてしまい、記者の他にはバス愛好家と見られる乗客が一人だけ。そのまま終点登戸まで走り終えた。所要時間は約60分。電車を使えば30分足らずなので、なんとも切ない話である。

     しかし、そもそもなぜ週1本しか走っていないのか? この路線、実は「免許維持路線」と呼ばれるもの。路線バスは免許があるルートしか走れず、災害や工事での迂回、臨時バスの運行にも免許が必要なのだ。この区間の免許を維持するため、週1往復という“幻の路線”を運行していたのだった……。

    <取材・文・撮影/鼠入昌史>
    ― [路線バス]が消滅する! ―

    毎週日曜日の朝だけ運行されるレアなバス。にもかかわらず、意外と乗客はいるものだ


    (出典 news.nicovideo.jp)



    【毎週日曜朝7時、週1本のみ運行する路線バスに乗ってみた】の続きを読む

    このページのトップヘ