Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 地域

    神奈川県藤沢市の片瀬海岸で「ふじさわ江の島花火大会」が10月20日に開催された。この花火大会の会場には大量のゴミが残され、来場者のマナー違反を批判する声が相次いでいる。主催する藤沢市観光協会にゴミの状況や対策など話を聞いた。


    「ふじさわ江の島花火大会」は、昨年が雨で中止となったため2年ぶりに開催。しかし、今年も大会の途中から大雨に見舞われ、多くの来場者は緊急避難し、そのまま帰路についた。この結果、ゴミは持ち帰るか海岸や道路に設置されたゴミステーションに置くようアナウンスされていたものの、会場には大量のゴミが残された。藤沢市観光協会によると、置き去りにされたゴミの量は一昨年の3倍となる1トン。内訳は可燃ゴミ6割、不燃ゴミ4割で、特にレジャーシートが多かった。ゴミステーションに置かれたゴミも一昨年の2倍の150キロだったという。


    大量のゴミで埋め尽くされた海岸の様子はTwitterに投稿され、「これが日本人」「もう、やらない方がいいのでは。環境汚染でしかない」「こんな事する人達は江ノ島来ないで欲しい」と、マナー違反を批判する声が殺到。藤沢市観光協会に話を聞いたところ、今年は急な雨の影響でレジャーシートなどのゴミが多くなったとして、大会を中止するなどの対応は考えていないとのこと。ただ、「ゴミは持ち帰りが原則」のため、今回のような場合でも置き去りにしないよう、大会前後のアナウンスや警備員による呼びかけなどを強化していきたいとした。


    「ふじさわ江の島花火大会」の来場者は、開始当初の4万5千人から一昨年は8万5千人にまで増加。藤沢市観光協会はゴミの対応を強化しており、今年はNPO法人と協力し「面白いゴミ拾った選手権スペシャル」と題した清掃イベントを行った。


       
    画像提供:Rina(@Rinado_ob)さん


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【1トンのゴミが置き去り…「江の島花火大会」のマナー違反に批判殺到 主催者「ゴミは持ち帰りが原則」】の続きを読む

    NO.6992424 2018/10/10 20:11
    大量のネズミ 築地市場から拡散のおそれ 周辺地域は戦々恐々
    大量のネズミ 築地市場から拡散のおそれ 周辺地域は戦々恐々
    83年の歴史に幕を閉じた東京の築地市場では11日から解体工事が始まりますが、敷地内に住み着いた大量のネズミが周辺に拡散するのではないかと地元では不安が広がっています。

    今月6日に営業を終えた東京 中央区の築地市場では、東京ドームの5倍にあたる敷地にある155棟の建物の解体工事が11日から始まります。

    長年にわたって鮮魚や野菜を扱ってきた市場の敷地内には大量のネズミが生息し、市場を管理する東京都は、建物の構造が複雑なこともあって生息数は「推定困難」としています。

    東京都は、ネズミの拡散を防ぐため市場の周辺に板や金網をはり、敷地内に400個の捕獲かごを設置するなどの対策を進めていますが、完全に封じ込めることは難しいとしています。

    地元では解体工事によって餌や住みかを失ったネズミが周辺に拡散するのではないかと不安が広がっています。

    市場に隣接する「築地場外市場」にあるたらこなどの魚卵を扱う専門店「田所食品」では、ネズミの侵入を防ごうと換気扇や換気口をトゲのついたシートや金網で覆ったり、隙間を開けないようにシャッターを改装したりして対策をとっています。

    田所悟専務は「食べ物を扱う店なので本当に..



    【日時】2018年10月10日 17:05
    【ソース】NHK


    【大量のネズミ 築地市場から拡散のおそれ 周辺地域は戦々恐々】の続きを読む

    神奈川最大のハンドメイドイベントとして、2013年の初開催からこれまで8回開催しているものづくり市民による出店型イベント「ヨコハマハンドメイドマルシェ」(主催:ヨコハマハンドメイドマルシェ実行委員会、代表:堤田 和久)では、第9回開催となる「ヨコハマハンドメイドマルシェ秋」をパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で11/17(土)・18(日)に開催します。

    メインイメージ

    メインイメージ

      

    【ヨコハマハンドメイドマルシェ秋の3つの特徴】

    1:20,000人が来場する神奈川最大級のハンドメイドイベント!

    2:全国2,000人のものづくり市民が作るハンドメイド作品・手作りフードが集結!

    3:誰でも参加できる30種類のハンドメイド体験教室を開催!

