Pocochan通信

当サイトは、毎日の時事・芸能・スポーツ・一般に関する情報を2chやTwitterの声をまとめています。毎日、更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

    カテゴリ: 地域

    東京でも桜の開花宣言があり、まさに今が花見シーズン。桜の木の下で、みんなでワイワイする花見も楽しいけど、おいしい食事と共に静かに桜を愛でるのも通な楽しみ方。そこで今回は、東京の花見スポットで花見を楽しんだ後、余韻をそのままにゆっくりと楽しめる“桜スイーツ”スポットをピックアップ。

    【写真を見る】桜リキュールを使ったフォトジェニックなカクテル


    ■ 定番スポットの目黒川の桜並木からすぐ!ウェスティンホテル東京の桜カクテル

    屈指のお花見スポットとして知られる目黒川の桜並木から徒歩5分ほど、恵比寿ガーデンプレイスにあるウェスティンホテルのバーでは4月30日(火)まで芳醇な桜の香りと桜餅を思わせる上品な甘味の桜リキュールを使ったカクテルを楽しめる。桜のリキュールとパイナップルジュースを組み合わせた桜花(税抜、サービス料別1300円)は、ふんわりと口当たりの良い、甘酸っぱく仕上げたカクテル。桜のリキュールにミルク、ソーダを合わせ、桜のやわらかな風味を感じられる葉桜(税抜、サービス料別1300円)は見た目も味も春を感じられる一品。友人との花見の後、幻想的にライトアップされたガーデンを眺めながら都会の喧騒を忘れて、美しい桜色の一杯を楽しめる。

    ■ 椿山荘の桜を見ながらゆったりとした時間を…桜や春の食材を使用した桜アフタヌーンティー

    約20種類120本の桜が咲き誇る椿山荘東京では庭園だけではなく、ホテル内でもお花見を楽しむ事ができ、隠れたスポットとして人気。ラウンジ ル・ジャルダンでは、開花した桜の生木のアレンジメントを室内で鑑賞できるだけでなく、4月7日(日)までお花見気分を盛り上げる和モダンな桜アフタヌーンティー(税込3800円)も提供している。お花見定番の団子に見立てた三色のスイーツや桜あんのクリームをホイップしたパンナコッタや、桜のエッセンスを練り込んだ桜のスコーン、筍や桜海老をほうれん草を練り込んだパンで挟んだサンドウィッチなど、春の旬の食材が満載のメニューがそろう。庭園お花見を楽しんだ後、そのままゆっくりと座って楽しめるのも嬉しい。

    ■ 皇居外苑すぐそば!歴史を感じながら楽しむ東京會舘の桜づくしコース

    時代を感じる空間での桜が魅力的な皇居周辺。皇居外苑もお花見スポットのひとつ。そんな皇居外苑のすぐそばにある東京會舘では、桜と春をテーマに、季節感あふれる限定メニューを提供。今年1月にリニューアルオープンした東京會舘のレストラン日本料理 八千代は春に旬を迎える素材をふんだんに使ったミニ会席膳・春の二重橋膳(税抜、サービス料別7600円)を提供中。タラの芽などの山菜から桜鯛のお造り、若筍のお吸い物など、春の食材が色とりどりに並び見た目も華やか。皇居外苑の桜から東京會舘で美味を堪能する桜づくしのひと時を楽しんでみては。提供期間は、2019年3月1日(金)から4月30日(火)まで。

    ■ お花見終わりにテラス席で余韻を楽しむ!皇居東御苑目の前パレスホテルが提供する桜スイーツ

    皇居東外苑の目の前にあるパレスホテルのラウンジ ザ パレス ラウンジでは春限定の桜スイーツ さくらエポンジュ(税別、サービス料1500円)が4月30日までの期間限定で登場。さくらとピスタチオのスポンジケーキに、桜のアイスクリームを添えた贅沢な一品。暖かな陽射しが気持ち良いテラス席もあるので、皇居の見事な桜を見た後に休憩も兼ねて立ち寄って。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)


    お花見シーズンが到来!桜の余韻を楽しむ大人なお花見をご紹介。


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【お花見シーズン突入!桜の余韻を贅沢に過ごす“花見×グルメ”スポット4選】の続きを読む


    駅の概念が覆ってしまいそうな「秘境駅」ができる――。いまネット上ではそんな投稿が注目を集めている。その駅の様子が、こちらだ。


    ホームに屋根があるだけで、一見すると寂しい印象を受けてしまう。上の画像は錦川鉄道(山口県岩国市)の錦川清流線で2019年3月17日に開業する「清流みはらし駅」の様子だ。

    イベント列車などに乗車した乗客だけが訪れることのできる場所で、眼下に流れる清流錦川などあたりの風景を楽しむためだけに開業されるのだという。ネット上では、

    「駅出口という概念がない、展望専用駅とは...」
    「秘境駅すぎやろw」

    との声が上がり、話題となっている。

    マニアだけでなく、いろんな人に

    Jタウンネット編集部は15日、錦川鉄道営業担当副課長の杉原孝幸さんにどういった経緯で駅が開業する運びとなったのか聞いたところ、

    「この辺りではこれまで通過型の観光が多く、滞在時間が短いということがありました。絶景ポイントを整備し、停車して地域の風景を楽しんでもらえたらという思いで開業に至りました」

