4月28日(土)にオープンした「レゴランド(R)・ジャパン・ホテル」。館内には、宿泊者以外も楽しめるレストラン「ブリックス・ファミリー・レストラン」と、ダイニングバー「スカイライン・バー」が登場。本記事では、その2店舗をご紹介しよう!

【写真を見る】朝も夜も100種類近くの料理がズラリと並ぶ、豪華なビュッフェレストラン

■ 世界各国のグルメをビュッフェスタイルで!

「ブリックス・ファミリー・レストラン」は、朝食と夕食の時間帯に営業するビュッフェレストラン。朝は和食を中心に、夜は世界各国の料理となごやめしなど多彩な料理がそろう。

食事スペースは、カラフルなインテリアに囲まれた楽しい雰囲気で、調理するミニフィグがそこかしこに!また、パークを望むテラス席も用意されている。

ビュッフェでは、和食や中華をはじめパンやスイーツなど多彩なジャンルのグルメが並ぶ。大人も子どもも大満足のラインナップだ。

店内には目の前で調理してくれるライブキッチンや、フォトスポットなどもあるので必ずチェックしよう。

なお、テーブルクロスはレゴキャラクターたちが描かれた塗り絵になっていて、持ち帰りOK。無料でクレヨンの貸し出しも行っている。

■ 本格グルメとカクテルを子どもと一緒に楽しむ!

「スカイライン・バー」は、レゴの世界観と大人の雰囲気を両立させたダイニングバー。ランチ、ティータイム、ディナーでメニューが替わり、世界のグルメと、多彩なアルコールが楽しめる。

メニューには、レゴの世界を表現したグルメが多数!「ブリックビーフバーガー」(1200円)は、レゴブロック形のオリジナルバンズに、肉感豊かなビーフ100%のパティをサンド。フライドポテト付きでボリュームも満点だ。

フタを取ると、煙の中から牛フィレ肉のポワレが現れる演出が楽しい「オーストラリア産アンガスビーフ、フィレ肉のポワレNinjaスタイル・煙のマジック」 (3200円)は、ぜひ食べたい豪華な一品!

「アイスクリームサンデー、オブザベーション・タワー風」(600円)は、チョコレートでコーティングしたチュロスとドーナツで、オブザベーション・タワーを表現している。

また、店内には本格的なバーカウンターがあるのも特徴だ。大人向けのアルコール類はもちろん、レゴをイメージした、子供も楽しめるノンアルコールドリンク(600円)も5種類用意。子どもと一緒に乾杯しよう!

なお、奥の席ではシーライフ名古屋の水槽が一部見えるようになっている。食事を楽しみながら魚を観賞することができるオススメの席だ。
(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

ビュッフェ形式の「ブリックス・ファミリー・レストラン」


(出典 news.nicovideo.jp)




【宿泊者以外も利用OK!「レゴランド・ジャパン・ホテル」のレストランで本格グルメを楽しもう】の続きを読む