    ◆イベント概要

    名称  : ヨコハマハンドメイドマルシェ秋

    内容  : 全国のものづくり市民によるハンドメイド作品

          や手作りフードの展示・販売、30種類の

          ハンドメイド体験教室 等

    日程  : 2018年11月17日(土)・18日(日) 11:00~18:00

    会場  : パシフィコ横浜 C・Dホール

    出店者数: 約2,000人

    入場料 : 当日券900円、前売券700円

          (小学生以下は入場無料)

    主催  : ヨコハマハンドメイドマルシェ実行委員会

          CREATORS BANK

    URL   : https://handmade-marche.jp/

    ◆開催目的

    ヨコハマハンドメイドマルシェは、「ものづくり市民の作品発表の場の創出」および「作り手・買い手が直接交流するものづくりを軸とした市民マーケットの創出」を目的として開催しています。また、当イベントの出店者の約85%が女性であり、このことからハンドメイドマーケットを牽引しているのは女性による“ものづくり”であると言えます。ヨコハマハンドメイドマルシェでは、女性が主役のマーケットの成長により「女性が活躍する場のさらなる拡大」に繋がっていくよう、イベントの継続的な発展にも努めていきます。

    ◆イベントの特徴

    【20,000人が来場する神奈川最大級のハンドメイドイベント!】

    開催2日間で約20,000人が来場するヨコハマハンドメイドマルシェは、神奈川最大級のハンドメイドイベントとして今回が9回目の開催となります。

    会場は、国内でも有数の展示面積をもつ複合MICE施設「パシフィコ横浜」の展示ホール。10,000m2の広大な会場にハンドメイドの作り手・買い手が集まり、2日間を通じて“ものづくり”を軸とした交流が広がります。

    [過去開催時の会場の様子]

     

    【全国2,000人のものづくり市民が作るハンドメイド作品・手づくりフードが集結!】

    神奈川、東京を中心に、北は北海道から南は沖縄まで、全国各地のものづくり市民によるアクセサリーやインテリア・雑貨、靴・カバン、ファッションなど、プロの作品と比べても遜色ない個性的・高品質な30,000点以上の手づくり作品が会場を埋め尽くします。

    また、ケーキやクッキー、パン、はちみつ、紅茶、燻製など、いつものお店では買うことのできないこだわりの手づくりフードも出店されます。

    [出品作品一例:つまみ細工アクセサリー]

      

    【誰でも参加できる30種類のハンドメイド体験教室「マルシェのがっこう」を開催!】

    子供から大人まで、誰でも気軽に参加できるハンドメイド体験教室「マルシェのがっこう」を開催。ものづくり市民が講師となり、アクセサリーからフラワーアレンジ、クラフト、伝統工芸まで、世界にひとつ・自分だけのオリジナル作品づくりを体験できます。体験教室は講座ごとに1,000円~3,000円の参加費で参加することができ、ハンドメイドマーケットにおける代表的な「コト消費」コンテンツとして人気のプログラムです。

    [過去開催時の体験教室の様子]

       

    <ご参考> 出店作品およびハンドメイド体験教室のご紹介 (一例)

    【アクセサリー・インテリア・雑貨・ファッション等のハンドメイド作品】

    [レザー製がまぐちリュック by KALEIDOSCOPE]


    [猫モチーフのブローチ by きなこ舎


    [木工雑貨 by 木工房 千舟]

      


    【焼き菓子・はちみつ・燻製等のオリジナル手づくりフード】

    [ドイツパン by DNO]


    [天然はちみつ by みつばちのーと]


    [魚介のスモーク by 日和佐燻製工房]

      


    【アクセサリー・クラフト・伝統工芸等のハンドメイド体験教室】

    [組紐のクリスマスツリー by 組紐アクセサリーmitorit]


    [羊毛フェルト財布 by Dream garden]


    [ソラフラワーしめ縄 by ヒロスタイル]

    ※各キャプションのbyに続く名称は制作者(体験教室の場合は講師)です。


     

    *本件に関するお問い合わせ先*

    ヨコハマハンドメイドマルシェ実行委員会

    広報 : 輿石(こしいし)

    電話 : 0120-75-8815

    E-MAIL: koshiishi@handmade-marche.jp

                                         

    (出典 news.nicovideo.jp)




    【神奈川県最大級のハンドメイドイベントが秋にも開催! 「ヨコハマハンドメイドマルシェ秋」11/17(土)18(日)開催!】の続きを読む

    東京タワーは2018年9月30日、大きな区切りを迎えた。1959年から60年間続いていたテレビ放送の電波送信が終わり、またタワーにある東京タワー水族館もこの日限りで閉館となった。
    テレビ電波塔として60年