    とのこと。駅名は、車窓から見える清流錦川などの綺麗な風景をみはらせる駅になればと公募により命名したそうだ。

    本当に列車のほかに駅に行く術はないのか聞くと、

    「駅の立地条件から列車以外では行きつかない場所なんです。当面は利き酒列車(編中:2019年は3/31~4/1に運行)などのイベント列車のみでの活用を検討しています」

    やはり現状ではイベント列車のみが行けるレア駅のようだ。しかし、

    「お客様のご希望があれば、一日一往復にかぎり臨時列車を走らせることも可能です」

    と期待を匂わせた。すでに申込も多くあるそうだ。



    今回ネット上で「秘境駅すぎる」と話題になったことの感想を聞くと、

    「いわゆる『秘境駅』ということで、どちらかというマニアの方の興味を引くところではあると思いますが、マニアの方に限らず広く一般の方も弊社の電車に乗ってお越しいただきたいです。いろんな方に知っていただいて、山口県の観光周遊につながればと思います」

    列車でしか行けない清流みはらし駅。山口県の新たな観光名所として訪れる人を楽しませてくれそうだ。


    3月19日に開業する清流みはらし駅(以下画像は錦川鉄道提供)


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【降りてもどこにも行けません 斬新すぎる「出入口のない駅」が誕生した理由】の続きを読む

     東日本大震災の記憶を後世に伝えるとともに犠牲者を灯籠で悼む行事「希望の灯火(あかり)」が10日、宮城県岩沼市で開かれた。市と被災者らの共催で、初めての開催。津波に襲われた地区の跡地に市が造成した「千年希望の丘相野釜公園」に計631個の灯籠が並べられた。

     沿岸部の元住民ら約300人が参加。菊地啓夫市長は「『しっかり次の世代に伝えていこう』という思い。8年たち、少しずつ風化してきているが、われわれはここに住んでいたということをアピールしていきたい」とあいさつした。 

    〔写真説明〕犠牲者を追悼する「希望の灯火(あかり)」が並べられた千年希望の丘・相野釜公園内を歩く少女ら=10日夜、宮城県岩沼市


    犠牲者を追悼する「希望の灯火(あかり)」が並べられた千年希望の丘・相野釜公園内を歩く少女ら=10日夜、宮城県岩沼市


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【灯籠で被災者ら祈り=津波の記憶、後世に-宮城・岩沼】の続きを読む

    kitano20190227

    2月24日に行われた県民投票で、「7割が辺野古への米軍基地移設に反対」という意思を表示した沖縄県民。この結果を受け、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、沖縄にのしかかる米軍基地負担を考慮した上で、仮に基地が撤退した後に「沖縄に起こり得る中国侵略被害の可能性」を、ベトナムとフィリピンが直面している事態を挙げ解説しています。

    沖縄の皆さまに知っておいてほしいこと

    皆さまご存知のとおり、沖縄で基地に関する県民投票が実施されました。結果は。


    県民投票の開票確定、「反対」72.2%

    共同 2/25(月)0:59配信

     

    沖縄県は25日未明、県民投票の開票確定結果を発表した。辺野古沿岸部の埋め立てに「反対」は72.2%、「賛成」が19.1%、「どちらでもない」は8.8%だった。

    • 反対:72.2%
    • 賛成:19.1%
    • どちらでもない:8.8%

    この問題について。

    私は、「沖縄の皆さまの苦しみを理解できる」とは到底いえません。それでも国家の未来に関することですから、書かせていただきたいと思います。まず、こちらをご覧ください。

    反日統一共同戦線を呼びかける中国

    ここで、中国の代表が、

    敗戦国日本の領土は、北海道、本州、四国、九州4島に限定されており、こうした理由で日本は南クリル諸島、トクト(竹島)、釣魚諸島(尖閣諸島)のみならず、沖縄をも要求してはならない

    と主張しています。主張するだけにとどまらず、「中国、ロシア、韓国で『反日統一共同戦線』を作って、日本の領土要求を放棄させようぜ!」と提案している。「中国が日本に断念すべき領土に、【沖縄を含めていること」は明白な事実です。

    私は何がいいたいのか。

    確かに、米軍基地があることで、沖縄県民の皆さまの負担は大きいのでしょう。だから、基地反対派の知事が勝つのでしょう。しかし、米軍が去れば人民解放軍が入ってくる可能性が高いのです。そして、人民解放軍は、チベットの民120万人を大虐殺した過去があります。米軍はひどいかもしれませんが、人民解放軍はさらに100倍ひどいことを覚悟しておかなければなりません。





    (出典 news.nicovideo.jp)




    【沖縄県民が知らない米軍の撤退後に待ち受けている恐ろしい現実】の続きを読む

     新しい時代が始まる日を結婚記念日にしませんか――。三重県桑名市などは改元当日の祝日、5月1日に婚姻届の専用窓口を臨時に設ける。この日は日柄の良い「大安」でもあり婚姻届を出す人が増えると予想されるため。お役所の粋なサービスが広がりそうだ。市の担当者は「婚姻届を気持ちよく届けてもらえるようにしたい」。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    桑名市役所=三重県桑名市で、岡正勝撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)




    【「大安」の改元当日 婚姻届で臨時窓口 三重・桑名など】の続きを読む

    このページのトップヘ