    もともと東京タワー建設のきっかけも、テレビ放送の電波を関東一円に送信するためで、正式な名称も「日本電波塔」だった。1958年に完成し翌年から早速電波塔として稼働を始め、以後テレビが家庭に普及していくのを裏から支えてきた。2013年の地上波デジタル化にともない、在京テレビ局の電波送信は東京スカイツリーに切り替わってからも「放送大学」の電波送信を続けていたが、9月30日限りでその送信も終え、テレビ電波塔としての役目を終えた。災害に備えてテレビ電波の送信機能は維持し、FMラジオの電波送信は続けるが、ツイッターには感慨深げな思いがあふれた。

     
    1日遅れてしまったけれど、
    9月30日に『東京タワー』が電波塔としての卒業だったようで...。
    60年間、お疲れ様でした。
    ずっと大好きです。 。#ありがとう東京タワー#東京タワー pic.twitter.com/SoiR0MOAjM
    - akina. (@mrpassport12) 2018年10月1日
    TLで知った、東京タワーからのテレビ電波送信が今日で終了ということ。
    ただラジオ関係はまだ続くらしいね。
    あと、災害等でスカイツリーからの送信ができなくなった場合は東京タワーから送信されるらしいね。
    まだまだがんばれ!?(^?^)?#東京タワー #ありがとう東京タワー
    - ウラにゃんこ (@wishkun_u) 2018年9月30日
    放送大学の地上波放送が本日(2018/9/30)で終わることに伴い、東京タワーからのテレビ放送送出は本日で終了します。緊急放送やラジオ放送は継続されるので、電波塔としての役目が終わったわけでは無いのですが、テレビっ子の私としては何だか淋しいものがあります。(写真は2018夏撮影)#放送大学 pic.twitter.com/wSHwPRML6P
    - 伏見靖(知的財産アナリスト/特許) (@fushimi_kiyoshi) 2018年9月30日

    9月30日には、タワー内の東京タワー水族館も最終営業日を迎えた。1978年から営業していた、観賞魚や熱帯魚が中心の小ぶりな水族館だった。最終日は台風24号接近に伴い閉館時刻を繰り上げることになったが、こちらにも「お疲れ様でした」と感謝の声がネットに寄せられた。

    決して広い水族館ではなかったけど...楽しくなる工夫がたくさんありました 素敵な水族館でした
    東京タワー水族館 pic.twitter.com/ZQtwaCndto
    - わしこ (@dream_c0me_true) 2018年9月30日
    東京タワー水族館、今日で閉館か;;もう一度行きたかったなぁ。淡水魚の種類や大きさにビックリした記憶。長い間お疲れさまでした;; pic.twitter.com/MnJj2RQUkL
    - はる (@papagazyo) 2018年9月30日

    本来の役目だった「テレビ電波塔」からの引退と、レトロな水族館の閉館。今後も東京タワーは東京のシンボルであり続けるが、平成最後の年に昭和がまたひとつ遠のくことになった。

    本来の目的は電波塔 (東京太郎さん撮影、Wikimedia Commons


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【東京タワー、「テレビ電波塔」の歴史に幕 水族館も閉館】の続きを読む

    昨日、奈良県内の5市町村で導入されるご当地ナンバー「飛鳥ナンバー」の図柄入りナンバーのデザイン案を紹介しましたが、


    ご当地ナンバー絡みで、またまた面白いデザインのナンバーを紹介します。山口県周南市で交付が始まった猫ちゃん使用のナンバープレートです。

     

    可愛すぎるよコレは!! 肉球入ってます!

    これは周南市が、みんなが居心地よく暮らせる「人がネコになれるまち。」をめざして、同市の愛称を「しゅうニャン市」としたことから、猫にちなんだナンバープレートが作られることになったんです。

    とっても素敵な淡いパステルカラーは「しゅうニャン市」のイメージカラーで、周南市の”南”の部分には猫のシルエット。そして「・」表記が猫の肉球に置き換わります。

    さらには、ひらがな表記はすべて「ね」にするというこだわりようなのです。今年度400枚限定で発行されるとのこと。

    この「しゅうニャン市」のナンバープレートは排気量50cc以下の原動機付自転車のナンバープレートなので、自動車での利用はできないそうです。また、対象者は周南市内で対象車種を使用する人に限ります。

    対象地域のスクーターユーザーは検討してみてはいかがでしょうか?

     

    しゅうニャン市(山口県周南市)

    関連画像


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【肉球可愛すぎる!山口県周南市のご当地ナンバープレートはなんと猫ちゃん仕様】の続きを読む

    このページのトップヘ